ワダイビジネスサテライト

ワダイビジネスサテライトでは今話題のニュース・商品・ビジネス・恋愛・健康・豆知識ネタetc皆様に役立つあれこれを配信していきます

*

実は日本には外国人観光客が少ないという現実!!その理由は?

      2015/09/07

 - 豆知識

東京オリンピックが2020年に開催が決まり、日本には外国人観光客が

年々増えているというニュースをよく見かけます。

確かに生活の中で外国人をみる機会は増えているように感じます。

しかし実際に外国人観光客は多いの??少ないの??

調べてみました。

スポンサーリンク

  関連記事

クリスマスを彩る!ホームイルミネーションのライトアップ!

クリスマスが近づく頃には、イルミネーションをライトアップしているお家も多くなってきました。

そこで今年は、ホームイルミネーションに挑戦してみませんか?

ホームイルミネーションを始めるために必要なことなどをまとめてみました!ぜひ参考にしてお家のライトアップを楽しみましょう!

世界が感動した日本での逸話!世界に誇れる日本のいいところ!

島国である日本は、他国と交わることなく独自の文化をつくり上げてきました。

そんな日本の文化や精神が、今、世界に感動を与えているようです。

世界の心を震わせた、私たちが当り前に思っている仕草や心配りについてまとめてみました。

感染症の予防3原則!しっかり守って菌に負けない健康な体作り

寒い季節には学校や会社などで感染症が流行します。しかしその感染症の流行を予防するために必要な3原則があるようです。

感染症が流行する流れを断ち切り、健康を維持できるように社会全体で取り組む心がけが重要です!

美容院でカラーにかかる時間はどのくらい?色持ちのコツとは…

美容院でカラーをオーダーすれば、かなりの時間を美容室で過ごすことになります。

そこで美容室でカラーをするとどうして時間がかかるのかを調べてみました。

理由がわかれば、あの長い時間を美しくなるためと前向きに捉えることができるかもしれませんよ。

旦那が喧嘩した時に暴言を吐く・・暴言男の心理と対処法は?

夫婦喧嘩の最中に旦那さんから暴言を吐かれたことはありますか?

男性の中には心無い一言を投げかけてくるタイプがいます。

喧嘩の勢いで出た暴言であっても、女性は忘れられず、一生引きずって許さない…なんてことも。

喧嘩中とはいえ、どんな気持ちで暴言を吐くのか、その対処法などをまとめてみました。

お正月料理をお取り寄せ!知って得するポイント・注意点!

最近ではお正月料理をお取り寄せする家庭が増えているようです。

手間を省いたり、少し贅沢な正月を過ごしたりと、その利用は様々です。

そこでお正月料理のお取り寄せをする時に知っておくとお得な情報をまとめてみました。

日本語の勉強に最適な日本の歌は?海外で話題のJ-MUSIC

日本語は世界の中でも習得するのが難しい言語と言われています。

そこで難しい日本語の勉強にオススメなのが、「日本の歌」です。

耳から日本語を覚えることができ、様々な単語や文法を数多くに覚えることも可能です。

そこでそんな日本語の勉強にオススメしたい日本の歌をリサーチしてみました。

ぜひ参考にして、勉強法の1つとして取り入れてみてはいかがでしょうか?

お年玉の相場は甥・姪だとどのくらいなの?年齢別徹底調査!

お年玉の相場は甥・姪だと、どのくらいなのでしょうか?正月の子供の楽しみとはいえ、大人にとってみれば毎年の悩みのタネ・・・

そこで年齢別にお年玉の相場を調べてみました。ぜひ参考にしながら、気持ちと一緒に贈りましょう!

友達への嫉妬をやめたい!心の余裕を取り戻すためのポイント

仲のいい友達の嬉しい報告や成功に嫉妬した事はありませんか?

友達の幸せを素直に喜べないのには、あなた自身の心の問題が関係しているようです。

友達への嫉妬をやめたいのであれば、ぜひ参考にして気持ちの整理をしてみましょう!

コレステロールと食事は関係ない?卵何個もOKという新事実!

これまで私たちは親から卵はコレステロールが高いから一日個までなどと

教えられた方も多いのではないでしょうか?

しかしコレステロールと食事はほぼ関係ないという新事実が発表されました!

これからは今までの認識を皆さん改めましょう!!

実は日本は他の国に比べて観光客が少ないという現実!!

国際社会で「観光大国」と認識されているフランスは年間8400万人の外国人が訪れている。アジアでもタイなんかは2600万人が訪れている。日本はちょっと前まで900万人くらいしか外国人が来ていなかったことを考えると、ケタがひとつ違う。もはや「後進国」と言ってもさしつかえないレベルだ。
 ついでに言えば、日本にやってきている外国人観光客というのはほとんどが中国、韓国、台湾という“周辺国”で占められている。要するに、日本というのはお隣さんたちがちょっとした休みに遊びにくる国であって、我々が旅行会社のヨーロッパ旅行やハワイ旅行のチラシを見て、「有休とれたら行ってみたいなあ」と憧れを抱くような国ではないということだ。
 分かってないなあ、憧れているけれど物価が高かったりして来れてないのよ、と考える方たちもいるだろうが、日本人旅行者がフランスやドイツに年間70万人程度訪れている一方で、ドイツやフランスの旅行者が日本を訪れるのはわずか十数万人程度。この現実がすべてを語っている。

引用元-スピン経済の歩き方:「日本は世界で人気」なのに、外国人観光客数ランキングが「26位」の理由 (1/4) – ITmedia ビジネスオンライン

スポンサーリンク

  人気記事

日本に観光客が少ない理由は日本人の対応能力??

