ワダイビジネスサテライトでは今話題のニュース・商品・ビジネス・恋愛・健康・豆知識ネタetc皆様に役立つあれこれを配信していきます

ワダイビジネスサテライト

頭皮の乾燥がフケの原因に!?改善のためのプロセスとは…

      2016/01/30

頭皮の乾燥がフケの原因に!?改善のためのプロセスとは…

冬はフケ症状に悩む人が増える時期です。このフケの原因の一つに頭皮の乾燥が考えられます。

日々の何気ないケアが逆にフケの発生を増加させる原因になっているということも…

そこで頭皮の乾燥によるフケについて調べてみました。頭皮の状態や対処法を理解し、フケの改善に取り組みましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

感受性の強い人は恋愛に向き?不向き?繊細なあなたはHSPかも

感受性が強い人は、人の気持ちを敏感に感じ取り、相手を思いやる...

朝の満員電車でめまいが…最近体調がおかしいと感じる人へ

朝の通勤ラッシュ時、満員電車に乗るとめまいが…なんて経験はあ...

女友達との旅行で起こりうる喧嘩を回避する方法と対処法!

女友達との旅行はワイワイ盛り上がり、楽しい時間です。 しか...

感受性が強い赤ちゃんの特徴とバランスを整えるママとの関わり方

赤ちゃんは感受性が高いと言われていますが、中にはその感受性の...

保育園に入れない場合は幼稚園?働くママの苦悩と保活事情とは

保育園の待機児童が問題視される中、なかなか改善されない現状に...

嫁の料理の品数に不満を感じる夫~あなたの家庭は大丈夫?

あなたの食卓にはいつもどのくらいの品数の料理が並びますか? ...

日本が好きな外人に和む人多数!愛すべき外人のエピソード

最近日本好きな外人のエピソードに和むという趣旨のサイトが注目...

車検時に交換が必要になる部品の知識と自分で見極める方法

車検の見積もりを取ると、交換が必要になる部品の項目がいくつか...

旦那の家事手伝いが中途半端!イライラする妻とイクメン風夫

最近はイクメンという言葉がもてはやされ、家事を手伝う旦那が増...

会社都合の解雇はデメリットが…あなたと会社のデメリット…

会社から解雇を言い渡される理由はいくつかあります。 中...

中学生が部活に拘束される時間は意外と長い?勉強の両立は?

中学生になると部活が始まります。 部活に打ち込む学生も増え...

会社の規模を縮小する意味は色々!拡大より難しい規模縮小

会社の規模を縮小すると聞くと、「衰退」をイメージする方も多い...

子供が一歳・・夫と離婚したい・・出産後に陥る夫婦危機とは?

子供が生まれ一歳頃になると、夫と離婚したいと考える女性が急増...

友人への出産祝いに現金のみでいい?マナーとタイミングは?

友人の出産祝いに何を贈るか迷っている方は多いようです。 し...

アパートの騒音は何時までなら許せる?世間の声から判断を!

アパートに住んでいると、ご近所付き合いで気を付けたいのが騒音...

友人への出産祝い!第2子の場合に喜ばれるプレゼントとは…

友人に出産祝いを贈る時にはどんなものが良いか悩むところ。 ...

姑との同居で問題となる生活費!こんな分担と切り出し方は?

姑との同居には良い面もたくさんありますが、様々な問題が立ちは...

子供の大学の資金っていくら必要?事前に計画を立てないと…

子供を大学まで進学させるとなると、かなりの教育資金が必要にな...

血液検査の結果を病院に電話で問い合わせることは可能か?

病院で診察を受けると、病状によって血液検査を受けることがしば...

学歴が大卒と高卒で考え方が違う?日本の現状と学歴の差とは

就職する際に大卒か高卒か、最終学歴がどのくらい影響するのでし...

