ワダイビジネスサテライトでは今話題のニュース・商品・ビジネス・恋愛・健康・豆知識ネタetc皆様に役立つあれこれを配信していきます

ワダイビジネスサテライト

日本が好きな外人に和む人多数!愛すべき外人のエピソード

      2017/02/21

日本が好きな外人に和む人多数!愛すべき外人のエピソード

最近日本好きな外人のエピソードに和むという趣旨のサイトが注目されているのをご存知ですか?

自分の国とのギャップや日本独特の文化の中で、日本を愛する外人たちのほのぼのとした日常のエピソードが話題になっています。

今回はそんな愛すべき日本好きな外人たちのエピソードを集めてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

嫁が料理嫌い…気になる原因と克服させるためにできる対処法

結婚した男性にとって、嫁の手料理はかなり重要なポイントになり...

旦那は家事の手伝いどこまでしてる?円満夫婦が実践する分担法

皆さんの家庭では旦那は家事をどこまで手伝っていますか? 妻...

感受性の強い人は恋愛に向き?不向き?繊細なあなたはHSPかも

感受性が強い人は、人の気持ちを敏感に感じ取り、相手を思いやる...

朝の満員電車でめまいが…最近体調がおかしいと感じる人へ

朝の通勤ラッシュ時、満員電車に乗るとめまいが…なんて経験はあ...

女友達との旅行で起こりうる喧嘩を回避する方法と対処法!

女友達との旅行はワイワイ盛り上がり、楽しい時間です。 しか...

感受性が強い赤ちゃんの特徴とバランスを整えるママとの関わり方

赤ちゃんは感受性が高いと言われていますが、中にはその感受性の...

保育園に入れない場合は幼稚園?働くママの苦悩と保活事情とは

保育園の待機児童が問題視される中、なかなか改善されない現状に...

嫁の料理の品数に不満を感じる夫~あなたの家庭は大丈夫?

あなたの食卓にはいつもどのくらいの品数の料理が並びますか? ...

日本が好きな外人に和む人多数!愛すべき外人のエピソード

最近日本好きな外人のエピソードに和むという趣旨のサイトが注目...

車検時に交換が必要になる部品の知識と自分で見極める方法

車検の見積もりを取ると、交換が必要になる部品の項目がいくつか...

旦那の家事手伝いが中途半端!イライラする妻とイクメン風夫

最近はイクメンという言葉がもてはやされ、家事を手伝う旦那が増...

会社都合の解雇はデメリットが…あなたと会社のデメリット…

会社から解雇を言い渡される理由はいくつかあります。 中...

中学生が部活に拘束される時間は意外と長い?勉強の両立は?

中学生になると部活が始まります。 部活に打ち込む学生も増え...

会社の規模を縮小する意味は色々!拡大より難しい規模縮小

会社の規模を縮小すると聞くと、「衰退」をイメージする方も多い...

子供が一歳・・夫と離婚したい・・出産後に陥る夫婦危機とは?

子供が生まれ一歳頃になると、夫と離婚したいと考える女性が急増...

友人への出産祝いに現金のみでいい?マナーとタイミングは?

友人の出産祝いに何を贈るか迷っている方は多いようです。 し...

アパートの騒音は何時までなら許せる?世間の声から判断を!

アパートに住んでいると、ご近所付き合いで気を付けたいのが騒音...

友人への出産祝い!第2子の場合に喜ばれるプレゼントとは…

友人に出産祝いを贈る時にはどんなものが良いか悩むところ。 ...

姑との同居で問題となる生活費!こんな分担と切り出し方は?

姑との同居には良い面もたくさんありますが、様々な問題が立ちは...

子供の大学の資金っていくら必要?事前に計画を立てないと…

子供を大学まで進学させるとなると、かなりの教育資金が必要にな...

スポンサーリンク

聞いてるだけで和む日本が好きな愛すべき外人たち~野球場にて

昔うちにホームステイしていたメキシコ人。
小学生の自分は18歳の彼の相手としては幼すぎたのか、
いつも一人で近所を散策したり、本を読んで過ごしていた。

だが、神宮で野球観戦した時の事。
本国でも野球好きだったらしく、興奮した様子で観戦する。
そのうち俺はトイレに行きたくなり、彼に身振り手振りで伝え、
そんとき飲んでいたコーラを彼に見てもらうよう頼んでいた。

トイレで大観戦が聞こえ、何事かと思って戻ると
清原が惜しいファールを放っていたらしい。

それだけならよかったが、席に戻るとメキシコ人大興奮。
なんとその清原のファールボールがトイレで抜けていた
俺の席に直撃したらしい。

当時はファールボールは回収制だったが、会場のお姉さんが
ボールを持ってはしゃいでいる彼を見て特別にくれるとの事。
惜しい事したなーと思っていたら、彼が俺の手をがしっとつかんで
「くぁwせdrftgyふじこl」とメキシコ語で叫んでいたが、とりあえず喜んでくれていた。

今でもたまにメールで連絡が来るが、未だにこのボールを大切にしてくれているという文面を見るたびに和んでいる。

引用元-日本びいきの外人を見るとなんか和む : 2カラット

聞いてるだけで和む日本が好きな愛すべき外人たち~大仏好き

大仏さんを撮りまくってたお兄さんがいて、あんまり熱心だったものだから目が合った時に「大仏気に入った?」と聞いてみたら喋る喋る。
「素晴らしい!同じ巨大な仏像でもタイのとはポーズも表情も印象も違って文化的な違いが興味深い」
「日本は人が多いのに静か。近代的なのに古き良きものが残っている。ゆったりしていながら全てが精確。電車が便利で便利で便利。日本はアジア的でありながら何か特別なんだ」