日本という国は外国人に対して不親切な点が多すぎます。

まず観光を目玉にしている土地でも、英語表記がまったくないところがあります。
例えば新幹線の駅でも観光地にある駅なのに英語表記がまったくなく、
漢字・仮名など読めるはずもない外国人が途方にくれている姿を見かけます。
東京などはその辺り徐々に充実してきていますが、それでもまだ不足です。
実際私もそういった駅で途方にくれてる外国人のお手伝いを何度かしました。

何しろ鉄道会社の職員に聞いても、
「アイキャンノットスピークイングリッシュ」の繰り返しです。
宿などを手配する地元の観光センターでも、
英語を聞いた途端手を振ってどこかに行ってしまったり。

前に道に迷ってるらしい初老の外国人女性に話し掛けたら、
「ああ!あなたは英語が喋れるのね!?実はかくかくしかじか・・・で困ってるの」
なんて言われて、こちらが驚いてしまいました。
そんな不安な気持ちになってる外国人の人が、
日本にまた来ようなんて思わないでしょうね。

引用元-日本への観光客が少ない理由とは? – 海外旅行(全般) | 教えて!goo

日本に観光客が少ないのはビザの問題も・・

観光業は平和産業で、政治的地震による影響を一番受けやすい。周辺国と比べると、その影響のあとが顕著に出ている。日本が直面する課題も見えてくる。
 タイは昨年の中国人観光客の受け入れ人数が270万人で、初めて200万人という大台を突破して、マレーシアを抑え、東南アジアで1位の地位を確保した。韓国も2012年10月末の時点で同国を訪れた外国人観光客が初めて1000万人を超え、中国人客が昨年同期比30%増の244万人だと発表している。これらの国は日本より国土が小さく、観光資源も少ないはずであるにもかかわらず、いずれも訪日中国人客の倍近くの実績を作っている。
 なぜそこまでの実績を作れたのかを見ると、ビザという要因が見落とせないと思う。ご存じのように、中国人訪問者に対して、多くの国々が入国ビザの取得を必要条件としている。タイも韓国も例外ではない。しかし、一言で中国人訪問客と言っても、その構成内容が複雑だ。海外に居住している中国人も多い。中国国内にも地域によっては、所得や民度の差も相当出ている。それにどう細かく対応できるのかも、中国人観光客をひきつける秘訣の一つではないかと思う。

引用元-タイ、韓国の中国人観光客数は なぜ日本を上回っているのか|莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見|ダイヤモンド・オンライン

日本に観光客が来ないのは外国のメディアで放送が少ないから??

日本を紹介するテレビ番組が、海外では少ない気がします。
日本は都道府県が多い。それぞれ非常に個性的で特色があるのですが、平均的なアメリカ人、ヨーロッパ人にはその違いがわからないのでしょうね。私はアジアに住んでいるから違いがわかりますが、南日本と北日本の違い、あるいは東西の気候や人々、習慣、食の違いが、海外ではあまり語られていませんね。
外国人観光客を呼び込むには、観光商品の単純化が必要です。地域ごとに、何がユニークなのか説明できることが大切です。日本はさまざまな意味で、非常にユニークな国です。休日の宿泊や移動にはコストはかかります。単に値段を安くすることではなく、旅行者のタイプに応じた観光商品をパッケージ化することが必要だと思います。

引用元-スルーされる国・日本に外国人を呼ぶ方法 | 観光・ホテル | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

外国人観光客数ランキングはうそ??日本と他国のカウントの違い

日本からパリ経由でローマに行く場合、パリは乗り継ぎだけで入国しなくても、パリで入国審査を受け、ローマに着いた時には審査がない。イタリア旅行をする時に往復パリ経由であれば、パスポートにフランスの入国・出国印は押されるが、イタリアのスタンプは押されず、イタリアに入国した証拠は残らないのだ。

この時、パリではトランジットだけで入国しなくても、フランスへの外国人入国者としてカウントされるのだろうか。多分、されるのだろう。

出入国審査がないということは、正確に自国を訪れる外国人をカウントすることは不可能である。となると、多分、フランスに入る飛行機、鉄道、自動車の乗客は、全て自国の訪問者としてカウントしていると考えられる。

となると、毎日通勤で国境を越えている人は、毎日入国者としてカウントされているのだろう。観光客と通勤客を正確に区別するすべはない。

ここまで考えると、他国と比較した観光客ランキングの上下で一喜一憂する意味は、あまり無いのだ。仮に日本が韓国を抜くとなると、韓国は対象者を広げて、日本より上に行くようにしてくることだって、大いにあり得るのだから。

引用元-日本を訪れる外国人観光客の数は少ないの? : アゴラ – ライブドアブログ

twitterの反応

 - 豆知識

Message

メールアドレスが公開されることはありません。