あなたの会社の退職金はいくら?退職金の平均額や制度について

会社の退職金制度というのは日本特有のシステムだと知ってました?

最近では退職金が無い会社も増えているようです。

今回は退職金の制度や、みなさんが気になる平均額について調べてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

資産運用の最適な割合は?家計に貯蓄に!自分に合った運用方法

今まで資産運用は富裕層や投資家のものというイメージでしたが、最近ではずいぶん身近なものになりました。...

サラリーマンの副業は20万円が基準!?本業との兼ね合いは?

先の見えないこのご時世、副業で安定した収入を得ようと考えるサラリーマンも多いようです。 副業収入の...

将来を考えた選択をしよう!!仕事への不安や不満の解消法!!

漠然とした将来への不安で心を病む人もいる現代。あなたはどうでしょうか?今の仕事に満足できていますか?...

新人で仕事がないと思っている人へ・・仕事は雑用から始めよう

新人さんは仕事量が少なく、仕事がないと思うこともしばしば・・ 皆さん新人の頃はその道を通ってきまし...

日本のアニメの経済効果とは?日本経済はアニメに救われる!?

日本のアニメ市場は国内外に留まらず、どんどんと拡大させ、それに伴う経済効果も注目されるようになってき...

自分1人に仕事が集中していると感じる人は・・・仕事あるある

自分一人に仕事が集中しているなぁと感じている人っていませんか? そう思った人は仕事は出来る人だと思...

指示と指導!違いは何?部下ができたら必ず必要なこの知識!!!

先生や上司から受ける言葉は指示でしょうか?指導でしょうか?相手の立場に立って、正しい指示・指導を行い...

仕事と趣味の違いを世の中の人はどう考えている?その違いは?

自分の好きなことを仕事にしたいと思うのは皆さん思うところでは ないでしょうか? しかし仕事と趣味...

仕事で上司に相談するコツ・部下の相談を受けるコツとは??

上司に仕事の相談に行く時は部下は少なからず勇気がいるものです。 部下の相談を受ける上司も部下の相談...

社会人が勉強したいと思った時は是非!何をやればいいの??

社会人になって学生の頃の勉強ではなく、自分から自己スキルを高めたいと 思って勉強を始める人は多いと...

今の職場の環境が合わないと思っている人は・・もう一度再確認

今の職場の環境が自分には合わないような気がする・・・ 転職しようかな・・そんなことを考えている人も...

仕事でわからないことがある時。上司への上手な聞き方は??

上司や先輩に仕事でわからないことがあってすぐ聞きたい時って その時の状況だったり、タイミングによっ...

起業で失敗した末路は一体どうなる?楽に稼げると思うべからず

起業と失敗は切っても切れない関係だと思いますが、 起業する時は皆さん夢と希望と不安にあふれていると...

日本は資源が少ない国?日本が世界に誇れる資源とは何か?

エネルギー資源の話になると必ず出てくる、日本は資源が少ないという問題。 資源が少ないと言われる日本...

会社の役員の仕事って一体何??一体どういう立ち位置なの?

会社の肩書でよく聞く役員という仕事って一体どういう仕事をするの?? 確かによく聞く肩書です。イメー...

スポンサーリンク

退職金の受取方式は2種類ある

年金とともに老後の家計を支える大きな柱が「退職金」だ。厚生労働省『就労条件総合調査』によると、2012年の退職金の平均は2156万円(大卒事務職・35年以上勤務)。額は年々減っているので、どう活かすかが重要だ。

 退職金制度は会社によって異なるが、一括でもらう「一時払い」方式と、分割してもらう「年金」方式の2つがあり、どちらかを選べることが多い。厚労省の調査によれば、「一時払い」を選ぶ人が増えており、約7割にのぼる。

 その理由は税制上のメリットにある。一時払いの退職金には「退職所得控除」があり、大学卒業から定年まで同じ会社に勤めた場合、控除額は2410万円となる。平均的な水準の退職金なら、税金は一切かからない。

 一方、年金方式にも「公的年金等控除」が適用されるが、毎月の公的年金も合算された上で控除額が算出されるので、所得税や住民税を払わなくてはならない。

引用元-退職金2000万で貯蓄500万の60歳夫婦 80代半ばで破産の恐れ│NEWSポストセブン

退職金にかかる税金は?

