ワダイビジネスサテライトでは今話題のニュース・商品・ビジネス・恋愛・健康・豆知識ネタetc皆様に役立つあれこれを配信していきます

ワダイビジネスサテライト

豆乳を効果的に摂取する時間帯は?生活に上手に取り入れる方法

   

豆乳を効果的に摂取する時間帯は?生活に上手に取り入れる方法

豆乳にはダイエットや美肌など、女性に嬉しい効果がたくさんあります。

効果的に摂取するためには、飲む時間帯やタイミングなども関係しているようです。

そこで生活に豆乳を上手に取り入れる方法をまとめてみました!ぜひ参考にして自分に合った豆乳生活を始めてみましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

女友達との旅行で起こりうる喧嘩を回避する方法と対処法!

女友達との旅行はワイワイ盛り上がり、楽しい時間です。 しか...

感受性が強い赤ちゃんの特徴とバランスを整えるママとの関わり方

赤ちゃんは感受性が高いと言われていますが、中にはその感受性の...

保育園に入れない場合は幼稚園?働くママの苦悩と保活事情とは

保育園の待機児童が問題視される中、なかなか改善されない現状に...

嫁の料理の品数に不満を感じる夫~あなたの家庭は大丈夫?

あなたの食卓にはいつもどのくらいの品数の料理が並びますか? ...

日本が好きな外人に和む人多数!愛すべき外人のエピソード

最近日本好きな外人のエピソードに和むという趣旨のサイトが注目...

車検時に交換が必要になる部品の知識と自分で見極める方法

車検の見積もりを取ると、交換が必要になる部品の項目がいくつか...

旦那の家事手伝いが中途半端!イライラする妻とイクメン風夫

最近はイクメンという言葉がもてはやされ、家事を手伝う旦那が増...

会社都合の解雇はデメリットが…あなたと会社のデメリット…

会社から解雇を言い渡される理由はいくつかあります。 中...

中学生が部活に拘束される時間は意外と長い?勉強の両立は?

中学生になると部活が始まります。 部活に打ち込む学生も増え...

会社の規模を縮小する意味は色々!拡大より難しい規模縮小

会社の規模を縮小すると聞くと、「衰退」をイメージする方も多い...

子供が一歳・・夫と離婚したい・・出産後に陥る夫婦危機とは?

子供が生まれ一歳頃になると、夫と離婚したいと考える女性が急増...

友人への出産祝いに現金のみでいい?マナーとタイミングは?

友人の出産祝いに何を贈るか迷っている方は多いようです。 し...

アパートの騒音は何時までなら許せる?世間の声から判断を!

アパートに住んでいると、ご近所付き合いで気を付けたいのが騒音...

友人への出産祝い!第2子の場合に喜ばれるプレゼントとは…

友人に出産祝いを贈る時にはどんなものが良いか悩むところ。 ...

姑との同居で問題となる生活費!こんな分担と切り出し方は?

姑との同居には良い面もたくさんありますが、様々な問題が立ちは...

子供の大学の資金っていくら必要?事前に計画を立てないと…

子供を大学まで進学させるとなると、かなりの教育資金が必要にな...

血液検査の結果を病院に電話で問い合わせることは可能か?

病院で診察を受けると、病状によって血液検査を受けることがしば...

学歴が大卒と高卒で考え方が違う?日本の現状と学歴の差とは

就職する際に大卒か高卒か、最終学歴がどのくらい影響するのでし...

…仕事のミスで辞める前に心の整理!辞めたい理由は他にある?

仕事でミスをすると会社を辞めてしまいたくなることがあります。...

夫が単身赴任で子供なしの夫婦が夫婦円満でいられるアレコレ

子育て世帯では夫の転勤が決まると、子供の就学や進学の状況に合...

スポンサーリンク

豆乳を朝の時間帯に摂取する効果

朝ご飯を食べる前に豆乳を飲むと、腸が活発に動き始めることになり、排便したくなることが考えられます。

豆乳はとても栄養のある飲み物なので、どの時間帯に飲んだとしても体に良いのは確かです。

ただ、一日のはじまりに体に効果的な飲み方ができると、より得した感じがしますよね。

例えば、豆乳は脳を活性化させて、集中力UPにつなげ、気持ちが不安定になってしまうことを助けてくれるビタミンB群がたくさん入っています。

豆乳は大豆から食物繊維を大部分取り除き、消化しやすいようになっていますので午前、午後の勉強や仕事時にも体内でうまく効果を発揮してくれることでしょう。

それに、豆乳と言えばダイエットにも効果的と言われており、できれば食事前に飲むことで腹持ちがよくなり、その結果食事量が減ることになるとされています。

朝食は一日の上でも一番たっぷりと食べて栄養を摂るといいとされていますので、豆乳を含めたボリュームたっぷりの食事をとることは健康に過ごすうえでよいことです。

そして、仕事などでは、ストレスを感じることも多く血圧が上がり気味になります。

そんなときにも豆乳には血液の中をサラサラにするリノール酸や、血圧の上昇を防いでくれる効果を期待できる成分も含まれています

引用元-豆乳 効果 飲む時間・朝: 豆乳を朝食に取り入れると効果的です!

