ワダイビジネスサテライトでは今話題のニュース・商品・ビジネス・恋愛・健康・豆知識ネタetc皆様に役立つあれこれを配信していきます

ワダイビジネスサテライト

子供の運動神経を伸ばすトレーニングとは?ママ・パパ必見!!

      2015/09/14

子供の運動神経を伸ばすトレーニングとは?ママ・パパ必見!!

現代の子供は昔の子供に比べて運動神経が発達しずらい環境です。

昔は外で色々な場所で色々な遊びを体験して自然に運動神経がよくなっていたのに

今の子供は・・・

そんな現代でも子供の運動神経を伸ばせるおすすめトレーニングをまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

姑との同居で問題となる生活費!こんな分担と切り出し方は?

姑との同居には良い面もたくさんありますが、様々な問題が立ちは...

子供の大学の資金っていくら必要?事前に計画を立てないと…

子供を大学まで進学させるとなると、かなりの教育資金が必要にな...

血液検査の結果を病院に電話で問い合わせることは可能か?

病院で診察を受けると、病状によって血液検査を受けることがしば...

学歴が大卒と高卒で考え方が違う?日本の現状と学歴の差とは

就職する際に大卒か高卒か、最終学歴がどのくらい影響するのでし...

…仕事のミスで辞める前に心の整理!辞めたい理由は他にある?

仕事でミスをすると会社を辞めてしまいたくなることがあります。...

夫が単身赴任で子供なしの夫婦が夫婦円満でいられるアレコレ

子育て世帯では夫の転勤が決まると、子供の就学や進学の状況に合...

妻の誕生日何も予定なし・・な時は手料理で喜ばせてみては?

妻の誕生日になにを贈るか毎年悩んでいる男性は少なくありません...

男性は好きな人の妄想をする生き物?男が妄想する言動とは

男性は妄想するのが大好きです。 身近な女性の何気ない仕草に...

結婚できない理由…別れを選ぶ人は男女の脳の違いを理解しよう

結婚はカップルにとって大きな変化の一つです。 結婚した...

娘の友達がわがまま!娘の親として対応はどうしたらいいの?

娘が仲良くしているお友達がわがままな子だったら…我慢している...

流産の確率が減る時期は?妊娠して気になる流産のことを調査

妊娠すると心配になってしまうのが流産の可能性です。 一般的...

女性で料理が上手!はなぜモテる?男は胃袋をつかまれると・・

モテる女性は料理上手が多いのはなぜなのでしょうか? 料理が...

男性はキスは好きでない子とでもできるの?男性の態度で分析

男性は好きではない子とでもキスできるという、女性にとっては耳...

夫の単身赴任と保育園!入園ポイントと知っておきたいアレコレ

夫の転勤が決まった時、保育園頃の子供のいる家庭では一緒につい...

子供にはテレビを見せない方がいい!?上手に付き合う方法は…

小さな子供の成長の為にはテレビは見せない方がいいと言われるこ...

夫が単身赴任!経験者のブログに学ぶリアルな夫婦関係とは…

夫の単身赴任が決まった時、あなたはどんなことが頭をよぎります...

夫の単身赴任が辛い…と考えるよりも考え方を変えてみては!

夫の単身赴任が決まり、別々の生活が始まることを考えると辛い気...

lineの放置で〇〇が消える?意外と知らない仕組みとは…

多くのユーザーを誇るlineアプリですが、密なやりとりに疲れ...

妊娠して将来が心配…大学生が考えるべき選択とすべき事とは?

妊娠・出産は人生の中でも大きな転機です。 しかしその妊娠を...

免許の返納は若者でも可能?違反が消滅するって本当なの??

最近は免許を自主的に返納する人が急増しているようです。 多...

スポンサーリンク

子供の運動神経を伸ばすのにトレーニングは必要不可欠!!

「運動神経」という言葉を聞いたことがあると思います。しかし、解剖学的には「運動神経」という神経は存在しません。では、運動神経とは何なのか?
運動神経の良い子どもを示す表現としては「すばしっこい」が一番近い表現ではないでしょうか?
すばしっこい子どもは、なぜあのようにに動けるのでしょうか?それは、身体を思い通りに動かせているからです。脳で考えたことを身体にしっかりと伝え、動かせる能力。これが運動神経の正体です。

では、思い通りに身体を動かすにはどうすればよいのか?それには神経系の発達が大きく関わってきます。少年期の子どもは神経系が最も発達する時期です。10歳前後で成長曲線は100%に達し、その後は伸びていきません。そう、神経系はこの少年期にしか伸びないということです。
だから、少年期には神経系を伸ばすトレーニングが絶対に必要なのです。

引用元-運動神経の正体 | Arrows GYM アローズジム

左右対称のスポーツは子供の運動神経向上に最適!!

