ワダイビジネスサテライトでは今話題のニュース・商品・ビジネス・恋愛・健康・豆知識ネタetc皆様に役立つあれこれを配信していきます

ワダイビジネスサテライト

プロテインを効果的に筋肉にアプローチさせるコツ・ポイント

      2016/01/07

プロテインを効果的に筋肉にアプローチさせるコツ・ポイント

プロテインと聞くと、筋肉隆々のボディービルダーを思い浮かべる方も多いことでしょう。

しかし最近のプロテインは、体型や体の状態を効果的に整えるのに有効とされています。

プロテインを効率よく摂取し、健康や筋肉維持に役立てましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

旦那の家事手伝いが中途半端!イライラする妻とイクメン風夫

最近はイクメンという言葉がもてはやされ、家事を手伝う旦那が増...

会社都合の解雇はデメリットが…あなたと会社のデメリット…

会社から解雇を言い渡される理由はいくつかあります。 中...

中学生が部活に拘束される時間は意外と長い?勉強の両立は?

中学生になると部活が始まります。 部活に打ち込む学生も増え...

会社の規模を縮小する意味は色々!拡大より難しい規模縮小

会社の規模を縮小すると聞くと、「衰退」をイメージする方も多い...

子供が一歳・・夫と離婚したい・・出産後に陥る夫婦危機とは?

子供が生まれ一歳頃になると、夫と離婚したいと考える女性が急増...

友人への出産祝いに現金のみでいい?マナーとタイミングは?

友人の出産祝いに何を贈るか迷っている方は多いようです。 し...

アパートの騒音は何時までなら許せる?世間の声から判断を!

アパートに住んでいると、ご近所付き合いで気を付けたいのが騒音...

友人への出産祝い!第2子の場合に喜ばれるプレゼントとは…

友人に出産祝いを贈る時にはどんなものが良いか悩むところ。 ...

姑との同居で問題となる生活費!こんな分担と切り出し方は?

姑との同居には良い面もたくさんありますが、様々な問題が立ちは...

子供の大学の資金っていくら必要?事前に計画を立てないと…

子供を大学まで進学させるとなると、かなりの教育資金が必要にな...

血液検査の結果を病院に電話で問い合わせることは可能か?

病院で診察を受けると、病状によって血液検査を受けることがしば...

学歴が大卒と高卒で考え方が違う?日本の現状と学歴の差とは

就職する際に大卒か高卒か、最終学歴がどのくらい影響するのでし...

…仕事のミスで辞める前に心の整理!辞めたい理由は他にある?

仕事でミスをすると会社を辞めてしまいたくなることがあります。...

夫が単身赴任で子供なしの夫婦が夫婦円満でいられるアレコレ

子育て世帯では夫の転勤が決まると、子供の就学や進学の状況に合...

妻の誕生日何も予定なし・・な時は手料理で喜ばせてみては?

妻の誕生日になにを贈るか毎年悩んでいる男性は少なくありません...

男性は好きな人の妄想をする生き物?男が妄想する言動とは

男性は妄想するのが大好きです。 身近な女性の何気ない仕草に...

結婚できない理由…別れを選ぶ人は男女の脳の違いを理解しよう

結婚はカップルにとって大きな変化の一つです。 結婚した...

娘の友達がわがまま!娘の親として対応はどうしたらいいの?

娘が仲良くしているお友達がわがままな子だったら…我慢している...

流産の確率が減る時期は?妊娠して気になる流産のことを調査

妊娠すると心配になってしまうのが流産の可能性です。 一般的...

女性で料理が上手!はなぜモテる?男は胃袋をつかまれると・・

モテる女性は料理上手が多いのはなぜなのでしょうか? 料理が...

スポンサーリンク

プロテインが筋肉に与える効果は…

プロテインの効果とは

一昔前までは、ボディビルダーのようなマッチョなボディを目指す人が使うものだと思われていました。ですが、実は幅広い目的に役立つのがプロテインなのです。

筋肉増強でタフなボディになる

筋肉をつけるのに必要なタンパク質を補給。
食事で摂ろうとすると余計な脂質も摂り入れてしまうため、プロテインは大変有効です。

細マッチョになる

運動などで脂肪を落とし、トレーニング後にプロテインでタンパク質を摂取。
無駄な脂肪のない、引き締まった肉体をつくります。

筋肉痛を残さない

筋肉の自己修復を促すタンパク質を補給。
疲労物質を残さないビタミンC(クエン酸)を配合しているプロテインが多いのも、これが理由です。

基礎代謝を上げてダイエットにも

脂肪燃焼をサポートするためには、ある程度の筋肉が必要。
基礎代謝を上げることは、減量にも役立ちます。

引用元-プロテインの効果を知って引き締まったカラダづくりをする方法

プロテインの種類によっても筋肉への効果は違う!

