ワダイビジネスサテライト

ワダイビジネスサテライトでは今話題のニュース・商品・ビジネス・恋愛・健康・豆知識ネタetc皆様に役立つあれこれを配信していきます

*

子供の運動神経は12歳までに良くする!脳も鍛える遊び方は??

   

 - 生活

うちの子供は運動神経が良くなるのかしら??

うちの家系は運動音痴だから・・うちの子は運動神経は良くないと思う・・・

遺伝ではありません!子供の運動神経は良くなります!!

子供の運動神経を良くする遊び方をまとめてみました!

スポンサーリンク

  関連記事

d1f7b72244ac11a859d6c3eeaf6a98e1_s
会社を辞める決断ができず悩んでいる人へ!決断する前に再確認

今の会社を辞める・・・そんなこと考えたこともない人もいれば

度々今の会社を辞めようかと考えている人もいると思います。

会社を辞める決断をする前に・・ちょっと再確認をしてみませんか?

その決断!間違いはないですか?

仕事 ストレス 病院
仕事のストレス…病院に行くべき?体にあたえる影響とは…

仕事をしている上で、ストレスを感じるのは避けられないことです。

しかし過度のストレスは精神や身体に異常をきたしてしまう原因にもなりかねません。

症状が出る前に、適切な病院での受診や自分なりのストレス解消法を見つけることが重要です。

アルコール 消毒 濃度
アルコール殺菌消毒の原理は?正しく使って抗ウイルス対策!

最近では病院や施設などでのアルコール消毒が習慣化されています。

アルコール消毒はどのような原理で殺菌しているのでしょうか?

アルコール殺菌消毒を正しく理解し、効果的に使って体をウイルスから守りましょう!

0db89e727e23c1ff9926f50518f51c02_s
ストレス発散にゲームは効果的な半面・・ポイントと注意点!

ストレス発散の方法の一つとして、ゲームをするということがあります。

ゲームをすることでリラックスできたり、スッキリしたりとメリットはたくさんあります。

しかしゲームの仕方やタイプによっては逆にストレスを溜めてしまう原因にもなってしまいます。しっかりポイントを押さえて、上手にゲームを利用してみましょう!

アルコール 消毒 布
アルコールは消毒だけじゃない!布についたシミ取りもできる!

ノロやインフルエンザなどの感染を防ぐため、最近ではお家に消毒用のアルコールを常備している人も多くなりました。

しかし消毒用のアルコールはウイルス除去以外にも、日常の中でもいろいろと使用することができます。

布についたシミ取り方法や布団のカビとりなど、生活の中で使えるアルコールについてまとめてみました。

髪の毛 サラサラ ドライヤー
髪の毛サラサラはドライヤーで作れる!美髪のポイント・注意点

ドライヤーは髪の毛を傷めると言われていましたが、実はツヤツヤサラサラの髪の毛の為にはドライヤーが重要なアイテムになります。

正しいドライヤーのかけ方やポイント、注意点を守れば誰でも簡単ツヤツヤサラサラの髪の毛になれるのです!

毎日のドライヤー習慣を見直し、今日から美髪を目指しましょう!

車 ローン 年収200万
車のローンを組みたい!年収200万円の私でも車は買える?

車のローンを組む審査の基準に年収の問題があります。年収200万がボーダーラインとなり、場合によっては車のローンが組めないことも…

しかし年収200万あれば、その他の審査基準と合わせることで、比較的ローンが組みやすくもなります。

そこで年収200万の車ローンについてまとめてみました。ぜひ車の購入の参考にしてください。

プロテイン 効果 日数
プロテインの効果が現れる日数は?効果的な摂取のポイント

プロテインは理想の体型や健康、美容のために効果的とされています。

摂取する事で効果が現れる日数はどのくらいなのでしょうか?

そこでプロテインを効果的に摂取するためのポイントや期間について調べてみました。

部屋 掃除 捨てる
部屋掃除は捨てることから始めよう!キレイな部屋を保つコツ

部屋掃除は捨てる事から始まります。いくらキレイにしようとも物が溢れていては、いつまでも片付きません。

そこで部屋掃除成功のポイント、「捨てる」事について調べてみました。すっきりキレイなお部屋のために、ぜひ実践してみましょう!

