ワダイビジネスサテライトでは今話題のニュース・商品・ビジネス・恋愛・健康・豆知識ネタetc皆様に役立つあれこれを配信していきます

ワダイビジネスサテライト

今の職場の環境が合わないと思っている人は・・もう一度再確認

   

今の職場の環境が合わないと思っている人は・・もう一度再確認

今の職場の環境が自分には合わないような気がする・・・

転職しようかな・・そんなことを考えている人も多いのではないでしょうか?

しかしちょっと待って下さい!もしかしたらあなたの会社は他よりもいい会社かもしれません。

再確認をしましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

女友達との旅行で起こりうる喧嘩を回避する方法と対処法!

女友達との旅行はワイワイ盛り上がり、楽しい時間です。 しか...

感受性が強い赤ちゃんの特徴とバランスを整えるママとの関わり方

赤ちゃんは感受性が高いと言われていますが、中にはその感受性の...

保育園に入れない場合は幼稚園?働くママの苦悩と保活事情とは

保育園の待機児童が問題視される中、なかなか改善されない現状に...

嫁の料理の品数に不満を感じる夫~あなたの家庭は大丈夫?

あなたの食卓にはいつもどのくらいの品数の料理が並びますか? ...

日本が好きな外人に和む人多数!愛すべき外人のエピソード

最近日本好きな外人のエピソードに和むという趣旨のサイトが注目...

車検時に交換が必要になる部品の知識と自分で見極める方法

車検の見積もりを取ると、交換が必要になる部品の項目がいくつか...

旦那の家事手伝いが中途半端!イライラする妻とイクメン風夫

最近はイクメンという言葉がもてはやされ、家事を手伝う旦那が増...

会社都合の解雇はデメリットが…あなたと会社のデメリット…

会社から解雇を言い渡される理由はいくつかあります。 中...

中学生が部活に拘束される時間は意外と長い?勉強の両立は?

中学生になると部活が始まります。 部活に打ち込む学生も増え...

会社の規模を縮小する意味は色々!拡大より難しい規模縮小

会社の規模を縮小すると聞くと、「衰退」をイメージする方も多い...

子供が一歳・・夫と離婚したい・・出産後に陥る夫婦危機とは?

子供が生まれ一歳頃になると、夫と離婚したいと考える女性が急増...

友人への出産祝いに現金のみでいい?マナーとタイミングは?

友人の出産祝いに何を贈るか迷っている方は多いようです。 し...

アパートの騒音は何時までなら許せる?世間の声から判断を!

アパートに住んでいると、ご近所付き合いで気を付けたいのが騒音...

友人への出産祝い!第2子の場合に喜ばれるプレゼントとは…

友人に出産祝いを贈る時にはどんなものが良いか悩むところ。 ...

姑との同居で問題となる生活費!こんな分担と切り出し方は?

姑との同居には良い面もたくさんありますが、様々な問題が立ちは...

子供の大学の資金っていくら必要?事前に計画を立てないと…

子供を大学まで進学させるとなると、かなりの教育資金が必要にな...

血液検査の結果を病院に電話で問い合わせることは可能か?

病院で診察を受けると、病状によって血液検査を受けることがしば...

学歴が大卒と高卒で考え方が違う?日本の現状と学歴の差とは

就職する際に大卒か高卒か、最終学歴がどのくらい影響するのでし...

…仕事のミスで辞める前に心の整理!辞めたい理由は他にある?

仕事でミスをすると会社を辞めてしまいたくなることがあります。...

夫が単身赴任で子供なしの夫婦が夫婦円満でいられるアレコレ

子育て世帯では夫の転勤が決まると、子供の就学や進学の状況に合...

スポンサーリンク

職場の環境が合わないと感じる・・もしかして上司のせい??

上司と合わないという時には、自分が上司の気に入らない振る舞いをしているという可能性を忘れてはいけません。
合わない上司への自分の言動をもう一度よく考えて、何か、相手を不快にするようなところがなかったかを、考えてみましょう。
相手のことよりも自分のことを客観的に見て、もし直す必要があることであれば、自分を変えるほうが早いですし、環境に左右されません。
つまり上司と合わなくて異動したりしても、同じことの繰り返しになってしまうことを未然に防ぐことができます。
相手を自分の思ったように変えるのは難しいことですが、自分がコントロールして自分を変えることは誰にでもできます。
自分を変える事により、自分が成長できる場合もありますし、周囲の対応が変わってくることもあります

引用元-上司と合わないときの対処法5つ

職場の環境が合わない・・とばかり考える人は・・引き寄せの法則とは?

■2:「嫌い」というネガティブな思いがそれ通りの現実を引き寄せてしまう

みちよさんは同書のなかで、職場に文句ばかり言うネガティブな人がいたときに、もしその人が転職したとしても、また同じような人や環境にめぐりあってしまうだろうと述べています。それは一体なぜなんでしょうか?
<「こんなの好きじゃない、大嫌い!」は、じつは「好き好き大好き!」と同じくらい強烈なエネルギーを発しています。だから、むしろその嫌いな状況を、自らの強大な思いのエネルギーを使って引きよせてしまうのです。>

何かから逃げようとしたり、「嫌だ!」と思って行動を起こしたりする時のエネルギーって、時にものすごいパワーを発揮することもありますよね。ネガティブな感情のエネルギーは、それだけパワフルということ。これについては、危機回避などの面ではメリットもあるでしょう。
しかし、今回のケースのように前の職場に不満を感じて辞めた場合はちょっと考えてみて。もしかしたら、その”不満のモト”が何だったのか、見つめ、自分のなかで解消しない限り、次の職場でも似たような不満を抱えてしまう可能性は予想できますよね

