ワダイビジネスサテライトでは今話題のニュース・商品・ビジネス・恋愛・健康・豆知識ネタetc皆様に役立つあれこれを配信していきます

ワダイビジネスサテライト

風邪の時はお風呂に入ったら悪化するの??大丈夫なんです!!

   

風邪の時はお風呂に入ったら悪化するの??大丈夫なんです!!

「風邪ひいてるんだからお風呂に入ったらダメよ」そう言われたことはありませんか?
では本当にお風呂に入ったら風邪は悪化してしまうのでしょうか
今回は風邪をひいた時の対処法と、風邪とお風呂の関係を探ります

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

感受性の強い人は恋愛に向き?不向き?繊細なあなたはHSPかも

感受性が強い人は、人の気持ちを敏感に感じ取り、相手を思いやる...

朝の満員電車でめまいが…最近体調がおかしいと感じる人へ

朝の通勤ラッシュ時、満員電車に乗るとめまいが…なんて経験はあ...

女友達との旅行で起こりうる喧嘩を回避する方法と対処法!

女友達との旅行はワイワイ盛り上がり、楽しい時間です。 しか...

感受性が強い赤ちゃんの特徴とバランスを整えるママとの関わり方

赤ちゃんは感受性が高いと言われていますが、中にはその感受性の...

保育園に入れない場合は幼稚園?働くママの苦悩と保活事情とは

保育園の待機児童が問題視される中、なかなか改善されない現状に...

嫁の料理の品数に不満を感じる夫~あなたの家庭は大丈夫?

あなたの食卓にはいつもどのくらいの品数の料理が並びますか? ...

日本が好きな外人に和む人多数!愛すべき外人のエピソード

最近日本好きな外人のエピソードに和むという趣旨のサイトが注目...

車検時に交換が必要になる部品の知識と自分で見極める方法

車検の見積もりを取ると、交換が必要になる部品の項目がいくつか...

旦那の家事手伝いが中途半端!イライラする妻とイクメン風夫

最近はイクメンという言葉がもてはやされ、家事を手伝う旦那が増...

会社都合の解雇はデメリットが…あなたと会社のデメリット…

会社から解雇を言い渡される理由はいくつかあります。 中...

中学生が部活に拘束される時間は意外と長い?勉強の両立は?

中学生になると部活が始まります。 部活に打ち込む学生も増え...

会社の規模を縮小する意味は色々!拡大より難しい規模縮小

会社の規模を縮小すると聞くと、「衰退」をイメージする方も多い...

子供が一歳・・夫と離婚したい・・出産後に陥る夫婦危機とは?

子供が生まれ一歳頃になると、夫と離婚したいと考える女性が急増...

友人への出産祝いに現金のみでいい?マナーとタイミングは?

友人の出産祝いに何を贈るか迷っている方は多いようです。 し...

アパートの騒音は何時までなら許せる?世間の声から判断を!

アパートに住んでいると、ご近所付き合いで気を付けたいのが騒音...

友人への出産祝い!第2子の場合に喜ばれるプレゼントとは…

友人に出産祝いを贈る時にはどんなものが良いか悩むところ。 ...

姑との同居で問題となる生活費!こんな分担と切り出し方は?

姑との同居には良い面もたくさんありますが、様々な問題が立ちは...

子供の大学の資金っていくら必要?事前に計画を立てないと…

子供を大学まで進学させるとなると、かなりの教育資金が必要にな...

血液検査の結果を病院に電話で問い合わせることは可能か?

病院で診察を受けると、病状によって血液検査を受けることがしば...

学歴が大卒と高卒で考え方が違う?日本の現状と学歴の差とは

就職する際に大卒か高卒か、最終学歴がどのくらい影響するのでし...

スポンサーリンク

お風呂に入ったら悪化する??

お風呂で湯冷めするから…は古いッ!

わたしが調べた限りでは「お風呂に入ったらカゼが悪化する」という意見の多くは、湯冷めをするからという理由によるものでした。

つまり、脱衣所で服を脱いだり、濡れた体が冷えてしまうことで、カゼが悪化したり熱が出てしまうという主張ですね。

たしかに以前の日本であれば、浴室が屋外にあったり、すきま風の多い木造家屋だったり、お風呂といえば銭湯だという時代もありましたので…

そういう時代であれば「お風呂に入って湯冷めする」ということが頻繁にあったのかも知れません。

しかし今は平成の世です。ちゃんと注意さえしていればお風呂で湯冷めするなんていうことはほとんどないと言えるでしょう。

冬の脱衣所や廊下はたしかに寒いですが…ほんのちょっとの時間ですので、着替えてお部屋に戻るまでに湯冷めするなんてことは普通ありえません。

いまの住宅は機密性も高く、部屋はちゃんと暖かい状態にすることができますし、どうしても寒いときは暖房器具を脱衣所において暖めることだって可能です。

つまり「湯冷めをするからお風呂にはいっちゃダメ!」というのは昔の話であって、今はそんなことを気にする時代ではないということなんですよね。

引用元-子供がカゼ・病気のときはお風呂に入れちゃダメ!…は間違いだった!? | 病気・ケガ | ままなび

風邪の時の正しいお風呂の入り方

風邪のときに風呂に入るメリット

では、風邪のときにお風呂に入るメリットはどのようなことがあるのでしょうか。
まず入浴は、体全体の血行を良くします。筋肉のこわばりを和らげて血管を拡張させますので、鼻詰まりにも有効で新陳代謝も高めます。浴室内の湯気は喉の保湿対策にぴったりでウイルスの活動を抑える環境として最適です。