28613104c636ba99eaa07295305e94e5_s
洗濯機で洗濯、乾燥した後衣類に臭いが・・原因は一体何??

みなさん一回は体験したことがあるのではないでしょうか?

洗濯機で洗濯もしくは乾燥したのに衣類から臭いにおいが・・

原因は色々と考えられます。調べてみました。

ae10096a5528cc0f7309d0f2980079b5_s

子供の運動神経を良くするには12歳までが重要!

『運動神経を良くするためには、12歳までの間にいろいろな運動を経験しておくことが大事です。子どもの運動神経形成にとって、幼少期は大事な期間だと言えます。12歳までに、実際に運動をする筋肉と、動かすために指令を出す脳との伝達回路をきっちり結んでおかないと、イメージ通りに体を動かすことができなくなってしまうのです』(アスレティックトレーナー/26歳女性)
大人になって、なにもないところでつまずいたり、通れると思ったドアに肩をぶつけてしまったり、足の指をぶつけてしまったり……。これはまさに実際に運動をする筋肉と、動かすために指令を出す脳との伝達回路のつながりが弱まっている証しなのだそうです。
イメージ通りに体を動かすためには、筋肉だけではなく脳も鍛える必要があるのです。
(2)まずは、運動能力の基礎をしっかり作っていきましょう
『ひとつの習い事を幼少期から集中的に経験させるという方が多く見受けられますが、純粋に運動神経の向上を考えるならば、なるべくたくさんのスポーツ、いろいろな種類の動きを経験してもらったほうが高い効果を期待できます』(前出アスレティックトレーナー)
なにも、スポーツをたくさん習わせなければならないといったことではありません。休みの日に、サッカーばかりではなくてボールを投げること、走ること、飛び跳ねることなど、いろいろな動きをすることで運動神経を鍛えることができるそうです。

引用元-子供の運動神経を良くする方法3つ | パピマミ

スポンサーリンク

  人気記事

子供の能力の差は遺伝?運動神経は生まれながらの能力ではない

一体,能力の差はどこから来るのでしょうか.
遺伝.確かに説得力のある理由です.足が速いのも,音痴なのも,絵が上手なのも,字が汚いのも,記憶力が良いのも,何でも遺伝の所為.そう片付けてしまえば,何も考えなくて済みます.諦めもつくというものです.しかし,本当にそうでしょうか?
音痴は遺伝か.子供が音痴になるのは,調子外れの子守歌を毎日毎日聴かされたからであって,生まれながらにして音痴なのではありません.遺伝ではなく,環境が音痴を育てるのです.いつも正しい音程の曲を聞かされていたなら,きっと音痴はならないでしょう.
運動神経は遺伝か.子供の運動神経が良くなるのは,運動好きの親と一緒に運動をよくするからであって,生まれながらにして運動神経が良いのではありません.遺伝ではなく,環境が運動神経を良くするのです.運動嫌いの親に体を動かすことなく育てられたなら,きっと運動神経は悪くなるでしょう.
日本語は遺伝か.子供が日本語を話すのは,日本語を話す親に育てられたからであって,生まれながらにして日本語の才能があるのではありません.遺伝ではなく,環境が日本語を使わせるのです.いつも綺麗な外国語を聞かされていたなら,きっと外国語を話すようになるでしょう.

引用元-育児:子供には良い刺激を与えよう

子供の運動神経と脳の関係は

●運動と子供の脳の関係

ように連結されているか(シナプス)によります。ニューロンとシナプスのネットワークは、外部から受けた刺激によって個人差が生まれます。最新の脳科学の研究によって、子どもの運動能力は3、4歳~12歳ごろまでにおおよそが決まると明らかにされています。
 外からの刺激を受け取る目や耳、皮膚などの器官が発達・完成するのがおよそ4歳、バランス感覚や運動機能をつかさどる小脳ができ上がるのが12歳ごろ。12歳までを運動神経を育てる「ゴールデンエイジ」といい、この時期の神経系トレーニングが子どもの運動能力を左右し、一生涯の運動神経を決めると考えられています。

