姑との同居で問題となる生活費!こんな分担と切り出し方は?

姑との同居には良い面もたくさんありますが、様々な問題が立ちはだかります。

その中でも特に問題になるのが、生活費の分担についてです。

親子間であってもお金の問題は深刻になりやすく、亀裂の原因にもなります。

問題が大きくなる前に早めの対処を心がけましょう!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

下痢を見たら食べ物がそのままでてきた!?原因と改善方法は?

下痢を見たら食べ物がそのままでてきた経験ありますか?突然の下痢には非常に悩まされます。下痢になる原因...

貯金を増やそう!貯蓄の種類は色々~自分に合った貯蓄とは?

なかなか貯金が増えない…毎日の生活に追われ、貯金まで手が回らないのは自分に合った貯蓄の方法がわかって...

金の購入はおすすめの投資!手堅い金投資のポイントとは??

ゼロ金利政策で、預金を銀行に預けても全く意味をなさない現在。賢く手堅く投資をするなら金の購入がおすす...

携帯のgps機能は電源off?メリットとデメリットを知ろう

携帯電話のgps機能をみなさんはご存知でしょうか? そんなの誰でも知っている!と思っているあなた!...

髪の毛サラサラはドライヤーで作れる!美髪のポイント・注意点

ドライヤーは髪の毛を傷めると言われていましたが、実はツヤツヤサラサラの髪の毛の為にはドライヤーが重要...

下痢が1週間続いている・・病気の可能性も考えられる??

もしあなたが1週間も下痢が続いているとしたら、まず病気を疑うべきです便秘で辛い人の話はよく聞きますが...

突然に起こる痙攣…。その原因はストレスかもしれませんよ?!

突然、まぶたや顔の一部がピクピク動いたことはありませんか?足がつったりすることも含め、すべて「痙攣」...

腹痛・下痢・血便症状で考えられる病気とは…体の危険信号!!

腹痛・下痢・血便症状が出た時、どのような病気が考えられるでしょうか? この症状が出た時は体からの赤...

車のローンを組みたい!年収200万円の私でも車は買える?

車のローンを組む審査の基準に年収の問題があります。年収200万がボーダーラインとなり、場合によっては...

ストレスの原因は自分自身!?自分と向き合う改善へ糸口とは?

仕事や日常生活にストレスはつきものです。しかしそのストレスを上手に発散する人とそうでない人がいます。...

自転車通勤は距離と所要時間を考えて!チャリ通のポイント

最近、自転車通勤をする方が急増しています。運動不足解消・通勤費の節約などその理由は様々です。 通勤...

車のローンを一括返済!はいい面もあれば思わぬことにも・・

車のローンは元金自体が少額なため、できれば一括返済したいと考えている方も多いことでしょう。 しかし...

出張でのホテル選びや食事は??仕事での出張は情報が命!!

ビジネスマンは仕事での出張はつきものですよね!出張慣れしている人は 当たり前のことでも新人さんは出...

カビ掃除は大変!部屋のいたるところに生育するカビの対処法

気づかないうちに部屋のいたるところに生育するカビ…カビを生やさないためには、こまめな掃除と換気が重要...

ワックス・スプレーで完璧スタイル!付け方のポイント・注意点

思い通りのヘアスタイルを作るにはワックスやスプレーが必要不可欠です。 髪型をキープする為にはへアセ...

スポンサーリンク

この記事の目次です

姑との同居は生活費の問題で揉めるケースも…

私は姑とは一緒の家に住んでいないので、お金に関するトラブルが起きたことはありません。
でも、お姑さんと同居している方は、生活費の問題で悩むケースがあるようです。
同じ家に住んでいれば、お互いにどのような割り振りで生活費を払っていくかという問題は、避けては通れません。
後々取り返しのつかない嫁姑問題に発展しないよう、同居を始める時点でしっかりと割り振りを決めておくことが大切です。

生活費の割り振りについては、それぞれの家庭で違ってきます。
若い世代が多めに出しているご家庭もあれば、きっちり折半にしているご家庭もあります。
割合については、それぞれのご家庭で話し合い、納得のいく形にするのが良いでしょう。

引用元-嫁姑の同居にまつわるお金の話

家族とはいえ、お金の問題は重要な問題です。金銭に関するトラブルは、嫁姑の関係だけでなく小姑を巻き込んだもめごとになってしまう傾向があるので、特に注意が必要ですね。お金のことは一番いいにくい事ですが、逃げていたら問題は解決しません。きちんとした線引きを、家族そろって一度話し合っておくことをオススメします。

引用元-嫁姑問題で同居を後悔した10の理由と別居への周到な準備 – マーミー

姑との同居…生活費の問題は結構深刻…

もっとも深刻な悩みになりやすいのが、このタイプでしょう。自分の親や配偶者の両親と暮らす場合、単純に頭数で金額を割れば済むとは限りません。たとえば、夫婦は現役世代であっても、親はすでに定年を迎え、収入が途絶えているような例があります。

あきらかに子供夫婦の方が収入があるのに、年金で暮らしている両親に同じ金額の負担をしてもらうのが妥当かどうか悩んだり、そもそも養われるのを親が当然と考えていて、支払いを拒んだりすると聞くことがあります。

たしかに、親子には扶養の義務があるため、一方が困窮しているのであれば、助ける必要があります。しかしながら、仕事を引退したら自分の力で暮らしていけないとは限らず、すぐにそうなってしまう家庭は少数派でしょう。

十分な金額の貯蓄や株式などの金融資産を親が持っており、年金ももらっているのであれば、生活費をある程度出してもらうのは当然です。同居しているからといって、すべての面倒を見なくてはならないわけではありません。

