ワダイビジネスサテライト

ワダイビジネスサテライトでは今話題のニュース・商品・ビジネス・恋愛・健康・豆知識ネタetc皆様に役立つあれこれを配信していきます

*

新米ママさんへ。母乳と粉ミルクを比較して、基本を学ぼう!!

      2015/09/11

 - 豆知識

赤ちゃんを育てるとき、母乳で育てる派・粉ミルクで育てる派・母乳とミルクの併用で育てる派と、ママさんはさまざまなチョイスができますね。

ママにとって赤ちゃんにとってハッピーになるためにそれぞれ比較してみました。

スポンサーリンク

  関連記事

子供 言葉 いつから
子供の言葉の発達はいつから?幼児期の言葉の発育目安とは

子供はいつから言葉を発するようになるのでしょうか?言葉を発することができない時期でも、頭の中では言葉の理解が進んでいます。

言葉の発達は個人差もあり、パパやママにとっては、子供の成長が気になることでしょう。

そこで子供の言葉にみる成長についてまとめてみました。

仕事 ストレス 病院
仕事のストレス…病院に行くべき?体にあたえる影響とは…

仕事をしている上で、ストレスを感じるのは避けられないことです。

しかし過度のストレスは精神や身体に異常をきたしてしまう原因にもなりかねません。

症状が出る前に、適切な病院での受診や自分なりのストレス解消法を見つけることが重要です。

産後 体重 戻り方
産後の体重の戻り方は大丈夫?体型を戻すためのポイント!

出産後、妊娠中に増えた体重や体型を戻すのに苦労しているママも多いようです。

産後の体重の戻り方には個人差があり、痩せやすい時期や体重戻しのポイントなどがあるようです。

産後の体を理解し、効果的に体重を戻すように心がけましょう!

%e7%94%b7-%e5%ad%90%e4%be%9b-%e9%ab%aa%e5%9e%8b
男の髪型は子供でも重要!髪の毛を自宅でおしゃれにカット!

子供の髪はお家で切るというご家庭も多いことでしょう。

しかし今の子供は昔と違い髪型にもこだわりが強いようです。

子供が喜ぶ髪型にする為にはどうすればいいのでしょうか…

お家カットでも手順やポイントをしっかり押さえるだけで簡単に理想の髪型に近付けることができます。

ここはママの腕の見せ所!ぜひ参考にしてステキ男子を目指しましょう!

産後 体重 減りすぎ
産後体重の減りすぎにも注意!知っておきたいキケンな体重減少

産後体重を戻すのに苦労しているママはたくさんいますが、中には体重が減りすぎて困る…というママも。
一見うらやましい悩みのようですが、産後の急激な体重減少には注意すべきこともあるようです。
赤ちゃんのためにも、健康的な毎日を送れるように心がけましょう!

5d68bae0fc3bf0ee01ca55dda91feff0_s
仕事でのストレス…病院に行くべき症状は?体の為に考えたい事

多かれ少なかれ仕事をする上でストレスを感じる事は避けられません。

しかし体調を崩し、日常生活に支障をきたすほどのストレスを放っておくと、病院での診療が必要になってしまうことも…

自分の体のためにも、ストレスをうまく付き合う方法を考えていきましょう。

ストレッチ 効果 理学療法
ストレッチを効果的に!理学療法士が教えるコツ・ポイント

体をほぐすストレッチは、筋肉の緊張を緩和し体の状態を整えるために効果的です。

そこでストレッチのプロ・理学療法士が教える効果的にストレッチを行うために必要なポイントやコツをまとめてみました。

ぜひ参考にして、効果的に体の調子を整えましょう。

携帯 機種変更 時期
携帯の機種変更の時期はいつするべき?知って得する携帯のお話

みなさん携帯の機種変更はどんな時期に行いますか?

契約更新や新機種発売、その時の気分など、人それぞれのタイミングがあります。

そこで実際にはどの時期に機種変更をするといいのか、調べてみました。ぜひ参考にして賢く機種変更しましょう!

ジョギング ランニング マラソン
ジョギング・ランニング・マラソン!一体どういう違いがある?

今回はジョギング・ランニング・マラソンについて調べてみました。

マラソンのためにはまずジョギング・ランニングを征することが重要です。

自分の目的に合わせた走り方を見つけ、正しく効果的に取り入れてみましょう!!

アルコール 消毒 濃度
アルコール殺菌消毒の原理は?正しく使って抗ウイルス対策!

最近では病院や施設などでのアルコール消毒が習慣化されています。

アルコール消毒はどのような原理で殺菌しているのでしょうか?

アルコール殺菌消毒を正しく理解し、効果的に使って体をウイルスから守りましょう!

0824-1-1

母乳の良さを知ろう! 母乳の基礎知識!

母乳とは、赤ちゃんが生まれると分泌される「プロラクチン」と呼ばれるによって作られるもので、赤ちゃんにとっては成長するうえで最高の栄養となります。プロラクチンが分泌されると乳房にたくさんの血液が流れ込むようになり、その血液を元に乳腺で母乳がつくられます。そして同時に「オキシトシン」と呼ばれるホルモンの分泌によって乳腺でつくられた母乳が乳頭へと押し出されるようになります。

母乳はこれらのホルモンが繰り返し働くことによって十分な量が出るようになります。そのため赤ちゃんが生まれたら、母乳が足りなくてもできるだけ赤ちゃんにおっぱいを吸わせて乳頭を刺激してもらうことで、脳から母乳を出す指令がおこるようになります。母乳を出すうえで最も重要なことは赤ちゃんに何度もおっぱいを吸ってもらうことなのです。

引用元-母乳とは – 母乳ガイド

スポンサーリンク

  人気記事

粉ミルクって何からできてるの? 粉ミルクの基礎知識!

