カビの掃除方法!家中あちこち・・・場所別徹底カビ撃退法!

家のあらゆる場所に発生するカビ。場所ごとに除去掃除の方法は違います。

そこで家からカビを一掃するために、まずはカビが発生する原因を知り、除去掃除を行う必要があります。

家族の健康のためにも、カビのない清潔なお家を目指しましょう!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アルコール殺菌消毒の原理は?正しく使って抗ウイルス対策!

カーエアコンの臭いが気になる事があります。それは車のエアコン内部のカビが影響しているようです。 こ...

行事とイベントの違いって一体何が違うの?日本の伝統??

よく目にする行事やイベント。この二つの言葉はどのような違いがあるのでしょうか? ほぼ同じように使わ...

友達への嫉妬をやめたい!心の余裕を取り戻すためのポイント

仲のいい友達の嬉しい報告や成功に嫉妬した事はありませんか? 友達の幸せを素直に喜べないのには、あな...

知らないと損する!母子家庭を支援する手当てとその条件は??

近年、ライフスタイルが多様化して、シングルマザーで子育てを頑張る女性が増えましたね。そんなシングルマ...

旦那にイライラ・・頼りない!と思ったときには思考を変える!

うちの旦那は何をやらせても全然だめ・・頼りない・・という奥様! イライラしていてもいいことは一つも...

子育てでイライラと自己嫌悪を繰り返すママの対処法とは??

子育てでイライラ…子供を叱って自己嫌悪に陥る。そんな負のスパイラルを繰り返すママはたくさんいます。 ...

美容院でカラー失敗!?そうならない為のオーダーのコツとは…

美容院でヘアカラーをして、思った色にならなかったり、色むらが出ていたりした経験はありませんか? そ...

今の職場の環境が合わないと思っている人は・・もう一度再確認

今の職場の環境が自分には合わないような気がする・・・ 転職しようかな・・そんなことを考えている人も...

アニメオタクの基準とは??あなたはアニメオタクなのか??

アニメオタクって言われている人、自称している人はたくさんいると思いますが アニメオタクかそうではな...

頭皮のフケは、かさぶただった!?症状の原因や正しい対処法

悩んでいる方も多いフケ症状の原因は、頭皮のできたかさぶたかもしれません。 頭皮のかさぶたを改善する...

結婚しない理由は何?男に結婚を意識させるための方法とは…

近年、結婚を選択しない男性が増えているようです。その理由は様々ですが、一様に結婚への明るいビジョンが...

カビ掃除は大変!部屋のいたるところに生育するカビの対処法

気づかないうちに部屋のいたるところに生育するカビ…カビを生やさないためには、こまめな掃除と換気が重要...

子供の口臭!2歳でもお口が臭う・・気になる原因と対策

今まで気にならなかったのに、2歳児頃になると急に口臭が気になりだすと言うことがあります。 子供の口...

消防団で退職金が出る時期は??消防団の仕事や報酬って!?

みなさんは、地域の為に活動している『消防団』をご存じですか?消防団って消防士とどう違うの!? 今回...

クレームへの対応術は??飲食店・サービス業から学ぶ対応術

クレームというのは皆さん対応する側としてはつらいことですよね。 しかしクレームと言っても千差万別・...

スポンサーリンク

カビが生えやすい条件と原因

カビが発生する条件を学ぶことで、カビ発生への対策が可能です。
カビは梅雨の時期から注意すれば平気だろうと思われがちですが、
実際には、春から注意することが必要で対策も春から行います。
人間が春の気温が過ごしやすいように、カビにとっても過ごしやすい環境になります。

【カビが発生する主な条件】

◆湿度(80%以上がカビにとって快適です。)
◆温度(20~30度くらいがカビにとって最適です。)
◆汚れ(カビにとって汚れやホコリが大好物です。)
◆酸素(空気に触れることで活性化します。)

上記に記載されている条件にならない環境を
作るだけでもかなりの効果を発揮します。

【カビの発生原因】

◆結露(11月~3月)
◆春の長雨(3月~5月)
◆梅雨(6月~7月)
◆エアコン結露(6月~10月)
◆台風・多湿(7月~10月)
◆ダニ繁殖(6月~10月)
◆秋の長雨(9月~10月)

引用元-カビの基礎知識と怖さを学ぼう|【東急ハンズネットストア】

壁紙のカビ掃除方法

壁紙のカビの掃除方法

壁紙のカビの掃除方法ですが、日本の家は密閉が良すぎるので、
室内の壁紙でさえカビが生えてしまいます。

お風呂のカビ取り剤ってテレビCMでもやっているように市販品が
ありますが、あれは水回りでないと使えません。

壁紙のように水回りではないカビはどうすればいいのかいうと、
消毒用のエタノールや重曹を使ってください。

まず、消毒用のエタノールでカビを除去して乾燥させてください。
その後、カビに再度、消毒用エタノールをスプレーします。

仕上げに重曹を使って下さい。
重曹には、カビの餌となる食べカスや石けんカスといった様々な汚れを
分解してくれる力
があるので、カビの菌が発生しにくい環境を
作ってくれますよ。

引用元-壁紙のカビの掃除方法とは?カビ取り剤の種類と注意点 | これって、そうなんだ~!

