ワダイビジネスサテライトでは今話題のニュース・商品・ビジネス・恋愛・健康・豆知識ネタetc皆様に役立つあれこれを配信していきます

ワダイビジネスサテライト

精神が不安定でイライラする人の原因は?もしかしたら・・・?

      2015/09/22

精神が不安定でイライラする人の原因は?もしかしたら・・・?

精神が不安定ですぐカッとなる人、急に落ち込む人などの原因は??

ひどいようならもしかしたら病気の可能性も・・・??

色々な原因を調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アパートの騒音は何時までなら許せる?世間の声から判断を!

アパートに住んでいると、ご近所付き合いで気を付けたいのが騒音...

友人への出産祝い!第2子の場合に喜ばれるプレゼントとは…

友人に出産祝いを贈る時にはどんなものが良いか悩むところ。 ...

姑との同居で問題となる生活費!こんな分担と切り出し方は?

姑との同居には良い面もたくさんありますが、様々な問題が立ちは...

子供の大学の資金っていくら必要?事前に計画を立てないと…

子供を大学まで進学させるとなると、かなりの教育資金が必要にな...

血液検査の結果を病院に電話で問い合わせることは可能か?

病院で診察を受けると、病状によって血液検査を受けることがしば...

学歴が大卒と高卒で考え方が違う?日本の現状と学歴の差とは

就職する際に大卒か高卒か、最終学歴がどのくらい影響するのでし...

…仕事のミスで辞める前に心の整理!辞めたい理由は他にある?

仕事でミスをすると会社を辞めてしまいたくなることがあります。...

夫が単身赴任で子供なしの夫婦が夫婦円満でいられるアレコレ

子育て世帯では夫の転勤が決まると、子供の就学や進学の状況に合...

妻の誕生日何も予定なし・・な時は手料理で喜ばせてみては?

妻の誕生日になにを贈るか毎年悩んでいる男性は少なくありません...

男性は好きな人の妄想をする生き物?男が妄想する言動とは

男性は妄想するのが大好きです。 身近な女性の何気ない仕草に...

結婚できない理由…別れを選ぶ人は男女の脳の違いを理解しよう

結婚はカップルにとって大きな変化の一つです。 結婚した...

娘の友達がわがまま!娘の親として対応はどうしたらいいの?

娘が仲良くしているお友達がわがままな子だったら…我慢している...

流産の確率が減る時期は?妊娠して気になる流産のことを調査

妊娠すると心配になってしまうのが流産の可能性です。 一般的...

女性で料理が上手!はなぜモテる?男は胃袋をつかまれると・・

モテる女性は料理上手が多いのはなぜなのでしょうか? 料理が...

男性はキスは好きでない子とでもできるの?男性の態度で分析

男性は好きではない子とでもキスできるという、女性にとっては耳...

夫の単身赴任と保育園!入園ポイントと知っておきたいアレコレ

夫の転勤が決まった時、保育園頃の子供のいる家庭では一緒につい...

子供にはテレビを見せない方がいい!?上手に付き合う方法は…

小さな子供の成長の為にはテレビは見せない方がいいと言われるこ...

夫が単身赴任!経験者のブログに学ぶリアルな夫婦関係とは…

夫の単身赴任が決まった時、あなたはどんなことが頭をよぎります...

夫の単身赴任が辛い…と考えるよりも考え方を変えてみては!

夫の単身赴任が決まり、別々の生活が始まることを考えると辛い気...

lineの放置で〇〇が消える?意外と知らない仕組みとは…

多くのユーザーを誇るlineアプリですが、密なやりとりに疲れ...

スポンサーリンク

女性特有!精神が不安定になるのは女性ホルモンの仕業

■精神不安定は、女性ホルモンの変化や乱れにあり!

生理前や生理中、産後、更年期。これらの時期に起きる女性ならではの情緒不安定さはどこからくるものなのでしょうか?

「男性に比べて、女性のほうが感情的で情緒不安定になりやすいというのはよく聞かれる話かもしれませんが、その背景には女性ホルモンの変化・乱れが大きく関係していると言われています。女性の場合、妊娠・出産・閉経・月経・排卵などによって長期的にも短期的にも女性ホルモンの分泌に大きな変化が起きています。女性ホルモンの変化自体はごく自然なものですが、女性ホルモンの分泌が乱れることで体調が崩したり、気分が落ち込みやすかったり、極端に悲観的な思考に偏ったり、集中力・判断力が低下したり、無気力・不眠・食欲低下といった症状が出ることもあります。女性ホルモンの乱れは自律神経への影響も大きいため、女性自身も自分の体や心をなかなか制御しきれないという状況になりやすいのですね。」(ゆうき先生)

引用元-専門家に聞く! 女性ホルモンの乱れが原因!? 精神不安定な女性に対するNG言動5つ | 「マイナビウーマン」

精神が不安定な原因は自分に精神的な抑圧があった時

情緒不安定の原因は一概にこれとはいえませんが、精神や情緒に不当な抑圧を受けることによって起きることが多いようです。

例えば、成長期に過ごす環境が不良だった場合。

社会における人間関係の不良も、不当な抑圧を情緒に与えることに。

このほか、ストレスや糖分の摂り過ぎによる低血糖、電磁波によっても情緒不安定になるといわれています。

また、女性の場合はホルモンバランスの崩れが原因となることも。

月経前や更年期に情緒不安定になる人が多いのは、そのためです。

では、ホルモンバランスが崩れる原因は…?

