ワダイビジネスサテライト

ワダイビジネスサテライトでは今話題のニュース・商品・ビジネス・恋愛・健康・豆知識ネタetc皆様に役立つあれこれを配信していきます

*

ホワイト企業の特徴とは??ホワイトとブラックの判断基準!!

   

 - ビジネス・経済

ホワイト企業の特徴と判断基準は??

最近世間やニュースなどで議論されているホワイト企業とブラック企業。

しかしそんな簡単に線引きできるようなお話ではないようです・・

まとめてみました。

スポンサーリンク

  関連記事

c1db15aeebf0b146c50ef330e9d65e1d_s
仕事の相談を上司にする・・相談時の上司と部下の言い分は?

仕事の相談を上司にする・・というのは部下からすれば少し勇気がいることです。

的外れな相談をしたら上司に怒られる・・急がしそうだから相談しづらい・・

上司の皆様も考える必要がありそうです。

仕事の相談における上司と部下の言い分を調べてみました。

資産 運用 割合
資産運用の最適な割合は?家計に貯蓄に!自分に合った運用方法

今まで資産運用は富裕層や投資家のものというイメージでしたが、最近ではずいぶん身近なものになりました。

小額投資に嬉しい制度や商材も増え、少ない予算で始めることも可能です。

しかし運用資金は家計や貯蓄などとの割合をしっかり考えて行うことが重要です。無理のない自分に合った運用を考えてみましょう!

女性 仕事 一生
女性が仕事を一生続ける事のできる職業ってなにがあるの?

女性は一生のうちに、結婚・出産・子育てなど、様々なステップがあります。

仕事を続けるという視点から見ると、男性よりも厳しいという現実も・・・

そこで女性が一生を通して続ける事のできる仕事はどんなものがあるのか調べてみました。

6ed69503a26753ead091c7cccad6ff5c_s
新人で仕事がないと思っている人へ・・仕事は雑用から始めよう

新人さんは仕事量が少なく、仕事がないと思うこともしばしば・・

皆さん新人の頃はその道を通ってきました。

しかし仕事がない時にどういう行動をするかによって未来が変わってきます。

仕事がない時は自分から雑用を始めてみましょう!!

d0fdd62152315629650cabfed42dc749_s
公務員になりたい!!どんな勉強をするの?スケジュールは?

安定しない時代で、人気の職業なのが公務員。公務員になるためには一体どんな勉強をするのでしょうか?

公務員にも種類がたくさんあるので、自分の目指すべき道を決め、しっかりとした勉強スケジュールを立てましょう!

そして一般的にいつから勉強を始めているのか、スケジュールも調べてみました。

b8327b6d14e31dc342b98ab7ddf68f3b_s
起業に失敗する原因は??起業する前にもう一度再確認を!!

皆さん一度は起業を考えたことがある人も多いのではないでしょうか!

起業を考える人の多くはサラリーマンで実力のある人や自分の夢を叶える為

だったりと実力のある方だと思います。しかしちょっと待って下さい!!

起業で失敗する人の失敗の原因の確認をしてからでも遅くはありません

a27695c6d5a02d0d7d1f83e42037f8f4_s
日本の資源って何なの?海外の反応からみる日本の心とは…

日本は昔から資源の少ない国とされてきました。資源の輸入依存なども問題とされています。

しかし海外の反応として、日本の人材・技術力・美徳なども貴重な資源として考えられているようです。

そして今、新たな天然資源の可能性を手に入れた日本に対し、世界はどのような目を向けているのでしょうか?

リクルートスーツ 男性 ネクタイ
リクルートスーツを着こなす!男性就活生のネクタイ選び!

厳しい就職活動。リクルートスーツに身を包み、面接を掛け持つ男性も多いことでしょう。

そんな面接でネクタイが、自分の印象に大きく影響を与えるということをご存知でしょうか?

色や柄、スーツとの合わせ方によっても印象が変わってしまいます。そこで就活生がネクタイを選ぶポイントをまとめてみました。

10b0762dd31efaa6331e8d6d99cc3b4b_s
大学生必見!大学卒業は就職に有利?何を基準に選考しているの?

受験勉強を乗り越えて入った大学生活も終盤・・そろそろ就職活動!!大学卒業は就職に有利に働くの?会社は何を基準に人材を選んでいるの?大学卒業が就職に有利かどうか調べてみました。

0911-6-2
仕事での電話が怖い人必見!仕事の電話を克服する方法とは??

電話の応対で怖い思いをしたことがありますか?
それが仕事上ならトラウマになっちゃいますよね
でも、電話に出なくていい仕事はなかなかないです
今回は、「電話が怖い」「電話が苦手」な人のための克服法をご紹介します

37ea4444b6c991ff300bda11f4cdf5bd_s

ホワイト企業とブラック企業の判断基準は??

法令を無視して長時間労働などを強いる、いわゆるブラック企業問題で、厚生労働省は今年8月、疑いのある企業に立ち入り調査を実施し、悪質な労働基準法違反などがあった場合は社名を公表すると発表しました。若者を“使い捨て”にするブラック企業の活動を抑止するのが目的です。立ち入り調査を行うにあたり、“ブラック容疑”の主な根拠となったのは若手社員の離職率でした。待遇や労働環境が劣悪であるほど、離職率は当然、高まるからです。同省によると、大卒社員の3年以内の離職率は平均28.3%。これを極端に上回っている企業を中心に、取り締まりのメスが入りました。 離職率は、職場の働きやすさ/働きにくさを反映する重要なポイントです。したがって「ホワイト企業」とは、ブラック企業の反対で、若者の離職率が低い=新卒定着率が高い企業だと位置づけられます。

引用元-「ホワイト企業」とは? – 『日本の人事部』

スポンサーリンク

  人気記事

ホワイト企業の特徴は??

