ウォーキングの効果を短時間で得る為に知っておきたいポイント

ウォーキングは健康維持や美容・ダイエットに効果的と多くの方が実践されています。

そこで短時間でも効果が期待できるポイントをまとめてみました。

ぜひ参考にして、正しく効果的にウォーキングを取り入れてみましょう!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

「運動」「食事」「睡眠」が大事な理由。ストレスに関係あり?

「適度な運動」「バランス良い食事」「十分な睡眠」は健康な生活を送るための3本柱と昔から言われています...

体脂肪を落として女性モデルのような体型になりたい人へ!!

あなたは体脂肪を落として女性モデルのような体型になりたいですか? 女性はモデルのような体型に憧れる...

風邪をひいた時、お風呂に入って汗を流すと治るって本当なの?

風邪をひいたら「風邪薬を飲んで十分な栄養と睡眠を取る」というのが定番ですね。それ以外にも独特な治し方...

ストレス症状の悪化から考えられる病気は?ストレスの予防策

ストレスを感じることで体には様々な症状が現れます。その症状をそのままにしておくと大きな病気につながっ...

エステで効果的に痩身する!美しくやせるためのポイント!

憧れの細く引き締まった体を手に入れるための痩身エステ。興味がある女性も多いことでしょう。 そんな痩...

ジョギングとランニングの効果の違いを正しく理解しよう!!

ジョギングとランニングの方法や効果の違いをご存知ですか? 一般的に混同されやすいジョギングとランニ...

口臭の原因「舌苔」ってなに?正しいオーラルケアで口臭予防!

口臭の原因にもなる「舌苔」をご存知ですか?舌の表面が白くなる「舌苔」は体の健康状態によっても変化しま...

ダイエットの基本!筋肉つけて脂肪を落とす…基礎代謝アップ!

筋トレで筋肉を増やして体脂肪を減らすと、基礎代謝がアップします。最近では男女共に筋トレが人気ですよね...

筋肉トレーニングを自宅で効果的に行う為のポイント・注意点

筋肉トレーニングはジムだけでなく、自宅でも行うことができます。 自宅でお金をかけず効果的にトレーニ...

ゴルフレッスン初心者のための知っておきたいお役立ちポイント

ゴルフは様々な世代の方から愛されるスポーツのひとつです。年々若い世代にも定着し、始める方も多くなって...

有酸素運動と筋トレを交互にやると体型はどのように変わる??

この記事の目次です1 有酸素運動と筋トレの違いを知ろう!!どういう体型になりたいか!!2 有酸素運動...

『甲状腺ホルモンの数値が高い』これってどういうこと??

『甲状腺』って聞いたことはあるけど・・・何??血液検査で数値が高くても低くても、病気の可能性があるら...

体脂肪が気になる女性の皆さん。30代からできることがある!

女性の30代といえば、そろそろ体型と健康の両方が気になるお年頃ですね。独身でも既婚でも、崩れ始めたス...

産後の骨盤矯正の方法は?ダイエットにも役立つ体型戻しのコツ

産後は出産した事による骨盤のゆがみが生じてしまいます。骨盤がゆがんでいると、体調や体型にも悪影響を与...

ランニング初心者女子が知っておきたい効果・ポイント・注意点

最近ランニングを始める女子がどんどん増えているようです。 そこでランニング初心者女子が、気を付けて...

スポンサーリンク

ウォーキングが体に与える嬉しい効果!

ストレス解消

無理のない運動ができるウォーキングは、
ストレス解消に効果大
です。

血液の循環が良くなり自律神経のバランスが整うと
言われています。

周りの景色を見て、季節を感じながら歩くと
気分のリフレッシュになります。

肥満防止

ダイエット効果は少ないですが、
脂肪燃焼の効果はあります。

適度な運動量で基礎代謝が活発になるので、
肥満の防止
になります。

生活習慣病の予防

肥満や運動不足が原因でなりやすいのが、
生活習慣病です。

ウォーキングをする事で身体能力の維持に役に立ち、
血液の循環が良くなり動脈硬化などの予防に効果
があります。

脳の活性化

有酸素運動のウォーキングをすると、
脳に酸素を取り込みます。

酸素を大量に取り込む事で、
脳の働きが活発になります。

心肺機能の向上

ウォーキングをする事で、呼吸が激しくなり、
心拍数が上がります。

その効果で心臓や肺が強くなり、
心肺機能の向上が期待できます。

筋力の低下予防

筋力は年齢とも衰えていきます。

ウォーキングで筋肉に刺激を与えることで、
筋力の低下を予防します。

引用元-ウォーキングの効果は?時間は朝が一番おすすめ! | これが知りたい!気になる情報局

ウォーキングが最も効果的な時間帯は?

いざ、ウォーキングを始めるとして、

あなたならいつ歩きますか?

朝・お昼・夜?