とかなんとか延々と。
お兄さんが興奮し過ぎてどんどん早口になるんで話している内容の全部は聞き取れなかったよ。
「どうしよう、あと一週間しかない。日本を楽しむのには短すぎる。カナダに帰りたくない」
と急にションボリ。
「この国を気に入って貰えたみたいで嬉しいです」
「気に入ったどころじゃない!アジアは色々行ったしどの国も魅力的だったけど、この国は何度でも来る価値が有り過ぎる。それに何処に行っても清潔だ」

リップサービスもあるのだろうけど日本を褒められ過ぎて嬉しいの通り越して気恥ずかしくなるほどだった。
文字だらけの写真が少ない分厚いガイドブックにいっぱいマークしてるの見せてくれた。本気でまた日本に来るつもりみたい。

引用元-日本びいきの外人を見るとなんか和むpart001-2 – かわう速報

聞いてるだけで和む日本が好きな愛すべき外人たち~ジャパニーズシック

大学で仲良くなったカナダ人。
夏休みはカナダに帰国していて、その時のメールのやり取り。

夏休み一週間目。
カナダ「やっぱり自分の国が一番だ!自分家楽しい!」
私「そうかあ、満喫しておいで」

十日目
カナダ「最近ちょっとだけ日本が恋しいな。友達に会いたい。みんな元気?」
私「みんな元気だよ。カナダのお土産話楽しみにしてるよ」

二週間目
カナダ「豆腐が食べたい。刺身が食べたい。いつか君のお母さんが作ってくれた肉じゃがが食べたい……」
私「うちのお母さんに言っとくよ。夏休み明けたらまたうちにおいで」

三週間目
カナダ「もう我慢出来ないから日本に帰る!肉じゃがよろしく!」
私「夏休み一杯カナダじゃなかったの!?つか日本に帰るって、アンタの祖国カナダだろ!(笑)」

彼はこのメールの後、本当にすぐ戻ってきた。
豆腐と刺身と肉じゃがを用意してうちに招いたら、ガツガツ食いながら
「僕は生まれはカナダだけど、僕の心は日本にある!誰かに祖国を聞かれたら日本とカナダだって言うね。祖国が一つじゃなきゃいけないなんて誰も決めてないし!ただいま日本!」
と熱弁していた。

引用元-遅報まとめ : 日本びいきの外人を見るとなんか和む

聞いてるだけで和む日本が好きな愛すべき外人たち~言い間違い

スウェーデンから来た女の子(当時二十歳かそこら)が
「日本のマンガはタイヘンツヨイ」と度々言ってた。
「強い? 面白いじゃないの?」と尋ねても
「面白いのは当然。そしてタイヘンツヨイ」
まぁ、なんとなく意味は通じている気もしたので深くは考えてなかった。

ただの住宅街で「オーッ! アレは何!?」と彼女。
叫ぶようなものがあったかなー? 
と彼女の指差す先を見ると、そこには町内の掲示板。
まばらな提示物の中でマンガ好きな彼女の目を引いたのは、
地元の高校の文化祭を告知するポスターだった。
制服姿の生徒達が踊るようなポーズで描かれているイラストを見て
彼女は言った。
「ねぇ……私に『嘘でしょ』って言わせないでよ……?」
話は逸れるが、
この時むっちゃ洋画のセリフみたいだなと思ったのを覚えている。

「高校のイベントなのに、ポスターの依頼をプロにするの!?」
……いやいやいや。そんな依頼はしない。
確かに上手なイラストだけど、
署名もないし画材もプロ仕様じゃないし、と説明。
嘘でしょ日本のマンガ家にはこんな仕事もあるの? 
という誤解は無くなったものの、
嘘でしょこれ学生が描いたイラストなの? 
と大変な衝撃の受けような彼女。
「オーゥ……。私の国ならプロよ。プロの表紙よ。
 それを高校生が……。やっぱりタイヘンがツヨイ……」
俺だけなら気付かなかったろうが、
一緒にいた従姉が「タイヘンがツヨイ……? それってもしかして……」

彼女の言うタイヘンツヨイは「大変強い」ではなく
「底辺強い」→「三角形の下の方凄い」→「裾野が広い」の事でした。

引用元-日本びいきの外人を見るとなんか和むスレのまとめ

聞いてるだけで和む日本が好きな愛すべき外人たち~忍者が好きすぎて…

うちのアパートの外国人住人は、なぜかみんな忍者が大好き。
「ニーンージャ!ニーンージャ!」
とうるさいので、忍者装束を買える店を紹介してやった。

「スタンダードに黒が欲しい」
「ピンクは目に痛いね」
「この水色も発光してるよ」
「黄色は忍んでなさすぎる!」
「ねえ、マイク(黒装束)とジェフ(紺装束)だとジェフのほうが忍んでるよ!?」
「紺色のほうが忍ぶんだね!」
「どうせなら忍者戦隊作ろうぜ!俺レッド!」
「じゃあ僕シルバー!」
「ないよ、シルバーの忍者服」
など、大所帯でとんでもない騒ぎになった。
事前に店に連絡しててよかった。ほんとに。

というわけで、今アパートの廊下を忍者が大量にうろついている。
どこかの部屋に集まって、かっこいい忍者ポーズの練習をしたりもする。
特撮の悪役好きが何人かいるのもあってか、

「おやつは羊羹じゃないと認めない」悪の忍者軍団
                    vs
「ういろうだっておいしいじゃないか」正義の忍者軍団

という特撮ごっこで遊んでいる。

引用元-日本びいきの外国人を見るとなんか和む | 不思議.net

twitterの反応


https://twitter.com/shogo_6_329/status/792293379769970688
https://twitter.com/asdinto/status/778917230037700608


https://twitter.com/a_5sai/status/765144681655119872

 - 豆知識

ページ
上部へ