ワダイビジネスサテライトでは今話題のニュース・商品・ビジネス・恋愛・健康・豆知識ネタetc皆様に役立つあれこれを配信していきます

ワダイビジネスサテライト

自分は好きな人をあえて遠ざける時がある!女性の心理は??

   

自分は好きな人をあえて遠ざける時がある!女性の心理は??

女性の心理は男性からすれば非常にわかりにくいものです。

女性は自分から好きな人をあえて遠ざける行為をしてみたり・・

それには色々な理由があるのです。

調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

朝の満員電車でめまいが…最近体調がおかしいと感じる人へ

朝の通勤ラッシュ時、満員電車に乗るとめまいが…なんて経験はあ...

女友達との旅行で起こりうる喧嘩を回避する方法と対処法!

女友達との旅行はワイワイ盛り上がり、楽しい時間です。 しか...

感受性が強い赤ちゃんの特徴とバランスを整えるママとの関わり方

赤ちゃんは感受性が高いと言われていますが、中にはその感受性の...

保育園に入れない場合は幼稚園?働くママの苦悩と保活事情とは

保育園の待機児童が問題視される中、なかなか改善されない現状に...

嫁の料理の品数に不満を感じる夫~あなたの家庭は大丈夫?

あなたの食卓にはいつもどのくらいの品数の料理が並びますか? ...

日本が好きな外人に和む人多数!愛すべき外人のエピソード

最近日本好きな外人のエピソードに和むという趣旨のサイトが注目...

車検時に交換が必要になる部品の知識と自分で見極める方法

車検の見積もりを取ると、交換が必要になる部品の項目がいくつか...

旦那の家事手伝いが中途半端!イライラする妻とイクメン風夫

最近はイクメンという言葉がもてはやされ、家事を手伝う旦那が増...

会社都合の解雇はデメリットが…あなたと会社のデメリット…

会社から解雇を言い渡される理由はいくつかあります。 中...

中学生が部活に拘束される時間は意外と長い?勉強の両立は?

中学生になると部活が始まります。 部活に打ち込む学生も増え...

会社の規模を縮小する意味は色々!拡大より難しい規模縮小

会社の規模を縮小すると聞くと、「衰退」をイメージする方も多い...

子供が一歳・・夫と離婚したい・・出産後に陥る夫婦危機とは?

子供が生まれ一歳頃になると、夫と離婚したいと考える女性が急増...

友人への出産祝いに現金のみでいい?マナーとタイミングは?

友人の出産祝いに何を贈るか迷っている方は多いようです。 し...

アパートの騒音は何時までなら許せる?世間の声から判断を!

アパートに住んでいると、ご近所付き合いで気を付けたいのが騒音...

友人への出産祝い!第2子の場合に喜ばれるプレゼントとは…

友人に出産祝いを贈る時にはどんなものが良いか悩むところ。 ...

姑との同居で問題となる生活費!こんな分担と切り出し方は?

姑との同居には良い面もたくさんありますが、様々な問題が立ちは...

子供の大学の資金っていくら必要?事前に計画を立てないと…

子供を大学まで進学させるとなると、かなりの教育資金が必要にな...

血液検査の結果を病院に電話で問い合わせることは可能か?

病院で診察を受けると、病状によって血液検査を受けることがしば...

学歴が大卒と高卒で考え方が違う?日本の現状と学歴の差とは

就職する際に大卒か高卒か、最終学歴がどのくらい影響するのでし...

…仕事のミスで辞める前に心の整理!辞めたい理由は他にある?

仕事でミスをすると会社を辞めてしまいたくなることがあります。...

スポンサーリンク

女性だったら理解できる??自分は好きな人をあえて遠ざける

好きな人を突き放した経験がある女性なら理解できる、その理由。その根本にあるのが「男性への甘え」です。

・突き放しても、絶対あの人なら私を嫌いになんかならない、そういう自信を無意識にどこかに持っているのです。

また女性は「追いかけられたい願望」も持っています。追いかけるだけの恋愛じゃなく、好きな人に追いかけられたい、自分の為に必死になってほしい、相手の気を惹きたい。

そんな気持ちから好きな人を突き放したくなるのです。ですが、その一方で「好きだよって言われるほど突き放したい」気持ちも女性は持っています。何故そんな気持ちになるかというと、

