ワダイビジネスサテライトでは今話題のニュース・商品・ビジネス・恋愛・健康・豆知識ネタetc皆様に役立つあれこれを配信していきます

ワダイビジネスサテライト

ストレッチの効果が現れる期間は?体を整えるポイントとは…

   

ストレッチの効果が現れる期間は?体を整えるポイントとは…

ストレッチは体の調子を整える為に有効的とされています。

ストレッチはいったいどのくらいの期間続ければ効果が現れるのでしょうか?

そこでストレッチの効果が期待できる期間や、ストレッチのポイントなどを調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

日本が好きな外人に和む人多数!愛すべき外人のエピソード

最近日本好きな外人のエピソードに和むという趣旨のサイトが注目...

車検時に交換が必要になる部品の知識と自分で見極める方法

車検の見積もりを取ると、交換が必要になる部品の項目がいくつか...

旦那の家事手伝いが中途半端!イライラする妻とイクメン風夫

最近はイクメンという言葉がもてはやされ、家事を手伝う旦那が増...

会社都合の解雇はデメリットが…あなたと会社のデメリット…

会社から解雇を言い渡される理由はいくつかあります。 中...

中学生が部活に拘束される時間は意外と長い?勉強の両立は?

中学生になると部活が始まります。 部活に打ち込む学生も増え...

会社の規模を縮小する意味は色々!拡大より難しい規模縮小

会社の規模を縮小すると聞くと、「衰退」をイメージする方も多い...

子供が一歳・・夫と離婚したい・・出産後に陥る夫婦危機とは?

子供が生まれ一歳頃になると、夫と離婚したいと考える女性が急増...

友人への出産祝いに現金のみでいい?マナーとタイミングは?

友人の出産祝いに何を贈るか迷っている方は多いようです。 し...

アパートの騒音は何時までなら許せる?世間の声から判断を!

アパートに住んでいると、ご近所付き合いで気を付けたいのが騒音...

友人への出産祝い!第2子の場合に喜ばれるプレゼントとは…

友人に出産祝いを贈る時にはどんなものが良いか悩むところ。 ...

姑との同居で問題となる生活費!こんな分担と切り出し方は?

姑との同居には良い面もたくさんありますが、様々な問題が立ちは...

子供の大学の資金っていくら必要?事前に計画を立てないと…

子供を大学まで進学させるとなると、かなりの教育資金が必要にな...

血液検査の結果を病院に電話で問い合わせることは可能か?

病院で診察を受けると、病状によって血液検査を受けることがしば...

学歴が大卒と高卒で考え方が違う?日本の現状と学歴の差とは

就職する際に大卒か高卒か、最終学歴がどのくらい影響するのでし...

…仕事のミスで辞める前に心の整理!辞めたい理由は他にある?

仕事でミスをすると会社を辞めてしまいたくなることがあります。...

夫が単身赴任で子供なしの夫婦が夫婦円満でいられるアレコレ

子育て世帯では夫の転勤が決まると、子供の就学や進学の状況に合...

妻の誕生日何も予定なし・・な時は手料理で喜ばせてみては?

妻の誕生日になにを贈るか毎年悩んでいる男性は少なくありません...

男性は好きな人の妄想をする生き物?男が妄想する言動とは

男性は妄想するのが大好きです。 身近な女性の何気ない仕草に...

結婚できない理由…別れを選ぶ人は男女の脳の違いを理解しよう

結婚はカップルにとって大きな変化の一つです。 結婚した...

娘の友達がわがまま!娘の親として対応はどうしたらいいの?

娘が仲良くしているお友達がわがままな子だったら…我慢している...

スポンサーリンク

ストレッチはどのくらいの期間続ければ効果が出るの?

一切ストレッチを行わなくてもストレッチをした後のような、
体や心の状態を維持するにはどれくらい続けたらよいかという事を、
気にする人がいますが根本的な考え違いをしています。

例えば、肩こりで悩んでいる人が上半身のストレッチを行えば、
即座に肩こりが解消されるかもしれません。

これは即座に効果があらわれたと言えますが、
一晩も経てばまた肩こりの症状が発生するでしょう。

継続的にストレッチ後の肉体状態を維持するには、
体質を変える必要があり最低でも3か月はストレッチを続ける必要があります。

よってストレッチの効果は3か月程で現れ始めると言えます。

しかし機械か何かのセッティングや試験ではないので、
一度済ませてしまえば生活を変えなくてもOKというものではなく、
ストレッチが生活の一部になる事が最終的な目標です。

これは筋トレも一緒で一定期間ハードな筋トレをこなせば、
誰でもそれなりの筋肉が付きますがトレーニングしなくなれば元に戻ってしまいます。

人間は生きて活動しているのですから何事も継続的に行う必要があります。

3か月で効果が出始めるというのは、3か月で習慣化するので、
始めたころのような心的エネルギーを消費しなくてもストレッチし続ける事が出来るようになるという意味も含まれています。


引用元-ストレッチの効果はどれくらいの期間で現れるのか? | ウツカラダデザイン

ストレッチを長期間続ける事で得られる効果

■身体の可動域が広がる

私たちの身体は年を重ねるごとに大きな動きをする機会が減り、だんだんと硬くなっていきます。そうすると運動効果が下がったり、怪我をしやすくなってしまいます。

ストレッチで普段使わない筋肉を伸ばしたり、動かしたりすることで、縮こまっていた身体を目覚めさせ、可動域を広げることができます。すると普段の生活での動きもスムーズになり、運動のパフォーマンスや消費エネルギーをUPさせることにつながります。

