夫婦の生活費を節約して上手に賢く貯蓄を増やすポイントとは?

夫婦2人の生活は生涯のうちでもっともお金を貯めやすい時期です。

これから家族が増えることで生活スタイルも様変わりしていきます。その為にも夫婦2人の時期にしっかり貯蓄をしておきましょう。

そこで夫婦2人でできる生活費の節約のポイントをまとめてみました。ぜひ参考にして、夫婦の生活やこれからの家族設計について考えてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

子供の大学の資金っていくら必要?事前に計画を立てないと…

子供を大学まで進学させるとなると、かなりの教育資金が必要になります。 高校から大学、公立に私立…状...

主婦のパートは年収150万が損得の分かれ道!?150万の壁とは?

主婦がパートで収入を得る上で年収150万が目安になっていることをご存知ですか? 働き方や収入によっ...

旦那の給料は平均と比べてどう?各世代の平均と生活の実態は?

旦那の給料が低いと毎月ため息が出てしまう主婦の皆さんも多いことでしょう。 ‌みんなはどんな生活をし...

貯蓄・貯金をテーマにブログを始めよう!思わぬ臨時収入に!?

貯蓄や貯金について自分の経験をブログに綴ってみるのも、貯金へのモチベーションを上げるツールにもなりま...

宝くじの当選確率~スクラッチで高額当選するためのコツは?

宝くじは一攫千金を夢見て、楽しことのできる娯楽の一つです。 その中でも今回は「スクラッチ宝くじ」に...

領収書とレシートを一緒に渡す時は割印を押す!これって??

会社の経費として計上する場合は領収書を貰うのが一般的です。 しかし領収書の中には明細が記載されてい...

海外のホテルで支払うデポジットとは?海外に行く人は把握を!

海外のホテルで宿泊する際にはチェックインの時にデポジットの支払いを求められることが一般的です。 日...

世界を旅行してブログ収入を得る方法~目指せ人気ブロガー!

今何かと話題のブロガー。なんと世界を旅行しながら収入を得るブロガーも多いようです。 ではブログをど...

領収書やレシートが宛名なしの場合・・自分で書いて問題なし?

最近は政治家などの領収書問題なども多く取り沙汰され、その使用法などが問題視されています。 お店によ...

割り勘する彼氏はせこい?割り勘に対する女性の本音って??

デート代は男性が奢るもの…昔はこのようなイメージが一般的でしたが、今は割り勘をする男性も増えているよ...

主婦がパートで手取収入を増やすなら年収170万の山を越えよ!

夫の扶養を抜け、パートで働く主婦にとって手取り収入をいかに増やすかがネックになります。 扶養を抜け...

車のローンを一括返済!はいい面もあれば思わぬことにも・・

車のローンは元金自体が少額なため、できれば一括返済したいと考えている方も多いことでしょう。 しかし...

金利が高い地方銀行のネット支店が狙い目!口座開設のポイント

マイナス金利政策により、銀行に預金しておくメリットがなくなっています。 しかし地方銀行は大手メガバ...

旦那の給料20万円でどう暮らす?結構多い手取り20万円台の人

旦那の給料が20万円前後の家庭は意外に多く、皆さんが生活の為にやりくりや節約を心がけているようです。...

主婦がパートで夫の扶養外れるタイミングとは?主婦必見です

主婦がパート収入により扶養外れるボーダーラインがあることをご存知ですか? 家計を助けるためのパート...

スポンサーリンク

節約は必要?平均的な夫婦の生活費

新婚夫婦の収入・生活費・貯金額などのデータを見てみよう。今回のアンケートに答えているのは、夫30歳・妻29歳が平均となっている。

「収入」

夫:429.9万円
妻:314.8万円
世帯年収:744.7万円
みんな結構余裕があるな!という印象だろうか。

「食費」

3.9万円/月
世帯年収が高い割に、食費は抑えている印象だ。

「光熱費・通信費」

2.4万円/月
光熱費・通信費は、節約をきちんとすることで圧倒的に差が出る。
夫スマホ(8千円)+妻スマホ(8千円)+インターネット回線(4千円)+光熱費(1万5千円)=合計3万5千円といった家庭は多いが、あなたの家庭は大丈夫だろうか?

「被服・理容費」

1.4万円/月
2人で1.4万円って…。みんな頑張ってるんだな。

「交際費・趣味・レジャー費」

2.4万円/月
1人あたり1.2万円なので、飲み会は月1回くらいだろうか。どこの家庭でも、きちんと節約していることが伺える。

このデータを見て、あなたの家庭は大丈夫だろうか?大きく乖離している費用を見て、対策を考えよう。

引用元-新婚夫婦の生活費節約術|目安を知り貯金額の目標を立てよう

夫婦で実践!節約につながる生活費の考え方

1.必要経費をまずは書き出す

生活費というのは、毎日の生活で消費されていくものですから、確実に把握しておくべきものと、そうでないものと分けることができます。

夫婦間で話し合いたいのは、必要経費についてです。例えば、家賃やローン、光熱費などです。それらは毎月決まった額が出ていくので、きちんと書き出して、夫婦で共有しておくことが大切です。それらを収入から差し引いた額で、残りの生活費について考えていくことが重要です。

