ワダイビジネスサテライトでは今話題のニュース・商品・ビジネス・恋愛・健康・豆知識ネタetc皆様に役立つあれこれを配信していきます

ワダイビジネスサテライト

リクルートスーツの男性が知っておくべき定義は?就活のルール

      2016/01/12

リクルートスーツの男性が知っておくべき定義は?就活のルール

就活をする時に男性が悩むポイントの一つに、リクルートスーツ選びがあります。

どんなスーツを選べばいいのか、就活のリクルートスーツの定義とは…

そこで就活のスーツを選ぶ際に考慮したい、スーツの定義についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

日本が好きな外人に和む人多数!愛すべき外人のエピソード

最近日本好きな外人のエピソードに和むという趣旨のサイトが注目...

車検時に交換が必要になる部品の知識と自分で見極める方法

車検の見積もりを取ると、交換が必要になる部品の項目がいくつか...

旦那の家事手伝いが中途半端!イライラする妻とイクメン風夫

最近はイクメンという言葉がもてはやされ、家事を手伝う旦那が増...

会社都合の解雇はデメリットが…あなたと会社のデメリット…

会社から解雇を言い渡される理由はいくつかあります。 中...

中学生が部活に拘束される時間は意外と長い?勉強の両立は?

中学生になると部活が始まります。 部活に打ち込む学生も増え...

会社の規模を縮小する意味は色々!拡大より難しい規模縮小

会社の規模を縮小すると聞くと、「衰退」をイメージする方も多い...

子供が一歳・・夫と離婚したい・・出産後に陥る夫婦危機とは?

子供が生まれ一歳頃になると、夫と離婚したいと考える女性が急増...

友人への出産祝いに現金のみでいい?マナーとタイミングは?

友人の出産祝いに何を贈るか迷っている方は多いようです。 し...

アパートの騒音は何時までなら許せる?世間の声から判断を!

アパートに住んでいると、ご近所付き合いで気を付けたいのが騒音...

友人への出産祝い!第2子の場合に喜ばれるプレゼントとは…

友人に出産祝いを贈る時にはどんなものが良いか悩むところ。 ...

姑との同居で問題となる生活費!こんな分担と切り出し方は?

姑との同居には良い面もたくさんありますが、様々な問題が立ちは...

子供の大学の資金っていくら必要?事前に計画を立てないと…

子供を大学まで進学させるとなると、かなりの教育資金が必要にな...

血液検査の結果を病院に電話で問い合わせることは可能か?

病院で診察を受けると、病状によって血液検査を受けることがしば...

学歴が大卒と高卒で考え方が違う?日本の現状と学歴の差とは

就職する際に大卒か高卒か、最終学歴がどのくらい影響するのでし...

…仕事のミスで辞める前に心の整理!辞めたい理由は他にある?

仕事でミスをすると会社を辞めてしまいたくなることがあります。...

夫が単身赴任で子供なしの夫婦が夫婦円満でいられるアレコレ

子育て世帯では夫の転勤が決まると、子供の就学や進学の状況に合...

妻の誕生日何も予定なし・・な時は手料理で喜ばせてみては?

妻の誕生日になにを贈るか毎年悩んでいる男性は少なくありません...

男性は好きな人の妄想をする生き物?男が妄想する言動とは

男性は妄想するのが大好きです。 身近な女性の何気ない仕草に...

結婚できない理由…別れを選ぶ人は男女の脳の違いを理解しよう

結婚はカップルにとって大きな変化の一つです。 結婚した...

娘の友達がわがまま!娘の親として対応はどうしたらいいの?

娘が仲良くしているお友達がわがままな子だったら…我慢している...

スポンサーリンク

男性リクルートスーツの定義は?ビジネススーツとの違い

リクルートスーツとは就活用のもの

リクルートスーツとは何かについて見てみましょう。一般的にリクルートスーツとは、学生が就職活動で着るためのスーツと言われています。男性も女性も、就職活動で着るものはまとめて「リクルートスーツ」と呼ばれることが多いです。一説によると、他のスーツとリクルートスーツとは元々大きな違いがなかったが、紳士服商戦のためにカテゴライズされたとも。

とは言え、今では「リクルートスーツとは就活用のスーツ」という認識が広まっています。ですから、リクルートスーツとは何かに関して言えば、その考え方で間違いないでしょう。

ビジネススーツとは仕事で着るもの

続いてビジネススーツについてですが、こちらは名前の通りビジネスシーンで着るスーツです。ビジネススーツはリクルートスーツとは異なり、さらに細かく種類分けすることが可能です。たとえば冬を除いた春夏秋に着用できるスリーシーズンスーツや、通年の着用を目的としたイヤーラウンドスーツなどがあります。最近では、選択可能なウォッシャブルスーツやクールビズスーツも、ビジネススーツの一種として注目されていますね。