左右対称のスポーツは、運動神経を改善するうえだけでなく成長期の子どもの体に、非常に効果的です。その中でも、水泳は身体に余計な負荷をかけることなく、全身をくまなく鍛えることができると、中野さんは推奨しています。
うんd

「“サッカー選手になりたい”とう夢を描く子どもたちには、その夢しか見えていません。親の役割は、その夢に向かうための小さな階段を築いてあげることです。小さな階段とは一か月、一週間、一日単位の目標です。その意味でも、左右対称のスポーツを取り入れることは大切です。さらに言えば、骨格形成が不十分な成長段階でテニスや野球のような左右のバランスの偏ったスポーツをプレーしすぎると、子どもの骨の成長に負担をかけることに繋がります。『サッカー+水泳』『野球+水泳』など、複数のスポーツを組み合わせることをおすすめします」

引用元-運動オンチはいない!運動神経はトレーニングで改善する | サカイク

子供の運動神経を伸ばすには時期を知ろう!!

第1の時期 1歳 ~ 6歳  
(全ての運動形態が出そろう時期)

走る・投げる・飛ぶ・捕球するの基本動作は6歳までで
大人とほとんど同じになる時期です。
この時期に遅れをとってしまった子供は小学校3年生までに
遅れを取り戻さなければ第2期に間に合わなくなってしまいます。

第2の時期 10歳 ~ 12歳  (ゴールデンエイジと呼ばれている)

この三年間は長い人生の中でこれほど一気に発達することは二度とない時期です。
運動はバランスが取れて調和があり、運動の局面構造(準備、主要、終末)もはっきり現れ、
相手の動きの先取りも素早く出来るようになる。この時期までに基本運動が出来ていれば、
運動神経は急速にその働きをまし、その結果として運動能力はいっきに花開くのです。

第3の時期 16歳 ~ 22歳  (運動習得の第二のクライマックス)

今までつちかった運動神経に巧みさが加わり円熟期をむかえる時期です。

10歳から12歳の子供達は幼さが消えて 「巧みさ」 と 「すばしっこさ」 がはっきりしてくる時期であり運動のバランス ・ 調和が取れて相手の動きの先取りも素早く出来るようになる時期です。
この時期までに運動神経がしっかりしていれば急速に運動能力が開花します。 
世界のトップクラスを目指すチャンピオンスポーツでは、この時期を逃すと手遅れになってしまうと言っても過言ではありません。どんなスポーツのチャンピオンと言われる選手達でも少なからずこの時期に無意識のうちに又は意識的に運動神経・運動能力の基礎づくりを行なっているのです。

引用元-training

子供の運動神経を伸ばすトランポリントレーニング

ゲームやテレビ、マンガばかりで、外で遊ぶことを好まない子どもでも、トランポリンには必ずといって良いほど興味を示すものである。何故ならば、空中にピョンピョンと跳び上がることは、人間の喜びの表現の動作であり、トランポリン運動がその動作そのものだからである。

 昨今、全てのスポーツが高度化し、空中戦に移行している。
運動に関与する神経系の最も旺盛な発達を示すのは、小学校低学年期だと言われているが、その時代には、まだ自分で空中に跳び上がるだけのジャンプ力を持ち合わせていない。
その子どもたちでも、トランポリンを使うとじきに40~50cmのジャンプを経験することができ、10歳児だと4~5カ月で、1m近く跳びあがれるようになる。

 この頃に、トランポリンを使って、幅広い空中動作を身体に覚え込ませておくことは、将来のスポーツ活動に大変重要な意義を持つ。
 こうした利点を考えると、幼少期の間にすべての子どもたちに、ある一定量のトランポリン運動を経験させておく必要性があるように思う。

引用元-「子どもにおけるトランポリンの魅力と可能性」|こどもスポーツクラブCUPS(カップス)西宮北口|兵庫県西宮市北口町9-3|幼児~小学生 体操・英語指導による体操・トランポリン・プレサッカー

体幹トレーニング!一日1回の相撲で子供の運動神経を伸ばそう!

運動神経を含む人間の神経細胞が最も発達するのは、3歳くらいから小学校低学年くらいまでです。この時期に、さまざまな動作を経験した子どもは、運動が得意になる可能性が高くなります。
 今は意図的にスポーツをさせられている子どもと、ゲームばかりやっているような子どもの二極化が進んで、ちょうどいい子どもが少なくなっています。理想は原っぱのような所で、子どもたちが自由に遊ぶことですが、現実は難しいですね。今は幼稚園がそうした場になると思います。少しくらいケガをしてもいいから、自由に遊ばせてほしいですね。取り返しのつかないケガは困りますが、擦りキズをこしらえながら身のこなしを覚えていきますから。

引用元-1日1回 ハッケヨイ! 運動オンチにならないために|ママに役立つ子育て情報サイト|あんふぁんWeb

特に体幹をひねる動きは、運動するときに大切です。体幹には、身体の筋肉が集まっているので、体幹をコントロールできることは身体全体のコントールに繋がります。例えば、体幹を使わずに足だけで走るとスピードが出ません。
 もし、毎日1回何かをするなら、相撲がオススメです。身のこなし方や力の付き具合など、子どもの成長も実感できます。ぜひ親子でやってみてください。

引用元-1日1回 ハッケヨイ! 運動オンチにならないために|ママに役立つ子育て情報サイト|あんふぁんWeb

twitterの反応

 - 豆知識

ページ
上部へ