ウォーキングの効果が一番発揮される時間帯!

答えは・・・

朝にウォーキングをすると、体内時計がリセットされ、

体調が良くなるんだって!

さらに、朝ウォーキングして日光を浴びると

セロトニンが分泌され、精神的にも安定。

一日を気持ちよくスタートすることが出来るのが

最大の魅力♪

夏場はお昼にウォーキングをすると、

熱中症の危険もあるし、やっぱり涼しい朝が良い。

で、夜が悪いのか?

というと、そんな事はないですよ^^

あくまでも、朝と夜を比べると、

その日の生産性の向上につながるという意味で

朝の方が効率がいいと考えられているようですが、

人によっては朝がものすごく苦手だったり、

夜の方が気持ちをリフレッシュできる人もいるでしょうね。

その場合は夜の方がメリットがあると言えそう。

引用元-ウォーキングの効果と時間の関係!一番効果的な時間帯は? | for your smile

時間と速度で見るウォーキングのカロリー消費効果

ウォーキングで消費するカロリーについて見ていきます。

目安として、消費カロリーと、見込めるダイエットの効果は以下のようになります。

■普通に歩く時の速度

体重50kg/30分:80kcal(1ヶ月実践で-333g)
体重50kg/1時間:160kcal(1ヶ月実践で-666g)

体重60kg/30分:95kcal(1ヶ月実践で-400g)
体重60kg/1時間:190kcal(1ヶ月実践で-800g)

■早足でのウォーキング

体重50kg/30分:130kcal(1ヶ月実践で-540g)
体重50kg/1時間:260kcal(1ヶ月実践で-1080g)

体重60kg/30分:160kcal(1ヶ月実践で-666g)
体重60kg/1時間:320kcal(1ヶ月実践で-1.3kg)

体重や、走り方で消費カロリーはだいぶ変わってきますが、
だいたいこんな感じです。

引用元-ウォーキングの効果~時間ごとの消費カロリー(30分・1時間)~ | ダイエット&健康の最新情報

長時間のウォーキングは逆効果!

「楽しそうだから、散歩がてらウォーキングを始めたい」と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、多くの方は「ダイエットがしたい」「健康維持のためにスポーツを始めたい」など、何か目的があってウォーキングを始めようとしているはずです。

すると、必然的に「1日1時間のウォーキングを毎日こなすぞ!」とか、「平日は無理だから、週末は気合を入れて1日3時間歩くぞ!」など、とにかく“長時間歩く”ことを目標にする方がとても多いです。

でも、実は長時間ウォーキングは、時に逆効果!まずは、「長時間歩かなくては!」という考えを頭から捨て去りましょう。

引用元-時間じゃない!しっかり効果を出す<目的別>ウォーキング法

猫背でたらたらと1時間歩き続けることと、背筋を伸ばし、正しい姿勢できびきびと20分歩くことを想像してみてください。細かい効果の違いまでは分からなくても、後者のほうがよほど効果がありそうだ、ということはなんとなくわかっていただけたのではないでしょうか?集中しないでダラダラ1時間勉強するのと、20分と時間を決めて、集中して勉強するほうが身に入るのと同じ理屈です。

さらに、変な歩き方で長時間ウォーキングをしてしまうと、膝をいためてしまうことも考えられますし、そうなってしまってはウォーキングどころか通常の生活すらできなくなる可能性があります

引用元-時間じゃない!しっかり効果を出す<目的別>ウォーキング法

ウォーキングと筋トレを組み合わせると短時間で効果が現れる!

筋肉は一番脂肪を燃焼する場所です!
筋肉量が少ないと、ウォーキングなどの有酸素運動をしても効果的に脂肪が燃焼しません。

しかし、だからとって、筋肉量が少ない人の運動は効果がないわけではありません。

その場合、短い時間で減量効果を上げる方法として、ウォーキングの前に筋トレをするのがおすすめです!
筋肉をよく動かしたあとは、筋肉量に関係なく一時的に代謝が高い状態になり、それがしばらく続きます。
更に、筋トレをすると交感神経が活性化され、成長ホルモンの分泌も盛んになるので、脂肪の分解が進むのです。

ウォーキング時間を設定したら、その少し前に、スクワットや腹筋、背筋運動など、
簡単な筋トレを組み込んでみましょう。

★筋トレについて

筋肉にしっかりと負担をかけるためには、ゆっくり動かすスロトレがおすすめ!
例えばスクワットなら、膝を伸ばしきる手前、曲げきる手前までの間をゆっくりと動かします。
10回がやっとできる程度の強度で無理のない範囲でトライしてみてください。

引用元-1日20分のウォーキングで減量効果を出す3つのポイント | ウェルネスリンク – WellnessLINK

twitterの反応


https://twitter.com/ponsuke_LB/status/686947015499100161
https://twitter.com/biyou_kennkou__/status/686420965081759745