ワダイビジネスサテライトでは今話題のニュース・商品・ビジネス・恋愛・健康・豆知識ネタetc皆様に役立つあれこれを配信していきます

ワダイビジネスサテライト

結婚相手の決め手はなに?幸せになるために外せない条件とは…

   

結婚相手の決め手はなに?幸せになるために外せない条件とは…

みなさんの結婚相手の決め手はなんですか?幸せな結婚生活を送るためにも、結婚相手に求めるものは妥協できません。

しかしどんなことが結婚の決め手になるのでしょうか。

そこで結婚相手に求める様々な「決め手」についてまとめてみました。自分の心境に当てはめながら、結婚について考えてみましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

嫁が料理嫌い…気になる原因と克服させるためにできる対処法

結婚した男性にとって、嫁の手料理はかなり重要なポイントになり...

旦那は家事の手伝いどこまでしてる?円満夫婦が実践する分担法

皆さんの家庭では旦那は家事をどこまで手伝っていますか? 妻...

感受性の強い人は恋愛に向き?不向き?繊細なあなたはHSPかも

感受性が強い人は、人の気持ちを敏感に感じ取り、相手を思いやる...

朝の満員電車でめまいが…最近体調がおかしいと感じる人へ

朝の通勤ラッシュ時、満員電車に乗るとめまいが…なんて経験はあ...

女友達との旅行で起こりうる喧嘩を回避する方法と対処法!

女友達との旅行はワイワイ盛り上がり、楽しい時間です。 しか...

感受性が強い赤ちゃんの特徴とバランスを整えるママとの関わり方

赤ちゃんは感受性が高いと言われていますが、中にはその感受性の...

保育園に入れない場合は幼稚園?働くママの苦悩と保活事情とは

保育園の待機児童が問題視される中、なかなか改善されない現状に...

嫁の料理の品数に不満を感じる夫~あなたの家庭は大丈夫?

あなたの食卓にはいつもどのくらいの品数の料理が並びますか? ...

日本が好きな外人に和む人多数!愛すべき外人のエピソード

最近日本好きな外人のエピソードに和むという趣旨のサイトが注目...

車検時に交換が必要になる部品の知識と自分で見極める方法

車検の見積もりを取ると、交換が必要になる部品の項目がいくつか...

旦那の家事手伝いが中途半端!イライラする妻とイクメン風夫

最近はイクメンという言葉がもてはやされ、家事を手伝う旦那が増...

会社都合の解雇はデメリットが…あなたと会社のデメリット…

会社から解雇を言い渡される理由はいくつかあります。 中...

中学生が部活に拘束される時間は意外と長い?勉強の両立は?

中学生になると部活が始まります。 部活に打ち込む学生も増え...

会社の規模を縮小する意味は色々!拡大より難しい規模縮小

会社の規模を縮小すると聞くと、「衰退」をイメージする方も多い...

子供が一歳・・夫と離婚したい・・出産後に陥る夫婦危機とは?

子供が生まれ一歳頃になると、夫と離婚したいと考える女性が急増...

友人への出産祝いに現金のみでいい?マナーとタイミングは?

友人の出産祝いに何を贈るか迷っている方は多いようです。 し...

アパートの騒音は何時までなら許せる?世間の声から判断を!

アパートに住んでいると、ご近所付き合いで気を付けたいのが騒音...

友人への出産祝い!第2子の場合に喜ばれるプレゼントとは…

友人に出産祝いを贈る時にはどんなものが良いか悩むところ。 ...

姑との同居で問題となる生活費!こんな分担と切り出し方は?

姑との同居には良い面もたくさんありますが、様々な問題が立ちは...

子供の大学の資金っていくら必要?事前に計画を立てないと…

子供を大学まで進学させるとなると、かなりの教育資金が必要にな...

スポンサーリンク

既婚女性に聞いた!結婚相手の決め手は?

結婚の決め手となったもの、第1位は「経済力」だった。年収や資産、安定した職業であることなどが決め手となったようだ。夢がないように思えるが、結婚する上でお金は必要不可欠。女性はそのあたりで非常に現実的なようだ。

次に女性が重視していたのは、一緒にいて居心地が良いかどうか。これからずっと一緒に生活するのだから、居心地を重視するのは当然といえば当然。アンケートによれば「空気のよう」「気をつかわなくていい」「一緒にいて邪魔じゃない」ところが夫の良い点なのだとか。筆者の女友達にも「結婚の決め手」を尋ねてみたところ、この「空気みたいだったから」という答えが返ってきたのだが、一緒にいてストレスにならない、そういった良い意味での「空気みたいな存在」を多くの女性は求めているようだ。

また「イケメンだったから」と、容姿を理由に挙げた人も多かった。結婚を決めた理由はそれだけじゃないと思うが(そう信じたい)、正直なところ、顔が良ければある程度のことは許せる……のかもしれない。この他にも、自分の家族や友人を大事にしてくれることや、社交的で人当たりが良いこと、我がままを聞いてくれること、「良くもないが悪くもないところ」などが結婚の決め手として挙がっていた。

引用元-既婚女性に聞いた”結婚の決め手” -「年収」「顔」「従順」「一緒にいて楽」 | マイナビニュース

年代別に見る結婚相手の決め手は?