畳のカビ掃除方法

消毒用エタノール(カビキラー)での除去方法

通常初期の段階ではペニシリウム属の一種である「青かび」の付着がみられます。除去方法には防カビ・除去剤にはエタノールなどのアルコール消毒剤を用います。

《用意するもの》

掃除機・マスク・ゴム手袋・消毒用エタノール(カビキラーなど)・タワシ・歯ブラシ(使わないもの)・乾いた掃除用のタオル

《カビ取り手順》

●窓を開けて換気をよくしてください
(※ただし、風の強い日になどを開けてしまいますとカビの胞子が飛散しやすいので注意してください。)
●タワシや使わない歯ブラシ等で畳の目にブ待ったカビをやさしくかきだしカビをうかせます
●掃除機を弱めの出力でカビをゆっくりと吸い取ります
(※掃除機を使うポイントは強での使用はしないこと。本体の排気口からの空気でカビ胞子は舞い散ってしまいます)
●霧吹き用スプレーに移し替えた消毒用エタノールを多めに畳全体に吹きかけ、しばらく乾燥させます
(※防かび剤としてエタノールの代わりにカビキラーやキッチンハイタ-でもOKです。)
●乾いた掃除用のタオルで乾拭きしてください
(※水拭きはなるべくしないようにしまうす。どうしても濡れ雑巾を使用する場合も必ず硬く絞ってから拭き取るようにしましょう)

引用元-畳のカビ除去/エタノール等の掃除方法、臭い取りなど畳の防カビ対策

下駄箱のカビ掃除方法

【下駄箱】意外に湿気が溜まりやすい要注意スポット

先にも、カビを掃除機で吸い上げるのはNGだとありましたが、ほうきなどで掃き出そうとするのも同様の理由でNGです。
下駄箱内の靴を全て取り出したら、まずは雑巾で水拭きし、泥汚れを落としましょう。それからカビ取り剤で拭き、から拭きを行えば完了です。

取り出した靴などを近くに置いた状態で行うと、カビ取り剤の漂白成分が靴に付いて変色してしまう恐れがありますので、少々離れたところに取り出すようにすると安心です。

靴は湿気が溜まりやすいです。履いた靴をすぐに下駄箱にしまう習慣のある人は、少し靴を乾燥させてからしまうようにすると、下駄箱の湿気対策につながるでしょう。下駄箱や靴に乾燥剤を入れるというのも一つの方法です。

引用元-家中のカビを徹底除去!浴室/キッチン/押入れなどの場所別対策 まとめ – マーミー

押し入れ・クローゼットのカビ掃除方法

押し入れやクローゼットのカビは目に付き難いので範囲が広がっていることとカビ除去中の換気が難しいので、塩素系漂白剤か消毒用エタノール、ゴム手袋、マスク、捨てても良い雑巾を用意しましょう。状況により掃除機と扇風機もあったほうが便利です。

壁や板の色が変わるといけないので端の方で試してから全体の除去に移ります。塩素系漂白剤などの濃さは程度によるので自身で調節してください。カビの範囲が広い場合には上から丁寧に拭いて拭き取ります。雑巾はカビを拭き取れ切れなくなったら次の雑巾をしようしてカビを上からさらに塗りつけないようにします。一枚目の雑巾で出来る限り取って二枚目で完全に拭きとるようにした方がきれいに拭き取れると思います。

拭いている途中でカビの塊が下に落ちるかもしれませんが、それは雑巾で丸めて一緒に捨ててしまいましょう。手が入らないようであれば掃除機で吸い込んでも良いと思います。ただし、その場合は掃除機のフィルターを必ず交換しましょう。

カビが除去出来たら水拭きをしっかりして乾燥させます。完全に乾燥させるには扇風機を使った方が便利なので1~2時間は扇風機を回しておきましょう。

完全に乾燥したらカビの除去は完了です。カビ掃除をしても残っている可能性があるので数週間は換気を小まめにすると尚良いと思います。

引用元-カビの除去についての基礎知識

カビの予防方法

換気する

水分を好むカビですから、最も有効な対策方法はやっぱり換気が一番です。自宅の換気システムに24時間換気設備が備わっている場合は、ぜひともそれを活用しましょう。もしも24時間換気設備が無いお宅でも、浴室やキッチンなど換気扇の付いているところは常に回しておく、また窓がある場合は開ける時間を多くとるようにする、などの心掛けが大切です。

ただし、防犯面から言うと地上に近い階で一晩中窓を開けっ放しにしておくのは危険ですので、くれぐれもご注意を!何はともあれ、カビ対策の大前提は換気です。とにかくこまめに空気の入れ替えを行い、家の中の湿気を飛ばしましょう。

エアコンや除湿器を活用

もしも換気扇の不具合や窓が少ないなどの問題点があるようでしたら、エアコンの除湿機能や除湿器の導入を検討してみてください。

除湿シート/新聞/炭などを活用

出来るだけコストをかけない方法としては、市販の除湿シートや古新聞、炭などを家の中で湿気の多い場所に置く、という方法もあります。

引用元-カビ対策の基本は予防!浴室/壁などがカビにくくなる方法 – マーミー

twitterの反応


https://twitter.com/conaccccco/status/673923742414729216


https://twitter.com/AndKanfu/status/673828859662352384


https://twitter.com/ko___ta02/status/673477726448189440