ワダイビジネスサテライト

ワダイビジネスサテライトでは今話題のニュース・商品・ビジネス・恋愛・健康・豆知識ネタetc皆様に役立つあれこれを配信していきます

*

プロテインを効果的に筋肉にアプローチさせるコツ・ポイント

      2016/01/07

 - 美容・健康, 豆知識

プロテインと聞くと、筋肉隆々のボディービルダーを思い浮かべる方も多いことでしょう。

しかし最近のプロテインは、体型や体の状態を効果的に整えるのに有効とされています。

プロテインを効率よく摂取し、健康や筋肉維持に役立てましょう!

スポンサーリンク

  関連記事

産後 体重 変化
みんなの産後の体重変化はどうだった?先輩ママたちの体験談!

長かった妊娠期間を終え、産後は体重の変化も気になるところ。

増えた体重や体型は元に戻るのか…それにはいくつかのポイントもあるようです。

そこで先輩ママの体験談ともに、体重の変化についてまとめてみました。

部屋 掃除 捨てる
部屋掃除は捨てることから始めよう!キレイな部屋を保つコツ

部屋掃除は捨てる事から始まります。いくらキレイにしようとも物が溢れていては、いつまでも片付きません。

そこで部屋掃除成功のポイント、「捨てる」事について調べてみました。すっきりキレイなお部屋のために、ぜひ実践してみましょう!

1903ff1da77c3406b77780936d13fd33_s
ワックスとスプレーの違いは?おしゃれな髪型を作るポイント

髪型をセットする必須アイテムとして多くの方が使用しているワックスとスプレー。

しかし実際には何となく使っている方も多いようです。ワックスとスプレーの特徴の違いや正しい使い方を理解することで

より一層理想のスタイリングが実現できます。ぜひ参考にして、毎日のスタイリングに役立ててください。

36ee73ebc5ad0184ac6b22e361417e3a_s
お風呂は毎日入りたい!気になる光熱費の節約ポイントとは

寒い日が続くこの季節、できることなら毎日お風呂に浸かって、一日の疲れを癒したいところ…

しかし気になるのが光熱費です。お風呂に入る時にどのようなことを気を付ければ光熱費の節約ができるのでしょうか?

そこでお風呂と光熱費の関係についてまとめてみました。

2edff8d7b6523afa22feae840e7d201c_s
友達に嫉妬!うらやましいという感情・・は人生のスパイスかも

だれでも一度は他人や友達に対して嫉妬やうらやましいといった

感情を持ったことはないでしょうか??

ネガティブにとらえればあまりかっこいいものではありませんが、

嫉妬をポジティブにとらえればあなたの人生のスパイスにもなりえます!

女性必見です!

深呼吸 肩甲骨 痛い
『深呼吸』すると『肩甲骨』が痛い!!考えられる原因は??

『深呼吸したときに肩甲骨が痛い』という経験ありませんか??
肩甲骨周辺の痛みは、筋肉痛によるものが大半のようですが、その他にも考えられる原因があるようです!

稽留流産 手術 麻酔
『稽留流産』の手術・・・‘麻酔無し’で行なうことも!?

稽留流産とは・・・ 稽留流産は繋留流産と書くこともあり、胎児が子宮の中で死んでし …

ランニング 初心者 ダイエット
ランニング初心者がダイエットを成功させるためのポイント!

ダイエットを目的としたランニングを始める人が増えています。

しかしランニング初心者がいきなり始めてしまうと無理をしすぎてしまう事も・・・

まずはランニングの基本を理解し、継続したダイエットを心がけるようにしましょう!

5fc06c90790afbd7e2d0ff3425d4ce13_s
有酸素運動と筋トレを交互にやると体型はどのように変わる??

有酸素運動と筋トレの違いを知ろう!!どういう体型になりたいか!! トレーニングに …

リクルートスーツ 男性 相場
リクルートスーツに男性がかける相場は?就活のスーツ事情!

就活中の必須アイテム、リクルートスーツ。何かと出費のかさむ就活で、男性がかけるスーツ代の相場はどのくらいなのでしょうか?

自分の印象にも大きな影響を与えることになるスーツ選び。今回はリクルートスーツの価格に焦点を絞り、くわしく調べてみました。

プロテイン 効果 筋肉

プロテインが筋肉に与える効果は…

プロテインの効果とは

一昔前までは、ボディビルダーのようなマッチョなボディを目指す人が使うものだと思われていました。ですが、実は幅広い目的に役立つのがプロテインなのです。

筋肉増強でタフなボディになる

筋肉をつけるのに必要なタンパク質を補給。
食事で摂ろうとすると余計な脂質も摂り入れてしまうため、プロテインは大変有効です。

細マッチョになる

運動などで脂肪を落とし、トレーニング後にプロテインでタンパク質を摂取。
無駄な脂肪のない、引き締まった肉体をつくります。

筋肉痛を残さない

筋肉の自己修復を促すタンパク質を補給。
疲労物質を残さないビタミンC(クエン酸)を配合しているプロテインが多いのも、これが理由です。

基礎代謝を上げてダイエットにも

脂肪燃焼をサポートするためには、ある程度の筋肉が必要。
基礎代謝を上げることは、減量にも役立ちます。

引用元-プロテインの効果を知って引き締まったカラダづくりをする方法

スポンサーリンク

  人気記事

プロテインの種類によっても筋肉への効果は違う!

