ワダイビジネスサテライトでは今話題のニュース・商品・ビジネス・恋愛・健康・豆知識ネタetc皆様に役立つあれこれを配信していきます

ワダイビジネスサテライト

子供の運動神経は12歳までに良くする!脳も鍛える遊び方は??

   

子供の運動神経は12歳までに良くする!脳も鍛える遊び方は??

うちの子供は運動神経が良くなるのかしら??

うちの家系は運動音痴だから・・うちの子は運動神経は良くないと思う・・・

遺伝ではありません!子供の運動神経は良くなります!!

子供の運動神経を良くする遊び方をまとめてみました!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

日本が好きな外人に和む人多数!愛すべき外人のエピソード

最近日本好きな外人のエピソードに和むという趣旨のサイトが注目...

車検時に交換が必要になる部品の知識と自分で見極める方法

車検の見積もりを取ると、交換が必要になる部品の項目がいくつか...

旦那の家事手伝いが中途半端!イライラする妻とイクメン風夫

最近はイクメンという言葉がもてはやされ、家事を手伝う旦那が増...

会社都合の解雇はデメリットが…あなたと会社のデメリット…

会社から解雇を言い渡される理由はいくつかあります。 中...

中学生が部活に拘束される時間は意外と長い?勉強の両立は?

中学生になると部活が始まります。 部活に打ち込む学生も増え...

会社の規模を縮小する意味は色々!拡大より難しい規模縮小

会社の規模を縮小すると聞くと、「衰退」をイメージする方も多い...

子供が一歳・・夫と離婚したい・・出産後に陥る夫婦危機とは?

子供が生まれ一歳頃になると、夫と離婚したいと考える女性が急増...

友人への出産祝いに現金のみでいい?マナーとタイミングは?

友人の出産祝いに何を贈るか迷っている方は多いようです。 し...

アパートの騒音は何時までなら許せる?世間の声から判断を!

アパートに住んでいると、ご近所付き合いで気を付けたいのが騒音...

友人への出産祝い!第2子の場合に喜ばれるプレゼントとは…

友人に出産祝いを贈る時にはどんなものが良いか悩むところ。 ...

姑との同居で問題となる生活費!こんな分担と切り出し方は?

姑との同居には良い面もたくさんありますが、様々な問題が立ちは...

子供の大学の資金っていくら必要?事前に計画を立てないと…

子供を大学まで進学させるとなると、かなりの教育資金が必要にな...

血液検査の結果を病院に電話で問い合わせることは可能か?

病院で診察を受けると、病状によって血液検査を受けることがしば...

学歴が大卒と高卒で考え方が違う?日本の現状と学歴の差とは

就職する際に大卒か高卒か、最終学歴がどのくらい影響するのでし...

…仕事のミスで辞める前に心の整理!辞めたい理由は他にある?

仕事でミスをすると会社を辞めてしまいたくなることがあります。...

夫が単身赴任で子供なしの夫婦が夫婦円満でいられるアレコレ

子育て世帯では夫の転勤が決まると、子供の就学や進学の状況に合...

妻の誕生日何も予定なし・・な時は手料理で喜ばせてみては?

妻の誕生日になにを贈るか毎年悩んでいる男性は少なくありません...

男性は好きな人の妄想をする生き物?男が妄想する言動とは

男性は妄想するのが大好きです。 身近な女性の何気ない仕草に...

結婚できない理由…別れを選ぶ人は男女の脳の違いを理解しよう

結婚はカップルにとって大きな変化の一つです。 結婚した...

娘の友達がわがまま!娘の親として対応はどうしたらいいの?

娘が仲良くしているお友達がわがままな子だったら…我慢している...

スポンサーリンク

子供の運動神経を良くするには12歳までが重要!

