会社の規模を縮小する意味は色々!拡大より難しい規模縮小

会社の規模を縮小すると聞くと、「衰退」をイメージする方も多いことでしょう。

しかし経営を効率的に健全化する為には、会社の規模を今一度見直すことも大切です。

会社を拡大・成長させるための縮小について詳しく調べてみました。

ぜひ参考にしながら、会社の未来について考えてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

新人への仕事の教え方とは?今の新人に見て覚えろはもう古い?

新人に仕事を教えるのって難しいものですよね・・ 自分でやったら早いけどいざ新人に教えるとなるとどう...

公務員になりたい!!どんな勉強をするの?スケジュールは?

安定しない時代で、人気の職業なのが公務員。公務員になるためには一体どんな勉強をするのでしょうか?公務...

資産の運用の方法って一体何がいいの?知っておきたい豆知識

自分の大切な資産を運用してみたい!! しかし投資ってリスクがかなり高そうだし・・損はしたくないなぁ...

領収書とレシートを一緒に渡す時は割印を押す!これって??

会社の経費として計上する場合は領収書を貰うのが一般的です。 しかし領収書の中には明細が記載されてい...

…仕事のミスで辞める前に心の整理!辞めたい理由は他にある?

仕事でミスをすると会社を辞めてしまいたくなることがあります。 しかし会社を辞めるからといって、...

仕事での電話が怖い人必見!仕事の電話を克服する方法とは??

電話の応対で怖い思いをしたことがありますか?それが仕事上ならトラウマになっちゃいますよねでも、電話に...

運転が下手な人は仕事ができない?仕事と運転能力の関係

運転が下手な人は仕事ができない…こんなことを聞いたことはありませんか? 運転技術には感覚や判断能力...

仕事での人間関係の悩み・・女性必見!円滑にする方法とは?

仕事での悩みで男性も女性も一番多いのが人間関係の悩み・・ 人間関係というのは一人一人個性も性格も違...

仕事がわからない不安な新人!先輩、上司はまた違う不安がある

仕事の不安というのは形は違えど抱えているものです。 新人の方は仕事がわからないという不安。 先輩...

起業に失敗・・再就職はどうしてる?失敗した人のその後は?

みなさん起業するときは夢と希望にあふれていると思いますが、現実は 100社起業したとして5年後に残...

日本の資源が少ない理由~日本が世界に誇れる資源とは何か…

日本の資源が少ない理由をご存知ですか?先進国の中でも資源が少ないと言われ続けた日本は、他国によって支...

職場の先輩や上司が怖い人は・・あなたの考え方次第かも!!

一昔前は職場の先輩や上司が怖いと思いつつもお互いにコミュニケーションを 取っていたのが当たり前でし...

ネットの利用は会社に監視されているかも・・あなたの会社は?

あなたは会社のパソコンを使って、私用でネット利用をしていませんか? 実はその行為、会社が監視してい...

会社の年賀状問題!喪中の場合は一体どうするべきなの??

年末に近づき、会社でも年賀状の用意に忙しい頃でしょう。 そんな時に送付された喪中はがき・・・こんな...

リクルートスーツに男性がかける相場は?就活のスーツ事情!

就活中の必須アイテム、リクルートスーツ。何かと出費のかさむ就活で、男性がかけるスーツ代の相場はどのく...

スポンサーリンク

会社を規模を縮小するメリットって?

累積赤字の補てん

累積赤字の補てんとは、貸借対照表の資本金と繰越欠損金を相殺することです。累積赤字を補てんする理由は主に2つあり、将来の配当原資を確保しやすくすることと、単に自社の貸借対照表の見た目を整えることです。前者について、例えば、新規上場企業が上場前に創業以来累積された繰越欠損金と資本金を相殺することにより、上場後の配当原資を確保しやすくすることがあります。後者について、会社の貸借対照表は上場・非上場に関係なく、銀行や取引先へ開示されることがありますが、そのときに繰越欠損金が多額にあると会社の安定性に疑義を持たれてしまう可能性があるので、貸借対照表の見た目を整えるために繰越欠損金と資本金を相殺する場合があります。

節税

税法では、資本金の金額いかんによって課税区分が異なり、課される税金の金額が変わることがあります。特に、資本金1億円超から資本金1億円以下になると税法が定める大企業から中小企業になり、数百万円から数億円もの税務メリットが得られることがあります。

引用元-減資のメリットとデメリット

生き残るのは上手に規模を縮小できる会社!?