粉ミルクは、主に牛乳原料(milk base:約70%)のものと、乳児のアレルギーがある場合を考慮した大豆原料(soy base)のものとがある。
 牛乳には母乳の数倍のタンパク質が含まれるが、高濃度のタンパク質を乳児に与えることは、消化吸収や腎機能への負担が大きくなり適切でない。
 また、低濃度であっても牛乳のようにカゼインを主とするタンパク質を乳児に与えれば、胃酸により固い凝固物(カード化)ができるので好ましくない。そのため粉ミルクでは、母乳のように胃酸でほとんど凝固しない乳清タンパク質を配合(ソフトカード化)している。

引用元-育児用粉ミルク(乳児用調製粉乳)

市販されている粉ミルクには新生児から6~9ヶ月の乳児を対象とした乳児用調製粉乳、6~9ヶ月の離乳食併用のフォロ-アップミルク(調製粉乳)、治療用調製粉乳(低出生体重児用、牛乳アレルギ-用、乳糖不耐症用、心・腎・肝疾患用、脂肪吸収不全用、点頭てんかん用、フェニルケトン尿症用、ヒスチジン血症用、ホモシスチン尿症、メ-プルシロップ尿症用、肝型糖原病用等)がある。

引用元-育児用粉ミルク(乳児用調製粉乳)

母乳と哺乳瓶の比較!!顔立ちへの影響は?

成人でもよくない習慣や癖は弱い力がかり筋肉・神経系から骨まで適応して形や内部の骨構造が作用している力を支えるため徐々に変化していきます。

小児や乳幼児期は新陳代謝が非常に旺盛ですので変化が数ヶ月で現れてきます。

引用元-母乳と哺乳瓶の飲み方の違い~咬み合せと顔立ちへの影響~

母乳と哺乳瓶では歯と顎が唇、舌から受ける力のバランスが変化するため咬み合せや顔立ちに影響を及ぼす。ミルクを飲むときの唇の向き、飲み口の硬さ、ミルクの出やすさに気をつけて哺乳瓶を活用したい。唇ではさんだだけでミルクが出るタイプの哺乳瓶よりも、飲み口が軟らかく舌で口蓋に押しつけないとミルクが出ないようなタイプを選ぶと良い。

現在のところ上記の条件をすべて満たす哺乳瓶はありませんが、舌が口蓋に挙がりやすいこのような形をした哺乳瓶があります。根元のところも唇が外開きになりやすそうです。これにさらにミルクが出やすい/出にくい、口蓋に押し付けないとミルクが出ないタイプなどのバリエーションがあれば良いです。

引用元-母乳と哺乳瓶の飲み方の違い~咬み合せと顔立ちへの影響~

母乳育児のメリット、デメリットを比較しよう!

母乳育児は、お母さん側にとっても、乳がんになりにくくなる、マタニティーブルーになりにくい、無理なくダイエットしやすいといったメリットを生みます。

しかし母乳にも危険や難点がないわけではありません。母乳はダイオキシンやPCB、環境ホルモンなどの有害物質によって汚染されています。これらの物質が赤ちゃんにどのような影響が出るかはまだ解明されていません。お母さんが成人T細胞、白血病(ATL)や後天性免疫不全症候群(エイズ)に感染している場合、母乳を介して原因ウイルスが赤ちゃんの体に移行し、赤ちゃんがこれらの病気に垂直感染してしまいます。母乳にはビタミンKが少なく、ビタミンK欠乏性出血症にかかりやすいという危険もあります。

また、母乳育児をするお母さん側にとっては、薬やお酒を飲めない、食事に気を使う、赤ちゃんを預けるのが難しい、乳房のトラブルが起きることがある、外出先での授乳に気を使うなどといった難点が生じます。

引用元-母乳と粉ミルクの違いと授乳の基礎知識

粉ミルク育児のメリット、デメリットを比較しよう!

赤ちゃんが飲んだ量がわかるので安心

母乳の場合、赤ちゃんがどれくらい飲んだか不安を訴えるママも少なくありません。その点、ミルクは飲んだ量がはっきりとわかりますから安心して授乳ができます。

パパも授乳ができ育児に参加できます

ミルク育児の最大のメリットととして、パパにも授乳ができることがあげられます。授乳を通して、パパも育児に積極的に参加でき、パパ自身にも喜びや親としての自信を感じられることです。

引用元-ミルク育児のメリット | 母乳とミルクの子育て

腹持ちが良い

ミルクは母乳と比べると消化に時間がかかりますから腹持ちが良く、良く眠ってくれます。

哺乳瓶に慣れているため果汁などスムーズに飲んでくれます

完全母乳の赤ちゃんの中には、哺乳瓶の乳首を嫌がる子がいて、果汁などを飲ませるときに苦労することがあります。

ママは服や下着選ばなくても良い

母乳の場合は、授乳ができる服や下着を選ばなくてはなりません。

引用元-ミルク育児のメリット | 母乳とミルクの子育て

twitterの反応

 - 豆知識

Message

メールアドレスが公開されることはありません。