中学生必見!勉強のやる気を出す方法!目から鱗のこんな方法

中学生になると、小学生時期に比べると勉強の難易度も上がり学習範囲も広がります。

しかし勉強に部活にと忙しい毎日になかなかやる気が出ない…と感じる中学生は多いようです。

そこで今回は中学生の為の勉強にやる気を出す方法をリサーチしてみました。

ぜひ参考にして、自分に合った方法を見つけて毎日の学習に役立てましょう!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

カビ掃除は大変!部屋のいたるところに生育するカビの対処法

気づかないうちに部屋のいたるところに生育するカビ…カビを生やさないためには、こまめな掃除と換気が重要...

産後の骨盤矯正の効果は?結構重要!知っておきたい体のコト

産後の女性の体には様々な変化が現れます。その一つに出産による骨盤のゆがみがあります。 産後は正しく...

旅行をプレゼントする方法!素敵な思い出を贈りたい人へ!!

最近お祝いや感謝の気持ちを込めて贈り物をする時、旅行をプレゼントする方が増えているようです。 かな...

パートの給料に間違いがあった時に・・あなたならどうする?

パートの給料明細、あなたはチェックしていますか? 実は意外と間違いが多いとも言われる給料計算、特に...

ジョギングにはランニングシューズが必須?靴選びの重要性

ジョギングを始めるにあたり、ランニングシューズを用意する必要はあるのでしょうか? ジョギングやラン...

ストレッチを効果的に!理学療法士が教えるコツ・ポイント

体をほぐすストレッチは、筋肉の緊張を緩和し体の状態を整えるために効果的です。 そこでストレッチのプ...

日本のアニメに対する海外の反応は?世界市場拡大への課題

ここ数年、日本のアニメに対して海外の反応が大きくなっています。 良くも悪くもクールジャパンとして海...

ランニング初心者がダイエットを成功させるためのポイント!

ダイエットを目的としたランニングを始める人が増えています。 しかしランニング初心者がいきなり始めて...

資産運用の最適な割合は?家計に貯蓄に!自分に合った運用方法

今まで資産運用は富裕層や投資家のものというイメージでしたが、最近ではずいぶん身近なものになりました。...

ワックスとスプレーの違いは?おしゃれな髪型を作るポイント

髪型をセットする必須アイテムとして多くの方が使用しているワックスとスプレー。 しかし実際には何とな...

アルコール消毒で赤くなる!それはアルコールアレルギーかも!

注射前のアルコール消毒で、消毒した部分が赤くなる方がいるそうです。 もしかするとそれはアルコールア...

神社参拝には効果的な時間帯があった!いつ行けばいいの??

願いをこめての神社参拝。お参りする時間帯に決まりはあるのでしょうか? 神社という神聖な場所に流れる...

血液検査したことありますか?結果は何日で出るのでしょう?!

血液検査を受けたらすぐに結果が知りたいところですが、すぐに分かる時と何日もかかる場合もあるようです。...

アパートの騒音は何時までなら許せる?世間の声から判断を!

アパートに住んでいると、ご近所付き合いで気を付けたいのが騒音によるトラブルです。 自分では騒音と思...

年末年始のホテル料金は高い!ホテル事情と安く泊まるポイント

年末年始はホテルでゆったり過ごしたい。しかし年末年始は宿泊料金も割高になってしまうところも… そこ...

スポンサーリンク

中学生の為の勉強にやる気を出す方法①環境を整える

部屋の温度は低めに設定/換気する

まず、勉強部屋の温度は低めに設定し、換気は常にしておきましょう。静かに扇風機を回し、外の音が聞こえない程度に窓を開けておくのもおすすめです。

また、集中するために大切なのは「頭寒足熱」です。頭は冷やし、足元は暖かい状態を保ちましょう。暖かすぎると頭がボーっとして集中力が途切れやすくなり、寒いと全身が冷え込んでゾクゾクしてきます。

部屋と机の上を掃除する

勉強部屋や机の上に余計なものを置いていないでしょうか。勉強机に向かった時、お気に入りの漫画やキャラクターグッズ、テレビやスマートフォンなどが見える状態になっていると、集中力が削がれます。勉強に取り掛かる時は、気が散る物が視界に入らないようにしましょう。

だからといって、テスト直前などに突然思い立って部屋を掃除しはじめることは、目の前の現実から逃げるための「逃避行為」になりかねません。注意して!基本的に、常に机の上は何もない状態にしておきましょう。

リビングや図書館など、自分に合う環境を見つける

 
もし、自室の勉強机でどうしても集中できないようであれば、リビングや図書館など、環境を変えてみるのもよいでしょう。

図書館のように「静かで、他に何もできない環境」のほうが集中できる子どももいれば、自宅リビングのように「家族の目があり、常に生活音がする環境」のほうが集中できる子どももいます。カフェのような、「他人が多く出入りするざわついた環境」のほうが集中できる子どももいるでしょう。

引用元-勉強のやる気が出ない人必見!簡単にやる気を出す方法4選!【中学生・高校生向け】|スタディサプリ 保護者版

中学生の為の勉強にやる気を出す方法②明確な計画を立てる

あー勉強する気が出ないなあって思っている時って、実は何の勉強をすればいいのかが明確になっていないこともあります。
やるべきことがありすぎて頭が混乱しちゃうんですよね。