『運動神経を良くするためには、12歳までの間にいろいろな運動を経験しておくことが大事です。子どもの運動神経形成にとって、幼少期は大事な期間だと言えます。12歳までに、実際に運動をする筋肉と、動かすために指令を出す脳との伝達回路をきっちり結んでおかないと、イメージ通りに体を動かすことができなくなってしまうのです』(アスレティックトレーナー/26歳女性)
大人になって、なにもないところでつまずいたり、通れると思ったドアに肩をぶつけてしまったり、足の指をぶつけてしまったり……。これはまさに実際に運動をする筋肉と、動かすために指令を出す脳との伝達回路のつながりが弱まっている証しなのだそうです。
イメージ通りに体を動かすためには、筋肉だけではなく脳も鍛える必要があるのです。
(2)まずは、運動能力の基礎をしっかり作っていきましょう
『ひとつの習い事を幼少期から集中的に経験させるという方が多く見受けられますが、純粋に運動神経の向上を考えるならば、なるべくたくさんのスポーツ、いろいろな種類の動きを経験してもらったほうが高い効果を期待できます』(前出アスレティックトレーナー)
なにも、スポーツをたくさん習わせなければならないといったことではありません。休みの日に、サッカーばかりではなくてボールを投げること、走ること、飛び跳ねることなど、いろいろな動きをすることで運動神経を鍛えることができるそうです。

引用元-子供の運動神経を良くする方法3つ | パピマミ

子供の能力の差は遺伝?運動神経は生まれながらの能力ではない

一体,能力の差はどこから来るのでしょうか.
遺伝.確かに説得力のある理由です.足が速いのも,音痴なのも,絵が上手なのも,字が汚いのも,記憶力が良いのも,何でも遺伝の所為.そう片付けてしまえば,何も考えなくて済みます.諦めもつくというものです.しかし,本当にそうでしょうか?
音痴は遺伝か.子供が音痴になるのは,調子外れの子守歌を毎日毎日聴かされたからであって,生まれながらにして音痴なのではありません.遺伝ではなく,環境が音痴を育てるのです.いつも正しい音程の曲を聞かされていたなら,きっと音痴はならないでしょう.
運動神経は遺伝か.子供の運動神経が良くなるのは,運動好きの親と一緒に運動をよくするからであって,生まれながらにして運動神経が良いのではありません.遺伝ではなく,環境が運動神経を良くするのです.運動嫌いの親に体を動かすことなく育てられたなら,きっと運動神経は悪くなるでしょう.
日本語は遺伝か.子供が日本語を話すのは,日本語を話す親に育てられたからであって,生まれながらにして日本語の才能があるのではありません.遺伝ではなく,環境が日本語を使わせるのです.いつも綺麗な外国語を聞かされていたなら,きっと外国語を話すようになるでしょう.

引用元-育児:子供には良い刺激を与えよう

子供の運動神経と脳の関係は

●運動と子供の脳の関係

ように連結されているか(シナプス)によります。ニューロンとシナプスのネットワークは、外部から受けた刺激によって個人差が生まれます。最新の脳科学の研究によって、子どもの運動能力は3、4歳~12歳ごろまでにおおよそが決まると明らかにされています。
 外からの刺激を受け取る目や耳、皮膚などの器官が発達・完成するのがおよそ4歳、バランス感覚や運動機能をつかさどる小脳ができ上がるのが12歳ごろ。12歳までを運動神経を育てる「ゴールデンエイジ」といい、この時期の神経系トレーニングが子どもの運動能力を左右し、一生涯の運動神経を決めると考えられています。

引用元-子どもの運動神経をよくしたい | わんぱく大作戦 | TSSテレビ新広島

●すべてのスポーツに通じる身体能力が成長の伸びしろに

 サッカー選手になるためには、サッカーに絞って専門技術の習得に励みます。上達するにつれて、それだけでは通用しない壁にぶち当たることがあるでしょう。そんな時に伸びしろになるのが、どんなスポーツにも通用する身体能力です。専門性を高める以上に、4歳~12歳のゴールデンエイジでの神経系トレーニングが重要です。
 神経系トレーニングの実践は、「外遊び」をたくさんすること。親御さんも一緒にすることがポイントです。一定の距離を保ちながら見守り、遊びに集中させてあげてください。そして子どもたちが落ち込んだときや壁にぶち当たった時、時期を見計らって、次のステップへとさりげなく導いてあげてください。そのためには、日ごろのコミュニケーションが欠かせません。