ホエイプロテイン

牛乳を原料として作られるホエイ蛋白を使用。消化吸収が速く、トレーニング直後や起床後などすぐにたんぱく質を補給したい時に飲むと効率よくたんぱく質合成を促してくれます。ホエイプロテインの中にもコンセントレート、アイソレート、加水分解ペプチドなどの種類があり、コンセントレートはラクトース(乳糖)が含まれていて、合わない人はお腹を下す可能性があります。また、加水分解ペプチドは最もたんぱく質の含有量が多く炭水化物が少ない純度の高いプロテインです。

カゼインプロテイン

牛乳に含まれるカゼイン蛋白を原料に使用。消化がゆっくりで6時間程かけて吸収されるため、就寝前や食事の間隔が空いてしまう時に飲むことで筋肉の分解を防いでくれます。

エッグプロテイン

卵白を原料とし、吸収が速いプロテイン。たんぱく質含有量はホエイに次いで多いため、牛乳を原料とするプロテインが体質に合わない人が代用する場合もあります。

ソイプロテイン

原料は大豆。吸収は比較的ゆっくり。動物性たんぱく質が苦手な人はこちらをお勧めします。大豆イソフラボンの効果でホルモンバランスを整える作用もあると言われています。

引用元-プロテインは筋トレをしなくても必要?プロテインの効果的な飲み方・タイミング! | 株式会社スマイルアカデミー

筋肉に効果的なプロテインの摂取量は?

運動していない健康な人が1日に必要なたんぱく質は男性で約70g、女性で約60g。対して食事で摂取しているたんぱく質の平均は平成8年の国民栄養調査では、1日80.1g。実は運動していない健康な人であれば食事だけでもたんぱく質の摂取量は十分足りています。

しかし、たんぱく質は筋肉を作る働きがありますから、激しい運動をして破壊された筋肉を回復させるためには激しい運動をする人ほどたんぱく質の摂取量を増やす必要があります。その量は体重1kgあたり1.5g~2gほど。体重70kgでは実に105g~140gもの量が必要になります。普段の食事から補いきれない20g~60gのたんぱく質を食品の動物性たんぱく質から摂取すると大量の脂質を摂ってしまい太りやすくなるのでプロテインから摂取しようという事になります。(スポーツ選手やボディビルダーのような極端に激しい運動をする場合は1日4g程度推奨する場合もありますが、今回は例外とします。)

引用元-2/2 プロテインの基本と効果的な飲み方 [筋トレ・筋肉トレーニング] All About

筋肉に効果的なプロテインを摂取するタイミングは?

プロテインは食事に比べて吸収が早いというメリットもあります。

例えば鶏むね肉の場合、消化されるのに1.5~2時間ほどかかると言われてるのに対し、プロテインは30分以内には胃を通過すると言われています。

タンパク質を素早く補給したい時は、プロテインの方が優れているわけですね。

ですので、プロテインの摂取タイミングとしてオススメなのがトレーニング直後です。

トレーニングを行った後、体は成長ホルモンなどを分泌して筋肉の回復に努めます。

その時に体の中にタンパク質が補給されていると、効率よく筋肉にタンパク質が送られるというわけですね。

それを栄養補給の「ゴールデンタイム」と呼んだりもするのですが、トレーニング後30分以内にタンパク質を補給することが理想と言われています。

トレーニングの直後はなかなか食事を取ることも難しいと思いますので、プロテインはまさにうってつけのサプリメントなんですね。

そして成長ホルモンは寝てる間も分泌されると言われていますので、寝る前にタンパク質を補給することもオススメです。

食事を取る場合は寝る2~3時間前までに、プロテインの場合は1~2時間前までに摂取しておくと、寝てる間にタンパク質が筋肉に補給されると思います。

引用元-筋トレに効果的なタンパク質の摂取量とタイミング!プロテインは?

プロテインを効果的に摂取するための注意点

プロテインの主成分はタンパク質ですので摂取量を間違えるとタンパク質の取り過ぎにつながります。

プロテイン摂取の目安を守っていれば取り過ぎることはありませんが、取り過ぎには注意が必要です。

タンパク質を取り過ぎると、さまざまな悪影響が現れる事があります。

取り過ぎて余ったタンパク質は、体脂肪の増加に繋がります。

食事内容は同じなのに、プロテインを取り始めてから(または量を増やしてから)急激に体重が増えたという場合は、筋肉がついたのではなく体脂肪が増えたと考えていいでしょう。

プロテインの量を減らすか、運動量を増やすなどして調節しないといけません。

また、尿の臭いがきつくなったり、黄土色や茶色のような濃い色の尿が続く等、タンパク質の摂り過ぎで腎臓に負担がかかる事があります。

その他、プロテインに含まれるタンパク質によるアレルギー症状の可能性もあります。

原料の違うプロテインを使えば症状がおさまることもありますが、しばらく摂取をやめ、医師に相談する事も時には大切な事です。

また、外国製のプロテインにはステロイドが入っていたこともあり、副作用が心配されたこともあるようです。

引用元-※プロテイン摂取の注意点: プロテイン/セレクト proteinselect

twitterの反応

 - 美容・健康, 豆知識

Message

メールアドレスが公開されることはありません。