ホエイプロテイン

牛乳を原料として作られるホエイ蛋白を使用。消化吸収が速く、トレーニング直後や起床後などすぐにたんぱく質を補給したい時に飲むと効率よくたんぱく質合成を促してくれます。ホエイプロテインの中にもコンセントレート、アイソレート、加水分解ペプチドなどの種類があり、コンセントレートはラクトース(乳糖)が含まれていて、合わない人はお腹を下す可能性があります。また、加水分解ペプチドは最もたんぱく質の含有量が多く炭水化物が少ない純度の高いプロテインです。

カゼインプロテイン

牛乳に含まれるカゼイン蛋白を原料に使用。消化がゆっくりで6時間程かけて吸収されるため、就寝前や食事の間隔が空いてしまう時に飲むことで筋肉の分解を防いでくれます。

エッグプロテイン

卵白を原料とし、吸収が速いプロテイン。たんぱく質含有量はホエイに次いで多いため、牛乳を原料とするプロテインが体質に合わない人が代用する場合もあります。

ソイプロテイン

原料は大豆。吸収は比較的ゆっくり。動物性たんぱく質が苦手な人はこちらをお勧めします。大豆イソフラボンの効果でホルモンバランスを整える作用もあると言われています。

引用元-プロテインは筋トレをしなくても必要?プロテインの効果的な飲み方・タイミング! | 株式会社スマイルアカデミー

筋肉に効果的なプロテインの摂取量は?

運動していない健康な人が1日に必要なたんぱく質は男性で約70g、女性で約60g。対して食事で摂取しているたんぱく質の平均は平成8年の国民栄養調査では、1日80.1g。実は運動していない健康な人であれば食事だけでもたんぱく質の摂取量は十分足りています。

しかし、たんぱく質は筋肉を作る働きがありますから、激しい運動をして破壊された筋肉を回復させるためには激しい運動をする人ほどたんぱく質の摂取量を増やす必要があります。その量は体重1kgあたり1.5g~2gほど。体重70kgでは実に105g~140gもの量が必要になります。普段の食事から補いきれない20g~60gのたんぱく質を食品の動物性たんぱく質から摂取すると大量の脂質を摂ってしまい太りやすくなるのでプロテインから摂取しようという事になります。(スポーツ選手やボディビルダーのような極端に激しい運動をする場合は1日4g程度推奨する場合もありますが、今回は例外とします。)

引用元-2/2 プロテインの基本と効果的な飲み方 [筋トレ・筋肉トレーニング] All About

筋肉に効果的なプロテインを摂取するタイミングは?

プロテインは食事に比べて吸収が早いというメリットもあります。

例えば鶏むね肉の場合、消化されるのに1.5~2時間ほどかかると言われてるのに対し、プロテインは30分以内には胃を通過すると言われています。

タンパク質を素早く補給したい時は、プロテインの方が優れているわけですね。

ですので、プロテインの摂取タイミングとしてオススメなのがトレーニング直後です。

トレーニングを行った後、体は成長ホルモンなどを分泌して筋肉の回復に努めます。

その時に体の中にタンパク質が補給されていると、効率よく筋肉にタンパク質が送られるというわけですね。

それを栄養補給の「ゴールデンタイム」と呼んだりもするのですが、トレーニング後30分以内にタンパク質を補給することが理想と言われています。

トレーニングの直後はなかなか食事を取ることも難しいと思いますので、プロテインはまさにうってつけのサプリメントなんですね。

そして成長ホルモンは寝てる間も分泌されると言われていますので、寝る前にタンパク質を補給することもオススメです。

食事を取る場合は寝る2~3時間前までに、プロテインの場合は1~2時間前までに摂取しておくと、寝てる間にタンパク質が筋肉に補給されると思います。

引用元-筋トレに効果的なタンパク質の摂取量とタイミング!プロテインは?

プロテインを効果的に摂取するための注意点

プロテインの主成分はタンパク質ですので摂取量を間違えるとタンパク質の取り過ぎにつながります。

プロテイン摂取の目安を守っていれば取り過ぎることはありませんが、取り過ぎには注意が必要です。

タンパク質を取り過ぎると、さまざまな悪影響が現れる事があります。

取り過ぎて余ったタンパク質は、体脂肪の増加に繋がります。

食事内容は同じなのに、プロテインを取り始めてから(または量を増やしてから)急激に体重が増えたという場合は、筋肉がついたのではなく体脂肪が増えたと考えていいでしょう。

プロテインの量を減らすか、運動量を増やすなどして調節しないといけません。

また、尿の臭いがきつくなったり、黄土色や茶色のような濃い色の尿が続く等、タンパク質の摂り過ぎで腎臓に負担がかかる事があります。

その他、プロテインに含まれるタンパク質によるアレルギー症状の可能性もあります。

原料の違うプロテインを使えば症状がおさまることもありますが、しばらく摂取をやめ、医師に相談する事も時には大切な事です。

また、外国製のプロテインにはステロイドが入っていたこともあり、副作用が心配されたこともあるようです。

引用元-※プロテイン摂取の注意点: プロテイン/セレクト proteinselect

twitterの反応

 - 美容・健康, 豆知識

ページ
上部へ