ワダイビジネスサテライトでは今話題のニュース・商品・ビジネス・恋愛・健康・豆知識ネタetc皆様に役立つあれこれを配信していきます

ワダイビジネスサテライト

資産の運用の方法って一体何がいいの?知っておきたい豆知識

      2016/01/26

資産の運用の方法って一体何がいいの?知っておきたい豆知識

自分の大切な資産を運用してみたい!!

しかし投資ってリスクがかなり高そうだし・・損はしたくないなぁ・・

という方は必見です!!

資産の運用方法といっても千差万別!色々な投資のやり方があります。

ぜひ一度読んで自分に合った資産の運用方法を検討してみては!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

旦那の家事手伝いが中途半端!イライラする妻とイクメン風夫

最近はイクメンという言葉がもてはやされ、家事を手伝う旦那が増...

会社都合の解雇はデメリットが…あなたと会社のデメリット…

会社から解雇を言い渡される理由はいくつかあります。 中...

中学生が部活に拘束される時間は意外と長い?勉強の両立は?

中学生になると部活が始まります。 部活に打ち込む学生も増え...

会社の規模を縮小する意味は色々!拡大より難しい規模縮小

会社の規模を縮小すると聞くと、「衰退」をイメージする方も多い...

子供が一歳・・夫と離婚したい・・出産後に陥る夫婦危機とは?

子供が生まれ一歳頃になると、夫と離婚したいと考える女性が急増...

友人への出産祝いに現金のみでいい?マナーとタイミングは?

友人の出産祝いに何を贈るか迷っている方は多いようです。 し...

アパートの騒音は何時までなら許せる?世間の声から判断を!

アパートに住んでいると、ご近所付き合いで気を付けたいのが騒音...

友人への出産祝い!第2子の場合に喜ばれるプレゼントとは…

友人に出産祝いを贈る時にはどんなものが良いか悩むところ。 ...

姑との同居で問題となる生活費!こんな分担と切り出し方は?

姑との同居には良い面もたくさんありますが、様々な問題が立ちは...

子供の大学の資金っていくら必要?事前に計画を立てないと…

子供を大学まで進学させるとなると、かなりの教育資金が必要にな...

血液検査の結果を病院に電話で問い合わせることは可能か?

病院で診察を受けると、病状によって血液検査を受けることがしば...

学歴が大卒と高卒で考え方が違う?日本の現状と学歴の差とは

就職する際に大卒か高卒か、最終学歴がどのくらい影響するのでし...

…仕事のミスで辞める前に心の整理!辞めたい理由は他にある?

仕事でミスをすると会社を辞めてしまいたくなることがあります。...

夫が単身赴任で子供なしの夫婦が夫婦円満でいられるアレコレ

子育て世帯では夫の転勤が決まると、子供の就学や進学の状況に合...

妻の誕生日何も予定なし・・な時は手料理で喜ばせてみては?

妻の誕生日になにを贈るか毎年悩んでいる男性は少なくありません...

男性は好きな人の妄想をする生き物?男が妄想する言動とは

男性は妄想するのが大好きです。 身近な女性の何気ない仕草に...

結婚できない理由…別れを選ぶ人は男女の脳の違いを理解しよう

結婚はカップルにとって大きな変化の一つです。 結婚した...

娘の友達がわがまま!娘の親として対応はどうしたらいいの?

娘が仲良くしているお友達がわがままな子だったら…我慢している...

流産の確率が減る時期は?妊娠して気になる流産のことを調査

妊娠すると心配になってしまうのが流産の可能性です。 一般的...

女性で料理が上手!はなぜモテる?男は胃袋をつかまれると・・

モテる女性は料理上手が多いのはなぜなのでしょうか? 料理が...

スポンサーリンク

自分の資産を運用するときは??方法は千差万別!

情報を鵜呑みにせず、しっかりと投資先について調べる!

投資では、若者・高齢者向け、男性・女性向け、投資上級者・初心者向けなど、区別はありません。初心者向けの特別な商品やプランが存在しないのが事実。「お友達の◯◯さんが言っていたからこの投資をしよう」と、他人の意見を鵜呑みにしてしまって失敗した場合、損益も出ますし、なによりやりきれない気持ちになりますよね。しっかりと自分で調べ、納得した商品に対して投資をすれば投資先への愛着が沸き、投資の結果について「どうしてその結果が出たか」などの関心を持って取り組むことができるようになります。その積み重ねをすることにより、より自分に合った投資方法を知ることができるようになるのです。

引用元-やってはいけない資産運用とは!?初心者なら知っておきたいポイント Page 2 – わたしのマネー術 | @nifty

資産を運用するときのリスク分散方法は??