そもそも、今の時代なら年金の受給額も多いものの、子供夫婦が高齢になった頃はより厳しい経済情勢になっていると予想され、今の暮らしをしのぐだけで精一杯では、自分達の老後を犠牲にすることになりかねません。

年配の人の中には、自分が親にしたのと同じことを子供達がするのが当然と考えている場合もあります。しかし、時代は常に変わっており、家族の形や社会の経済情勢が異なります。著しい経済成長を遂げていた時代の残骸のような価値観に付き合っていれば、将来的に夫婦が自分達の生活費に困る事態になりかねません。

引用元-同居の生活費の分担の仕方

同居する姑に生活費の話を切り出すなら…

同居する前にいろいろな決め事、約束事を確認し合うことは必要だと思います。お金のことは聞きづらいというのももっともですが、聞きづらいことからと言ってうやむやにしていても、同居生活でかかる費用がなくなるわけではない以上、事前にはっきりしておかないと、いざ同居を始めてからでは、余計に大変ではないかと思います。
 お義母さんと話し合われる前に、まずはご主人と意見の交換・統一をされるのが先決ではないかと思います。生活スタイル、役割分担、生活費のことなど、現実的で具体的な金額を含め、ご主人ととことん話し合い、生活の目処がある程度のビジョンにならないと、安易に同居などできないと考えるのが、一家の家計を預かる主婦として当然の感覚だと思います。
 男の人って、「親の面倒をみる」ということがどういうことなのか、意外ときちんと考えていないように思います。「面倒みるから」と気軽に言うくせに、親の収入(年金の額等)や支出(例えば医療費等)はまったく知らなかったりします。でも、面倒をみる=生活を成り立たせる、ということですからね。男性は苦手な方も多いようなので、具体的な数字も含め、いろいろ教えてあげる必要があるのではないかと思います。
 そうして、ご夫婦間で同居のビジョンをある程度共有できたら、今度はお義母さんも含めて三人で話し合われてはどうでしょう。お金のことに関しても、あまり腫れ物に触るような聞き方よりも、「同居する以上は必要なことなので」と断った上で、淡々と必要な情報は教えてもらい、できること、できないことも示しながら、具体的にしていかれる方が良いかと思います。

引用元-保存版:ワーキングマザーのなんでも相談室

姑との同居による生活費の負担方法は…

1.親の持家で一緒に住む場合(住宅ローンなし)

家計の中でも3割から4割を占める住居費がかからないというのはメリットが大きいです。住宅ローンが終了している両親なら年金暮らしという場合も多いのでは。親を扶養に入れることで節税メリットも享受できるのなら、生活費は子世帯が負担し、親の趣味などは自分で負担してもらうというのが良いかもしれません。たとえば晩酌好きな両親なら、その分は自分で買ってもらうようにすると不満を感じることもなさそうです。

2.子の持家で一緒に住む場合(住宅ローンあり)

子世帯に住宅ローンがある場合、家計に余裕がないという場合がほとんどです。両親の生活費は両親に負担してもらいましょう。一般的には月額3~4万円が妥当でしょう。しかし両親が一日中家にいて、エアコンや暖房による光熱費が上がってしまう季節には、5千円~1万円程度の上乗せをしてもらうといいかもしれません。

3.賃貸住宅で一緒に住む場合

お互いの懐事情によりますが、所得に応じて分割する方法はいかがでしょうか。ひとつには一旦は子世帯の方で負担をしておき、月末にその月にかかった生活費全体を確認しながら所得割で精算するという方法があります。ほかにも、お互いの所得に応じて毎月一定額を出し合い共同財布を作る方法もあります。生活にかかる費用はすべてその共同財布から出すようにすれば、角が立たないでしょう。

引用元-親と同居を考えた場合、生活費をどう分けるか?|オール相続・終活

姑との同居は生活費以外にも様々な問題が…

遠慮のなさに我慢ができません!

家族に限ったことではないのですが、人間同士のお付き合いには、適度な距離感が必要です。ひとつ屋根の下に一緒に住んでいるからといって、最低限のプライバシーは尊重してもらいたいものですが、「夫婦の部屋にノック無しで入ってくる」「許可もなく物を持って行ってしまう」など、親子の線引きができないお姑さん、実は意外と多いようです。

引用元-嫁姑問題で同居を後悔した10の理由と別居への周到な準備 – マーミー

育児への口出しがゆるせない!

お姑さんにとって孫はやっぱりカワイイ!生まれた孫の取り合いで、嫁と姑の間でトラブルが起きることもよくあります。育児経験のあるお姑さんの気持ちも分からなくはないですが、今と昔では時代も環境も違います!まして、母親である嫁をないがしろにし、一生懸命頑張っていることを労いもせず、現代では間違いとされる昔の育児法を押し付けられ「あら~それじゃ○○ちゃん(赤ちゃん)可哀想」などと言われたら、さすがに腹も立ちますよね。

引用元-嫁姑問題で同居を後悔した10の理由と別居への周到な準備 – マーミー

夫のどっちつかずの態度にあきれました!

妻と母に挟まれて困る夫
嫁姑問題に関して、夫の態度も嫁に同居を後悔させる一因となります。夫にとって姑は愛する母親、嫁は愛する奥さん。一緒に同居をしていて嫁と姑の間の冷たい雰囲気を感じ取ると、どっちつかずの対応をしてしまう男性は多く、その態度にイライラした嫁が離婚を切り出すなんてケースも増えています。

引用元-嫁姑問題で同居を後悔した10の理由と別居への周到な準備 – マーミー

twitterの反応


https://twitter.com/syuukomichi/status/777128893979308032


https://twitter.com/syuukomichi/status/715709922067947523