子供の携帯はおすすめ?メリット・デメリットで見る問題と対策

あなたは子供に携帯を持たせる事をおすすめしますか?

様々な事件から子供を守るために持たせるという親心と裏腹に、携帯によって新たな問題が生まれてしまう事も・・・

メリット・デメリットを知り、子供と携帯ついて考えてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

男の子・女の子への誕生日プレゼント選び何にする?2歳編

もううちの子も2歳・・最近うちの子はわがままになってきてプレゼントにも 好みが出てきて・・2歳の男...

不妊治療の第一歩!病院で行うタイミング療法ってどんなもの?

妊娠を待ちわびているのになかなか赤ちゃんができない…頭に不妊治療という言葉がよぎる方もいらっしゃるこ...

子育てでイライラが限界に・・というときに!ママ・パパ必見!

子供が生まれてから最近イライラが限界に達しているなぁ・・というママさん 最近嫁が子育てのイライラで...

子供にはテレビを見せない方がいい!?上手に付き合う方法は…

小さな子供の成長の為にはテレビは見せない方がいいと言われることがあります。 実際に子供がテレビを見...

携帯のgps機能は電源off?メリットとデメリットを知ろう

携帯電話のgps機能をみなさんはご存知でしょうか? そんなの誰でも知っている!と思っているあなた!...

両親の不仲が子供に与える影響~知らぬ間に付けている心の傷!

不仲な両親のもとで育つ子供には様々な悪影響を及ぼすことをご存知ですか? 両親の喧嘩や無関心など子供...

子育てでイライラして怒鳴るのはNG!子供に与える影響とは…

子育てをしているとイライラする場面は多々あります。突発的に子供を怒鳴ることもあるでしょう。 しかし...

子育て中のイライラで暴言!負の連鎖を断ち切る為のポイント

子育て中はイライラする事も多く、ついつい語彙が強くなったり暴言を吐いてしまうことがあります。 しか...

子供の携帯のgps機能はお守り!子供への意識付けが重要!

最近は子供にgps携帯を持たせる家庭が増えています。 しかし携帯を持たせることにもデメリットはあり...

子育てでイライラと自己嫌悪を繰り返すママの対処法とは??

子育てでイライラ…子供を叱って自己嫌悪に陥る。そんな負のスパイラルを繰り返すママはたくさんいます。 ...

子供の携帯代、安いのはどこ?知っておきたいお財布に優しい話

子供に安心・安全に使わせられる安い携帯はあるのでしょうか?子供に携帯を持たせることで、家計に大きな負...

子供の性別!理想の兄弟の組み合わせ~産み分けのご参考に!

あなたは子供の性別が気になりますか? 意外と多くの人が気にしている子供の性別。特に2人目の妊娠時は...

子供のための貯金に税金がかかる!?税金の詳しい仕組みとは

親として1円でも多く子供に貯金をしてあげたい!しかしその親の気持ちがこもった貯金に税金がかかってしま...

娘の友達関係が心配…親としてできることは?過干渉にも注意

子供はどんどん大きくなり、成長しながらいろいろな友達と接することになります。 その中で人間関係の楽...

子育てで感じるイライラの解消法は?ママの心のリフレッシュ!

子育て中にはイライラしてしまう場面がたくさんあります。しかしその原因はママの心の余裕がなくなっている...

スポンサーリンク

この記事の目次です

子供に携帯は持たせるべき?みんなの意見

Q1.スマホや従来型の携帯電話など、「ケータイ」を児童に持たせることに賛成ですか?反対ですか?

1.賛成 30.5%
2.反対 35.8%
3.わからない 33.7%

<解説>

 今回の調査では、スマホや従来型の携帯電話など、ケータイを子どもに持たせることに賛成か反対かというアンケートも実施したが、少々興味深い結果が見られた。
 回答の割合としては「賛成」とした人が30.5%、「反対」とした人が35.8%、「わからない」とした人が33.7%であり、おおむね3分されているという印象だ。とりあえず「賛成」と、はっきり言える人が少なめであるということも見えてくる。
 回答に添えられたコメントを見ると、さらに「賛成」と言い切っている人が少ない様子だ。なぜなら「賛成」派の多くが「緊急連絡時に必要」「公衆電話が減っている今、連絡用に必要」というようなことを挙げており、さらに通話とメール等に機能を制限することや、子どもを守る機能がついた端末を与えることを前提としているコメントも多いからだ。大人が利用するのと同じ端末をそのまま与えてよいというコメントは、ほとんど見られなかった。
 そして「反対」派は「普段の生活では必要がない」「イジメのツールになる」「遊びに使いそう」というようなコメントを寄せている。「わからない」派はというと、両方を合わせたコメントが多く見られる。「何かあった時には必要だけど、普段は必要ない」「賛成と反対両方の理由がある」「本来は反対だがルールを決めた上で必要ならば持たせることもある」という状態だ。

引用元-子どものケータイ利用に賛成?反対?“本音は反対”派が多数、増大する保護者への負荷 | ビジネスジャーナル

子供に携帯をおすすめしたい知っておきたいメリット

小さなお子様に携帯電話を持たせることで、いつでも連絡を取ることが出来るということがあげられます。たとえば、学校から帰ってくるのが遅い時など、携帯を持っていないと心配になってしまいますが、携帯があれば直接子供に電話をかけ、どこにいるのか話すことが出来ます。また、携帯によってはGPS機能がついているものもあるので、その機能が付いている携帯電話を持っていれば子供がどこにいるか簡単に調べることが出来るのです。

また防犯ブザーがついているものもあり、何か犯罪に巻き込まれそうになった時防犯ビザーで周りに知らせることが出来るのです。また、何か緊急で知らせたい場合にすぐに連絡を取ることが出来るという点があげられます。このように携帯電話を持っていると、たくさんのメリットがあるのです

引用元-子供が携帯電話を持つメリットとは | 子どもと携帯電話

子供の携帯に必須!おすすめ機能は?