更年期にホルモンバランスが崩れるのは、加齢による卵巣機能の低下が原因です。

卵巣機能が衰えると女性ホルモンのひとつである卵胞ホルモンの分泌量が減少します。

しかし、脳は分泌量を増やすべく、生殖腺刺激ホルモンと卵胞刺激ホルモンを分泌して働きかけますが、卵巣は対応できません。

その結果、生殖腺刺激ホルモンと卵胞刺激ホルモンは分泌され続けるのに卵胞ホルモンは減ったままというアンパランスな状態になるのです。

引用元-情緒不安定になる原因と症状、色々な改善方法

精神が不安定な人の原因は幼少期の親子関係が原因かも??

情緒不安定性人格障害とは

情緒不安定という言葉だけで何となく状態を想像できると思いますが、この疾患は不安定な感情を主な症状とするもので、自分の感情を統制できない障害です。

不安定な感情は主に人に向けてぶつけられるものですので、人間関係で大きなトラブルを生じることが多いようです。

引用元-幼少期の親子関係が原因!?情緒不安定な人格障害になりやすい人って?[カラダノート] 症状や対処法・予防や治療の方法など20000件以上

小さいときの親子関係が原因かも…

子どもは自立と依存の間を行ったり来たりしながら成長していきます。次第に子どもは依存の割合が少なくなっていき、次第に親から離れて自立していくのです。

そのために必要なのが、親から注がれる愛情によって感じる安心感なのですが、成長の過程でその安心感を得られないと、「見捨てられるのではないかという不安」が生じるようになって自立できず、思春期以降にこの疾患を生じてしまうと考えられています。

引用元-幼少期の親子関係が原因!?情緒不安定な人格障害になりやすい人って?[カラダノート] 症状や対処法・予防や治療の方法など20000件以上

最近イライラする!精神が不安定な人はヨーグルトを食べよう!!

アメリカの雑誌『Reader’s digest』ウェブ版の記事によると、「落ち着きがない」「イライラする」という精神の不安定さは、お腹に存在する良性バクテリアの有無や数に起因している可能性があるというのです。そこで今回は、お腹の中のバクテリアが精神に与える影響について、ご紹介します。最近イライラが収まらないという方は必見ですよ!

■良性バクテリアの投与で行動が落ち着いたマウスも

カナダで行われた、マウスを利用した実験によると、良性の腸内バクテリアの数をコントロールできる抗生物質をマウスに与えたところ、与えられた物質の種類によって、マウスが急にソワソワし始めたり、逆に落ち着いたりといった変化がみられたそうです。
そして、抗生物質の投与によって落ち着いたマウスの腸内バクテリアを、ソワソワしていたマウスに移植したところ、行動が落ち着いたという結果も!

■ヨーグルトがストレス対策に!?

毎日口にする食べ物が、私たちの心や体の健康に影響を与えることはご存じの方も多いはず。
アメリカで行われた、女性を対象とした調査によると、腸内の健康に関係する“プロバイオティックス”を豊富に含むヨーグルトを定期的に食べた人は、中でもとくに腸内バクテリアを健康に保つ可能性が高いことが判明したというのです。
そして、恐怖感やストレスに対する実験では、プロバイオティックスを含むヨーグルトを食べた被験者のほうが、より落ち着いた反応を見せた、という結果も出ています。

引用元-イラチさんは注目!お腹の中の「バクテリア」が精神不安定の原因かも – WooRis(ウーリス)WooRis(ウーリス)

過去の精神的ショックやストレスが原因で発症!不安神経症とは??

不安神経症(全般性不安障害)とはどんな病気か

 不安を主症状とする神経症を、不安神経症といいます。
 不安は漠然とした恐れの感情で、誰でも経験するものですが、はっきりした理由がないのに不安が起こり(あるいは理由があっても、それと不釣り合いに強く不安が起こり)、いつまでも続くのが病的な不安です。不安神経症では、この病的な不安がさまざまな身体症状を伴って現れます。
 なお、国際疾病分類などでは「神経症」という用語はすでに正式な診断名としては使われなくなっており、従来の不安神経症にあたる診断名は、現在では「パニック障害」か「全般性不安障害」です。
 パニック障害は急性・突発性の不安症状が特徴ですが、全般性不安障害は慢性の不安症状が長く続くのが特徴です。パニック障害については次項で述べるので、ここでは全般性不安障害について解説します。

原因は何か

 一般に、神経症の原因は心理的な出来事(心因)とされていますが、実際にはそのような出来事がみられないこともしばしばあります。全般性不安障害の場合も、何らかの精神的なショック、心配ごと、悩み、ストレスなど、精神的原因と思われる出来事のあることもありますが、まったくないこともあり、また、過労、睡眠不足、かぜひきなど、一般的な身体的悪条件がきっかけで発症することもあります。日常生活上のさまざまなストレスを背景に、いつのまにか発症しているというのが普通です。
 全般性不安障害はもともと神経質で不安をもちやすい性格の人に多くみられ、女性に多く、男性の倍以上といわれています。

引用元-不安神経症(全般性不安障害)|症状や原因・診断と治療方法など – gooヘルスケア

twitterの反応

 - 生活

ページ
上部へ