ワダイビジネスサテライトでは今話題のニュース・商品・ビジネス・恋愛・健康・豆知識ネタetc皆様に役立つあれこれを配信していきます

ワダイビジネスサテライト

髪の毛サラサラはドライヤーで作れる!美髪のポイント・注意点

   

髪の毛サラサラはドライヤーで作れる!美髪のポイント・注意点

ドライヤーは髪の毛を傷めると言われていましたが、実はツヤツヤサラサラの髪の毛の為にはドライヤーが重要なアイテムになります。

正しいドライヤーのかけ方やポイント、注意点を守れば誰でも簡単ツヤツヤサラサラの髪の毛になれるのです!

毎日のドライヤー習慣を見直し、今日から美髪を目指しましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

感受性の強い人は恋愛に向き?不向き?繊細なあなたはHSPかも

感受性が強い人は、人の気持ちを敏感に感じ取り、相手を思いやる...

朝の満員電車でめまいが…最近体調がおかしいと感じる人へ

朝の通勤ラッシュ時、満員電車に乗るとめまいが…なんて経験はあ...

女友達との旅行で起こりうる喧嘩を回避する方法と対処法!

女友達との旅行はワイワイ盛り上がり、楽しい時間です。 しか...

感受性が強い赤ちゃんの特徴とバランスを整えるママとの関わり方

赤ちゃんは感受性が高いと言われていますが、中にはその感受性の...

保育園に入れない場合は幼稚園?働くママの苦悩と保活事情とは

保育園の待機児童が問題視される中、なかなか改善されない現状に...

嫁の料理の品数に不満を感じる夫~あなたの家庭は大丈夫?

あなたの食卓にはいつもどのくらいの品数の料理が並びますか? ...

日本が好きな外人に和む人多数!愛すべき外人のエピソード

最近日本好きな外人のエピソードに和むという趣旨のサイトが注目...

車検時に交換が必要になる部品の知識と自分で見極める方法

車検の見積もりを取ると、交換が必要になる部品の項目がいくつか...

旦那の家事手伝いが中途半端!イライラする妻とイクメン風夫

最近はイクメンという言葉がもてはやされ、家事を手伝う旦那が増...

会社都合の解雇はデメリットが…あなたと会社のデメリット…

会社から解雇を言い渡される理由はいくつかあります。 中...

中学生が部活に拘束される時間は意外と長い?勉強の両立は?

中学生になると部活が始まります。 部活に打ち込む学生も増え...

会社の規模を縮小する意味は色々!拡大より難しい規模縮小

会社の規模を縮小すると聞くと、「衰退」をイメージする方も多い...

子供が一歳・・夫と離婚したい・・出産後に陥る夫婦危機とは?

子供が生まれ一歳頃になると、夫と離婚したいと考える女性が急増...

友人への出産祝いに現金のみでいい?マナーとタイミングは?

友人の出産祝いに何を贈るか迷っている方は多いようです。 し...

アパートの騒音は何時までなら許せる?世間の声から判断を!

アパートに住んでいると、ご近所付き合いで気を付けたいのが騒音...

友人への出産祝い!第2子の場合に喜ばれるプレゼントとは…

友人に出産祝いを贈る時にはどんなものが良いか悩むところ。 ...

姑との同居で問題となる生活費!こんな分担と切り出し方は?

姑との同居には良い面もたくさんありますが、様々な問題が立ちは...

子供の大学の資金っていくら必要?事前に計画を立てないと…

子供を大学まで進学させるとなると、かなりの教育資金が必要にな...

血液検査の結果を病院に電話で問い合わせることは可能か?

病院で診察を受けると、病状によって血液検査を受けることがしば...

学歴が大卒と高卒で考え方が違う?日本の現状と学歴の差とは

就職する際に大卒か高卒か、最終学歴がどのくらい影響するのでし...

スポンサーリンク

髪の毛をサラサラにするならドライヤーは必須!

ドライヤーは必須?自然乾燥はダメなの?

髪をサラサラに保つためにはドライヤーは必須です(>▽<)b OK!!
髪をサラサラにしている元はキューティクルなんです。

このキューティクルは髪が濡れている時は開いていて
髪の養分が出やすくなります。

逆に髪を乾かすことでキューティクルがキュッとしまって
指通りが良くなりサラサラになります。

自然乾燥の場合、熱が足りないので
このキューティクルが一部開きっぱなしになります。
その結果、髪が傷みやすくゴワゴワしてしまうんですo(;△;)o エーン

髪を自然乾燥させながら寝るなんてもっての外です!
髪が傷むだけでなく癖も付きやすくなります。

特に寝る前はドライヤーを使って髪を乾かすことをおすすめします。
面倒でもサラサラの髪を作るためだと思って、頑張ってください!