引用元-リクルートスーツとビジネススーツの3つの違い | 就活のことならキャリアパーク

男性リクルートスーツのカラーの定義

リクルートスーツの色は、「濃紺」や「黒」が無難

 リクルートスーツの場合、色は「濃紺」か「黒」が良いです。
 社員のなかには、グレーのスーツを着ている人もいますが、就活生の場合、周りから浮いてしまうので控えましょう。
 また、グレーのスーツは色が明るく、ややカジュアルに見えるので、就職活動にはあまり相応しくありません。必ずしもいけないわけではありませんが(アパレルなど個性を見たい業界では、問題ないでしょう)、不安なら避けておくのが無難です。

 なお、黒は「冠婚葬祭」のイメージが強いので、「濃紺」が最も良いでしょう。「紺」でも大丈夫です。

 スーツを選ぶ際に重要なのは、企業のカラーを把握することです。志望企業の社員は、どんなスーツを着ているのかを見てみましょう。たとえば、皆が個性的なスーツを着ている場合、選考の場に、物凄く無難な黒のスーツと無地のネクタイで現れると、「個性のない子だな」と思われてしまうかもしれません。

引用元-リクルートスーツの正しい選び方(男性) | マイキャリアセンターウェブ

男性リクルートスーツのボタンの定義

就活時に好まれるボタンとベント

リクルートスーツは、2つもしくは3つボタンの「シングルボタン」が基本です。着用する際は1番下のボタンを外します。ダブルのスーツや三つ揃えなどのスーツは就活には向いていないため気を付けてください。
また、リクルートスーツは「センターベント」か「サイドベント」のものを選びましょう。ベントとはスーツがしわにならないように入っているスリットです。
センターベントはスーツの真ん中にスリットが入っています。スリムな印象で体にフィットするため、スーツをきれいに見せることが可能です。
一方サイドベントは、スーツの左右にスリットが入っています。動きやすく、ガッチリした体形の方におすすめです。しかし、ヒップサイズが大きい方は常にベントが開きっぱなしの状態になってしまうため、そのような場合はサイドベントを選ぶと良いでしょう。

引用元-スーツは何色がおすすめ?ボタンは1つが良いの?就活女子向けリクルートスーツの選び方 – 合宿免許比較ラボ

男性リクルートスーツのカラーの定義

男性のリクルートスーツとしては、無地のスーツか薄いストライプのスーツを選ぶようにするのが適切です。
濃いストライプのスーツというのは、きりっとした力強い印象を与えるものですが、その分男性が着ると就職活動では生意気にうつってしまうことが多いです。
そうして無駄に印象を下げてしまう可能性がありますから、濃いストライプのリクルートスーツというのは避けるのが適切です。

~無地か薄いストライプが正解!柄によって印象も変わる~

無地は色の与える印象をより強くしてくれ、薄いストライプは色の与える印象を弱くしてくれます。
ですから、黒のストライプであれば、多少きりっとした印象を与えられるスーツとなり、紺のストライプであれば、落ち着きを抑え、多少の力強さを加えた印象になります。
柄によっても印象は変わるので、しっかり柄も考慮していく必要があります。

引用元-リクルートスーツの適切な選び方について【男性編】 | 新卒就活.com

男性リクルートスーツのサイズの定義

スーツのサイズ感はスーツ選びで一番重要です。どれだけよい生地であったとしても、ブカブカで大きいスーツはみっともありません。また、サイズがきつすぎるスーツも格好悪いです。自分の体にジャストフィットしたサイズのスーツを選ぶことが、印象アップにとても重要です。では、どうすればサイズ選びを失敗しないでしょうか?

スーツ専門店で店員さんにサイズを測ってもらう

一番無難なのが、スーツ専門店で店員さんにスーツのサイズを測ってもらいましょう。そうすれば、既製品のスーツの中から一番サイズに合ったスーツを選びやすくなります。営業されるのが苦手な人には苦痛ですが、サイズ選びに失敗して買い直しをするとさらにお金がかかってしまいます。恥ずかしがらずに店員さんにサイズを計測してもらい、自分に合ったスーツのアドバイスをもらいながら選ぶようにしましょう。

サイズ選びに必要な情報を覚えよう

きちんとしたスーツ店で自分のサイズに合ったスーツを選んでもらえば問題はありませんが、スーツのサイズ選びに必要な情報を理解しておくことも重要です。

引用元-大きい?きつい?自分に合ったリクルートスーツサイズの選び方【細身すぎるスーツは避けよう】 | 仕事・求人探しに役立つサイト「ジョブインフォ」

twitterの反応

 - ビジネス・経済, 学校・勉強

ページ
上部へ