また、風邪で熱があるときは汗もかきます。皮膚を清潔にすることで、発汗作用もスムーズに働き、ウイルスや細菌に対する抵抗力も高まります。さらに、お風呂のお湯で体温を上げると体は熱を逃がそうとするため、解熱剤よりもゆるやかに体温を下げることが可能です。

ただし、疲労感が出るほどの長湯や熱いお湯は体力を消耗してしまうので注意しましょう。脱衣所や浴室は寒くないように事前に温めておくことも忘れずに。お湯はぬる過ぎず熱過ぎない温度で、汗をかく一歩手前ぐらいに抑えてください。お風呂上がりは体の水滴をしっかり拭き取り、湯冷めをしないようすぐ布団に入ります。湯冷め防止のために、シャンプーは控えるかドライヤーでしっかり乾かしてから休みましょう。

引用元-風邪のとき風呂に入るのは良いの?悪いの? | ヘルスケア大学

風邪を悪化させる3つの悪習慣!

■1:咳やくしゃみをする時に口元を手で覆う

いっけん礼儀正しく見えますが、口元を手で覆うことで、細菌が直接手についてしまいます。その手であらゆるところを触ると、細菌がひろがってしまいます。

引用元-知ってた?良かれと思いきや「風邪を悪化させちゃう」3つの勘違い習慣 – WooRis(ウーリス)WooRis(ウーリス)

■2:部屋に閉じこもり、温かく過ごす

風邪やインフルエンザは冬に流行しますが、それは気温とは関係ないようです。実際、外で太陽を浴びて遊ぶ子は、室内にいる子よりもウイルス感染が少なかったり、換気の悪い部屋で過ごしていると空気が呼吸器系の疾患を悪化させてしまうという証明もあります。

”寒い日に外に出ない”ということが決して風邪対策に効果があるとはいえないということですね。

引用元-知ってた?良かれと思いきや「風邪を悪化させちゃう」3つの勘違い習慣 – WooRis(ウーリス)WooRis(ウーリス)

■3:すぐに抗生物質を飲む

風邪をひいたかな?と思ったら、すぐに抗生物質を処方してもらおうとする人も少なくないと思いますが、抗生物質は風邪には効果がないということです。風邪はウイルスが原因で発症しますが、抗生物質はウイルスではなく、細菌を殺す薬だからです。

引用元-知ってた?良かれと思いきや「風邪を悪化させちゃう」3つの勘違い習慣 – WooRis(ウーリス)WooRis(ウーリス)

風邪をひいたときの6か条

まず、万病の元と古くからいわれてきた「風邪」です。
 風邪をひいたときには、多くの人が総合感冒薬、いわゆる風邪薬に頼りがちです。
しかし、序章でも述べたように、根本的に風邪に効く薬は発明されていないのです。
さらに、最近はアスピリンなどの医薬品に対する弊害も指摘されています。病院の医師の中にも、風邪には抗生物質や解熱剤をほとんど使わないという方も多くなっているのです。

 その理由は、抗生物質では風邪は治らないし、解熱剤も薬が切れればまた熱が出てくるということです。

 風邪の治療には、次の六箇条をお勧めします。

 1、温かい水分を摂取する(飲めない時は、少量ずつ回数を多く取る)
 2、温かい消化の良いものを食べる(食欲の無い時は、無理に食べない)
 3、体を休め、十分な睡眠をとる
 4、高熱のときは排便をする
 5、自然に治るのを待つ
 6、症状に不安がある時は、医師の診察を受ける

引用元-風邪をひいた時の六カ条・著書「自然治癒力を発動させる3つの条件」より

風邪・インフルエンザの予防法

風邪の予防法

風邪は、せきやくしゃみを浴びるだけでなく、かかった人の鼻水や唾液がついた手で自分の鼻や口の粘膜に触れるとうつるため、ていねいなうがいや、石けんを使っての手洗いが効果的です。
とくにうがいは、ウイルスに荒らされた粘膜に、さらに細菌がとりつく「2次感染」を防ぐため、重症化予防としての意味もあります。また、鼻や口を覆って接触を避けるという意味や、鼻の中の温度と湿度を保つという意味で、マスクには、感染を予防する一定の効果が期待できます。

インフルエンザの予防法

インフルエンザはウイルスがいる空気を吸い込むだけでもうつるため、効果は限定されますが、帰宅後すぐの手洗いは大切です。もちろん、うがいも欠かせません。
また、マスクは、ウイルスがマスクの織り目を楽に通過してしまうので、大きな効果は期待できませんが、かかった人が他の人にうつすことはある程度避けられますし、冷たく乾燥した空気から、のどや鼻の粘膜を守るのには役立ちます。

引用元-風邪・インフルエンザの予防法 症状別対策BOOK | タケダ健康サイト

twitterの反応

 - 生活

ページ
上部へ