ワダイビジネスサテライトでは今話題のニュース・商品・ビジネス・恋愛・健康・豆知識ネタetc皆様に役立つあれこれを配信していきます

ワダイビジネスサテライト

下痢が1週間続いている・・病気の可能性も考えられる??

      2015/09/23

下痢が1週間続いている・・病気の可能性も考えられる??

もしあなたが1週間も下痢が続いているとしたら、まず病気を疑うべきです
便秘で辛い人の話はよく聞きますが、下痢の症状に悩まされている人も結構多いそうです
今回は、下痢の症状とそれが原因の病気のお話です

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アパートの騒音は何時までなら許せる?世間の声から判断を!

アパートに住んでいると、ご近所付き合いで気を付けたいのが騒音...

友人への出産祝い!第2子の場合に喜ばれるプレゼントとは…

友人に出産祝いを贈る時にはどんなものが良いか悩むところ。 ...

姑との同居で問題となる生活費!こんな分担と切り出し方は?

姑との同居には良い面もたくさんありますが、様々な問題が立ちは...

子供の大学の資金っていくら必要?事前に計画を立てないと…

子供を大学まで進学させるとなると、かなりの教育資金が必要にな...

血液検査の結果を病院に電話で問い合わせることは可能か?

病院で診察を受けると、病状によって血液検査を受けることがしば...

学歴が大卒と高卒で考え方が違う?日本の現状と学歴の差とは

就職する際に大卒か高卒か、最終学歴がどのくらい影響するのでし...

…仕事のミスで辞める前に心の整理!辞めたい理由は他にある?

仕事でミスをすると会社を辞めてしまいたくなることがあります。...

夫が単身赴任で子供なしの夫婦が夫婦円満でいられるアレコレ

子育て世帯では夫の転勤が決まると、子供の就学や進学の状況に合...

妻の誕生日何も予定なし・・な時は手料理で喜ばせてみては?

妻の誕生日になにを贈るか毎年悩んでいる男性は少なくありません...

男性は好きな人の妄想をする生き物?男が妄想する言動とは

男性は妄想するのが大好きです。 身近な女性の何気ない仕草に...

結婚できない理由…別れを選ぶ人は男女の脳の違いを理解しよう

結婚はカップルにとって大きな変化の一つです。 結婚した...

娘の友達がわがまま!娘の親として対応はどうしたらいいの?

娘が仲良くしているお友達がわがままな子だったら…我慢している...

流産の確率が減る時期は?妊娠して気になる流産のことを調査

妊娠すると心配になってしまうのが流産の可能性です。 一般的...

女性で料理が上手!はなぜモテる?男は胃袋をつかまれると・・

モテる女性は料理上手が多いのはなぜなのでしょうか? 料理が...

男性はキスは好きでない子とでもできるの?男性の態度で分析

男性は好きではない子とでもキスできるという、女性にとっては耳...

夫の単身赴任と保育園!入園ポイントと知っておきたいアレコレ

夫の転勤が決まった時、保育園頃の子供のいる家庭では一緒につい...

子供にはテレビを見せない方がいい!?上手に付き合う方法は…

小さな子供の成長の為にはテレビは見せない方がいいと言われるこ...

夫が単身赴任!経験者のブログに学ぶリアルな夫婦関係とは…

夫の単身赴任が決まった時、あなたはどんなことが頭をよぎります...

夫の単身赴任が辛い…と考えるよりも考え方を変えてみては!

夫の単身赴任が決まり、別々の生活が始まることを考えると辛い気...

lineの放置で〇〇が消える?意外と知らない仕組みとは…

多くのユーザーを誇るlineアプリですが、密なやりとりに疲れ...

スポンサーリンク

下痢のメカニズム

下痢を起こす原因はさまざまですが、下痢はおう吐と同様にからだに害となるものを早く外に出そうとする反射作用でもあります。腸まで達してしまったものを、早く排出しようとするために下痢が起こるのです。そのため下痢はからだを守るための大切な働きとなっていることもあります。

引用元-下痢(げり) | 大人の病気・症状 – 町医者の家庭の医学

食物の残りかすから小腸で吸収されなかった水分が吸収され、肛門へと運ばれます。このとき大腸が便を肛門側へと送り出そうとする働きをぜん動運動といいます。しかし、何かの原因で水分が吸収されないうちに大腸を通過したり、腸の粘膜から水分が過剰に分泌され、便がゆるいまま排泄されると下痢になります。

引用元-下痢(げり) | 大人の病気・症状 – 町医者の家庭の医学

下痢には2種類ある

急性の下痢

1日に数回から数10回にわたって便意をもよおすものまでありますが、2週間以内で治まるものがほとんどです。
また、急性の下痢は、食中毒などによる感染性のものと暴飲暴食などによる非感染性のものに分かれます。

慢性下痢

1日に数回程度でも3週間以上続くものとなり、機能性の下痢とそれ以外に分けられます。
機能性の下痢は生活習慣やストレスが原因となって起こるもので、過敏性腸症候群の場合もあります(以下で詳しく説明します)。それ以外のものとしては、病気や薬が原因として考えられます。

引用元-下痢はどうして起こる?原因とメカニズム | いしゃまち

1週間以上続くなら病気かも!