それこそ定期試験では、一日に何教科も受けるわけですから計画的に勉強していく必要があるのです。
そして学力を上げるためには、それぞれ継続的な復習を繰り返すことが重要になります。

だからこそ、1日のスケジュールをしっかり立てて、勉強することが必要になるのです。

私が実際にやっていた方法は、
科目と、具体的に何をやるのか?というところまで書いていました。

数学、前回勉強したところまでの復習、教科書何ページまでの問題を解く
社会、ノートの何ページまでの重要なワードを赤ペンで引く
英語、教科書何ページまでの和訳をする

などを具体的に書いていました。

これは、もちろん定期試験までの道のりを逆算して、その日に何をやるべきかを算出していました。

大学受験や資格受験なども同じですよね。

受験当日までに1冊終わらせるつもりであれば、1日何ページ勉強すればいいのかを計算できますよね。

そうすると、今やるべきことが明確になるので、やらなきゃやばいかも!と思えるようになるのです。

引用元-勉強のやる気が出ない君に学年180位が7位になった方法を教える

中学生の為の勉強にやる気を出す方法③まずは始める

じつは勉強のやる気は、最初に出すものではありません。

やる気を出してから勉強するのではなく、学習しているうちに、だんだん気分が乗ってきて、その結果モチベーションが高まってくるというのが正解です。これを作業興奮といいます。

数学でも社会科でも理科でもいいですが、教科書を「おもむろに」開いてみましょう。
この時点では、まだ勉強へのやる気はでていません。でもいいのです。教科書に触ることが、勉強を始める第一歩なのですから。

心理学用語に、ザイオン効果という言葉があります。
これは、多く接するものに親近感を覚えるという効果です。嫌いな教科、苦手な科目だからといって、それに触れないでいると、ますます苦手になり、成績が下がっていきます。

そこでザイオン効果を活用して、「苦手な教科だからこそ」ひんぱんに教科書を手に取るのです。べつに文章を一から読む必要はありません。適当に開いた箇所の、適当に目に入ったところを「見る」だけでOKです。

イラストをなんとなく眺めてみたり、ぺらぺらめくるだけでもいいのです。そのように右脳主体でリラックスして接しているうちに、接触回数が増え、親近感も出てきて、勉強のやる気が出てきます。そうなったら、本格的に最初から進めていけばよいのです。

やる気がない日でも、とりあえず教科書や受験参考書を手に取り、ペラペラ眺めるところから始めてみましょう。作業興奮が起こってくるには、ある程度の時間がかかるので、数分はそのようにぺらぺらめくることが大事です。

引用元-勉強のやる気を出す秘訣とは?~モチベーションを上げるコツ

中学生の為の勉強にやる気を出す方法④目標を立てる

アファメーションとは?

アファメーションという言葉を知っていますか?

アファメーションとは、肯定的宣言という意味です。

勉強に限らず、あなたが何かを成し遂げたいときに、それを宣言する方法です。

まず、白い紙を何枚か用意します。

そこにあなたの名前を書きます。

そして「テストで○○点を取る」と大きく書いてください。

  期末テストで合計380点取る

              鈴木一郎

コツは、「テストで○○点を取りたい」 「目標○○点を取る」と書くのではなく、

「テストで○○点を取る」と言い切ることです。

同じものを何枚か書いたら、目に付くところに貼ります。

自分の部屋の机の前はもちろん、朝起きて目に入る天井、トイレやリビングなどに貼っていきます。

貼った紙は家族も見るので、自分にプレッシャーをかけることになります。

しかし、人に宣言することによってこそ、効果があります。

引用元-勉強のやる気の出し方

「中学生の為の勉強にやる気を出す方法」実践後、やる気を持続させるには…

1. まずは取り掛かる

勉強をする際の最大の関門は、「勉強を続ける」こと以上に「勉強を始める」ことにあります。面倒に感じていたり、やりたくないと思っていることほど、腰が重くなりがちです。

そのため、たとえば自宅で勉強をするのであれば、何をするよりもまず先に机に座り、勉強道具を広げ、どんなに簡単なことからでもいいので、まずは勉強を始めることを心掛けましょう。

2. わかるところから始める

勉強のやる気を損なわせる大きな要素のひとつが「わからない」ことです。
もちろん「わからない」から勉強する必要があるのですが、「わからない」ことに取り組み続けるのはなかなかしんどいもの。そうやって苦しんでいるうちにやる気を失ってきて、「わからないからもういいや」となってしまいがち。

最初のうちは、「わからなければ飛ばす」くらいの心構えで、わかるところからどんどん勉強に取り組むようにするとやる気が長持ちします。

3. 時間を目標にしない

目標をもって勉強に取り組むことはとても大切なことです。ですが、その目標を時間にするのは、できる限り避けましょう。
たとえば「2時間勉強する!」と決めたとして、ものすごく集中していても、ダラダラと勉強していても、どちらも2時間は2時間。待っていても時間は過ぎるため、十分な成果が得られにくくなります。

引用元-【環境もやり方も】勉強のやる気を出す10の方法|ベネッセ教育情報サイト

twitterの反応


https://twitter.com/chem_master_as/status/511545825541885952


https://twitter.com/imustum_I28/status/774659490830356484