1. サイズが小さいので持ちやすい。手のひらサイズ(携帯・スマホ)

サイズからみるとキッズケータイは本当に小さな手のひらサイズです。子供用スマホも角に丸みがあり持ちやすくなっています。

2. 防水・防塵に対応(携帯・スマホ)

今はどの携帯やスマホにも標準になっています。キッズ携帯は特に強化プラスチックと液晶がスーパーハードコーティングになっています。子供は間違いなく落とすし、水に入れたり、砂だらけにしてしまいますからね。

3. 簡単操作(携帯)

特に携帯は使える機能が最初から制限されているので安心です。スマホは制限すればホームから簡単操作ができます。新機種ほど便利になっています。

4. 防犯ブザー付き(携帯・スマホ)

緊急時に簡単操作で、登録しておいた連絡先への自動通話発信と位置情報を知ることができます。

5. 有害サイトへのアクセスやアプリのダウンロードや利用を制限できる。(スマホ)

出会い系サイトやアダルトサイトなどの有害サイトはインターネットに制限をかけられます。フィルタリング機能を搭載しています。

機種によってはGoogle Playからのアプリをダウンロードできません。アプリ制限を個別制限にすることで、それぞれのアプリを制限できます。また保護者がOKしないと利用できないようになっています。

6. 親が電話帳に登録した相手にしか電話やメールのやり取りが出来ない(携帯・スマホ)

臨まない相手からの連絡を防止することができます。

引用元-子供には「キッズ携帯・ジュニアスマホ」をオススメする9つの理由 | おにぎりフェイス.com

子供に携帯を持たせる時にはルールを決めよう!

[1] インターネットやメールは「自由に使わせない」ことを前提に

子どもの成長度合いに応じて、段階的に経験を積ませましょう。たとえば、最初は通話機能のみ利用する、メールの相手は家族のみに制限するなどの方法があります。インターネットを使わせるのであれば、必ずフィルタリングサービスを利用し、使用場所や使用時間を限定してください。

[2] 子どものケータイ利用状況を常に監視・注意する

誤った使い方をしていないかどうかは親が管理する必要があります。子どもの通話・メールの履歴、よく利用しているサービスなどはオープンにさせ、定期的に親がチェックしましょう。

携帯電話やスマホの利用をコントロールするのは親の仕事。
子どもの所有物として与えるのではなく、親が貸しているものというスタンスで渡すのがおすすめです。
「借りているのだから好き勝手には使えない」という自制心が働きやすいと思います。

引用元-セコム|何年生から?携帯電話、スマホを持たせるタイミング|子どもの安全ブログ

子供に携帯をおすすめできない知っておきたいデメリット

デメリット① 携帯に頼りすぎる

忘れ物をしたら届けてくれる、遅くなっても電話をかければ大丈夫!と子供が安心しきってしまいます。携帯を持っていない子供は、忘れたら取りに帰るか学校で先生に伝えて自分でどうにかしなければなりません。決まった時間に帰宅しなければという心構えがしっかりできます。携帯を持っていると、そのような対処法が身に付きません。

デメリット② 使用料が発生する

携帯を持つ子供同士で電話をかけあったり、メールをしたり、使うだけ料金が発生します。外でも家でも使いたい放題使わせていると、多大な金額になる可能性もあります。

デメリット③ コミュニケーション不足

友達同士のコミュニケーションツールとなるメールは、言葉の使い方次第では相手に誤った気持ちを伝えてしまうという心配があります。そこから言葉の使い方を学ぶことができるのなら良いのですが、いじめの原因となったりコミュニケーション能力が発達しないというデメリットにもなりかねません。また、携帯に夢中になり部屋にこもってしまうあまり、家族間のコミュニケーションが減ってしまう可能性もあります。

引用元-小学生の子供にキッズ携帯を持たせるメリット・デメリット・注意点まとめ | みんなの子育てガイドブック

子供に携帯はおすすめできない?学力低下の問題

学力・集中力低下~スマホ依存のリスク

 2014年度に実施された『全国学力・学習状況調査』の結果からも思春期の子供がスマホを持つことのリスクが浮かび上がってきました。  この調査では、全国の小学6年生と中学3年生を対象に「国語と算数(数学)の学力テスト及びスマホの使用状況や生活環境についてのアンケート」が行われています。

 例えば中学生の場合、スマホ使用時間が
 「30分未満の生徒…平均正答率82%」
 「4時間以上の生徒…平均正答率73%」
 という結果に。元々の学力差を考慮する間もなく、「スマホの使用時間が長いほど得点が下がる」という傾向が各学年、各教科全てにおいて綺麗に出てしまったのです。

 今までも学力の低下に結びつくと非難されがちな漫画やゲームなどの娯楽はありましたが、スマホはいわばその集大成。スマホでゲームをした後は動画を見て、暇つぶしにネットを閲覧して…といつまでたっても終わりません。
 勉強の合間にチャットで友達とトークをしている生徒も多いようですが、集中力が低下した状態で身につく知識は少ないでしょう。スマホが便利で魅力的であるがゆえに、自制心のきかない一部の子供たちが依存状態に陥ってしまうのです。

引用元-子供にスマホを持たせるリスク

twitterの反応


https://twitter.com/kaya0526/status/337423268107665408