筋肉トレーニングに器具を取り入れて理想の体を手にいれよう!

筋肉トレーニングに器具を用いることで、効果的に理想の体型に近づくことができます。

しかし器具といっても種類はいろいろ。初心者はまず筋トレに慣れるところから始めて、徐々に器具へと移行するのがオススメです。

そこで筋肉トレーニングを効果的に行うことができる器具や選ぶポイントなどをまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ジョギングするためのシューズのオススメポイント

健康維持やダイエットでジョギングをするのであればシューズは重要です。オススメポイントを調べてみました...

『深呼吸』すると『肩甲骨』が痛い!!考えられる原因は??

『深呼吸したときに肩甲骨が痛い』という経験ありませんか??肩甲骨周辺の痛みは、筋肉痛によるものが大半...

腹痛・下痢・血便症状で考えられる病気とは…体の危険信号!!

腹痛・下痢・血便症状が出た時、どのような病気が考えられるでしょうか? この症状が出た時は体からの赤...

『稽留流産』の手術・・・‘麻酔無し’で行なうことも!?

この記事の目次です1 稽留流産とは・・・2 稽留流産の検査と診断3 稽留流産と診断されたら手術が必要...

エステで効果的に痩身する!美しくやせるためのポイント!

憧れの細く引き締まった体を手に入れるための痩身エステ。興味がある女性も多いことでしょう。 そんな痩...

頭皮のフケは、かさぶただった!?症状の原因や正しい対処法

悩んでいる方も多いフケ症状の原因は、頭皮のできたかさぶたかもしれません。 頭皮のかさぶたを改善する...

頭皮のフケが大量に発生!原因は何?早期改善のポイントとは…

突然、頭皮からの大量のフケが出てきたことはありませんか? 症状によっては皮膚の炎症やかゆみも伴うこ...

筋肉トレーニングで腹筋を鍛えよう!効果的に鍛えるポイント

ぽっこりお腹を気にしている人は男女ともに多く、腹筋に効く筋肉トレーニングを取り入れている方もいる事で...

タバコを禁煙!禁断症状って何?禁煙中の気になる体への影響

健康や美容のためにタバコを禁煙する人も増えています。しかし禁煙中は禁断症状に襲われてしまう人も多いよ...

美容院でヘアカラーの色ムラを直すのは結構大変って知ってた?

美容院でカラーをすると綺麗になるけど、金額が…ということで市販のカラーリングを使用している方も多いよ...

女性の抜け毛は20代でも急増!?今すぐ頭皮環境の改善を!

実は20代女性でも抜け毛が気になる人が急増中です。 抜け毛がひどくなって頭皮環境が悪くなってくると...

ジョギングとランニング、ダイエットに効果的なのはどっち?

ダイエットのために、ジョギングやランニングを習慣にする方が増えています。 みなさんはジョギングとラ...

美容院でカラーにかかる時間はどのくらい?色持ちのコツとは…

美容院でカラーをオーダーすれば、かなりの時間を美容室で過ごすことになります。 そこで美容室でカラー...

美容院でヘアカラー!どんな色にする?失敗しないオーダー術

美容院でヘアカラーする時、色みはどのようにオーダーしていますか? 仕上がりが思っていた色みと違った...

プロテインを効果的に筋肉にアプローチさせるコツ・ポイント

プロテインと聞くと、筋肉隆々のボディービルダーを思い浮かべる方も多いことでしょう。 しかし最近のプ...

スポンサーリンク

筋肉トレーニング初心者は器具を使わない自重トレーニングから始めよう!

自重筋トレとは自分の体重を負荷にして行うトレーニング方法です。主な種目はスクワットに腕立て伏せ、腹筋など初心者でも行えるものから、倒立腕立てやドラゴンフラッグなど上級者向けまで幅広くあります。ダンベルやバーベルなどの器具を使わないので思い立ったらすぐその場でやることも可能。とてもお手軽で筋トレをやったことのない方は自重筋トレから始めることをおすすめします。
自重筋トレのここがおすすめ!
自重筋トレのいいところは体一つでできるところです。器具を使わず自分の体重のみを利用するので自宅でも外でもどこでもできます。筋トレ初心者や、体を機能的に鍛えたい方にとって、最適なトレーニング方法です。負荷が少ない分、怪我のリスクも少なく、続けやすいのです。続けていくうちに体が引き締まり、太りにくく痩せやすい体へと変化していきます。ジムのようにお金がかからないので挑戦しやすいです。

また、ダイエット目的の女性が高負荷な筋トレをしてしまうと体ががっしりしてしまう場合もあり、目標とする体型からかけ離れてしまう可能性もあります。だから自重筋トレは細く引き締まった体になりたい女性にはうってつけの方法とも言えます。

引用元-筋トレするなら自重トレーニングで決まり!初心者や女性にオススメします☆|welq [ウェルク]

筋肉トレーニングに慣れたら取り入れたい器具~ダンベル

ダンベルです。なぜなら、これさえあればトレーニングの幅が大幅に広がるからです。例えばダンベルカール。これは器具なしでは非常に鍛え辛い上腕二頭筋(二の腕の筋肉)を効果的に鍛えられます。さらにラテラル。これまた器具なしで鍛え辛い肩の筋肉を刺激できます。