引用元-職場がイヤで転職したのに「また同じような職場を引き寄せてしまう」原因が判明 – WooRis(ウーリス)WooRis(ウーリス)

職場の環境が合わない人は・・転職しても失敗する可能性が・・

急いで決めた転職も失敗になる場合がしばしばある。転職しようと思う理由として、現職場の人間関係などが不快であるケースがかなりの割合を占めるが、こうした場合、早く現職場から足抜けしたいと思うあまり、転職候補先を必要以上に美化する場合が少なくない。慌てて転職を決めて、入社してから「こんなはずではなかった」と思ってまた転職しようと思う、という悪循環に入る可能性がある。慌てて転職を決める傾向のある人は注意して欲しい。
転職先で自分がどんな仕事をするのかを具体的に思い浮かべ、且つ、自分は今回の転職に何を求めているのか、ということを十分自問してから転職を決めるべきだ。転職に求めるものは、やりたい仕事、レベルアップした仕事、より多い収入、より良い職場環境、望ましい生活スタイルとの両立など、人によりケースによって様々だが、自分が少なくとも何を達成しようと思って転職するのかをはっきりさせておくことが重要だ。

引用元-転職で失敗する5つの理由|山崎元のビジネス羅針盤|転職成功ガイド|転職のリクルートエージェント「つぎの私は、プロとはじめる。」

転職する時はここを確認!職場の環境が合わない場合も

職場環境が合わない場合も失敗になりやすい。具体的には、人間関係が快適でなくて、「失敗した!」と思う場合が少なくない。
面接などの機会を通じて、職場の同僚や上司についてできるだけ知っておきたいところだが、面接で話すのと、実際に仕事で関わるのとでは、雰囲気が違う場合も少なくないので、率直に言って、この部分に関しては「運」の要素が大きい。入って、実際に働いてみないと分からないことが多いのだ。
とはいえ、人生は、不確実性を恐れていては何も出来ないものなので、選択にベストを尽くしつつも、実際に新しい職場に入ってみるしかない。
この場合、先に述べた転職の「親」のような立場の人と共感しあえる良い関係を作ることが出来れば、職場環境について相当に我慢が効く。「この人と働きたい!」と思えるような人と働くこと、そういう人物を見つけることに注力することと共に、冒頭に述べたように、仕事の内容をしっかり確認して決定することが、転職での失敗を減らすポイントになる。

引用元-転職で失敗する5つの理由|山崎元のビジネス羅針盤|転職成功ガイド|転職のリクルートエージェント「つぎの私は、プロとはじめる。」

仕事の環境が変わって・・適応障害とは??

適応障害の原因と症状

 適応障害の段階では、ストレス反応が強まっているが、まだ完全に精神の平衡を破壊するまでには至っていない。天秤と同じで、環境的な負荷がなくなれば、元の状態に速やかに戻っていく。

 きっかけとして多いのは、生活環境の変化である。新しい土地や職場、学校に移ることや、昇進、配置転換、留学なども、頻度の高いものである。また、対人関係のトラブルや孤立、離別や死別も、重要な要因である。原因となる出来事や変化から、1カ月以内に症状が現れることが多いが、適応力がある程度高い人では、かなり遅れて出てくる場合もある。何とかうまくやろうと、あれこれ努力したものの、ついに限界に達してしまうのである。

 適応障害の特徴は、同じ環境(の変化)であっても、それがストレスになるかならないかは、個人差が大きいということである。その人にとっては、非常に苦痛な環境も、別の人にとっては、快適であるということも、しばしばだ。

 したがって、どの部分で、どんなふうに合わないのかということを、よく把握し、その人にとって、どう感じられるのかという共感的な視点で、本人の言い分や気持ちを受け止めることが重要になる。

引用元-適応障害とは――「新しい環境になじめない」人の心の病 | PHPオンライン 衆知|PHP研究所

仕事の今の環境が合わない・・と過去に思った人はどう克服した?

ビジネスパーソンの多くが1日の大半を過ごす職場ですが、「この環境、自分に合わないかも……」と感じた経験を持つ人も少なくないのでは? それで転職をした人もいれば、根気強く続けた人もいるはず。後者の人たちは、どのようにその思いを解消したのでしょうか?

引用元-職場環境は合う? 合わない? 働く女子が「転職を思いとどまった理由」|「マイナビウーマン」

■スキルが身についてきて(27歳/デザイン)

「病院の会報誌を制作する部署で働いている。デザインの知識がなかったせいで、『ここをこうしたほうがよい』という先輩のアドバイスが理解できず、一時は『この仕事は向いていない』と悩んだこともあった。先輩に褒められたのをきっかけに、スキルが追いついてきたことを実感して転職したい気持ちを解消できた」

引用元-職場環境は合う? 合わない? 働く女子が「転職を思いとどまった理由」|「マイナビウーマン」

■上司に感謝できるようになって(24歳/保険)

「仕事をしない上司に嫌気が差して、転職を考えたこともあった。でも私が大きなミスをしてしまったとき、その上司が一緒にお客様のところに頭を下げに行ってくれて……。これまで見たことのないくらい真摯な姿で、怒り散らしていたお客様も最後は笑顔! 今では『この人の下で学びたい』と思っています」

引用元-職場環境は合う? 合わない? 働く女子が「転職を思いとどまった理由」|「マイナビウーマン」

twitterの反応


https://twitter.com/sakichosu420/status/666483804387700736

 - ビジネス・経済, 生活

ページ
上部へ