ワダイビジネスサテライトでは今話題のニュース・商品・ビジネス・恋愛・健康・豆知識ネタetc皆様に役立つあれこれを配信していきます

ワダイビジネスサテライト

腹痛の原因はストレス!?病院で正しく治そう過敏性腸症候群

      2016/02/17

腹痛の原因はストレス!?病院で正しく治そう過敏性腸症候群

原因のわからない腹痛が続く…その症状はストレスからくるものかもしれません。

ストレスが原因の腹痛は過敏性腸症候群(IBM)と呼ばれ、放っておくと大きな病気につながってしまう事も

ストレス性の腹痛は専門の病院を受診し、早期の治療をオススメします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

姑との同居で問題となる生活費!こんな分担と切り出し方は?

姑との同居には良い面もたくさんありますが、様々な問題が立ちは...

子供の大学の資金っていくら必要?事前に計画を立てないと…

子供を大学まで進学させるとなると、かなりの教育資金が必要にな...

血液検査の結果を病院に電話で問い合わせることは可能か?

病院で診察を受けると、病状によって血液検査を受けることがしば...

学歴が大卒と高卒で考え方が違う?日本の現状と学歴の差とは

就職する際に大卒か高卒か、最終学歴がどのくらい影響するのでし...

…仕事のミスで辞める前に心の整理!辞めたい理由は他にある?

仕事でミスをすると会社を辞めてしまいたくなることがあります。...

夫が単身赴任で子供なしの夫婦が夫婦円満でいられるアレコレ

子育て世帯では夫の転勤が決まると、子供の就学や進学の状況に合...

妻の誕生日何も予定なし・・な時は手料理で喜ばせてみては?

妻の誕生日になにを贈るか毎年悩んでいる男性は少なくありません...

男性は好きな人の妄想をする生き物?男が妄想する言動とは

男性は妄想するのが大好きです。 身近な女性の何気ない仕草に...

結婚できない理由…別れを選ぶ人は男女の脳の違いを理解しよう

結婚はカップルにとって大きな変化の一つです。 結婚した...

娘の友達がわがまま!娘の親として対応はどうしたらいいの?

娘が仲良くしているお友達がわがままな子だったら…我慢している...

流産の確率が減る時期は?妊娠して気になる流産のことを調査

妊娠すると心配になってしまうのが流産の可能性です。 一般的...

女性で料理が上手!はなぜモテる?男は胃袋をつかまれると・・

モテる女性は料理上手が多いのはなぜなのでしょうか? 料理が...

男性はキスは好きでない子とでもできるの?男性の態度で分析

男性は好きではない子とでもキスできるという、女性にとっては耳...

夫の単身赴任と保育園!入園ポイントと知っておきたいアレコレ

夫の転勤が決まった時、保育園頃の子供のいる家庭では一緒につい...

子供にはテレビを見せない方がいい!?上手に付き合う方法は…

小さな子供の成長の為にはテレビは見せない方がいいと言われるこ...

夫が単身赴任!経験者のブログに学ぶリアルな夫婦関係とは…

夫の単身赴任が決まった時、あなたはどんなことが頭をよぎります...

夫の単身赴任が辛い…と考えるよりも考え方を変えてみては!

夫の単身赴任が決まり、別々の生活が始まることを考えると辛い気...

lineの放置で〇〇が消える?意外と知らない仕組みとは…

多くのユーザーを誇るlineアプリですが、密なやりとりに疲れ...

妊娠して将来が心配…大学生が考えるべき選択とすべき事とは?

妊娠・出産は人生の中でも大きな転機です。 しかしその妊娠を...

免許の返納は若者でも可能?違反が消滅するって本当なの??

最近は免許を自主的に返納する人が急増しているようです。 多...

スポンサーリンク

すぐ病院へ!ストレスが原因の腹痛は過敏性腸症候群かも!

ストレスが原因の過敏性腸症候群

下痢には「急性下痢」と「慢性下痢」の2種類がありますが、ストレスによる下痢は症状を繰り返す「慢性下痢」に分類されます。その多くは「過敏性腸症候群」と言われ、ストレスの多い現代を象徴する症状の一つです。

症状が3週間ほど続いたり、月に3回以上の腹痛や下痢が3ケ月以上続く場合は、「過敏性腸症候群」の可能性が高く、特に20~30代に多いと言われています。慢性的な下痢に悩んでクリニックを訪れる方の約半分が過敏性腸症候群によるものと言われ、検査をしてもどこも異常がないことが大きな特徴です。

ストレスから下痢を発症するのは腸の異常というより、精神的な影響が大きいと考えられます。胃や腸をはじめとする内臓は、自律神経が深く関係しています。不安や緊張など強いストレスがかかることで自立神経に乱れが生じ、腸の動きが突然活性化したり、腸管が痙攣して腸内の水分調整がうまく行かず、下痢や便秘の症状が現れます。

引用元-どうすればいい?ストレスによる下痢・腹痛の正しい予防法・対処法 | ヘルスケア大学

ストレスが原因で腹痛を起こしやすい人の特徴

繊細で几帳面な性格の人ほど過敏性腸症候群になりやすいといわれています。20歳代の人に最も多く、70歳代を過ぎて第二のピークを迎えます。

傾向としては

真面目で完璧主義
几帳面で神経質
幼少期から胃腸が弱く、よく下痢をしていた人
偏食気味な人
ヘビースモーカー
喜怒哀楽が激しい人

これはあくまでも傾向なので、当てはまらない人が過敏性腸症候群になる可能性ももちろんあります。

引用元-腹痛からの下痢や吐き気はストレスが原因?改善策や対処法とは?

