電子書籍の漫画の値段が高いのはなぜ?端末・紙どちらを選ぶ?

最近は電子書籍が普及し、漫画も端末で読む方が増えきているようです。

そこで気になるのが漫画の値段。実際に電子と紙媒体ではあまり違いがなく、モノによっては電子の方が高くなってしまうことも…

印刷や流通コストがない分、もっと安く購入できるイメージがある電子書籍。いったいどういう理由なのか、また安く購入するポイントなど調べてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

神社の参拝の作法は?初詣直前!知っておきたい日本の伝統

神社に参拝する時の正式な作法を知っていますか?普段あまり訪れることも少ない神社は、神聖な場所として様...

風邪を引いたとき、お風呂に赤ちゃんを入れる?入れない?

赤ちゃんが風邪を引いたときに、お風呂に入れるか入れないか?かなり悩まれた経験を持つパパさんやママさん...

将来こんな職業がなくなる??ロボットに人間が職業を奪われる

映画で見たようなロボットが人間の世話を全てしてくれる世の中! 人間はどんどん便利な世の中になる・・...

結婚しない理由は何?男に結婚を意識させるための方法とは…

近年、結婚を選択しない男性が増えているようです。その理由は様々ですが、一様に結婚への明るいビジョンが...

自転車通勤は距離と所要時間を考えて!チャリ通のポイント

最近、自転車通勤をする方が急増しています。運動不足解消・通勤費の節約などその理由は様々です。 通勤...

風邪じゃない!?吐き気や微熱の症状が続く原因はいったい何?

寒い季節、吐き気や微熱で風邪の症状と思ってしまう人も多いことでしょう。 しかしその症状はもしかする...

友人への出産祝い!第2子の場合に喜ばれるプレゼントとは…

友人に出産祝いを贈る時にはどんなものが良いか悩むところ。 特に第2子ともなると上の子のお下がりや、...

資産運用は比率が重要!リスク分散・年齢・貯蓄に見る割合とは

資産運用を始めるにあたり、運用資金をいくらくらい充てるかは重要なポイントになります。 リスクや自分...

社会人へのプレゼント!女性が喜ぶプレゼントって一体何??

プレゼントを買う時は男性のみなさんはかなり悩むと思います。 それは女性に何をプレゼントすれば喜んで...

風邪で鼻水が止まらない!鼻風邪の原因と予防方法を徹底解析!

風邪をひいたときにいちばんつらい症状は何ですか?発熱・のどの痛み・鼻水・鼻づまり…中でもやっぱり鼻水...

ワックス・スプレーで完璧スタイル!付け方のポイント・注意点

思い通りのヘアスタイルを作るにはワックスやスプレーが必要不可欠です。 髪型をキープする為にはへアセ...

子育てでイライラしている妻に夫ができる上手なサポートとは…

子育て中の妻が常にイライラしていると感じている旦那さんも多いことでしょう。 子育ては旦那さんが思っ...

前髪の切り方どうするべき?子供の可愛さを引き出すカット法

子供の前髪はお家でセルフカットしているママも多いことでしょう。 前髪くらい…と切り始めると、いつの...

ストレス性の下痢を緩和させる市販薬~選ぶポイントと注意点

慢性的なストレスが原因となり、突然の下痢症状に困った経験はありませんか? 突然の下痢症状に効果的と...

気になる母乳と粉ミルクの違い。赤ちゃんにはどっちが良いの?

生まれたての赤ちゃんがおっぱいを飲む姿は本当に微笑ましいですよね。そこで新米ママが直面するのは母乳か...

スポンサーリンク

電子書籍の漫画の値段が高い理由

アマゾンが公表している『キンドル ダイレクト・パブリッシング』の価格設定ページによると、電子書籍の発行者は35%と70%の二種類のロイヤリティオプションを選択できるようになっています。ここでは細かな説明は省略しますが、要するに電子書籍が1冊売れるたびに発行者が受け取れる「取り分」がロイヤリティというわけ。

ロイヤリティ契約によっては、さらに配信コストが

じゃあ当然ロイヤリティ率は当然高い方がいいよね、と思いつつも細かな制約がいくつか。

70%のロイヤリティを選択した場合には、商品のデータ量に応じて別途「配信コスト」が発生します。日本のアマゾンの場合は1メガバイトあたり1円。つまり、例として100MBの大きさがある電子書籍のデータを500円で販売しようとした場合、

500円(販売価格)-100円(配信コスト)×70%=280円(発行者の取り分)

となるわけです。紙の雑誌等の場合、だいたい出版社の取り分が60%、流通や書店の取り分が40%くらいと言われているので、(データ量によって上下するとは言え)なんと、ほぼ従来の紙媒体とコスト配分が一致してしまうのです。

引用元-僕らが「まだクソ高い!」と感じる電子書籍、その価格設定の裏側とは【コラム】|タブロイド|オトコをアゲるスマホニュース

電子書籍の漫画の値段は高い!