収益性を重視する傾向の強い米国では、「100-年齢=リスク性商品(%)」というのが一般的な分散比率の目安です。つまり今の年齢が40歳の人であれば、資金の40%は元本割れのリスクがない安全な商品に割り振り、60%は株などのハイリスクな商品に賭けてもいいと判断できます。

引用元-「なけなしの100万円」ベストな運用法:PRESIDENT Online – プレジデント

金融商品にはローリスク・ローリターンからハイリスク・ハイリターンまで、様々な種類があります。「儲かれば儲かるほどいい」と単純に考えると、極端なハイリスク商品にばかり手を出したり、売り買いの判断が難しくなってギャンブルのようになりがちです。そこで「投資の目的」を決めることが大切になってきます。目的がわかれば「期間」と「金額」も明確になります。例えば、“マイカーの買い替え資金をつくりたい”という目的なら期間は3年前後で、金額はこれくらい、というふうにライフプランに合わせて目標が定まる。後はそれに合致する商品の組み合わせを考えればいいわけです。「インフレリスクに負けない運用」を目的とするなら、ここ数年で2%前後のパフォーマンスを狙う必要があります。

引用元-「なけなしの100万円」ベストな運用法:PRESIDENT Online – プレジデント

リスクが嫌いな人は!比較的安全な資産の運用方法

安全運用商品ベスト3

最もリスクが小さいのは…
 それでは、どうしたらいいだろうか。安全第一でお金を運用したい個人にとっての、現時点での、運用対象ベスト3を挙げよう。
(1)個人向け国債・変動金利10年満期型
(2)銀行の普通預金(ただし1人、1行、1000万円以下)
(3)MRF(マネー・リザーブ・ファンド)

 変動金利10年満期型の個人向け国債の主な特徴は、1.半年単位の変動金利(10年国債流通利回りの66%がめど)、2.直近2回分の利払い(税引き後の金額でよくなった)をペナルティとして払えば、いつでも元本で償還可能(すなわち購入1年目以降、元本割れしない)、の2点だ。
 将来、長期金利が急上昇するような局面(いわゆる「国債暴落」である)が訪れても元本割れしないし、利回りはそこそこの水準で追随する。

引用元-「リスクを取るのは嫌」な人のための資産運用法|山崎元のマルチスコープ|ダイヤモンド・オンライン

自分の資産を守りながら運用したい人は!こんな方法を!

リスクを抑えるための3つの方法

リスクを小さくするための方法として、一般的に以下の3つが有名です。

●資産の分散

一つの金融資産に集中投資はしないで、値動きの違う金融資産を組み合わせる事でリスクが分散され安定性が増します。 
例)輸出企業(電気・自動車等)と内需企業(外食・アパレル等) 株式と債券(基本的に反対の値動き)

●長期投資

短期間で相場をみると、大きくジグザグ(上下)の変動を繰り返していますが、長期間で見ると変動幅が小さくなる傾向があります。 
※長期投資の期間は一般的に10年以上(最低でも5年)を指す事が多いです。

●時間分散

一度にまとまった金額を投資するのではなく、何回かに分けて投資を行ったり毎月一定額を積み立てるなどの方法で投資時期を分散することでリスクを小さくする事ができます。 
※ドル・コスト平均法が有名です。

引用元-リスクを軽減する運用方法 | 投資信託 | はじめての資産運用

資産の運用方法の1つJ-REITとは??

資産運用といえば投資信託という方も多いかもしれません。投資信託というのは証券会社や銀行でもお取引をしていれば銀行員の方から勧誘を受けたご経験が一度や二度はあるかと思いますが、投資信託と言っても様々な商品があり、どれが良い商品かを知ることも困難です。

もちろん現在は人気の投資信託をネットで調べたり、証券会社の方に聞いたりして情報を収集することも可能ですが人気がある事と安定した収益をもたらしてくれることは全く別問題です。

色々な投資信託があるので一律に述べれませんが、人気があると思った頃に買っても金額が上がっていて買うタイミングとしては遅いです。もちろん今後もさらなる値上がりの期待があるような時は、それから買っても収益はもたらしてくれるでしょうけれど。

例えばアベノミクスが始まって間がない時などは何を買っても値上がりとなっていましたからね。

ただ個人的におすすめはJ-REITです。

J-REITとは、Real Estate Investment Trust(不動産投資信託)の略称で、投資家から資金を集めて、その資金で不動産を運用して得た賃料収入等を元に投資家に分配する金融商品です。

このJ-REITの分配金利回りは大体3%~4%もらえるので安定した資産運用といえます。

引用元-資産運用 おすすめ《賢い投資の2016》

REITは投資家から資金を集める以外に金融機関からの借入金によって不動産を取得しているわけですが金利が上昇すると、利息負担が増加するため、収益の減少要因となり分配金の減少なども考えられます。

ではこのREITは今はどういう風になっているかというとアベノミクスがインフレ政策を掲げているため、地価が上昇するとの思惑からJ-REITに資金が流れているのは確かでしょう。

引用元-資産運用 おすすめ《賢い投資の2016》

twitterの反応

 - ビジネス・経済, 豆知識

ページ
上部へ