引用元-髪の毛をサラサラにする方法は?乾かし方が重要なの!? | ALL You NeeD is InformaTion Blog

髪の毛サラサラ!ドライヤーのポイント

タオルでドライしたあと、しばらく時間を置いてから乾かす

 

髪の毛をドライヤーの熱から守る技としては、タオルドライを心掛けることも大切ですが、ある程度タオルで乾かしたら、しばらく時間をおくということが重要になります。

タオルで髪の毛を拭くということはそれだけで髪の毛に負担をかけてしまうということ。ゴシゴシこするのは絶対にNGですが、丁寧に髪の毛を押さえつけるようにしてタオルドライしたとしてもやはり髪の毛の保護には限界があります。

そこにすぐドライヤーを使ってしまったらどうなるでしょうか。タオルによって受けたダメージには熱によってさらに傷めつけられてしまいます。それを少しでも防ぐためにタオルドライの後は少しだけ時間をおき、髪の毛を落ち着かせましょう。

その間にブラシで髪の毛をとかしてある程度まっすぐに整えておくことがポイントです。そうすることの何が大事なのか。それはからまった髪の毛をそのままにしてドライヤーを当ててしまうと途中で髪が切れてしまったり、熱を当てながらほどこうとするとさらに傷んでしまう恐れがあるからです。

引用元-おすすめ!ドライヤーは賢く使った者勝ち!サラサラ髪のために! | 女性の美学

髪のくせが出やすい部分だけは先に乾かし、他の部分は自然乾燥する気持ちで

 

さて、サラサラ髪を保つための技ですが、髪の毛の癖が出やすい部分には先にドライヤーをかけて、他の部分は自然乾燥するという技があります。

とくに前髪、生え際、首のまわりの毛は癖がつきやすいですから変な形のまま自然乾燥してしまうと翌日一日中その癖のまま過ごさなくてはならないということになります。それを防ぐためには、まずその癖の出やすい部分をドライすることが重要になります。

髪の毛の先の部分はあとでいくらでもセットしなおせますが、毛の根元付近になるとそうはいきません。次から意識してみましょう。

引用元-おすすめ!ドライヤーは賢く使った者勝ち!サラサラ髪のために! | 女性の美学

髪の毛がツヤツヤサラサラになるドライヤーのかけかた

STEP1:バスタオルで水気を取る

まずは頭頂部のみバスタオルでやさしく押さえ込むように拭きながらさっと水気を取ります。目の粗いブラシで髪をとかし、水分を下に。 水分を毛先に集めたらバスタオルではさんで軽くたたきましょう。

STEP2:ドライヤーを使って根元を乾かしていく

頭頂部と前髪を乾かします。根元を乾かすと、毛先も自然と乾いてきます。同じ場所ばかりを乾かすと切れ毛や脱毛の原因になるので注意してください。

STEP3:中間部を乾かす

根元が乾いたら中間部を。中間は手グシで乾かします。手グシで乾かすとツヤがでます。

中間が乾いた段階で、ドライヤーを「冷風」に切りかえます。冷風を使うことで、広がったキューティクルを閉じることができるそうです。キューティクルがしまったら温風に戻して毛先を乾かしましょう。
STEP4:仕上げ

毛先を内側にし、冷風をかけるとセット終了です!!

引用元-髪の毛がツヤツヤサラサラになるドライヤーのかけかた | nanapi [ナナピ]

髪の毛サラサラになる為のドライヤーの注意点

近距離注意です
頭皮のすごく近くからドライヤーを当てる人がいますが、ドライヤーは髪から最低でも20cmは離してかけてくださいね。

最初は強で、髪の毛を手で持ち上げるように、根元の方からかけていきます。

この時も、髪の毛は優しく優しく扱ってくださいね。

最初から櫛を使う人がいますが、濡れすぎた髪の毛に、櫛はNGですから、覚えておいてくださいね。

毛先に集中して書ける人もいますが、毛先は無理にかけなくても根元の方から乾かしていくと、その余熱や伝導熱である程度乾きますよ。

毛先が一番ダメージを受けやすいので、極力、かけないようにしてください。

頭皮や根元がしっかり乾燥していないと、跳ねの要因や、臭いの要因にもなりますので注意してくださいね。

さらにしっかりと乾かしていないと、眠った時に、枕や布団やマットレスなどど髪の毛の摩擦が、増えてしまいますから髪の毛を痛めるんですね。

熱風はほどほどに

70~80%ほど髪の毛が乾いたら、冷風に切り替えて、櫛などを使い整えていきます。

温風で最後まで乾かすと思っている人が多いのですが、冷風でも乾くんですよね。

夏場などは、冷風だけで乾かしても髪の毛が乾き切れば問題ありません。

ドライヤーで髪を痛めるのは、暖かい風が原因ですからね。

冷風で仕上げることにより、キューティクルが収縮して、サラサラなツヤのある髪ができあがります。

引用元-髪の毛の乾かし方(ドライヤーのかけ方)

髪の毛サラサラの為にはドライヤー選びも重要!

ドライヤー選びで大切なのは?

では、どんなドライヤーを選ぶとダメージを最小限に抑えられるのかを見ていきましょう。

◇温度より風量

ダメージを抑えるためには、高温で乾かすことではなく、風速や風量が重要となります。
「低温タイプ」と書かれているドライヤーは、ダメージを抑えてくれるポイントになりますが、風量が少なければそれだけ乾かすまでに時間がかかってしまいます。
なので、風量や風速があるタイプかどうかが一番の決め手です。

◇マイナスイオンなどがついているとなお良し

プラスアルファの機能として、マイナスイオンが搭載されたドライヤーがあります。頭皮や髪の毛に優しいタイプなので、予算に余裕があればぜひおすすめしたい機能です。

◇実際に試す

ここが一番重要です。風量や風速は実際に試してみないとなかなかわかりません。
そのため、必ず量販店などで風量を比較してから購入するようにしましょう。

引用元-美しい髪を保つタオルドライとドライヤーの方法!正しいヘアケアをしよう | ビューティーカレッジ

twitterの反応


https://twitter.com/maririn816/status/699832206978453504


https://twitter.com/Ena1016Ena/status/695593294013726720


https://twitter.com/ReogeneMegurin/status/683348654157991937

 - 生活, 美容・健康, 豆知識

ページ
上部へ