必要経費はどんなにがんばったところで節約はできません。締めるところは締めて、余裕を持つところは余裕を持って考えましょう。

2.生活費の中の重点を決める

必要経費が書き出せたら、生活費の中の重点項目を夫婦で決めましょう。グルメな夫婦であれば、食費に重点を置くとか、ファッションが好きな夫婦であれば、服飾費に重点を置くとか、生活費の中で多くお金をかけたいことについて、夫婦間できちんと話し合って決めておくことが賢い生活費の考え方です。

夫婦の意見が対立してしまうと、限りある収入の中でやりくりしていくことが難しくなってしまいます。

3.少し余裕を持たせる

生活費を切り詰めるというのは、生きた心地がしないものです。月末になるとお財布の中身が空っぽだなんて現象は防ぎたいものです。ですから、生活費の中で何にでも使ってもよいという分類で少しだけ余裕を持たせておきましょう。

引用元-夫婦で賢い生活費の使い方5つのポイント | Lovejoju

夫婦の生活費の節約で意識すべき支出は?

新婚生活で注意すべき生活費

新婚当初は共働きで収入もあるため、多少節約を怠っても生活できますし貯金だってできます。しかし子供が生まれたり家や車を買ったりなどなにかとお金がかかる機会も多くなるため、どれだけ生活費を節約できるかがポイントになってきます。

独身から結婚したことによって生活費が2倍に・・・ということではありません。

むしろ2人で協力して節約に取り組むことによって、独身時代よりも効率よく支出を抑えることができるでしょう。こうした節約に新婚当初から取り組むことによって、子供が生まれて収支のバランスが変わっても、ライフスタイルへの影響は小さく済むでしょう。

では具体的にどのように節約していくのがいいのか?新婚生活を始めるにあたって特に気を付けるべき支出の項目は

・家賃
・食費
・保険料

の3点です。

引用元-新婚生活を円満に過ごすための上手な生活費やりくり術 | 貯金のしおり

夫婦の生活費の節約を成功させるポイント

早めに計画を立てていこう!

独身時代は、お金を好きなように使うことができましたが、結婚するとそうもいきません。これは共働きでも同じことです。生活費も一人分と二人分でも変わってきますし、結婚したからこそ必要な出費も出てきます。さらに、これからの人生を見据えて貯金もしていかなくてはいけません。

「お金はためられるときにためておくように」という人も多いように、結婚直後のお金の使い方でその後の生活も変わってくるのではないでしょうか。全てを切り詰めて節約するのがいい、という訳ではありませんが早いうちから計画立ててお金を使うようにしておくとよいでしょう。

引用元-夫婦二人の生活費はどのくらい?節約ポイントも教えます|UpIn[アップイン]

お金の流れが一目瞭然!節約に欠かせない家計簿の存在

1ヶ月どのくらいの費用を出費し、どのくらいの節約が出来ているのかを明確にするためには、家計簿は必須。目に見えてお金の流れがわかるので、節約をすることがグッと楽しくなります。家計簿をつける時間がないという場合は、買い物をしたレシートや領収書など金額が分かる物を保管しておくといいでしょう。まとめて家計簿をつけると結構大変な作業となりますので、週単位、できれば眠る前に出費額だけでも記録するようにしましょう。節約したお金を貯蓄に回すと目に見えてお金が増えていきますので、二人で節約する喜びが実感できるでしょう。

引用元-二人暮らしの無駄を省く。カップルに聞いたオススメの4つの節約術

こんなタイプは気を付けて!生活費の節約が難しい夫婦

妻はブランド好き

年に2回は30万円以上するものを買う。夫は旅行好き、国内でも海外でもどこへでも行ってしまう。

そんな夫婦の生活費は月に60万円以上の出費!中でも食費の15万円はいたそうでした。(どうしてそれだけ食費がかかるのやら・・・)

お酒が大好き

生活費はさほどかからないのに月に数十万円もお酒に使う!ブランデー、ワイン、スコッチ、カクテル、名酒、日本酒。

なんでもかんでも取り寄せてお酒にかかるお金がすごい(汗)夫婦がいます。もうお店を経営したほうが良いかもしれません。

夫婦そろってゲーム好き

ゲーム好きな夫婦は破産まっしぐら!新作を買ったりゲーム機を買ったりと、何かとゲームにお金を使ってしまいます。

中にはアプリゲームに課金をして月に数十万円、夫婦でゲームに使っているという方もいます。

クレジットカード、携帯を使いすぎる夫婦

最近では携帯料金支払いの後払いシステムも気軽に使える時代になりましたね。

一般庶民でも5万円分の電子マネーが使えるシステムもあるのだとか。

夫婦そろって使っていて、クレジットカードや後払いの買い物だけで数万円の浪費をしているという夫婦もいます。

引用元-夫婦の生活費がヤバイ…節約をして浪費をなくそう!/貯金・節約テクニック

twitterの反応

https://twitter.com/serina_0706/status/710693329248202756


https://twitter.com/BossGooo/status/604258643337334785


https://twitter.com/roonko/status/709372849811685380