ワダイビジネスサテライトでは今話題のニュース・商品・ビジネス・恋愛・健康・豆知識ネタetc皆様に役立つあれこれを配信していきます

ワダイビジネスサテライト

ウォーキングの効果を短時間で得る為に知っておきたいポイント

   

ウォーキングの効果を短時間で得る為に知っておきたいポイント

ウォーキングは健康維持や美容・ダイエットに効果的と多くの方が実践されています。

そこで短時間でも効果が期待できるポイントをまとめてみました。

ぜひ参考にして、正しく効果的にウォーキングを取り入れてみましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

女友達との旅行で起こりうる喧嘩を回避する方法と対処法!

女友達との旅行はワイワイ盛り上がり、楽しい時間です。 しか...

感受性が強い赤ちゃんの特徴とバランスを整えるママとの関わり方

赤ちゃんは感受性が高いと言われていますが、中にはその感受性の...

保育園に入れない場合は幼稚園?働くママの苦悩と保活事情とは

保育園の待機児童が問題視される中、なかなか改善されない現状に...

嫁の料理の品数に不満を感じる夫~あなたの家庭は大丈夫?

あなたの食卓にはいつもどのくらいの品数の料理が並びますか? ...

日本が好きな外人に和む人多数!愛すべき外人のエピソード

最近日本好きな外人のエピソードに和むという趣旨のサイトが注目...

車検時に交換が必要になる部品の知識と自分で見極める方法

車検の見積もりを取ると、交換が必要になる部品の項目がいくつか...

旦那の家事手伝いが中途半端!イライラする妻とイクメン風夫

最近はイクメンという言葉がもてはやされ、家事を手伝う旦那が増...

会社都合の解雇はデメリットが…あなたと会社のデメリット…

会社から解雇を言い渡される理由はいくつかあります。 中...

中学生が部活に拘束される時間は意外と長い?勉強の両立は?

中学生になると部活が始まります。 部活に打ち込む学生も増え...

会社の規模を縮小する意味は色々!拡大より難しい規模縮小

会社の規模を縮小すると聞くと、「衰退」をイメージする方も多い...

子供が一歳・・夫と離婚したい・・出産後に陥る夫婦危機とは?

子供が生まれ一歳頃になると、夫と離婚したいと考える女性が急増...

友人への出産祝いに現金のみでいい?マナーとタイミングは?

友人の出産祝いに何を贈るか迷っている方は多いようです。 し...

アパートの騒音は何時までなら許せる?世間の声から判断を!

アパートに住んでいると、ご近所付き合いで気を付けたいのが騒音...

友人への出産祝い!第2子の場合に喜ばれるプレゼントとは…

友人に出産祝いを贈る時にはどんなものが良いか悩むところ。 ...

姑との同居で問題となる生活費!こんな分担と切り出し方は?

姑との同居には良い面もたくさんありますが、様々な問題が立ちは...

子供の大学の資金っていくら必要?事前に計画を立てないと…

子供を大学まで進学させるとなると、かなりの教育資金が必要にな...

血液検査の結果を病院に電話で問い合わせることは可能か?

病院で診察を受けると、病状によって血液検査を受けることがしば...

学歴が大卒と高卒で考え方が違う?日本の現状と学歴の差とは

就職する際に大卒か高卒か、最終学歴がどのくらい影響するのでし...

…仕事のミスで辞める前に心の整理!辞めたい理由は他にある?

仕事でミスをすると会社を辞めてしまいたくなることがあります。...

夫が単身赴任で子供なしの夫婦が夫婦円満でいられるアレコレ

子育て世帯では夫の転勤が決まると、子供の就学や進学の状況に合...

スポンサーリンク

ウォーキングが体に与える嬉しい効果!

ストレス解消

無理のない運動ができるウォーキングは、
ストレス解消に効果大
です。

血液の循環が良くなり自律神経のバランスが整うと
言われています。

周りの景色を見て、季節を感じながら歩くと
気分のリフレッシュになります。

肥満防止

ダイエット効果は少ないですが、
脂肪燃焼の効果はあります。

適度な運動量で基礎代謝が活発になるので、
肥満の防止
になります。

生活習慣病の予防

肥満や運動不足が原因でなりやすいのが、
生活習慣病です。

ウォーキングをする事で身体能力の維持に役に立ち、
血液の循環が良くなり動脈硬化などの予防に効果
があります。

脳の活性化

有酸素運動のウォーキングをすると、
脳に酸素を取り込みます。

酸素を大量に取り込む事で、
脳の働きが活発になります。

心肺機能の向上

ウォーキングをする事で、呼吸が激しくなり、
心拍数が上がります。

その効果で心臓や肺が強くなり、
心肺機能の向上が期待できます。

筋力の低下予防

筋力は年齢とも衰えていきます。

ウォーキングで筋肉に刺激を与えることで、
筋力の低下を予防します。

引用元-ウォーキングの効果は?時間は朝が一番おすすめ! | これが知りたい!気になる情報局

ウォーキングが最も効果的な時間帯は?