IBSになりやすい人には、一定の傾向があるといわれています。まず「自分はストレスに弱い」と自覚しており、あいさつや人前での説明などが苦手、もしくは過度に緊張や責任感を感じてしまうタイプ。寝つきが悪かったり、途中で何度も目覚める人も多いようです。また、不規則な睡眠や暴飲暴食、朝食を抜くなどの生活習慣や過労も、IBSにつながりやすいといわれています。いわゆる、おなかが弱いタイプ、疲れたり体力が落ちると便通が乱れる、と思っている人の多くはIBSの可能性が高いといえます。

引用元-ストレス?体質? 急に襲ってくる腹痛、こうして予防しよう | ニュース&トピックス | ケータイ家庭の医学

腹痛の原因は本当にストレス?当てはまったらすぐ病院へ!

検査では異常がないのに症状はある過敏性腸症候群

レントゲンや内視鏡検査をしても、形状的な異常が見つからないのに、明らかに便通に異常があるのが、過敏性腸症候群。消化器科を受診する患者でもっとも多い症状と言われるわりに、適切な診断、治療がなされていないケースも多いという。次のチェック項目で、改めて自分の症状を見直してみてほしい。

 

過敏性腸症候群チェック

□ 腹痛を伴う下痢(便は泥状、粘液が出ることも)
□ 便秘、あるいは便秘と下痢を交互に繰り返す
□ 時折、うさぎの糞のような便が出る
□ 排便後は腹痛が収まることが多い
□ 排便後、残便感はあるが、便は出ない
□ ガスがたまりやすい
□ 午前中の腹痛が多く、午後からは回復する
□ 体重の変化はなく、食欲も普通にある
□ すぐトイレに行けない状況で症状が出る
□ 睡眠時や休日には症状が出ない
□ 症状が1カ月以上持続している

引用元-過敏性腸症候群

ストレスからくる腹痛はどの病院を受診すればいいの?

自分は過敏性腸症候群ではないのかと、
思ったら、まずは病院に行ってください。

病院に行く時の注意点としては、

通常お腹の調子が悪い時に受診するのは、
胃腸科や消化器科
です。

しかし、過敏性腸症候群は精神的な要因が多いので、
心療内科か精神科なのか?

結論で言うと、まずは消化器科を受診してください。

腹痛や下痢が続く病気は他にあります。

まずは、お医者さんにきっちりと診断してもらいましょう。

消化器科で治療をしても改善しない場合に、
心療内科を受診するという順番が理想
です。

自己判断で決めつけるのが、一番危険です。

医療のプロのお医者さんに診断してもらい、
判断をあおぎましょう。

引用元-腹痛や下痢が続くと注意!過敏性腸症候群の症状では? | これが知りたい!気になる情報局

ストレスによる腹痛は精神科または心療内科へ。

何となく行きにくいという方は内科でも良いかと思いますが、一時的な腹痛症状の緩和は出来ても根本的な解決に繋がるのは難しいのではないかと私は思っています。

ストレスの原因になっているものは何か?

ストレスをどうしたら解放できるのか?

といったストレスを専門に扱うのはやはり精神科、心療内科です。

引用元-ストレスによる腹痛がする。何科の病院に行けばいいの?

ストレスが原因の腹痛は病院の正しい指導で治そう!

1、食事療法では「腸内細菌」を意識した食事を摂る

まず食事療法ですが、「下痢型」の人は、香辛料、冷たい食べ物や脂っこいものを控えるようにします。
またアルコールを摂りすぎると、下痢がひどくなることがあります。

「便秘型」の人は、香辛料など刺激の強い食品は避け、水分や食物線維を多く摂るようにしましょう。

2、運動療法では、ストレス解消や気分転換を意識する

続いて運動療法です。
運動療法では、過度な負担を身体にかけるのではなく、ストレス解消や気分転換を意識します。
たとえば、ストレッチやウォーキングなどの軽い運動を、生活の中に取り入れていくことになります。

3、薬物療法では「腸内セロトニン」を安定させるお薬も!

薬物療法では、腸の働きを整えたり、便の硬さを改善するお薬が処方されます。

また、最近では、身体の中の「セロトニン」を安定させて過敏性腸症候群(IBS)を治療するという研究が進められています。

セロトニンとは、私たちを幸せな気持ちにしてくれる神経伝達物質。
この物質が“安定”することで、私たちのストレスは緩和されます。

引用元-その下痢や便秘の原因はこれかも!過敏性腸症候群の診断方法と治療法 | ナースが教える仕事術

twitterの反応

 - 生活, 豆知識

ページ
上部へ