▪︎「ノルマ」

こなせない業務量やノルマを与えられるのがブラック企業の特徴で、その反対のホワイト企業の特徴は、達成可能なノルマが課せられるか、またはノルマがない(個々の責任やチームで動く)ところです。

▪︎「残業」

残業が当たり前、慢性化しているのが、ブラック企業の特徴です。一方で、ホワイト企業はノー残業デーを設けるなど、残業をできるだけ減らそうと努力している、または残業自体ないのが特徴です。

▪︎「残業手当て」

残業代に関しては、サービス残業が当たり前で、会社によっては日が変わらないと帰れないようなこともあるのがブラック企業の特徴で、ホワイト企業では残業をしたらしっかりと残業手当がつくのが特徴です。

このようなホワイト企業とブラック企業の特徴の違いを見ても、できるだけホワイト企業で働く方がいいですよね。

引用元-ホワイト企業と呼ばれる会社の基準と見分け方  | 就活のことならキャリアパーク

ホワイト企業を狙う!!業界の特徴とおすすめは??

「ホワイト企業に就職したい」ならおすすめはメーカー

ホワイト企業が多いとされる業種は、土日が休みになるメーカーです。
とくに化学メーカー、輸送用機器メーカー、石油・石炭製品メーカー、ガラス製品メーカーは、定着率・有給取得率とも高くなっています。

ノンメーカーでは、「電気・ガス」と「情報・通信」がおすすめ

ノンメーカーの中では、「電気・ガス」は離職率が低く、有給取得率の高い企業が多く揃っています。Uターン就職者にも人気のある業界です。また、「情報・通信」も、比較的定着率や有給取得率の高い企業が多く、ホワイト業界と呼べるでしょう。
ノンメーカーの中でも「小売」「金融(特に証券)」「サービス」などは、定着率が非常に低くなっています。
また、「不動産」や「建設」は年収こそ高いものの、定着率、有給取得率ともに低めです。仕事の内容的に休みがとりにくい業界は、「ブラック」のイメージが浸透しているといえるでしょう。

しかし、 ホワイトかブラックかは簡単には判断できないことを忘れてはいけません。ブラック業界の中にもホワイト企業が存在しますし、大手といわれるメーカーにもブラック企業は存在します。気になる企業があれば、OBやOGを訪問したり、大学の就職センターに問い合わせるなどして、詳しい情報を入手しましょう。

引用元-ホワイト企業を探そう-おすすめのホワイト業界&ホワイト企業リスト

ホワイト企業と思うかはあなた次第!!

「ホワイト企業トップ300」発表以降、ネットでは「ブラック企業とホワイト企業の見分け方」議論が盛んになっている。だが、前出の人材会社関係者は「そんな便利なリトマス試験紙はないし、仮にあったとしてもあまり意味がない」と言う。

 なぜなら、その会社をブラックと思うかホワイト思うかは、人により受け止め方が異なるからだ。早い話が、ブラックとの世評が高い牛丼チェーン大手にしても、アパレルチェーン大手にしても、自分が働いている会社がブラックだとは感じていない社員が少なからずいる。さらに、それぞれのカリスマ経営者に心酔し、その会社で働いていることに誇りを持っている社員がいるのも事実だ。

 どの会社がブラックで、どの会社がホワイトか。結局は自分との相性で判断するしかなさそうだ。就職が「組織との結婚」と言われるのも、そのせいかもしれない。

引用元-(2ページ目)「ブラック企業=働きにくい/ホワイト企業=働きやすい」は本当か?条件と見極め方 | ビジネスジャーナル

ホワイト企業に入れるのは1%!優良ブラック企業の特徴!

どうあがいても、新卒でホワイト枠に入れるのは1%程度」ということ。恐らく、今どききちんと残業代も出して、相応の年収も確保できて、ある程度の安定感が見込める会社の採用枠など日本国内で数千人分というところだろう。民間企業への就職希望者は大体40万人だから、約1%だ。

 ブラック企業擁護論を叩く人たちは多分、新卒でその1%に入れなかった「非エリート」である可能性が高い。とすれば、残りの99%である我々がやるべきなのは、ブラック企業を叩くことでも、ブラック企業から目を背けることでもないはずだ。

 ブラック企業しか選択肢がない自分の現状を直視し、腹をくくり、ブラック労働に向き合うしかない(この場合のブラック労働とは決して違法という意味ではなく、「ハードワークでプレッシャーがある環境」ということである)。その上で優良ブラック企業を見極め、真のブラック企業に吸い込まれてしまわないようにするための「見抜く眼」を養うことも必要だろう。

引用元-(2ページ目)優良ホワイト企業入社組はわずか1%?ブラック企業と向き合い、抜け出す方法とは? | ビジネスジャーナル

twitterの反応

 - ビジネス・経済

Message

メールアドレスが公開されることはありません。