豆乳を就寝前の時間帯に摂取する効果

夜は脂肪を蓄積しやすいという体の機能があるため、寝る前に豆乳を飲むのは良くないといった見解もあります。しかしこれはどの食品にも当てはまりますよね。ですが豆乳は夜寝る前に飲むと、これらの問題とは全く違う効果が現れるんですよ。

寝る前に飲んでおくと嬉しいこと

寝る前に豆乳を飲むことで、イソフラボンやタンパク質が寝ている間に体内で働いてくれるので、美容効果が期待できます。夜飲めば朝の肌質もハリが出てくるし、しかも嬉しいことに便通も良くしてくれます。
しかし女性なら誰もが気にすること、「寝る前に飲むと脂肪に変わる」といった点ですが、豆乳に含まれている脂肪はなんと脂肪を燃やしてくれる手助けをすると言われています。脂肪には褐色脂肪細胞と白色脂肪細胞と二つあり、褐色脂肪細胞により体内に蓄積された白色脂肪細胞を燃やしてくれます。豆乳にはこの褐色脂肪細胞を活性化させる効果があるため、寝る前に飲んでも脂肪を蓄積させてしまうといったことがないのです。だから夜寝る前に飲んだとしても安心です。また豆乳自体は体を冷やしてしまいますが、温めて飲むことでこの問題もクリアできます。寝る前に温かい豆乳を飲んで、体を温めながら美容に嬉しいイソフラボン摂取をしてみてくださいね。

引用元-美容のために! 豆乳を寝る前に飲むと嬉しいこと | 女子力アップCafe Googirl

豆乳を食事前の時間帯に摂取する効果

■空腹時に飲む

空腹時は、特に栄養を吸収しやすいと言われています。

豆乳の栄養素をより良く摂りいれるために、食事の前など、空腹の時に飲むと良いでしょう。
また、食事の前に豆乳を飲むと、食事での血糖値の上昇が緩やかになるので、ダイエットサポートや生活習慣病予防が期待できます。

引用元-うれしい豆乳の効果!豆乳の効果的な飲み方と摂取量&選び方

豆乳には、食べ過ぎ防止効果、脂質の吸収を抑制する効果、脂肪燃焼効果、便秘解消効果など多くのダイエット効果が期待できます。大豆イソフラボンを豊富に含むため、高い美肌効果も期待できます。

大豆サポニンが食べ過ぎを防ぐ

豆乳の持つ大豆サポニンという成分は、満腹中枢を刺激する働きがあります。
満腹だと感じるのは胃袋ではなく脳です。食前に大豆サポニンを摂取することで、満腹中枢を刺激して、食べすぎを防止する効果があるのです。

大豆サポニンには脂肪の吸収を防ぐ効果も

大豆サポニンは、脂質の代謝を促進する働きも持っています。つまり、大豆サポニンが食事で摂取した脂肪が吸収されないように働いてくれるのです。

引用元-【豆乳ダイエット】 | 飲み物 | 方法 | 食事 | ダイエットSlism

豆乳を生理前に摂取する効果

生理前に1週間「豆乳」を飲むだけで痩せることができるんです。

その秘密は、豆乳を飲むことにより生理前に余分な脂肪や老廃物の溜め込みを抑えるからです。

生理前は、母ホルモンと呼ばれるブロゲステロンが増え始めます。イライラして精神的に不安定にもなります。

そして食欲が増加して脂肪がつきやすくなったり、代謝が落ちることで老廃物が溜まり、浮腫んだりしてしまうのです。

生理前に余分なものを溜め込まなければ、生理後に「体内脂肪」が燃焼されます。

その鍵となるのが、豆乳に含まれている「大豆サポニン」です。

大豆サポニンのスゴイ効果

豆乳に含まれている大豆サポニンには、
どんな効能や効果があるの?

・腸からの脂肪吸収を減らす

・コレステロール値を下げる

・老化防止や免疫力を高めます

・抗酸化作用があり脂質の代謝(分解)をよくする

などダイエット効果が期待できます。

その他には

・大豆たんぱく⇒食事に含まれるコレステロールの吸収を抑える

・イソフラボン⇒女性ホルモンに似た働きをする

・カリウム⇒むくみの原因となるナトリウムを排出する

・オリゴ糖⇒腸内環境を整えてくれる

・ビタミンE⇒血行を良くする

・レシチン⇒美肌効果がある

栄養がバランスよく含まれている優れものなんです。

引用元-生理前に豆乳を飲むだけで痩せる?飲むタイミングや量は? | 魔女の知恵

豆乳を摂取する時の注意点

適量(1日200ml)を守り決して飲み過ぎないこと

イソフラボンを大量に摂取すると
女性ホルモンのバランスが崩れ生理が遅れてしまったり
子宮や生殖器官などに悪影響を与える可能性がある
そうです

内閣府食品安全委員会では大豆イソフラボンの
安全な一日摂取目安量の上限値を70~75mg/日としています

無調整豆乳200mlに含まれる大豆イソフラボンの量は約50~60mlだそうで
日本人は醤油やみそ汁など大豆食品を日常的に摂る食生活なので
上乗せする分は50~60mlで十分なのだそうです

飲み続けないこと

飲み続けると体のホメオスタシス(常に同じ状態に保とうとする)機能が働き
豆乳の効果が薄れていしまうそうですので生理前だけに飲む方が
メリハリができダイエット効果が期待できる
そうです

妊娠を希望されている方には豆乳ダイエットはおすすめできない

妊娠を準備したり継続させる働きのあるプロゲステロンの作用を
抑えることになるので妊娠を希望されている方には生理前の
豆乳の摂取はあまりおすすめできないとのことです

豆乳をまったく飲んではいけないということではないようですが
もともと日本人は大豆製品を多めに摂れる食生活なので
妊娠を希望されている方はさらに豆乳を飲む必要はない
そうです

そして妊娠中も豆乳などによる大豆ソフラボンの上乗せ摂取は
推奨されていないのでご注意
くださいね

引用元-豆乳ダイエットはどのように行うのですか?

twitterの反応

 - 生活, 美容・健康

ページ
上部へ