スポンサーリンク

頭皮の乾燥が原因で起こるフケの特徴

フケには、頭皮が乾燥することで起こる「乾性フケ」と、頭皮の脂分が過剰なために起こる「脂性フケ」の2種類があります。頭を何日も洗わなかったり洗い方が雑だったりする場合に出るフケは、脂性フケです。

もし、毎日丁寧に頭を洗っているのに一向に改善の兆しが見えないのだとしたら、それは頭皮が乾燥しているサインかもしれません。

乾性フケのサイン

乾燥が原因のフケには以下のような特徴が見られます。当てはまる項目が多い人は、頭皮の乾燥を疑ってみましょう。

(1)肩にフケが落ちてきて積もる

サラサラとしたフケは乾性フケの特徴です。脂性フケはベタついているため、頭皮から自然に落ちて肩に積もることはほぼありません。

(2)白く細かいフケが出る

乾性フケと脂性フケでは色や形状にも違いがあります。白く細かいものは乾性フケで、脂性フケは黄色っぽく大きいのが特徴です。

(3)念入りにシャンプーしても改善しない

脂性フケは汚れや毛穴の詰まりが原因になりますから、しっかり洗うことで改善が期待できます。しかし、乾性フケの場合は乾燥が原因ですので、洗っても根本的な解決にはなりません。むしろ、シャンプーをしすぎるとかえって悪化してしまいます。

引用元-そのフケ、頭皮が乾燥しているサインかも? | スキンケア大学

フケの原因!頭皮が乾燥するのはなぜ?

①空気の乾燥

冬は夏に比べて外気はもちろん室内でもエアコンによって乾燥がひどくなります。さらに新陳代謝が悪くなり血行不良になりやすくなります。
お肌が乾燥するのと同じように頭皮も乾燥しているのです。

②髪の毛の洗い過ぎ

かゆいから…よく洗わないとまたかゆくなってしまう…と思ってゴシゴシ洗っていませんか?1日に何回も洗っていませんか?洗い過ぎると余計に頭皮は乾燥してしまいます。これは頭皮にあるべき皮脂と水分がなくなってしまっているからです。

またシャンプーのときに爪を立てて洗っていませんか。これも頭皮を刺激して乾燥させる原因になります。

ただし、逆に洗い流しが少なすぎると頭皮がべたつき、これもかゆみの原因となります。

丁寧にすすいであげましょう。

③ドライヤーによる乾燥。

特に髪の毛の長い女性にとってお風呂上りのドライヤーは必要不可欠ですよね。髪の毛がカラカラになるまでドライヤーをかけるとこ髪の傷みの原因になってしまうからです。頭皮まで乾燥してします。

④紫外線などあらゆる刺激

紫外線は頭皮までも刺激し乾燥させてしまします。そして恐ろしいことに、頭皮は老化していくのです。お肌の日焼け状態と同じです。また強い紫外線は頭皮の皮を剥がすこともあり、それがかゆくなり、かくとまた頭皮への刺激になり余計にかゆくなっていきます。まさしく悪循環です。

引用元-かゆみ、フケ、薄毛を防げ!頭皮の乾燥を解消する5つのポイント | healthy7

乾燥によるフケが出やすい人の特徴

坊主にするとフケが出る?

坊主にすると髪の毛が極端に短くなり頭皮の露出が増えます。

すると、紫外線が髪の毛で軽減されることなく頭皮に届くのでダメージを負いやすくなります。

その結果、頭皮が日焼けして荒れてしまうのです。

日焼けをすると、皮がめくれますよね?その皮がフケになるのです。

坊主にしたとたんにフケが多く出始めたという場合には、頭を紫外線から守る必要があります。

夏場だけに限らず、外に出る時間が長いようでしたら、紫外線対策クリームを塗ったり、帽子を被ったりして頭を守りましょう。

引用元-フケが出やすい人の特徴とは?(坊主、産後、思春期など) | 薄毛・抜け毛の対策室〜最新の育毛・発毛技術を大公開〜

パーマ・カラーリングをするとフケが発生しやすくなる?