Kindleを初めとした電子書籍の利便性は認めるけど、高くない?漫画って人気作の長期連載化が進んで、50巻越えのマンガもざらになった。湯水のようにお金を使える人は別だろうけど、僕みたいな沢山読みたいけど使える金額に限りのある一般ピープルにとって、Kindleで巻数の多い漫画をポチポチやるのは、ちょっと金がかかりすぎる。

Kindle漫画は高い

印刷コストが無くなって、半額になってもおかしくなかったはずのデジタルコミックだけど、大して紙と変わらなかった。まあ多くの場合に数十円は安いのだけど、足元めっちゃ見られてる感じ。
それに、デジタルコミックは古本で売れない。人気タイトルなら定価の半額くらいで買い取ってくれるけど、デジタルはそれが出来ないから、つまらないと感じた漫画でも手放して元手を一部回収ということが出来ない。友人間でも貸借り難しいし。たまにやるKindleタイトルのセールにしたって、読みたいタイミングがあるしさ、なんか安いからでポチっちゃってない?よくよく考えると、他にもっと読むべき本はある。

引用元-まだキンドルで漫画読んでるの?レンタルの方が断然安いですよ – 必需品ブログ

電子書籍での漫画の値段を安くするポイント

Kindleストアと楽天koboは消費税相当額安くなっている場合がある

これはBookLive!と、Kindleストアおよび楽天koboの価格を比べるとわかると思いますが、例えば河出文庫の「池上彰の選挙と政治がゼロからわかる本」は、紙の本とBookLive!では525円で販売されていますが、Kindleストアと楽天koboでは500円で販売されています。実はAmazonは、以下のようにヘルプに明記されています。

Amazon.co.jpが販売するKindle(電子書籍)、MP3、ダウンロード版PCソフト商品およびAmazon.co.jpが提供するアプリには、消費税は課税されません。出版社が販売するKindle (電子書籍)には、消費税が課税されます。

これは、Amazon.co.jpで販売されている上記のコンテンツは、シアトルのAmazon.com Int’l Sales, Inc.が販売していることになっているからです。koboも、本社はカナダです。

これは、以前調べてエントリーにしたことがあるのですが、現状では消費税法施行令第6条第1項第6号で「著作権等の譲渡又は貸付けを行う者の住所地」と定められているので、海外の事業者が日本向けにデータ配信サービスを行った場合、日本の消費税はかからないことになっています。

いまは消費税5%だからまだ差が小さいですが、今後消費税率がアップされると、結構大きな差になってくることでしょう。

引用元-電子書籍の価格が「まだ高い!」と言われているので実際のところどうなのか、賢く買う方法はないのかを調べてみた:見て歩く者 by 鷹野凌

電子書籍の漫画の値段を安くしたいならまとめ買いがお得!

紙の印刷代や流通費をカットしたとして実際に値引き出来るのはせいぜい50-70円程度。つまり、今のコミックが420円として、350円程度が限界ということになる。さらに実際はアップルが所場代として30%取るので、450円という値付けは30%の135円を引くと、315円となりかなり無理をしている金額と言える。

紙の方が良いという意見もあるが、私は電子書籍の方が遙かにメリットがあると思う。

まず、保存する場所を取らない。場所代や引っ越し代だけで実際はかなりお金をロスしている。

また、紙はすぐに傷む。黄ばんだ紙の漫画を読むのはかなりストレスだ。

さらにあんまり気にしている人はいないようだが、単行本のサイズは実際の原稿の半分程度であり、迫力という意味でもかなり劣る。

あと電子書籍に期待するのはまとめ買いによる値引きだ。全巻購入、もしくは20冊購入で最大20%くらい引いて欲しいが、現実的な数字としては10%くらいか。その場合の1冊当たりの価格は20%で336円が期待される。10%だと378円である

引用元-【コラム】電子コミック450円は果たして高いのか? – AMOKNの日記

漫画の値段を気にするなら電子書籍と紙媒体どっちがおすすめ?

節約的なメリット・デメリット

電子書籍と紙の本の、一般的なメリット・デメリットは上記のとおりです。次に、節約的な意味でのメリット・デメリットを見てみましょう。

電子書籍なら無料のものもたくさんある

著作権の切れた古い小説や、著作権フリーにしている作家さんの作品などは、無料で手に入れることができます。(わたしも夏目漱石のような古い作品や、著作権フリーになっている「ブラックジャックによろしく」(漫画)などを持っています。

電子書籍は紙の本よりも安いことがある

紙の本と違い、セールで一時的に安くなっていたり、そもそもの価格が紙の本より少し安いことも多いです。先日買った本も、紙の本は1,404円、Kindleでは1,300円でした。

紙の本なら売れる

紙の本であれば、ブックオフなどの古本屋やオークションで売ることができます。わたしも、今年に入ってからの分ですでに17,000円ほど手に入れました。(全19冊)

引用元-電子書籍 VS 紙の本 書籍代を節約したい人が選ぶべきなのはどっち? | マネーの達人

twitterの反応


https://twitter.com/yoshiyoshi44A/status/707944385543942144
https://twitter.com/good_good_fine/status/707195148396965888


https://twitter.com/wrongday2die/status/702837914246381568
https://twitter.com/m31503m/status/691468837494005760


https://twitter.com/tocchi43835404/status/690001810988388352