・自分が好きな人を好きでいたい、という気持ちがそうさせるのです

引用元-もういい!好きな人なのに突き放す女性心理とは?/365がぁる

自分が好きな人を遠ざける理由とは??素直になろう

好きな人が自分以外の人に向ける優しさや温かいまなざし、そんな態度を見るのも辛いと感じるケースは、“ジェラシー”が作り出してしまう切ない恋心からあえて避けてしまう事で自分を守ろうとする人です。
普通に話をしているだけでも、ちょっとした笑顔も他の人にむけてほしくないのですから、そんなシーンを見てしまったら、傷つくだけでなく嫉妬の感情が渦巻いてしまいどういう表情をして良いかわからなくなります。
見えない場所から眺めるのも辛いし、かといって一緒にいる時くらいはせめて自然にしていたいのに、“誰にでもやさしい人“を見るのがいやなタイプは、近づくことを避けてしまいがちです。
しかしながら、避けながらも相手の動向に目が離せないため、いつも心におもりを抱えています。思い詰めての行動に走ってしまいやすいのも、こうした隠された臆病な心がそうさせてしまうのです。

引用元-その冷たい態度はもしや!「好き避け」する人の心理と特徴10選 | Dreamer

好きでも避けてしまう要素はいろいろありますが、好き避けを解決するには「素直になること」が一番の特効薬です。
もし相手のことを本気で好きならば、本当のあなたを少しずつ見せてみましょう。素直さは幸せになれる大事なキーです!

引用元-その冷たい態度はもしや!「好き避け」する人の心理と特徴10選 | Dreamer

心理カウンセラーの視点!好きな人を遠ざける心理的要素

自分が毒な存在だとしたら、自分の愛する人をどう扱うでしょう?
自分の近くに置きますか?
それとも・・・。
そう、自分が大切にしたいものであればあるほど、遠いところに置こうとします。
大好きなものを遠くに置くのは辛いものです。
でも、自分の近くに居て、その毒で相手を苦しめてしまう、穢してしまう、と感じたら、相手を守るためにあえて距離を取ろうとし、自分に近づけさせないようにしてしまいます。
暴力や暴言を使う場合もあれば、わざと嫌われるような行動を取る場合もあります。
まるで「私は穢れた存在だから、近くに来ちゃ駄目」と言っているように。
自分でもそんなことを言えば嫌がられるって分かってるのに止まりませんし、あるいは、相手がどうしてそんな酷いことをするのか理解に苦しみます。
遠距離恋愛や不倫、なかなか通じ合えない、距離が縮まらない恋愛の背景には、こうした観念が潜んでいることがあります。
一方、結婚するなどして近くに置かなければいけない場合はどうするでしょう?
ガラスケースに入れて観賞用にしてしまうんですね。
相手を一見大切に扱っているように見えますが、全然触れようとしません。
磨くのは相手ではなく、ガラスケースなんです。
そしてセックスレスや、あるいは実用品を求めての浮気を引き起こしたりするんです。
もし、あなたが好きな人が近づいてくるとついつい怖くなって逃げてしまうところがあるとしたら、あなたの心の中にこうした無意識的な観念が根付いているのかもしれません。

引用元-カウンセリングサービス■心理学講座「罪悪感の心理学3~“自分は毒である”という観念~」

自分はサバサバしてると思っている人は好きな人をを遠ざける??

「私、サバサバしてるタイプだから」「私、男っぽいってよく言われる」――。こういった口グセを持っている人は、人に依存することを怖がっている傾向があります。

 依存してしまうと、仕事もおろそかになってしまいそうだし、何よりも裏切られたときに傷つくことが怖いのです。

 まい子さんは昔から、人に甘えずに程よい距離感をとって人と接してきました。例え恋人ができても「私、サバサバしてるタイプだから」と言って、あまり連絡もとらず、仕事中心の生活をしてきました。何か問題が起きても、相談せずになるべく自分で解決するようにし、恋人に甘えたり、頼ったりしたことはありません。

 まい子さん自身、意識したことはなかったのですが、よくよく考えてみると人に甘えることを極端に遠ざけている傾向がありました。人を頼れないのは仕事の面でも同じで、いつも仕事をたくさん抱えてしまい、体調を壊すまで仕事をしてしまうのです。

引用元-「無意識に人を遠ざけてしまう口グセ」とは:日経ウーマンオンライン【口グセを変えて、人生を変える】

自分から好きな人を遠ざける行為をしていませんか??

「会いたくても我慢する」「辛いのに平気なふりをする」「手伝ってほしいのに言えない」など、見方によってはイジらしい健気な女性に映りますが、度が過ぎてしまうと「ただの強がりな女性」と男性から敬遠される原因に!
これが「たまに」ではなく「いつも」の事になってしまうと『面倒くさい女』『意地っ張りで可愛くない彼女』と、次第に男性の恋愛感情も薄れて気持ちが離れてしまい結局「ポツン…」と独りとり残さて寂しい思いをするだけ。
相手の好意を突っぱねてしまう「強がり」は、恋愛のチャンスの芽を摘みとってしまいますよ。

引用元-恋を遠ざける”強がりな女性”が「素直な愛され女」になる方法! – ガールズSlism

twitterの反応

 - 恋愛・結婚

ページ
上部へ