お風呂に毎日浸かりたい!気になるガス代事情を徹底調査!

寒い季節はお風呂の湯船に毎日浸かりたくなります。しかし毎日お風呂を入れるとガス代も気になる…という方も多いことでしょう。

ガス代の請求書にビックリした経験もあるのではないのでしょうか。では実際に毎日お風呂に入るとどのくらいのガス代がかかるのでしょう。

気になるガス代や、節約法などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

下痢の時の食べ物は?赤ちゃんの下痢の症状と下痢時の食べ物編

赤ちゃんが下痢っぽい・・生まれてから初めて下痢になるとお母さんは 食べ物は何を与えればいいのかわか...

筋トレで腹筋の引き締め!器具なし自重トレーニングのポイント

腹筋の引き締めには筋トレがおすすめです。筋トレと言えばジムやトレーニングルームのトレーニング器具を思...

携帯のgps機能は電源が入っていないと意味がないの??

最近は携帯にgps機能が搭載されている機種も増え、様々なサービスや情報の提供を受けることが可能になり...

アニメにハマるのはオタクだけじゃない!人気の作品はコレ!!

アニメといえば“ジブリ”しか思い浮かばないですか?最近では深夜枠のテレビアニメが人気のようです。ハマ...

肩こりマッサージでもみかえし!これっていいの?悪いの?

肩こりを解消しようと、整骨院やマッサージ店で施術をしてもらうと、筋肉痛のような痛みがきたことはありま...

美容院でカラー失敗!?そうならない為のオーダーのコツとは…

美容院でヘアカラーをして、思った色にならなかったり、色むらが出ていたりした経験はありませんか? そ...

将来を考えた選択をしよう!!仕事への不安や不満の解消法!!

漠然とした将来への不安で心を病む人もいる現代。あなたはどうでしょうか?今の仕事に満足できていますか?...

知らないと損する!母子家庭を支援する手当てとその条件は??

近年、ライフスタイルが多様化して、シングルマザーで子育てを頑張る女性が増えましたね。そんなシングルマ...

40代・50代無職で独身の人に贈る!!色々な生き方!!

世の中には40代で独身で無職です、50歳で独身でリストラにあった、 などという方もいらっしゃるので...

クリスマスを彩る!ホームイルミネーションのライトアップ!

クリスマスが近づく頃には、イルミネーションをライトアップしているお家も多くなってきました。 そこで...

外国人が日本に対する色々な「好きなところ」を調べてみました

外国人にとって日本は自分の国にない色々な文化や歴史を 持っている国。私たちは自分の国を誇っていいと...

いけ好かない…。プライド高いキャラと上手に付き合う方法とは

学校でも仕事でも、恋愛にもいそうな「プライド高いキャラ」です。嫌われて当然!と思いますか?でも、キャ...

洗濯機の乾燥が乾かないとお思いの方は?基本の掃除をやろう!

最近洗濯機の乾燥で乾かない、乾きが悪くなったとお感じのあなた・・・ あたりまえのことですけどなかな...

ツボ押しは効果的な時間に!毎日の生活に取り入れたいツボ習慣

体の調子を整えたり、改善したりとツボ押しには様々な効果が期待できます。 毎日のちょっとした時間にツ...

血液型が性格に影響を及ぼす??血液型・性格判断、徹底解明!

日本では昔から血液型が性格に大きく影響していると考えられてきました。 これは世界的に見てもかなり珍...

スポンサーリンク

毎日お風呂を入れるとガス代はいくら?計算してみよう!3

ガス代の計算は、以下のようにおこないます。

【必要な条件】

・はじめの水の温度
・沸かしたいお湯の温度
・沸かしたい水の容量

【計算方法】

ガス代を計算するためには上記の条件に沿って、「200Lの水を、15度から40度まで沸かしたい」というように前提条件を出します。

また、熱効率を考慮しなければならず、お風呂のお湯を沸かす場合は発生したガスのうち、70%程度が使われると考えることができます。

「200Lの水を、15度から40度まで沸かしたい」という場合

40度-15度=25度
200L×25度=5,000kcal
5,000kcal÷0.7=7,143kcal

まずは、200Lの水を15度から40度まで上げたい場合は、7,143kcalのエネルギーが必要だということがわかりました。

ガスはm3(立方メートル)という単位で表されますが、1m3あたりのエネルギーは約11,000kcalです。

7,143kcal÷11,000kcal=0.6493……

約、0.65m3のガスを使う、ということになります。

あとは、契約されているガス会社のホームページから料金表を見て、単価をかければガス代が分かります。たとえば、m3あたり160円であれば、
160円×0.65m3=104円
と計算することになり、「200Lの水を15度から40度にするには104円かかる」ということがわかるようになります。

ガス料金の単価はガス会社によっても差がありますので、今回はガス代までは計算せず、使用したガスの量でお風呂の入り方を比較していきましょう。

引用元-シャワーかお湯をためるのか、結局どっちがお得なの?【ガス編】 | マネーの達人

毎日お風呂を入れ替えるより焚き直しの方がガス代がお得に!

お風呂の残り湯の「焚き直し」は、「一からの給湯」よりエコなの?