10代は強い結婚願望、もしくはおめでた婚

10代の結婚で最も多いケースはおめでた婚、つまり子供を授かったので結婚をしますというケースではないでしょうか。10代と言いますと、まだ社会に出ていない人もいれば、社会に出ていたとしてもまだまだ未熟者です。そのような10代では、よほど好きな相手がいて結婚願望がない限り結婚ということにはなりません。よって、子供を授かって初めてそれでは結婚をしようというケースが多いのです。

引用元-10代~50代、5つの年代別にみる結婚の決め手 | お悩み解決どっとこむ。

20代は恋愛からの流れで結婚

20代は多くの人が社会進出し、社会人として、また一人の大人として歩み始める年代です。20代になりますとお付き合いしている相手がいる場合には、結婚を意識し始める年代ではないでしょうか。仕事にも慣れ始め、次は結婚。決め手はやはり恋愛をしてきて、この相手と結婚をしたい・・・この相手ならば結婚をしてもいいかな・・・という恋愛感情です。しかし、20代ではまだまだやりたい事も多いでしょうし、好きな相手がいてもなかなか結婚に踏み出せない人もいます。そのような人は、20代では結婚ではなく自分のキャリアや人生経験を積むことを優先し、結婚を後回しにしてしまいがちです。

30代は子供の存在と具体的な結婚生活

女性には子供を産める年齢に制限があります。30代になるといよいよ自分が子供を産める年齢を考え始める人も多いようです。30代になりますと、恋愛をしているのであれば結婚も意識すると思いますし、もしお付き合いをしている相手がいないとしても、これから付き合う相手は結婚を前提として付き合うと決めている人も多いのではないでしょうか。

引用元-10代~50代、5つの年代別にみる結婚の決め手 | お悩み解決どっとこむ。

絶対後悔しない結婚相手の決め手

1.「好き」という気持ちがあるか?

「学歴もいいし、勤務先もいいし、将来お金持ちになれそう」とか「私にはこれくらいの人でいいんじゃないか」といった判断はよくありません。本当に相手を人として尊敬でき、愛しているかどうかが大切です。

相手からいくら強く思われていようと、自分の気持ちが消極的であっては、結婚生活はうまくいきません。「好きだから一緒にいたい」という気持ちを大切にしてください。

2.心からくつろぐことができるか

恋愛はただ単純に楽しければそれでいい世界なので、暇な時間だけ同じ時間を楽しめればよかったのですが、結婚は同じ空間でずっと生活するわけですから、一緒にいて心からくつろぐことができないと、最初はよくてもいつか破綻がやってきます。

3.自分は結婚したいと思っているのか

まず大事な事は「自分は結婚したいと思っているのか」。世間体で何歳までにはとか、一般的にもう歳だし、と言う様な「焦りから来る動機」では結婚してもうまくいきません。

4.友達が多い、人望がある人か?

結婚相手の条件で一番重要視したいのは、友達の数。友達が多いということは、周りの人間から信頼が厚いということ。周囲からの評価が高いということは、人間性が優れているということになります。

ただし、薄っぺらい人間関係が多いのではなく、心からの深い付き合いがある友達が多い人は、優しさがあり尊敬できる部分も多いです。

引用元-絶対後悔しない結婚相手の選び方・決め手40の視点 | 美Plan

結婚相手に不向きな男!決め手は最初に感じた違和感

●最初に感じた違和感は、結婚後に急拡大

既婚女性によると、最初に感じた違和感があるまま結婚すると、あとで必ず気になってくるそうです。

妥協できるポイントとそうでないポイント。それがはっきりしていないなら、 違和感に目をつぶって「なんとかなる」と思ってしまうのはやめた方が良さそう。

また、相手の親兄弟の性格、育った環境、価値観や金銭感覚。

ここに違和感を覚えた場合も、結婚には向かない相手かも。立ち止まってよく考えた方が良いそうです。

結婚はやはり「生活」。恋愛の延長で考えてしまうと落とし穴がある場合もあるかもしれませんね。

●調子の悪いときに冷たい態度をとる男はNG

こういう男性、いませんか?たとえば風邪をひいてデートをキャンセルしたときに、「えー!楽しみにしてたのに・・・」とまず言う男性。

あるいは、自分が調子の悪いとき、やたら不機嫌になったり、冷たくなる男性。

こういう男性は「自分が一番大事」な自己中男の可能性大。結婚相手としては考えない方がいいでしょう。

結婚生活はいつも順風満帆であることはあり得ません。お互いが困ったり病気だったりしたときにこそ思いやりをもって助け合えるか、味方となって励ましてくれるかどうかが重要なポイントです。

引用元-結婚に向かない男を見極める!決め手は「最初に感じた違和感」 | ラルーン

結婚相手の決め手がわからない時に考えたい事

自分がどれほど受け入れられているかを見極める!

人間の交友パターンは大きく「安定」「回避」「両価」の3タイプに分類されますが、多くの人は相手に対して「安定」を求める傾向にあります。逆に言えば、相手と一緒にいて「精神的な安定」を得ることができなければ、共同生活が非常に味気ないものになってしまうことでしょう。

そこで、相手を選ぶときには「自分がどれほど受け入れられているか」を見ることが大事です。

引用元-婚活での決め手が分からない方へ、何を基準にすべき?

相手の短所を並べてみる!

基本的に安定した人間関係というものは「目立った長所がある人」よりも「目立った短所がない人」とのほうがうまくいくことが多いものです。そこで、もしも今あなたがお付き合いしている方がいるとすれば、その人の短所を挙げてみてください。

…正直に言うと、その短所はおそらく結婚してからも一生涯あなたを悩ませることでしょう。「三つ子の魂100まで」という言葉があるように、人間には生まれ持った「気質」というものがあり、これは生涯ほぼ変わらないものです。

相手の「長所」にばかり目を向けていると、その背後にある「短所」に目がいかないものです。

そこで、この短所は「結婚したら治るだろう」と思わず、「結婚してもこの短所を我慢できるのか?」ということを考えながら相手を見極めるといいでしょう。

引用元-婚活での決め手が分からない方へ、何を基準にすべき?

twitterの反応

 - 恋愛・結婚

ページ
上部へ