引用元-子どもの運動神経をよくしたい | わんぱく大作戦 | TSSテレビ新広島

2歳~4歳頃はこう遊べ!子供の運動神経を良くする遊び方

心身共に発達し、自分の動きをコントロールできるようになるこの時期の子供の運動神経を良くするには、日々の遊びの中で体を動かす機会をつくることが大切です。
なるべく毎日たっぷりと外遊びをさせましょう。飛んだり、跳ねたり、走ったり、踊ったり…と、本人が楽しいと思える多種多様な遊びで、たくさんの体を動かす体験をさせることが大切です。
砂場で遊ぶ、ブランコをこぐ、鉄棒、トランポリン、ボール遊び、木登りなどを頻繁に行う子供は、何か特別なスポーツだけをさせている子供よりも、運動能力が高くなるという研究結果もあるそうです。
ママやパパの中には、早期教育で能力を発揮する幼いキッズ達の活躍を目にすることで、焦ってわざわざ特定のスポーツの特訓をする人もいます。
けれど「天才も二十歳過ぎればただの人」という言葉もあるように、本人が楽しいと思わなければ、いずれは伸び悩み、才能があっても辞めてしまう子供も少なくありません。

引用元-子供の運動神経を良くするたった4つの方法!脳を育ててスポーツ万能に – マーミー

子供の運動神経を良くする遊び1

パパ登り 木登りの要領で、パパのカラダを登る遊びです。 パパは、スクワットをするときのような姿勢で、グイッと腰を入れて立ちます。子どもは、パパのももにしがみついたり、腕につかまったりしながら、肩車の位置までよじ登れれば成功です。 筋力やバランス感覚が鍛えられます。風船バレーボール 風船を膨らませて、パパと子どもで、交互に落とさないようにバレーボールします。自分と対象物との距離感を測る能力や反応能力が鍛えられます。 子どもは風船が大好きですよね。100円ショップで手軽に買えますから、忙しいパパとしては風船くらい買っておき、いつでもちょっとした時間に膨らませて遊んであげられるようにしておくといいですよね。いろいろ使えます。

引用元-子どもの運動神経を伸ばす3分間遊び | 仕事パパも子育てしたいよ | 日経DUAL

子供の運動神経を良くする遊び2

新聞紙チャンバラ これも新聞紙ネタ。新聞紙を筒状に丸めて剣にしてチャンバラです。 誰でも必ずやる、単純な遊びですけれど、意外と忘れがち。子どもが「退屈だよ?」と言っていたり、テレビゲームにばかり夢中になっているときに、手元にある新聞紙をくるりとまとめてポン!とやれば、リビングがチャンバラ道場に早変わりするでしょう。 これもまた、ママには怒られると思いますけれど。 相手の動きに反応し動作を切り替えたり、道具を上手に操ったりする能力を鍛えることにつながります。

引用元-子どもの運動神経を伸ばす3分間遊び | 仕事パパも子育てしたいよ | 日経DUAL

目隠し迷路

 タオルなどで目隠しをして、家の中を探検することで、暗闇の中で自分と物の位置を把握するのに似た空間認識能力が鍛えられます。

 リビングをスタート地点として、お風呂場まで行ってみるなどのミッションを設定するとより楽しく遊べます。

 勝手知ったる我が家でも、ソファにつまずいたり、ドアにぶつかったりするでしょう。危険のないように、そのあたりはパパが上手にカバーしてあげてください。

引用元-子どもの運動神経を伸ばす3分間遊び | 仕事パパも子育てしたいよ | 日経DUAL

twitterの反応

 - 生活

ページ
上部へ