 街で30人に聞いた結果、6割の方が、水を「一から入れ直す」よりも、前日に入ったお風呂の「残り湯を追い焚き」したほうが「エコだと思う」と答えました。そこで、実験!まずは、自動お湯張りのお風呂を42℃に設定。一から浴槽にお湯を張り、設定した量のお湯が溜まるまでの時間を計ってみると…15分8秒かかりました。続いて、水温15℃の水道水を、浴槽に同じ量溜めてから追い焚きすると…42℃になるまで44分12秒と、およそ3倍もかかってしまいました。つまり、ガスも3倍使ったのでしょうか?そこで、2つの実験前後のガス使用量をメーターの数値で比較してみると…一から給湯した場合は0.791m3だったのに対し、焚き直しは0.848m3と、ほとんど差はなく、ガス代は7円増えただけ。一体どうして?給湯器のメーカーを訪ね、理由を伺うと…給湯器のフタを開け中身を見せて答えてくださいました。
 実は、「一からの給湯」する給湯の熱交換器は、「風呂の湯はり、キッチン、シャワー、洗面所」などを兼ねているため、隣にある「追い焚き専門」の熱交換器の3~4倍ほどの大きさがあったのです。つまり、「一からの給湯」は、たくさんのガスを使って短時間で沸かし、「追い焚き」は少しずつガスを使って時間をかけて沸かしていたのです。
 つまり、先ほどのお風呂では、一から水を入れた場合、水道代がおよそ57円かかったので、焚き直しの方がエコ!

引用元-知識の宝庫!目がテン!ライブラリー

毎日のお風呂のガス代を節約する方法

フタで保温!!

まずはお風呂にフタをすることです。フタをすることで上に熱が逃げることを防ぐことができます。元々フタがついていないお風呂でも保温シートを買えば大丈夫です。保温効果が高まるのでオススメです。さらに、ほこりや汚れも浴槽の中に入りにくくなります。

引用元-お風呂のガス代っていくら?シャワーの方がオトクなの?

換気扇を止める

換気扇は風呂場を換気することでカビ等生えないようにするためのものです。しかし、お風呂に入っている間も換気扇をつけているとせっかく温めたお風呂の熱が逃げてしまいます。換気扇はお風呂に入っている間や浴槽にためている間は止めるようにしましょう。

シャワーを使う時はタイマーを使って時間管理!

特に冬は必ずといっていいほどお風呂に入るときにシャワーを使うと思います。「お風呂+10分シャワー」のガス代、水道代は、「30分シャワー」と同じガス代、水道代になります。お風呂をためているのに、寒いからと思ってシャワーを浴びていると、いつの間にか10分、20分時間が経ってしまいます。そこで、タイマーを使って余計なガス代をかけないようにしましょう!!

引用元-お風呂のガス代っていくら?シャワーの方がオトクなの?

毎日のお風呂の入り方を変えるだけでガス代節約のポイントに!

入浴は続けておこなう

入浴時間が家族でバラバラだと、光熱費が余計にかかりやすいです。
特に、冬は浴槽のお湯も冷めやすく入るたびに追い炊きをしなくてはならなくなります。
そんなことをすれば、光熱費はうなぎのぼりですね。
ですから、可能な限り風呂は続けて入りましょう。
そうすれば、浴室内も温まっているのでシャワーを止めても寒くありません。

引用元-お風呂にかかるガス代や水道代を節約する方法とは?

シャワーは最後に一気に浴びる

浴槽のお湯を使って髪や体を洗うのは限度があります。
ですから、シャワーを浴びるときは顔や体、髪を洗って最後に一気にシャワーで流しましょう。
そうすれば、シャワーを浴びる時間が大幅に節約できます。
子どもを複数いれる場合は、子どもをすべて洗ってからシャワーをかけましょう。

引用元-お風呂にかかるガス代や水道代を節約する方法とは?

季節によって給湯器の温度を変える

夏はぬるめのお風呂が気持ちよく、冬はその反対です。
ですから、1年中同じ温度のお風呂に入るのではなく、季節によって設定温度を変えましょう。
そうすれば、季節によって光熱費が安くなります。
また、真夏の日中ならば冷水のシャワーも気持ちがよいです。

引用元-お風呂にかかるガス代や水道代を節約する方法とは?

毎日のお風呂でガス代が気になるならガス会社を変えるのも有効!

ガスには主に都市ガスとLPガスの2種類があります。都市ガスとLPガスには熱量に違いがあり、ガスの単価が異なります。都市ガスは熱量が小さいですが単価も安く、LPガスは熱量が大きいですが単価も高くなっています。
いずれのガスも料金は1カ月の使用量によって、基本料金と従量料金の単価が段階的に設定されています。
都市ガスは公共事業であるライフラインの1つとして国が認可し、優遇措置や価格設定を行っています。都市ガスは基本的にガス管で供給し、設備のない地域のみプロパンガスが使用されています。
一方、LPガスの供給にはボンベが使われています。そのLPガスは一般企業の自由競争で成り立っているため、会社や地域によっては価格が異なってきます。海外からの輸入に頼っているため、円安ででも値段は上がります。
都市ガスは料金に差が出ませんが、LPガスを使っている地域の人は、使用している会社の料金が適正であることと、地域内に他に安いガス会社がないかなどを確認して見ると、毎月のガス代を節約できる可能性があります。

引用元-冬のガス代は夏の約3倍!風呂の水を1℃上げると3円を支払う|フクポン

twitterの反応


https://twitter.com/ST09060906/status/700977894613331968


https://twitter.com/natsuki_1129/status/699168302694727680
https://twitter.com/machan_01/status/697785775111294976


https://twitter.com/YU_Matsj/status/694529674714583041