パーマやカラーリング剤にはよく以下のような成分が含まれています。

アンモニア、モノエタノールアミン、炭酸水素アンモニウム、アルギニンなど

これらの成分は、パーマ剤やカラーリング剤の浸透力を良くするものなので、必要な成分なのですが、頭皮(肌)には悪影響を及ぼしやすい成分です。

美容師さんがパーマ剤やカラーリング剤を髪の毛に付けるときは素手ではなく手袋を付けてやりますよね。

何もつけずに触れると手が荒れるので、わざわざ手袋をしているのです。

手でさえ荒れるわけですから、頭皮も当然荒れます。

頭皮が荒れると、皮脂の過剰分泌が起こりやすくなったり、乾燥して角質(皮膚)が剥がれたりしてフケの量が多くなりやすいです。

引用元-フケが出やすい人の特徴とは?(坊主、産後、思春期など) | 薄毛・抜け毛の対策室〜最新の育毛・発毛技術を大公開〜

フケには逆効果!?頭皮に良くないNGケア

■洗浄力の高いシャンプーでゴシゴシ洗い

ありがちなのが、皮脂の取り過ぎです。洗浄力の強いシャンプーで、しかも頭皮に爪を立ててゴシゴシと洗っていませんか? そうすると必要な皮脂まで取りすぎて、頭皮のバリア機能が低下してしまいます。その結果、かゆみ(炎症)が起きたり、角質がたくさんはがれてフケが出たりしてしまうのです。

引用元-多くの人が勘違い!フケの多い人が「うっかりやっている」NGケア – Peachy – ライブドアニュース

若い時と同じヘアケア製品を使っている

ヘアケアもスキンケアと同じように環境や季節、年齢によっても変えた方がよいのです。年齢を重ねると、頭皮を守っている皮脂や天然保湿因などが若い頃よりも減ってきます。

こうした加齢による変化も、頭皮が乾燥しやすくなる原因になるので、年齢を重ね、頭皮がかゆいなど敏感になった肌に気づいたら、シャンプー選びにもこだわりを。

引用元-多くの人が勘違い!フケの多い人が「うっかりやっている」NGケア – Peachy – ライブドアニュース

■頭皮が濡れた状態で頭皮マッサージしている

濡れた髪や頭皮はとてもデリケートで傷つきやすいので、マッサージは髪も頭皮も渇いた状態で行うのが基本。

それも指先を使うのではなく、手の平で包み込むようにしながら、やさしく頭皮を動かすだけでOKです。強くもみこまないようにしましょう。

引用元-多くの人が勘違い!フケの多い人が「うっかりやっている」NGケア – Peachy – ライブドアニュース

頭皮の乾燥によるフケ対策

まずは頭皮を清潔に保つことなのですが、乾性フケ対策はとてもデリケートです。
シャンプーなど洗髪をやさしく丁寧に行うことと、さらに大切なポイントが保湿と低刺激です。

保湿と低刺激

まずは、乾燥した頭皮になじみやすいシャンプーやヘアケアグッズで保湿し、潤いをあたえることです。
これにより、乾性フケが悪化し抜け毛や頭皮の荒れるのを抑制する効果が期待されます。

お勧め低刺激シャンプー

アミノ酸系界面活性剤を使っている弱酸性シャンプー
人工着色料や人工香料を使っていない、無香料・無着色の無添加シャンプー
上記のような低刺激のシャンプーを使えば、シャンプー剤が頭皮に残ってもかぶれにくいです。
また洗浄力がマイルドであれば刺激を気にせず、しっかりと頭皮を洗うことができますね。

椿油を使ってみる

乾燥した頭皮には、油分を補ってしっとりさせたらフケが良くなったという声が多いようです。
椿油は昔から頭皮ケアグッズとして支持されていますので、使用方法をよく読んで、試してみるのもよいでしょう。

コラーゲンを摂取する

乾燥肌の人は、顔をはじめとして頭皮も乾燥していることがあります。
コラーゲンを食事やサプリメントなどから摂取してみるのもひとつの方法ですね。

コラーゲン フカヒレ、豚皮、豚足、軟骨、コラーゲン美容ドリンク、サプリメントなど

引用元-頭皮の乾燥によるフケの原因と対策方法 | 美肌マニアの美容情報

twitterの反応

 - 生活, 美容・健康

ページ
上部へ