ジョギングにはランニングシューズが必須?靴選びの重要性

ジョギングを始めるにあたり、ランニングシューズを用意する必要はあるのでしょうか?

ジョギングやランニングにはシューズが重要とよく聞きますが、具体的にどのような必要性があるのでしょうか?

そこでジョギングとランニングシューズについてまとめてみました。ぜひ参考にして自分に合ったシューズ選びに役立ててください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

日本語の勉強に最適な日本の歌は?海外で話題のJ-MUSIC

日本語は世界の中でも習得するのが難しい言語と言われています。 そこで難しい日本語の勉強にオススメな...

リクルートスーツに男性がかける相場は?就活のスーツ事情!

就活中の必須アイテム、リクルートスーツ。何かと出費のかさむ就活で、男性がかけるスーツ代の相場はどのく...

口臭の原因がわからない・・歯医者直伝!口臭の原因と治療法

男も女も自分の口臭は非常に気になるものです。 しかし自分の口臭の原因が何かわからない・・・毎日葉を...

アニメオタクの基準とは??あなたはアニメオタクなのか??

アニメオタクって言われている人、自称している人はたくさんいると思いますが アニメオタクかそうではな...

神社参拝を夜中にするってどんな時?知っておきたい神社の常識

神社への参拝に決まった時間はあるのでしょうか?そこには日中や夜中の時間帯によって、神聖な神社には違っ...

ストレス発散の心理学的解消法!ストレスを抱えている人へ!!

あなたはストレスをどうやって発散していますか?最近では、ストレスの発散方法を診断してくれるという心理...

体重が減っても体脂肪が増えたら意味がない!!両者の関係は?

体重が減ったと喜んでいるあなた。体脂肪は大丈夫?増えてませんか?ダイエットと健康のためには、体重と体...

夫が単身赴任!経験者のブログに学ぶリアルな夫婦関係とは…

夫の単身赴任が決まった時、あなたはどんなことが頭をよぎりますか? ネットや書籍などでも様々な情報が...

仕事のストレスで動悸がする人は・・緊張場面での心の対処法

仕事のあらゆる場面で緊張する場面は突然やってきます。 仕事で動悸がする人は知らず知らずのうちにスト...

行事とイベントの違いって一体何が違うの?日本の伝統??

よく目にする行事やイベント。この二つの言葉はどのような違いがあるのでしょうか? ほぼ同じように使わ...

キッチンの掃除方法!いつもピカピカ場所別お掃除のコツ!

キッチンはお家の中でも、水垢汚れや油汚れが多い場所です。 キッチンの掃除には時間と労力がかかると思...

カビ掃除は大変!服についたカビを除去・予防する方法とは

カビが服にも生える事を知っていますか?あなたの大切な服がいつの間にかカビで真っ白ということも… そ...

携帯の機種変更のお得な方法は?大手3社別・機種変事情!

携帯の機種変更をお得に行う方法はあるのでしょうか? それは携帯大手3社によっても方法は違うようです...

子供の口臭!2歳でもお口が臭う・・気になる原因と対策

今まで気にならなかったのに、2歳児頃になると急に口臭が気になりだすと言うことがあります。 子供の口...

アニメオタクの人口って一体どれくらいいるの?オタクの今!

一昔前のオタクのイメージはあまりいいものではありませんでしたが 現在のオタクのイメージは少し変化を...

スポンサーリンク

ジョギングにランニングシューズは必要?

なぜシューズが必要なのか

たかが走るだけなのに、なぜ専用のランニングシューズが必要なのか?

現代人にとって、走ることは思った以上に負担がかかる運動です。

普通に走るだけでも、人間のかかとには体重の約3倍の力がかかると言われています。

体重が60kgの人だと約180kg。

1歩の歩幅が約1メートルだと仮定すると、5kmのジョギングで5000歩。

この1歩1歩ごとに180kgの力がかかとにかかる計算になります。

また、かかとだけでなく、ふくらはぎ、太もも、腰など、下半身を中心に疲労が蓄積。

これらの負担を吸収し、快適な走りを実現するため、専用に作られているのがランニングシューズ。

ケガを防止するためにも、ランニングシューズは必須のアイテムなのです。

引用元-ジョギングに必要なもの(シューズ編)

ジョギングはランニングシューズじゃないとダメ?

ランニングシューズとウォーキングシューズの違い

当たり前ですが、
ランニングシューズはランニングを目的とし、
ウォーキングシューズはウォーキングを目的としています。

この目的のため、それぞれには以下のような特性があるのです。

■ウォーキングシューズ

・重い
・耐久性が高い
・安定性が高い

■ランニングシューズ

・軽い
・衝撃に強い
・柔らかい
・通気性が良い

歩くのと走るのでは足の動きや負荷のかかり方に違いがあるため、
ランニングに適した靴の設計とウォーキングに適した靴の設計では大きく異なります。

◆具体的に言うと・・・

歩くとき、走る時と比べて勢いがないため足がぶれやすいのです。
そのため、着地時の安定性を持たせ、足が地面から離れている時に振り子の効果を利用するため、ウォーキングシューズはある程度重い設計になっています。
これに対しランニング時はシューズは重いと疲れやすくなります。