会社の規模や知名度で中身も知らない状態であrの会社は大きいから大丈夫だとか、有名だから安心だって事を言われていた時代もありましたが、なにせ時代の変化や経済情勢の変化が激しい時代になって来ましたので、つくづく変化に対応できないと企業も生き残っていけないんだなって思いますね。

書きついでにもう少し書きますと、時代の変化が激しい時代になりますと、大きな企業になればなるほど、時代の変化に対応するのが難しくなってくるのでありまして、多分その辺りに気が付いている人も多いと思いますが、別の視点から考えますとグローバルな経済の中では、今度は規模を追求しないとコスト面などで勝ち残っていけないので有りまして、中々難しいですよね。

ですから規模を追求していかないと勝ち残れないような業種や業界についてはMアンドAや吸収合併で淘汰が進んで行くと思いますし、逆に規模を追求してもメリットがないような業種や業界になりますと、今度は分社化とか部門を切り離してしまって子会社にしていますとか、小分けして?企業の規模を小さくして小回りが利くようにしていくのでは無いでしょうかね?

引用元-経営規模の縮小【脱サラ・起業・独立コラム】

会社の規模を縮小することで拡大のタイミングを計る!

費用を削って、売上を下げて、利益を残す?

企業再生をする時にチェックするのは、
事業を縮小したら利益は出るのか?という事です。

どのようなビジネスでも、
事業拡大による経費増加があれば赤字になる可能性があります。
意図的に赤字の状態を作り出すこともあるでしょう。

赤字の場合はどのタイミングで黒字化を狙っているのか、
どのタイミングまで、いくらまで赤字を我慢できるか、
計画を作っておく事が大切で、
明確に事業を縮小するタイミングを作っておく事と、
問題がない状態で事業拡大への挑戦ができます。

しかし、経営者としては大勝負の時は、
リスクばかりに意識をとられていては、
事業の飛躍的な発展はない。と感じると思います。

確かに、その通りだと思いますし、
多いに壮大な目標に向かって邁進していただきたいと思っています。

その事を理解しつつ、
もし、黒字化しない時は、、、
やはり、何かしらの手を施して、
会社にお金を残して行く必要はあると思っています。


引用元-【小さい会社の企業再生】事業縮小したら利益は出るのか? | | 高井智久のカタテマNET

会社規模の縮小はタイミングを間違ってはいけない!

時期の判断を誤ると再建の余力が残らない

景気が再び上昇傾向を見せ始めた今、わざわざ事業縮小の話をする必要はない。そんなふうに考える社長さんは少なくないでしょう。しかし、事業は生き物です。どんなに経営能力があっても、また大企業でも、会社を取り巻く社会や経済環境の激変で、事業縮小に追い込まれることもあるのです。

最近も、大手予備校の代々木ゼミナールが全国17都道府県にある29校のうち7割に当たる20校を閉鎖するという方針が報道されました。昨年度42万人が参加した全国模試も取りやめるそうです。この事業縮小に伴い、40歳以上を対象に400人規模のリストラを行うとも言われています。その最大の要因は少子化でしょう。この事業縮小により従業員や受験生の混乱は避けられませんが、少なくとも代々木ゼミナールという老舗の予備校は生き残るのです。

ただ、事業縮小は事業拡大より難しいと言います。好景気に乗じて事業を拡大したものの、事業を維持できずに消えてしまった会社は少なくありません。社長さんの仕事は業績を伸ばすことですが、それと同時に、常に最悪の事態を想定して備えを怠らず、また事業縮小や撤退の時期の見極めを誤らないことも、その責務ではないでしょうか。

引用元-事業は伸ばすより縮小が難しい | 小さな組織の未来学

会社の規模を縮小し経営を効率化するポイント

グローバル化や情報通信技術の発達、普及にともなって、競争は世界的な規模になってきています。このような流れの中にあって、企業にはその企業独自の強み(コア・コンピタンス)が何なのかが問われるようになってきています。従来は、事業規模が大きいほどよいとされてきたことや、事業の範囲(素材製造、製品製造、流通など)が大きいほどよいとされてきたことが、このグローバル化の中では通用しなくなってきているのが現状です。
事業を縮小し、効率的経営を進めるためには、このコア・コンピタンスの認識をしっかりともつことが、まず必要です。これは、一朝一夕には得られないもので、永続的に取り組む必要があります。

引用元-Q0057.事業を縮小して、効率的経営を進めるポイントを教えてください。|ビジネスQ&A|J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト]

世間で「ビジョンがない」という言葉をよく聞きますが、ビジョンがないままリストラを行っても、うまくいきません。進める経営革新が、従業員の目に、単なる人減らしに写ってしまえば、モラルにも悪影響を与えてしまいます。こうした経営革新は、トップ自らが主導して行うことが肝心です。また、中小企業診断士などの外部専門家の知見を借りて、ビジョンの再構築を図ることも有効な手段となるでしょう。

引用元-Q0057.事業を縮小して、効率的経営を進めるポイントを教えてください。|ビジネスQ&A|J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト]

twitterの反応

https://twitter.com/mocomomo345/status/821868156310278145


https://twitter.com/tgoemsou/status/821515818722725888
https://twitter.com/kujira_binder/status/821264301524545537