ワダイビジネスサテライトでは今話題のニュース・商品・ビジネス・恋愛・健康・豆知識ネタetc皆様に役立つあれこれを配信していきます

ワダイビジネスサテライト

知らないと損する!母子家庭を支援する手当てとその条件は??

      2015/09/12

知らないと損する!母子家庭を支援する手当てとその条件は??

近年、ライフスタイルが多様化して、シングルマザーで子育てを頑張る女性が増えましたね。

そんなシングルマザーの強い味方、母子家庭を支援する制度はさまざまなものがあります。

ここでは、母子家庭を支援する手当てや条件を紹介しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

姑との同居で問題となる生活費!こんな分担と切り出し方は?

姑との同居には良い面もたくさんありますが、様々な問題が立ちは...

子供の大学の資金っていくら必要?事前に計画を立てないと…

子供を大学まで進学させるとなると、かなりの教育資金が必要にな...

血液検査の結果を病院に電話で問い合わせることは可能か?

病院で診察を受けると、病状によって血液検査を受けることがしば...

学歴が大卒と高卒で考え方が違う?日本の現状と学歴の差とは

就職する際に大卒か高卒か、最終学歴がどのくらい影響するのでし...

…仕事のミスで辞める前に心の整理!辞めたい理由は他にある?

仕事でミスをすると会社を辞めてしまいたくなることがあります。...

夫が単身赴任で子供なしの夫婦が夫婦円満でいられるアレコレ

子育て世帯では夫の転勤が決まると、子供の就学や進学の状況に合...

妻の誕生日何も予定なし・・な時は手料理で喜ばせてみては?

妻の誕生日になにを贈るか毎年悩んでいる男性は少なくありません...

男性は好きな人の妄想をする生き物?男が妄想する言動とは

男性は妄想するのが大好きです。 身近な女性の何気ない仕草に...

結婚できない理由…別れを選ぶ人は男女の脳の違いを理解しよう

結婚はカップルにとって大きな変化の一つです。 結婚した...

娘の友達がわがまま!娘の親として対応はどうしたらいいの?

娘が仲良くしているお友達がわがままな子だったら…我慢している...

流産の確率が減る時期は?妊娠して気になる流産のことを調査

妊娠すると心配になってしまうのが流産の可能性です。 一般的...

女性で料理が上手!はなぜモテる?男は胃袋をつかまれると・・

モテる女性は料理上手が多いのはなぜなのでしょうか? 料理が...

男性はキスは好きでない子とでもできるの?男性の態度で分析

男性は好きではない子とでもキスできるという、女性にとっては耳...

夫の単身赴任と保育園!入園ポイントと知っておきたいアレコレ

夫の転勤が決まった時、保育園頃の子供のいる家庭では一緒につい...

子供にはテレビを見せない方がいい!?上手に付き合う方法は…

小さな子供の成長の為にはテレビは見せない方がいいと言われるこ...

夫が単身赴任!経験者のブログに学ぶリアルな夫婦関係とは…

夫の単身赴任が決まった時、あなたはどんなことが頭をよぎります...

夫の単身赴任が辛い…と考えるよりも考え方を変えてみては!

夫の単身赴任が決まり、別々の生活が始まることを考えると辛い気...

lineの放置で〇〇が消える?意外と知らない仕組みとは…

多くのユーザーを誇るlineアプリですが、密なやりとりに疲れ...

妊娠して将来が心配…大学生が考えるべき選択とすべき事とは?

妊娠・出産は人生の中でも大きな転機です。 しかしその妊娠を...

免許の返納は若者でも可能?違反が消滅するって本当なの??

最近は免許を自主的に返納する人が急増しているようです。 多...

スポンサーリンク

シングルマザー必見!母子家庭を支援する手当て制度

最近は、ライフプランも多様化し、シングルで子育てをしている女性も増えています。

実際、日本のシングルマザーは、108 万人以上います(2010年度総務省調べ)。離婚が約80%、未婚が12%、死別が7%程度という内訳です。

中でも、未婚のシングル・マザーの数が急増しているという特徴が見られます。

母子家庭や父子家庭になった場合、「この子に人並みの生活をさせてあげたい」と思う気持ちは人一倍強いと思います。

今回の記事では母子家庭・父子家庭になった時、生活を支援してくれる16の手当てと助成制度を詳しくお伝えします。

申請しないともらえないものも多いので、一通りチェックしてみて下さい。

引用元-シングルマザー必見!母子家庭を支援する手当と助成金制度まとめ

1.児童手当
2.児童扶養手当
3.児童育成手当
4.特別児童扶養手当
5.遺族年金
6.母子家庭・父子家庭の住宅手当
7.生活保護
8.ひとり親家族等医療費助成制度
9.乳幼児や義務教育就学児の医療費助成
10.所得税、住民税の減免制度
11.国民年金・国民健康保険の免除
12.交通機関の割引制度
13.粗大ごみ等処理手数料の減免制度
14.上下水道の減免制度
15.非課税貯蓄制度(マル優)
16.保育料の免除と減額

