ワダイビジネスサテライトでは今話題のニュース・商品・ビジネス・恋愛・健康・豆知識ネタetc皆様に役立つあれこれを配信していきます

ワダイビジネスサテライト

女性だってアニメが好き♡お勧め恋愛アニメ!!女性必見!!

   

女性だってアニメが好き♡お勧め恋愛アニメ!!女性必見!!

アニメが好きなのは男性だけではありません。

話をしないだけで、女性もアニメ好きがたくさんいます。
女性におすすめの恋愛アニメを集めてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

感受性の強い人は恋愛に向き?不向き?繊細なあなたはHSPかも

感受性が強い人は、人の気持ちを敏感に感じ取り、相手を思いやる...

朝の満員電車でめまいが…最近体調がおかしいと感じる人へ

朝の通勤ラッシュ時、満員電車に乗るとめまいが…なんて経験はあ...

女友達との旅行で起こりうる喧嘩を回避する方法と対処法!

女友達との旅行はワイワイ盛り上がり、楽しい時間です。 しか...

感受性が強い赤ちゃんの特徴とバランスを整えるママとの関わり方

赤ちゃんは感受性が高いと言われていますが、中にはその感受性の...

保育園に入れない場合は幼稚園?働くママの苦悩と保活事情とは

保育園の待機児童が問題視される中、なかなか改善されない現状に...

嫁の料理の品数に不満を感じる夫~あなたの家庭は大丈夫?

あなたの食卓にはいつもどのくらいの品数の料理が並びますか? ...

日本が好きな外人に和む人多数!愛すべき外人のエピソード

最近日本好きな外人のエピソードに和むという趣旨のサイトが注目...

車検時に交換が必要になる部品の知識と自分で見極める方法

車検の見積もりを取ると、交換が必要になる部品の項目がいくつか...

旦那の家事手伝いが中途半端!イライラする妻とイクメン風夫

最近はイクメンという言葉がもてはやされ、家事を手伝う旦那が増...

会社都合の解雇はデメリットが…あなたと会社のデメリット…

会社から解雇を言い渡される理由はいくつかあります。 中...

中学生が部活に拘束される時間は意外と長い?勉強の両立は?

中学生になると部活が始まります。 部活に打ち込む学生も増え...

会社の規模を縮小する意味は色々!拡大より難しい規模縮小

会社の規模を縮小すると聞くと、「衰退」をイメージする方も多い...

子供が一歳・・夫と離婚したい・・出産後に陥る夫婦危機とは?

子供が生まれ一歳頃になると、夫と離婚したいと考える女性が急増...

友人への出産祝いに現金のみでいい?マナーとタイミングは?

友人の出産祝いに何を贈るか迷っている方は多いようです。 し...

アパートの騒音は何時までなら許せる?世間の声から判断を!

アパートに住んでいると、ご近所付き合いで気を付けたいのが騒音...

友人への出産祝い!第2子の場合に喜ばれるプレゼントとは…

友人に出産祝いを贈る時にはどんなものが良いか悩むところ。 ...

姑との同居で問題となる生活費!こんな分担と切り出し方は?

姑との同居には良い面もたくさんありますが、様々な問題が立ちは...

子供の大学の資金っていくら必要?事前に計画を立てないと…

子供を大学まで進学させるとなると、かなりの教育資金が必要にな...

血液検査の結果を病院に電話で問い合わせることは可能か?

病院で診察を受けると、病状によって血液検査を受けることがしば...

学歴が大卒と高卒で考え方が違う?日本の現状と学歴の差とは

就職する際に大卒か高卒か、最終学歴がどのくらい影響するのでし...

スポンサーリンク

女性向け!絶対に譲らない恋を描くアニメ

2008年。La’cryma制作の恋愛ゲーム『true tears』を元にしたオリジナルテレビアニメ作品。全十三話。監督は西村純二。アニメーション制作はP.A.WORKS。富山県の美しい景色を背景にして、「真実の涙」をテーマに高校生の男女の爽やかな恋愛と青春を描く。同名ゲームとテーマは共通だが、物語的な繋がりはない。放送後、舞台となった富山県に聖地巡礼をするファンが殺到し、アニメによる町興しのモデルケースとなった。

引用元-animentary <アニメ批評> 『true tears』

非常に珍しい作品である。何が珍しいかと言うと、深夜発のオリジナルアニメでありながら極めてオーソドックスな恋愛ドラマを構築している点だ。男性主人公にヒロインが二人、そして、ライバルと友人とサブヒロインが一人ずつ。本当は互いに想い合っているが、気持ちのすれ違いから誤解が誤解を呼び、そこに恋敵も加わって人間関係がもつれる。だが、最後に想いを伝え合って、恋が芽生えるという王道の少女漫画展開である。深夜アニメの恋愛と言うと、無駄にハーレムだったり、性欲と愛情を混同していたり、相手が同性や兄弟だったり、そもそも人間じゃなかったりする中、しっかりと恋の発生から成立までを描いている。