水のような下痢が続く場合は、脱水症状になりやすいので注意が必要です。吐き気などをともない食事や水分の摂取ができないと、脱水はさらに進み全身状態が悪化することもあります。

このような状態にまでなってしまったら点滴をする必要があるので、早めに専門医を受診してください。下痢を起こす原因はいろいろありますが、主なものは以下の通りです。

下痢の原因

●腸内容の刺激

食べ物の消化不良・腐敗・醗酵により腸管の運動が亢進したり、腸液の分泌が異常に多くなったりして下痢が起こります。

●腸管壁の病気

食べ物とは無関係で、腸管の炎症、潰瘍、腫瘍によるものです。

●自律神経の失調

腸管の神経、とくに腸の緊張を高める神経の興奮などにより、腸の運動が亢進したり、腸液の分泌が多くなって下痢を起こします。

●精神的なストレス

小腸、大腸には腸の緊張の強さを調節する神経が作用しています。心配ごとや不安、悩みごとによってこの調節のバランスが崩れると下痢を起こします。

●感染症によるもの

重度の感染症で細菌が血液を通して腸に入り、腸の粘膜を刺激することにより下痢を起こします。

引用元-一週間以上止まらない下痢は様々な原因が考えられる | My +Hels

下痢が1週間・・・疑われる怖い病気!

水分が主体のシャーっと出る便(下痢)。寝冷えや暴飲暴食、それに冷えた牛乳などを十分に消化・吸収できない時、下痢になります。つまり、消化器が受けつけないものを、一刻も早く出そうとするオナカの拒絶反応のあらわれです。下痢が一時的に、または急な場合は安静にして、原因を考えてみましょう。

しかし、下痢が長期間続いたり、下痢と便秘が繰り返し起こる場合などは、専門医に相談しましょう。

引用元-手軽な健康チェック。観便のおすすめ。 | うんちで健康チェック | 健康生活のススメ | 日本ケミファ

病気のサイン

また、慢性下痢には病気が原因で症状が現れる場合もあので注意が必要です。大腸がんや潰瘍性大腸炎、クローン病など腸の疾患によるもの、胃や膵臓、肝臓の病気による下痢、甲状腺機能亢進症(バセドウ病)、糖尿病など代謝の異常によって起こる下痢など、さまざまです。下痢がずっと続いていて止まらない場合や下痢止め薬を飲んでも回復しない場合は、医療機関を受診しましょう。

さらに病気を治療中の方の場合、抗生物質を服用していることが原因で下痢になっている可能性も考えられます。抗生物質は身体に悪影響を及ぼす菌を殺す薬ですが、腸内の善玉菌も同時に殺してしまうため、腸内の環境に影響を与える副作用があります。ひどい下痢が続くようでしたら、かかりつけのドクターに相談しましょう。

引用元-悪い病気!?下痢が続く時に考えられる原因と対処法 | ヘルスケア大学

下痢の対処法は水分補給から!

下痢になると水分がたくさん排出されるため、脱水症状にはくれぐれも注意が必要です。刺激が少なく体内に吸収されやすい湯冷ましや番茶、塩分控えめの味噌汁やスープ、糖分の少ないジュース、スポーツドリンクなどで水分補給をしましょう。水分といっても、アルコールやコーヒーなどの刺激物は控えて下さい。

下痢が続いている時は、油っぽい肉や揚げ物などは避け、塩分控えめのおかゆや煮込みうどん、じゃがいもやにんじんなどを煮たもの、豆腐、リンゴ、バナナなど消化の良いものを食べましょう。消化に負担がかかる貝類やイカ、タコなどの魚介類、繊維質を多く含んでいる野菜、香辛料を使った刺激物なども控えた方がいいでしょう。

また、慢性的な下痢に対しては、日頃から腸内の環境を整えることも意識しましょう。ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌や、善玉菌のエサとなるオリゴ糖などを意識的に摂ることもひとつの方法です。過敏性腸症候群の方のように腸がデリケートな方こそ、お腹にやさしい食べ物を摂るように心がけてください。

引用元-悪い病気!?下痢が続く時に考えられる原因と対処法 | ヘルスケア大学

一過性か慢性か見極める

【一過性の下痢の場合】

ウイルスや細菌が原因の下の場合、下痢が起こってしばらくの間は排便があるままに任せ、下痢止めは使わないようにしましょう。「ある程度便が排出されるまでは待つ」ことが大切なのです。なぜならば、体内に入ってしまったウイルスや細菌、それらが出す毒素を追い出すために下痢になっているからです。

体が「出そう」としているのに下痢止めを使っても、あまり効果がない場合もあります。また、たとえ薬が効いたとしても、あまりにも早い段階で下痢を止めてしまうと、悪いものを体に溜め込んでしまっていることになってしまうのです。

引用元-下痢を止める方法 | 下痢の改善相談室

【慢性の下痢の場合】

慢性の下痢の場合は、生活習慣によるもの、ストレスによる過敏性腸症候群などの可能性を考えなければなりません。下痢の原因となっていることはいったいなんなのかを突き止め、その原因をなくす努力をしなければ下痢は繰り返されてしまいます。

そのときそのときの下痢をすぐに止める方法となるとなかなか難しいものですが、普段から腸内環境を整えておくことで比較的早く下痢も止まるようになります。バランスのよい食事を心がけ、体を労わること。月並みなことですが、これが非常に重要なのです。

引用元-下痢を止める方法 | 下痢の改善相談室

twitterの反応

 - 生活

ページ
上部へ