引用元-シングルマザー必見!母子家庭を支援する手当と助成金制度まとめ

ちゃんと知ろう!児童手当てとその条件

児童手当とは、子どもにかかる生活費を支援する制度で、現在3歳未満の子どもならひと月1万5000円の手当てを受け取ることができます。いくつかの国で実施されていますが、日本では1972年から実施されています。

児童手当は約9割の人がきちんと申請しているということですが、「児童手当は生まれた翌月から毎月もらえるものだと勘違いしていた」という方や「里帰り出産だったため、出生届と児童手当の申請に手間取った」という話もよく聞きます。

引用元-知らないと損するかも?知っておくべき児童手当の申請方法と支給額

児童手当の支給額は年齢や所得で異なりますが、以下の通りです。

・3歳未満 …月額15,000円
・3歳~12歳…月額10,000円
・中学生 …月額10,000円

ただし、所得制限を超える過程は、子どもの年齢に関係なく、月額15,000円の支給額になります。また、児童手当の支給期間は、0歳から中学校終了(15歳になった最初の3月31日を迎える)までです。

引用元-知らないと損するかも?知っておくべき児童手当の申請方法と支給額

母子家庭の頼もしい手当て、児童扶養手当の中身と条件

母子手当と言われる児童扶養手当とは、離婚後の母子家庭(死別母子家庭・非婚母子家庭も含みます)が受けられる国の経済的援助(離婚後の生活をするための援助)のことです。

児童1人につき  全額支給 41,720円  
一部支給 41,710円~9,850円
児童2人目      5,000円加算
児童3人目      3,000円加算
児童4人目以降は、3.000円ずつ加算されます。
次のいずれかに当てはまる「児童」を監護(保護者として生活の面倒を見ること)している母、または母にかわってその児童を養育している方(養育者)が手当を受けることができます。
「児童」とは18歳に達する日以後、最初の3月31日(18歳の年度末)までにある児童をいいます。

また、児童扶養手当の金額は母子家庭の母の所得額によって変わりますので、 所得額が制限額を超えた場合は残念ながら離婚後の生活費としての児童扶養手当は支給されなくなります。

引用元-母子家庭手当シングルマザー助成メリット減免は母子家庭手続き

シングルマザー必読!生活保護とその条件

生活に困窮していて、最低限度の生活ができない場合に生活保護制度が受けられます。

最低限度の生活とは、厚生大臣の定める基準に従って計算した最低生活費が
基準になります。
これとその世帯の収入を比較して、世帯の収入だけでは最低生活費に満たない場合
差額について受けられます。

生活保護の手続きは、本人か家族が福祉事務所で行います。

申請時には、生活保護申請書のほか、収入や資産を証明するものとして賃貸住宅の
契約書や給料明細、公共料金の領収書、預金通帳などがチェックされる場合が一般的です。

その後、福祉事務所の担当者による家庭訪問などの生活状況の調査が行われ、
その結果、生活保護が必要だと認められた時に始めて生活保護が適用されます。

調査の段階では資産状況や生活状況など、プライバシーをすべて明らかにしなければ
ならないなどの覚悟も必要です。

また、申請が通っても、一部の生活用品(車などのぜいたく品)の購入や所持を
禁じられるなど、支給をうけるには厳しい現状があります。

引用元-生活保護(国の制度) -離婚後の生活設計ガイド

知っておくとお得!母子家庭の減免制度とその条件

離婚や死別など、様々な理由で母子家庭になる方もいるでしょう。父子家庭と違い、収入の面ではどうしても男性よりは劣ってしまう部分がありますので、母子家庭には様々な減免や割引制度があります。自分から申請しなければ使えない制度もありますので注意が必要です。

引用元-母子家庭の減免・割引制度-母子家庭への様々な制度

母子家庭の7つの減免、割引

母子家庭にとって家計が助かる制度がたくさんあるようなので
利用してみると経済面でとても安心できると思います。
離婚で一番の不安や「お金」という方は多いので、
少しでも負担が減るように利用できるものは利用しちゃいましょう!

・所得税、住民税の減免制度
・国民年金・国民健康保険の免除
・交通機関の割引制度
・粗大ごみ等処理手数料の減免制度
・上下水道の減免制度
・非課税貯蓄制度(マル優)
・保育料の免除と減額  など

引用元-手当 | 離婚の無料相談・体験談ならみんなの離婚.com

twitterの反応

 - 豆知識

ページ
上部へ