柔軟性を上げて筋肉を動かしやすくすることで姿勢も整い、見た目も若々しくなりますよ。

■血行が良くなり、代謝が上がる

ストレッチで筋肉を動かすと、周辺の血管に刺激を与えて血行を良くすることができます。すると酸素や栄養素も運搬しやすくなり、代謝がUP。冷えの改善や疲労回復効果も高まります。

日頃から血行を良くする習慣を取り入れると、疲労や老廃物を排出するサイクルもスムーズになり、むくみや倦怠感を改善することができます。元気で若々しい身体をキープするためには、こまめに毎日身体を大きく動かす習慣をつけましょう。

■リラックス&ストレス解消

身体を伸ばしたり、大きく動かしたりすると血行が良くなって頭もスッキリ。ストレス解消やリラックス効果もあります。また、長時間のデスクワークなどで歪んでしまった姿勢が改善されることで、ストレスが溜まりにくくなるというメリットも。

引用元-侮れない!ストレッチするだけで得られる健康効果3連発 | nikkanCare.ism(ニッカンケアイズム)

ストレッチを効果的に行う3つのポイント

「筋肉を緩める」感覚をつかもう

まず、ストレッチというと、筋肉を伸ばすと言う風に思い込んでいる人が多いですが、ストレッチにおいて一番重要な感覚は、「筋肉を緩める」ことなのです。

筋肉を伸ばそう伸ばそうと思い込むと、筋肉にはかえって緊張が走り、ある種の筋トレ的な状態になってまうため、本来の目的である“関節を柔軟にするストレッチ”ではなくなります(だからと言って、強く伸ばしたとしても、筋トレとしての効果はあまり期待できませんのであしからず)。

ですから、まずは筋肉を緩めるという感覚を想起する必要があります。

引用元-ビジネスパーソンの「健康」をブラッシュアップする!~パーソナルトレーナーが教える初歩からのトレーニング – 一番重要なのは「筋肉を緩める」感覚をつかむこと ~ストレッチをはじめよう[後編]:パーソナルトレーナーが教える初歩からのトレーニング|人事のための課題解決サイト|jin-jour(ジンジュール)

ストレッチをしているときは、「息を吐く」ことを忘れない

そして他にも重要なことがあります。それは呼吸です。

人の身体は、息を止めることで筋肉が緊張するという性質があり、ストレッチ時に知らぬ間に息を止めてしまうと、自然と筋肉は緊張し、緩めていると思っていても、あまり伸びていることにはならないのです。

ですから、ストレッチをしているときには、息を長く吐くことを忘れずに行って下さい

引用元-ビジネスパーソンの「健康」をブラッシュアップする!~パーソナルトレーナーが教える初歩からのトレーニング – 一番重要なのは「筋肉を緩める」感覚をつかむこと ~ストレッチをはじめよう[後編]:パーソナルトレーナーが教える初歩からのトレーニング|人事のための課題解決サイト|jin-jour(ジンジュール)

効果的なストレッチを長期間続けるコツ

ハードル低めの目標設定

掲げる目標設定はハードルを低めひくめに設定しておきましょう。
高い目標を掲げることで、それを達成するまでは頑張るという意志の強い人、高い目標があるからこそ頑張れる人も中にはいると思います。ですが、三日坊主から抜け出すための方法としては目標を低めに設定すること。あまりに高い目標だと、途中で苦しくなり、三日坊主どころか挫折する人も中には出てしまうからです。
しかし、ハードルを低くすることでゴールが見えやすくなり、目標が達成しやすくなるそうです。自分でも達成できるんだという自信がついて、やっと目標のハードルを徐々に上げていくことがでるのではないでしょうか。
ただし、自分がどのようになりたいのか、何のために始めたのか?など、その経緯や目的(目標)を見失わないようにしましょう。目的が無くては続けるためのモチベーションも見失うことになってしまいますからね。

引用元-続けるコツは習慣づけ!習慣化する6つのコツ | ダイエットSlism

日々の変化を記録する

自分が実践したことや、毎日の変化をPCやノート手帳に残すようにしましょう。記録していく中で変化がつくようになり、日々の成果が出てくるようになれば更なるモチベーションになりますよね。記録をつけていくことが楽しくなっていきますし、あのとき自分は頑張ったという良い宝物にもなります。

引用元-続けるコツは習慣づけ!習慣化する6つのコツ | ダイエットSlism

ストレッチを効果的に行うための注意点

反動はつけない

反動を使うストレッチは筋肉や腱を傷める恐れがあります。静かにゆったりと、筋肉や腱にほど良い緊張を感じたところで止めてそのまま何10秒かキープしましょう。
これまでによく行われてきた柔軟体操のように、反動をつけて行ってはいけません。反動や「あおり」を利用する柔軟体操は、急激に筋肉に負荷がかかるので危険です。

引用元-ストレッチを行うときの注意点 | 『よくばりダイエット必勝法』 – 楽天ブログ

オーバー・ストレッチ

筋や健は、ある程度緊張が感じられるまでストレッチしないと、ストレッチ効果が生じませんが、痛いのを我慢して無理にストレッチすることは禁物です。この無理にストレッチすることは、オーバー・ストレッチング(OverStretching:過伸展)と呼ぱれ、逆効果であるばかりか、筋や健を痛めることがあります。強過ぎず弱過ぎず、加減をしながら行うことが大切です。
無理なストレッチは逆効果であるだけでなく、筋肉や腱を傷めてしまいます。

引用元-ストレッチを行うときの注意点 | 『よくばりダイエット必勝法』 – 楽天ブログ

twitterの反応


https://twitter.com/sy_mcrn/status/670580942692466688

 - スポーツ, 生活

ページ
上部へ