いざ、ウォーキングを始めるとして、

あなたならいつ歩きますか?

朝・お昼・夜?

ウォーキングの効果が一番発揮される時間帯!

答えは・・・

朝にウォーキングをすると、体内時計がリセットされ、

体調が良くなるんだって!

さらに、朝ウォーキングして日光を浴びると

セロトニンが分泌され、精神的にも安定。

一日を気持ちよくスタートすることが出来るのが

最大の魅力♪

夏場はお昼にウォーキングをすると、

熱中症の危険もあるし、やっぱり涼しい朝が良い。

で、夜が悪いのか?

というと、そんな事はないですよ^^

あくまでも、朝と夜を比べると、

その日の生産性の向上につながるという意味で

朝の方が効率がいいと考えられているようですが、

人によっては朝がものすごく苦手だったり、

夜の方が気持ちをリフレッシュできる人もいるでしょうね。

その場合は夜の方がメリットがあると言えそう。

引用元-ウォーキングの効果と時間の関係!一番効果的な時間帯は? | for your smile

時間と速度で見るウォーキングのカロリー消費効果

ウォーキングで消費するカロリーについて見ていきます。

目安として、消費カロリーと、見込めるダイエットの効果は以下のようになります。

■普通に歩く時の速度

体重50kg/30分:80kcal(1ヶ月実践で-333g)
体重50kg/1時間:160kcal(1ヶ月実践で-666g)

体重60kg/30分:95kcal(1ヶ月実践で-400g)
体重60kg/1時間:190kcal(1ヶ月実践で-800g)

■早足でのウォーキング

体重50kg/30分:130kcal(1ヶ月実践で-540g)
体重50kg/1時間:260kcal(1ヶ月実践で-1080g)

体重60kg/30分:160kcal(1ヶ月実践で-666g)
体重60kg/1時間:320kcal(1ヶ月実践で-1.3kg)

体重や、走り方で消費カロリーはだいぶ変わってきますが、
だいたいこんな感じです。

引用元-ウォーキングの効果~時間ごとの消費カロリー(30分・1時間)~ | ダイエット&健康の最新情報

長時間のウォーキングは逆効果!

「楽しそうだから、散歩がてらウォーキングを始めたい」と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、多くの方は「ダイエットがしたい」「健康維持のためにスポーツを始めたい」など、何か目的があってウォーキングを始めようとしているはずです。

すると、必然的に「1日1時間のウォーキングを毎日こなすぞ!」とか、「平日は無理だから、週末は気合を入れて1日3時間歩くぞ!」など、とにかく“長時間歩く”ことを目標にする方がとても多いです。

でも、実は長時間ウォーキングは、時に逆効果!まずは、「長時間歩かなくては!」という考えを頭から捨て去りましょう。

引用元-時間じゃない!しっかり効果を出す<目的別>ウォーキング法

猫背でたらたらと1時間歩き続けることと、背筋を伸ばし、正しい姿勢できびきびと20分歩くことを想像してみてください。細かい効果の違いまでは分からなくても、後者のほうがよほど効果がありそうだ、ということはなんとなくわかっていただけたのではないでしょうか?集中しないでダラダラ1時間勉強するのと、20分と時間を決めて、集中して勉強するほうが身に入るのと同じ理屈です。

さらに、変な歩き方で長時間ウォーキングをしてしまうと、膝をいためてしまうことも考えられますし、そうなってしまってはウォーキングどころか通常の生活すらできなくなる可能性があります

引用元-時間じゃない!しっかり効果を出す<目的別>ウォーキング法

ウォーキングと筋トレを組み合わせると短時間で効果が現れる!

筋肉は一番脂肪を燃焼する場所です!
筋肉量が少ないと、ウォーキングなどの有酸素運動をしても効果的に脂肪が燃焼しません。

しかし、だからとって、筋肉量が少ない人の運動は効果がないわけではありません。

その場合、短い時間で減量効果を上げる方法として、ウォーキングの前に筋トレをするのがおすすめです!
筋肉をよく動かしたあとは、筋肉量に関係なく一時的に代謝が高い状態になり、それがしばらく続きます。
更に、筋トレをすると交感神経が活性化され、成長ホルモンの分泌も盛んになるので、脂肪の分解が進むのです。

ウォーキング時間を設定したら、その少し前に、スクワットや腹筋、背筋運動など、
簡単な筋トレを組み込んでみましょう。

★筋トレについて

筋肉にしっかりと負担をかけるためには、ゆっくり動かすスロトレがおすすめ!
例えばスクワットなら、膝を伸ばしきる手前、曲げきる手前までの間をゆっくりと動かします。
10回がやっとできる程度の強度で無理のない範囲でトライしてみてください。

引用元-1日20分のウォーキングで減量効果を出す3つのポイント | ウェルネスリンク – WellnessLINK

twitterの反応

 - スポーツ, 美容・健康

ページ
上部へ