仕事で上司に相談するコツ・部下の相談を受けるコツとは??

上司に仕事の相談に行く時は部下は少なからず勇気がいるものです。

部下の相談を受ける上司も部下の相談には的確に答えてあげたいものです。

仕事での相談には相談する側も相談を受ける側もコツが存在します!!

社会人必見です!!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ビジネスホテルの予約が取れない!?原因や対処法について…

最近ビジネスホテルの予約がなかなか取れない状況が続いているようです。 このような状況は、出張などで...

パソコンでの仕事の休憩の取り方は??疲れをためない仕事術

パソコンで仕事を長時間やっている人は休憩も取らずに仕事をしている方も 多いのではないでしょうか?し...

仕事のミスで落ち込むひとへアドバイス…原因・解決方法はコレ

社会人が落ち込む原因で一番多いのは、仕事のミスではないでしょうか?そんなときの対処法や、ミスを引き起...

新人時代は仕事が辛いと感じるもの・・入社半年のあなたへ!!

新人時代というのは仕事を一度はつらいと感じるものです。 あなたの先輩や上司もそうでした。しかしそれ...

仕事の相談を上司にする・・相談時の上司と部下の言い分は?

仕事の相談を上司にする・・というのは部下からすれば少し勇気がいることです。 的外れな相談をしたら上...

仕事を辞めたいと思ったら…家族で乗り越える転職のススメ!

人間関係や業務内容など、仕事を辞めたいと感じているサラリーマンは多いようです。 仕事に関して不満を...

仕事と趣味の違いを世の中の人はどう考えている?その違いは?

自分の好きなことを仕事にしたいと思うのは皆さん思うところでは ないでしょうか? しかし仕事と趣味...

リクルートスーツの男性が知っておくべき定義は?就活のルール

就活をする時に男性が悩むポイントの一つに、リクルートスーツ選びがあります。 どんなスーツを選べばい...

会社の規模を縮小する意味は色々!拡大より難しい規模縮小

会社の規模を縮小すると聞くと、「衰退」をイメージする方も多いことでしょう。 しかし経営を効率的に健...

日本のアニメの経済効果とは?日本経済はアニメに救われる!?

日本のアニメ市場は国内外に留まらず、どんどんと拡大させ、それに伴う経済効果も注目されるようになってき...

日本の資源が少ない理由~日本が世界に誇れる資源とは何か…

日本の資源が少ない理由をご存知ですか?先進国の中でも資源が少ないと言われ続けた日本は、他国によって支...

ビジネスホテルの予約はいつから?ホテル難民の回避方法!

近年ビジネスホテルの予約が取り辛くなっている傾向にあるといわれています。 出張などで利用するビジネ...

資産運用は比率が重要!リスク分散・年齢・貯蓄に見る割合とは

資産運用を始めるにあたり、運用資金をいくらくらい充てるかは重要なポイントになります。 リスクや自分...

パソコンで仕事をする人は頭痛が起こりやすい!その対処法!

仕事をする時に現代ではほとんどの人が必ずパソコンを使うと思います。 長時間パソコンを使っていると目...

資産運用!100万円あったら何ができる?賢いお金の生かし方

最近では銀行の金利も軒並み低くなり、銀行に預金していても資産運用の価値がありません。 100万円の...

スポンサーリンク

仕事での相談とは??

③「相(相談)」…何かトラブルが起きたときや、次の指示を仰ぐとき、また何か不安に感じたことがあった場合に行なう

  事件が大きくならないうちに、「どうすればよいでしょうか」と、正直に報告・連絡そして相談することが大切。相談をする前に、自分で対策を練れるならば、あらかじめ対処法などを考え相談する際にアドバイスを求めましょう。また相談する時には、上司や先輩に「相談があるのですが、お時間をいただけますか?」と最初に付け加えると印象も良くなります。【相談のコツ】・わからない事は実行する前に、上司や先輩に相談する事 自分勝手にわからないまま仕事を進めていき完了した時に、「これ違うよ!」ってなるとまた最初から仕事をしなければいけないので、開いてもがっかりするし、自分も落ち込みます。

引用元-職場「報・連・相」の意味やコツ – Asia Now | 働く外国人・学ぶ留学生のための情報コミュニティー

仕事の上司に相談する時のコツとは??

1 悩みの「内容」を明確にしておく
 2 悩みの相談をするときは「簡潔に」話す
 3 悩みを相談する「タイミング」は早めに
 私にもこんな経験がありました。興味本位からいろいろな仕事を引き受けた結果、締め切りが一時的に集中してしまい、お手上げ寸前の状態に。そんなとき、上司に泣く泣く「何から手をつけていいのかわかりません、どうすればいいのでしょうか」と仕事の優先順位について、はじめて相談しました。
 そのときに、「上司は、何のためにいると思う?」と聞かれ、「お忙しいと思いましたので、自分なりに解決をしようと思いまして……」と伝えると、「上司は、部下が仕事を通して成長していく姿を見守るための相談役なんだよ。だから、手一杯になる前に、気軽に声をかけて」という返事をもらい、ホッとしたのを今でもよく覚えています。

引用元-「気がきく」人がやっている上司・先輩に可愛がられる報連相のコツ|「気がきく」人がやっていること|ダイヤモンド・オンライン

仕事の上司と部下はお互い相談しやすい環境作りを!!