引用元-animentary <アニメ批評> 『true tears』

昔からある恋愛アニメといえばコレ

高橋留美子先生の「うる星やつら」に続くラブコメ作品。同じラブコメというジャンルですが、うる星がファンタジー要素ありのハチャメチャ系だったのに対し、こちらはリアルな設定の下での作品になっています。
主にギャグとシリアスなラブストーリーが混在した話になってますが、ある意味これは五代君の成長物語という風にもとれますね。彼はなかなかに苦難な人生を送っており、なんか応援したくなっちゃうんですよ。
そんな苦労人の彼と、アパートの管理人である響子さんの何年にも渡る長~い恋の軌跡が描かれているわけですが、とりあえずこのアニメの半分は勘違いで出来ていました。作品の見所であるすれ違いは、全て誰かの勘違い(誤解)から発生してます。勘違いがさらなる勘違いを生み出す勘違いスパイラルw もう、その有り様がこちらを一々ヤキモキさせつつも楽しませてくれるんですよね。
そして、終盤はまさに感動の嵐です。駄目人間(←失礼w)だった五代君があんなかっこいいこと言う大人の男になって…なんか感慨深いものがありますよ。非常に長い作品ですけれど、これは今見ても十分に面白いですね。

引用元-めぞん一刻 ~独断的アニメ感想・批評の部屋~

女性支持率高し!おすすめ恋愛アニメ

本作は恋愛映画でありながら、一度としてキスをするシーンは出てきません。
恋人同士がラブラブになったりする恋愛ではまったくないのです。

それでも、本作は間違いなくラブストーリーでした。
なぜかというと、恋をしたことによりすれ違いや、苦しさや、簡単にことばにできない複雑な感情をしっかり描いているからです。

あと、恋をしている少年少女がかわいいのなんの。
主人公のたまこはもちろん、友だちのみどり、恋心を告白しようとしているもち蔵(すげえ名前)もほんとうにかわいいです。
アニメならではの“萌え”も合わさって、ニヤニヤできることは間違いありません。

テーマには、“変化”と“日常を保つ”というものもあります。
主人公のたまこは、自分の住む商店街(モデルは出町柳商店街)の人々が大好きで、変わらない日々を愛しています。
しかし、彼女も高校3年生になり、まわりの変化をなかなか受け止められなくなってしまいます。

変わることはうれしくもあるけど、同時に怖くもあるし、拒絶したくなることもある。
このテーマは極めて普遍的で、多くの人が共感できることでしょう。

そして、この物語は登場人物の“成長”として昇華されます。
主人公がどう変わったのか、まわりの人たちはどう思ったのか。
それを、ぜひ見届けてください。

引用元-訪れる変化 映画「たまこラブストーリー」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー カゲヒナタのレビュー

恋愛アニメといえば学園モノ!

子供が大人になる過程では必ず大人の物真似をする。
子供は周りの大人たちが本音を隠し、嘘をついて生きている事に気づいてしまう
そして大人の汚さを知りそれを拒絶する。
反面、子供は自分を守るため、誰かを守るために、自分を偽る。
それが良いことだと信じて疑わない。そして何かが壊れるまで気づかない。

学生時代の恋愛は「相手のため」という偽善が自分のエゴを覆い隠してくれるからこそ、
純粋でまっすぐであとから振り返ると愚かだけど美しい。

彼と彼女たちを見ていると、誰もが一度は通ったその道を
否応無しに思い出させられるのがこの作品だったように思う。

「面白い」とか「人に勧めたい」とか「楽しかった」とか「感動した」とか
いろんな基準の評価があるけど「自分が好きなアニメ」なら
多分この先もずっと3本の指からこの作品がこぼれ落ちる事は無いと思う。

引用元-「とらドラ!」一挙放送の感想とか。:うしのタマ知りませんか – ブロマガ

おすすめ恋愛ファンタジー作品

基調としては青春ファンタジーで、主人公以下7人の少年少女達がおりなす、恋や家族愛が物語の中心となります。三角関係に類する繋がりが非常に多く、恋愛としては切ないとか辛いに傾く展開が多いでしょうか。それを支える心理描写や物語の構成も素晴らしく、見ていて心が痛いと言いますか、とにかく惹きつける力が強いです。

ただ複雑な恋愛描写だけが持ち味ではなく、家族愛なんかも重要ですし、他にも海村と陸村を巡るファンタジックな要素もあります。またそんな展開を通して描かれていくテーマも中々味わい深く、内容面の魅力は多面的であると言えるでしょう。

これら様々な要素を描くがゆえに、展開は丁寧かつ慎重なもので、少々派手さにかけるところはありました。しかし全26話、まったく無駄がなかった印象で、中盤以降は積み上げた描写を存分につかって盛り上げてくるため、常に次回を楽しみにしながら視聴できると思います。なのでエンターテイメントとしてもなかなかの出来であり、単純に楽しんで観ることもできる感じです。

引用元-草原に吹くこえ・感想レビュー : 「凪のあすから」-好きを肯定することの難しさ-

twitterの反応

https://twitter.com/ssaitaa/status/607905481596633088
https://twitter.com/Noto_Zwei/status/582898612859899904

 - 生活

ページ
上部へ