引用元-子どもの運動神経をよくしたい | わんぱく大作戦 | TSSテレビ新広島

●すべてのスポーツに通じる身体能力が成長の伸びしろに

 サッカー選手になるためには、サッカーに絞って専門技術の習得に励みます。上達するにつれて、それだけでは通用しない壁にぶち当たることがあるでしょう。そんな時に伸びしろになるのが、どんなスポーツにも通用する身体能力です。専門性を高める以上に、4歳~12歳のゴールデンエイジでの神経系トレーニングが重要です。
 神経系トレーニングの実践は、「外遊び」をたくさんすること。親御さんも一緒にすることがポイントです。一定の距離を保ちながら見守り、遊びに集中させてあげてください。そして子どもたちが落ち込んだときや壁にぶち当たった時、時期を見計らって、次のステップへとさりげなく導いてあげてください。そのためには、日ごろのコミュニケーションが欠かせません。

引用元-子どもの運動神経をよくしたい | わんぱく大作戦 | TSSテレビ新広島

2歳~4歳頃はこう遊べ!子供の運動神経を良くする遊び方

心身共に発達し、自分の動きをコントロールできるようになるこの時期の子供の運動神経を良くするには、日々の遊びの中で体を動かす機会をつくることが大切です。
なるべく毎日たっぷりと外遊びをさせましょう。飛んだり、跳ねたり、走ったり、踊ったり…と、本人が楽しいと思える多種多様な遊びで、たくさんの体を動かす体験をさせることが大切です。
砂場で遊ぶ、ブランコをこぐ、鉄棒、トランポリン、ボール遊び、木登りなどを頻繁に行う子供は、何か特別なスポーツだけをさせている子供よりも、運動能力が高くなるという研究結果もあるそうです。
ママやパパの中には、早期教育で能力を発揮する幼いキッズ達の活躍を目にすることで、焦ってわざわざ特定のスポーツの特訓をする人もいます。
けれど「天才も二十歳過ぎればただの人」という言葉もあるように、本人が楽しいと思わなければ、いずれは伸び悩み、才能があっても辞めてしまう子供も少なくありません。

引用元-子供の運動神経を良くするたった4つの方法!脳を育ててスポーツ万能に – マーミー

子供の運動神経を良くする遊び1

パパ登り 木登りの要領で、パパのカラダを登る遊びです。 パパは、スクワットをするときのような姿勢で、グイッと腰を入れて立ちます。子どもは、パパのももにしがみついたり、腕につかまったりしながら、肩車の位置までよじ登れれば成功です。 筋力やバランス感覚が鍛えられます。風船バレーボール 風船を膨らませて、パパと子どもで、交互に落とさないようにバレーボールします。自分と対象物との距離感を測る能力や反応能力が鍛えられます。 子どもは風船が大好きですよね。100円ショップで手軽に買えますから、忙しいパパとしては風船くらい買っておき、いつでもちょっとした時間に膨らませて遊んであげられるようにしておくといいですよね。いろいろ使えます。

引用元-子どもの運動神経を伸ばす3分間遊び | 仕事パパも子育てしたいよ | 日経DUAL

子供の運動神経を良くする遊び2

新聞紙チャンバラ これも新聞紙ネタ。新聞紙を筒状に丸めて剣にしてチャンバラです。 誰でも必ずやる、単純な遊びですけれど、意外と忘れがち。子どもが「退屈だよ?」と言っていたり、テレビゲームにばかり夢中になっているときに、手元にある新聞紙をくるりとまとめてポン!とやれば、リビングがチャンバラ道場に早変わりするでしょう。 これもまた、ママには怒られると思いますけれど。 相手の動きに反応し動作を切り替えたり、道具を上手に操ったりする能力を鍛えることにつながります。

引用元-子どもの運動神経を伸ばす3分間遊び | 仕事パパも子育てしたいよ | 日経DUAL

目隠し迷路

 タオルなどで目隠しをして、家の中を探検することで、暗闇の中で自分と物の位置を把握するのに似た空間認識能力が鍛えられます。

 リビングをスタート地点として、お風呂場まで行ってみるなどのミッションを設定するとより楽しく遊べます。

 勝手知ったる我が家でも、ソファにつまずいたり、ドアにぶつかったりするでしょう。危険のないように、そのあたりはパパが上手にカバーしてあげてください。

引用元-子どもの運動神経を伸ばす3分間遊び | 仕事パパも子育てしたいよ | 日経DUAL

twitterの反応

 - 生活

Message

メールアドレスが公開されることはありません。