退職金には所得税と住民税がかかります。 したがって退職金の総額からこの2つの税金が差し引かれ
た金額を受け取ることになります。 税金がかかることには違いありませんが、退職金には長年のご褒美
と老後の生活の為に支給される一時金という2つの意味合いがある為、優遇された税制となっています。

引用元-退職金について 退職金って税金がかかるものなの? |みんなの税理士

退職金は「退職所得」として扱われ、他の所得と分離して所得税を計算する、いわゆる分離課税の方式をとっています。したがって確定申告をする際、退職金については申告する必要はありません(確定申告については後述参照)。 退職金にかかる税金は退職金の総額ではなく、「退職所得控除」、「2分の1課税」
により計算された金額(退職所得金額)にかかります。
以上の2つのおかげで支払う税金がぐっと下がります。 ただ「退職所得の受給に関する申告書」を出さないと「退職所得控除」、「2分の1課税」を受けることができず、退職金の総額に20%の所得税がかかってしまい、余分な税金を支払ってしまうことになりますので注意しましょう。

引用元-退職金について 退職金って税金がかかるものなの? |みんなの税理士

会社の退職金の平均は?

■定年退職の場合
・大学卒(管理・事務・技術職) 1,941万円(37.6カ月分)
・高校卒(管理・事務・技術職) 1,673万円(39.7カ月分)
・高校卒(現業職) 1,128万円(35.0カ月分)

■会社都合で退職の場合
・大学卒(管理・事務・技術職) 1,807万円(32.2カ月分)
・高校卒(管理・事務・技術職) 1,573万円(38.5カ月分)
・高校卒(現業職) 1,004万円(34.5カ月分)

■自己都合で退職の場合
・大学卒(管理・事務・技術職) 1,586万円(31.1カ月分)
・高校卒(管理・事務・技術職) 1,159万円(31.7カ月分)
・高校卒(現業職) 784万円(27.4カ月分)

■早期優遇で退職の場合
・大学卒(管理・事務・技術職) 1,966万円(45.1カ月分)
・高校卒(管理・事務・技術職) 1,945万円(54.1カ月分)
・高校卒(現業職) 1,418万円(48.5カ月分)

データから分かりますように、退職金の平均金額はもらえても「2,000万円弱」となります。バカな筆者などは想像していたよりも少ないなあ、などと思うのですが、皆さんはいかがでしょうか?

引用元-企業の退職金の平均は意外と少ない? 「退職事由」別のデータ – ライブドアニュース

退職金の平均は減少傾向

定年後、第二の人生に向かう前の「蓄え」となる退職金(一時金・年金)。厚生労働省の調査では、国内の四分の三にあたる会社が退職金制度を設けており、企業規模が大きいほど採用割合が高い。その退職金の水準が低下している。

引用元-インタビュー&スペシャル:定年退職金の水準低下の背景を探る―① | アドバンスニュース

13年の就労条件総合調査(以下「13年調査」)で定年退職金の平均額をみると、大学卒(管理・事務・技術職)は、企業規模(常用労働者数)1000人以上が2290万円、300~999人が1769万円、100~299人が1250万円、30~99人が1298万円であり、高校卒(現業職)は、規模別に各1459万円、1068万円、851万円、520万円となっている(図表1)。

 03年、08年、13年の3つの調査で定年退職金の平均額を比較すると、08年調査から13年調査にかけて大きく減少していることがわかる。とりわけ大学卒(管理・事務・技術職)は100人以上で、高校卒(現業職)は1000人以上と30~99人で、定年退職金が300万円以上減少している。伸び率でみると、大学卒(管理・事務・技術職)の100~299人、高校卒(現業職)の1000人以上と30~99人の定年退職金は、いずれも08年調査より30%以上マイナスとなっている。

引用元-インタビュー&スペシャル:定年退職金の水準低下の背景を探る―① | アドバンスニュース

退職金制度の今後

そもそも退職金制度というのは、世界的にみても珍しい日本企業独特のシステムだ。賃金は、その時点でのパフォーマンスで評価してほしいという「時価主義」への期待は、グローバリズムの流れの中ではある意味当然かもしれない。

 また、退職金のために現在の会社をとどまるよりも、転職して新しい仕事への期待に魅力を感じるエンジニアも少なくないようだ。

Engineer’s Voice

○退職金より転職できたことに満足している(研究/31歳/150万円)
○早く辞めることができてよかったので金額は気にならない
 (システム開発/32歳/50万円)
○次の仕事への期待感があったのでさほど気にならなかった(半導体/29歳/35万円)

 しかし、だからといって「これまで退職金をあてにしてきた人が多い企業では、いきなり退職金制度をやめるのは現実的には困難。中小企業などでは退職金廃止をトップダウンで乱暴に進めるところもあるが、法的にも問題がある」(鍋田氏)。

 また、退職金制度には従業員を一定年数定着させ、そして一定年数たったら辞めさせるという雇用量の調整の意味もあり、いきなり全廃ということができない事情もある。さらに退職金に関する税制にも問題がある。勤続20年以上超えるかどうかで退職金にかかる税率が変わってくる。むろん20年を超えたほうがより優遇されるのだ。こうした問題点が解消されない限りは、退職金全廃が一気に進むとは考えにくい。

引用元-退職金がなくなる?成果主義で変わる退職金制度|【Tech総研】

twitterの反応


https://twitter.com/kaiiiiiimu/status/503132107745406976