他、上腕三頭筋を鍛えるトライセプスキックバックや、筆者おすすめのオーバーヘッドエクステンションも可能になります(呪文のようで失礼)。

さて、ダンベルですが1つあれば一応は十分ですが、2つあるとさらに便利です。その理由は2つあります。

1つ目の理由は行える種目がより多くなるためです。肩を鍛えるショルダープレスや胸を鍛えるダンベルベンチプレスはダンベルが2つないとほぼ不可能です。非常に単純な理由ですね。

2つ目はより効果的なトレーニングを実現するためです。例えば肩を鍛える種目であるサイドレイスを行うとします。

ダンベル1つで行うと右手か左手のどちらか一方にダンベルを持って行うことになるわけですが、その場合体の左右のどちらか一方にダンベルの重量がかかり、バランスが悪くなります。この状態ではトレーニングが非常にやりにくい上、バランスの悪さが体を歪ませる可能性もあります。

これはサイドレイスだけでなく、ダンベルを片手で持って行う種目のすべてにおいて言えることです。1つでも十分なダンベルですが、余裕があれば是非2つ購入したいところです。

引用元-筋トレ器具としては欠かせない、「ダンベル」の選び方と注意点 | MEN人(メンジン)

筋肉トレーニングに慣れたら取り入れたい器具~トレーニングベンチ

トレーニングベンチ(筋トレベンチ)をしっかりと選ぶ理由は何でしょうか?ひとことで言うと、「トレーニングベンチの選び方は筋トレの結果にも影響する」ということでしょう。

まず、ひとくちにトレーニングベンチと言っても、様々なラインナップがあります。そのラインナップは、ベンチの種類、サイズ、質などいおいてピンキリです。ジムに通って筋トレしている人は、その違いに気づいている人も多くないですか?

筋トレはダンベルやバーベルなどがその一例であるように、目的にあった器具を選ぶことが結果を出すためには重要です。「トレーニングベンチはどれも同じ」と考えず、筋トレの結果を左右する重要な器具の一つとして考えることが大事です。

引用元-トレーニングベンチ/筋トレベンチのおすすめと選び方【筋トレ器具】 | 筋トレぴろっきー

適当に筋トレ用のベンチを選んでしまった場合、フラットなものとインクライン(斜めに設定できる筋トレのベンチ)のものとは違うため、可能な筋トレの種目が全く異なってきます。更には、幅や長さや高さの違いで、人により筋肉への負荷が変わってくるため、調整機能の仕様等によっても筋トレの結果が違ってきます。

選び方を誤った場合、思い通りの筋トレが出来ない、最悪の場合はベンチが全く使い物にならないということにもなりかねません。特に筋トレで使うトレーニングベンチは、他の器具に比べて、値段も高く、買い替えが簡単に出来るものではありません。しっかりと選び、筋トレに活用して長く使えるようにしましょう。

引用元-トレーニングベンチ/筋トレベンチのおすすめと選び方【筋トレ器具】 | 筋トレぴろっきー

筋肉トレーニングに慣れたら取り入れたい器具~腹筋ローラー

腹筋ローラーはアブローラー、フィットネスローラー、エクササイズローラー、コロコロなどとも呼ばれている人気の筋力トレーニングアイテムです。

これまで、様々な筋トレ方法に挫折してきた私ですら続けることができています。はじめは膝をついて数回…。たったそれだけの筋トレでもひどい筋肉痛に襲われたのですが、続けることで、友人たちに驚かれるくらいの腹筋に成長しました。

引用元-腹筋ローラーの効果・やり方・腹筋を効率的に割る方法

腹筋ローラーがおすすめなポイント

1000円位で買えるので気軽にはじめられること

腹筋ローラーは1000円程度で購入することができます。「本当に効果があるのか」「続けられるのか」「自分に合っているのか」など、不安があっても気軽に試せる価格帯のトレーニングアイテムです。

器具自体が小さいので挫折しても安心

筋トレ器具を買うとき、気になるのが挫折した場合ですよね。話題の腹筋マシンはとても気になるもの。しかし、挫折した場合のことを考えるとゾッとしまよね。腹筋ローラーであれば、例え挫折してしまってもリスクは小さいものです。

引用元-腹筋ローラーの効果・やり方・腹筋を効率的に割る方法

筋肉トレーニングの器具選びの注意点

自宅でのトレーニング環境は、設備の整ったジムに比べると不便な点が多いのが現実です。

スペースが狭かったり、床が傷つきやすいフローリングだったり、家自体が構造的に古くなっていて重い器具を置くと危険だったりということは珍しくないでしょう。

だから自宅で筋力トレーニングを行うには、器具も注意深く選ぶ必要があるわけです。
実際のところ、選び方を間違えると後でかなり面倒な事態になります。

研究所長も、「自宅にもジム並みのバーベルセットを!」と勢いで購入した結果、器具選びで大きな失敗をした事があります。

引用元-器具選びの注意点と失敗例 | 肉体改造研究所(筋トレ&ダイエット)

失敗すると処分も大変

トレーニング器具は鉄の塊なので非常に重く、誰かにゆずるにしても運ぶのが大変です。

オークションに出品したとしても、1万円以上の送料がかかってしまうようなこともあります。

大切なお金と時間を無駄にしないために、自宅で筋力トレーニングを行う時は慎重に器具を選びましょう。

引用元-器具選びの注意点と失敗例 | 肉体改造研究所(筋トレ&ダイエット)

twitterの反応


https://twitter.com/foo_NEOR/status/688101700737994755