上司と部下の距離は置き過ぎないこと!上司が部下に歩み寄り、部下の意見をきちんと聞いてあげることも必要ですが、部下も上司と距離を置きすぎずに接することがコミュニケーションを円滑にするコツです。仕事や会社が上手くいくかどうかは、人間関係による部分が大きいものです。まずは上司と部下の、会社内の人間関係を円滑に保っていく努力を、各々が実行していくことが大切です。上司とは日常的に交流して相談時は結論を先に言うのがコツ!上司とは日常的に交流して下地を作り、相談時は結論を先に言うのがコミュニケーションを円滑にするコツです。いくら自分が担当している仕事でも、問題が起きたら一人で抱え込まずに、必ず上司に相談しましょう。部下の責任は上司にあり、それは会社の責任になります。問題やトラブルは早期発見、早期解決が何よりも重要です。必ず、上司に問題点を相談して、早めに解決するように心がけましょう。”

引用元-上司に相談する際に知っておきたい3つのコツ | ビジネススキルのことならキャリアパーク

仕事の相談のコツは雑談!!相談する相手との普段の雑談が鍵!!

コミュニケーションの土台は、「話しやすい環境」です。

1.「話しやすい環境」という土台があると、仕事の話もしやすくなり、
2.仕事の話をしていくうちに、
3.仕事の質を高めるような内容にテーマが変化します。

「話しやすい環境」 → 「仕事の話」 → 「質の高い話」 の順番です。

一番先に取り組むのは「話しやすい環境」を作る、ことになりますが
具体的には何をすればいいのでしょうか?

それは、雑談です。

雑談? と意外に思われた方もいると思いますが、例えば、家庭の中のコミュニケーションを思い浮かべてみてください。
雑談が豊富にある家庭は、仲がよさそうな気がしませんか?
逆に、報告・連絡・相談のときだけ家族と話す、という家庭があるとしたらなんだか殺伐とした感じがします。

大切なことを話そうと思っても、日頃会話を避けている分、 話しにくそうです。
これと同じことが職場でも起きがちです。

日頃、報・連・相のときしか、コミュニケーションを取っていないと、冒頭の「遠慮してしまう」機会が増えてしまいます。

・給湯室で会ったときにちょっと話をする
・「おはよう」と言ったあとで、一言、二言話す
・トイレの行き帰りに、声をかける … etc.

このようなちょっとした機会に雑談をしていると、報・連・相のしやすい土台が作られていきます。

引用元-コミュニケ―ションが悩みの種 | ベストライフコーチング :: Bestlife Coaching

心がけよう!仕事での部下からの相談を受ける時のコツとは??

2.異論があっても、まず共感・肯定の言葉から入る

NG…「でも、そうは言っても」「いやー、」 
OK…「そうなんだね」「気持ちは分かった」

正直、持ち込まれる悩みごとの中には、ほんとうに瑣末なこともありました。また本人に問題があったり、視野が狭いことが原因の悩み、ということもありました。とはいえ(前項とも通じますが)、ひとまず相手の心情をすべて吐き出させることを優先事項とし、頭ごなしに否定しないことが大切です。
わたしから見たらくだらない悩みでも、相手にとっては一大事かもしれません。その気持ちを否定しない、というのは実はなかなか難しくて、意識して練習しないと身に付かないことだったように思います。

引用元-後輩の相談を受けるときに意識したい4つのコツ – リクナビNEXTジャーナル

相手の言うことに対して、「共感」「肯定」「賞賛」をなるべく与える

共感…「その気持ち、分かる」「それは嫌だったね」「しんどかったでしょう」
肯定…「考え方は間違ってないと思うよ」「その判断は正しかったよ」
賞賛…相手のいいところを見つけて、褒める。

通常の業務では実績や数字をもって賞賛とすべきなんですが、このケースはまた別です。結果がどうあれ、トライしたことや相手のしたことを褒めましょう。「ガス抜きケア」においてはどんなことでも良いので、「自分から見て好ましいと思った言動、継続してほしい言動」を褒めるといいかなと思います。
こんな感じでしょうか。具体的なテクニックとしては、「聞く」と「リアクションする」の2つに分けられると思います。そこから先の「アドバイス」に関しては、自分が話を聞いて思ったことを素直に伝えたり、単純な体験談を話すことでも十分役に立てるんじゃないかなと思います。個人的には、そういう場合はなるべく「自分だったらどうするか」という視点で考え、相手の悩みについて、決して「他人事」として語らないよう、気をつけています。

引用元-後輩の相談を受けるときに意識したい4つのコツ – リクナビNEXTジャーナル

twitterの反応


https://twitter.com/0v0_000/status/582898200287141889