その他にも具体的な違いはいろいろありますが、本題とはズレるので割愛します。

こういった違いのため、
ウォーキングシューズでランニングをしたり、
ランニングシューズでウォーキングをしたりすると、
必要以上に疲れたり、負荷のため怪我のリスクが高まるのです。

引用元-「人気」「おすすめ」はNG!ランニングシューズの正しい選び方 | ダイエット&健康の最新情報

ジョギングに最適なランニングシューズの選び方のポイント

とにかく履いて履いて履きまくって選びます。サイズは必ず
2つ以上を試してベストサイズを選びます。

1つのサイズで試してこれでいいと思っても、別のサイズも
履いてみると、結局後から試した方がよりしっくりくる
ベストサイズだったりします。

ランニングシューズは指先に余裕が出来るくらいの
大きさが良いので普段履いている靴よりも0.5センチ~
1センチほど大きくなると思います。

●かかとをすっぽりと包み込み、しっかりホールドしてくれる
ものを選ぶ。
かかとを上げた時に少しずれる様であれば大きい証拠。

●指の部分が楽に曲がるもの、屈曲性のあるものを選ぶ。

●購入する時は午前よりも午後に購入する。午後は足が
むくんできて午前よりもサイズがやや大きくなるからだそうです。

●サイズを選ぶ時は、まずかかとを合わせてつま先が
人差し指1本分の太さくらい余るものを選ぶ。

●指先が自由に動かせるもの、余裕のあるものを選ぶ。

●足首が自由に動くものを選ぶ。

●必ず両足に履いて、ひもをしっかり結んでしばらく店内を
歩いてみて感覚を試す。

以上、ランニングシューズの選ぶポイントをまとめてみました

引用元-ランニングシューズの選び方

ジョギングに適したランニングシューズの特徴

【サイズ】

 ・足のつま先からかかまでの長さのことですね。ただ、ランニングシューズは一般的なカジュアルシューズなどとはサイズの選び方が異なるそうです。
 ・また、左右の足のサイズが異なる方も意外に多くいらっしゃるようで、その場合はインソールなどで調整するそうです。

【横幅】

 ・あまり意識をされている方が少ないようですが、足の幅も個人差があるので、それに合ったシューズを選びます。
 ・同じブランドのシューズでも、足の横幅の長さに合わせて複数種類がきちんと用意されていたりします。ちょっと驚きですよね。

【アウトソール(靴底)】

 ・一般的に、ジョギング・ランニング初心者は、足の関節や筋肉に負担が少なくなるよう、厚くクッション性の高いアウトソールのシューズを利用した方が良いそうです。
 メーカー、ブランドにより様々な機能/種類があります。

【重量】

 ・シューズの材質やソールの厚さとの関係が深く、マラソン大会などで記録を狙うような方や足や身体の筋肉が出来上がっている人は軽いものを選ぶそうですが、ジョギング・ランニング初心者は、多少重量が重くなっても、アウトソールが厚いシューズを選んだ方が良いそうです。こちらも、メーカーやブランドによって、様々な特徴があります。

引用元-ジョギング・ランニング初心者におすすめのシューズは? | 仙台・宮城 ランナーズボイス

快適なジョギングにはランニングシューズの紐通しも重要!

色々な方法がありますが、要は履いているうちに緩まない、解けなければよいのです。
アンダーラップシューレーシング
ややゆるみがち。走っているうちに靴のアッパー素材もひもも多少伸びますから、このひもの通し方の場合はわずかにきつめにしておきます。

オーバーラップシューレーシング

比較的ゆるみが少ない通し方です。一般的にはこの通し方でよいでしょう。
足首に近い部分に、ホールが2つあるタイプがあります。これは写真のようにひもをかけます。この方法はゆるみが少なくなります。このタイプのシューズの紐は長めですので、このように紐をかけないと長すぎてしまうことがままあります。

余ったひものまとめ方と最後に穴が二つある場合のひもの通し方。結び目が解けないように、こうした処置は習慣化してほしい
最後にひもをまとめます。これは走行中のひもの解けを防止するために大事なことです。レース中にひもが解ける選手をよくみかけますが、解けたひもを踏んだり、靴が段々緩くなってきたりとたいへん危険です。まとめ方は、二重に結ぶ方法と他のひもに差し込んでしまう方法があります。靴ひもは締めすぎれば屈曲時に足の甲が痛くなるし、緩いと脱げたり靴の中で足が動きすぎてマメを作る原因になります。100メートルでも走って違和感があれば、躊躇せずに調整しましょう。レースの時には、ウォーミングアップ後に調整します。

引用元-2/3 失敗しない!シューズ、ウエアの選び方 [ジョギング・マラソン] All About

twitterの反応


https://twitter.com/tsuiyotsui/status/687278152494612480


https://twitter.com/____zw4/status/687302543316131840


https://twitter.com/maromaromaro_/status/686206650395439105
https://twitter.com/casher_chagrin/status/686762943573168133