ワダイビジネスサテライトでは今話題のニュース・商品・ビジネス・恋愛・健康・豆知識ネタetc皆様に役立つあれこれを配信していきます

ワダイビジネスサテライト

新人時代は仕事が辛いと感じるもの・・入社半年のあなたへ!!

      2015/09/27

新人時代は仕事が辛いと感じるもの・・入社半年のあなたへ!!

新人時代というのは仕事を一度はつらいと感じるものです。

あなたの先輩や上司もそうでした。しかしそれを乗り越えたあなたは

先輩となっていきます!新人さんで辛くて仕事をやめたいと考えているあなた!

必見です!!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

朝の満員電車でめまいが…最近体調がおかしいと感じる人へ

朝の通勤ラッシュ時、満員電車に乗るとめまいが…なんて経験はあ...

女友達との旅行で起こりうる喧嘩を回避する方法と対処法!

女友達との旅行はワイワイ盛り上がり、楽しい時間です。 しか...

感受性が強い赤ちゃんの特徴とバランスを整えるママとの関わり方

赤ちゃんは感受性が高いと言われていますが、中にはその感受性の...

保育園に入れない場合は幼稚園?働くママの苦悩と保活事情とは

保育園の待機児童が問題視される中、なかなか改善されない現状に...

嫁の料理の品数に不満を感じる夫~あなたの家庭は大丈夫?

あなたの食卓にはいつもどのくらいの品数の料理が並びますか? ...

日本が好きな外人に和む人多数!愛すべき外人のエピソード

最近日本好きな外人のエピソードに和むという趣旨のサイトが注目...

車検時に交換が必要になる部品の知識と自分で見極める方法

車検の見積もりを取ると、交換が必要になる部品の項目がいくつか...

旦那の家事手伝いが中途半端!イライラする妻とイクメン風夫

最近はイクメンという言葉がもてはやされ、家事を手伝う旦那が増...

会社都合の解雇はデメリットが…あなたと会社のデメリット…

会社から解雇を言い渡される理由はいくつかあります。 中...

中学生が部活に拘束される時間は意外と長い?勉強の両立は?

中学生になると部活が始まります。 部活に打ち込む学生も増え...

会社の規模を縮小する意味は色々!拡大より難しい規模縮小

会社の規模を縮小すると聞くと、「衰退」をイメージする方も多い...

子供が一歳・・夫と離婚したい・・出産後に陥る夫婦危機とは?

子供が生まれ一歳頃になると、夫と離婚したいと考える女性が急増...

友人への出産祝いに現金のみでいい?マナーとタイミングは?

友人の出産祝いに何を贈るか迷っている方は多いようです。 し...

アパートの騒音は何時までなら許せる?世間の声から判断を!

アパートに住んでいると、ご近所付き合いで気を付けたいのが騒音...

友人への出産祝い!第2子の場合に喜ばれるプレゼントとは…

友人に出産祝いを贈る時にはどんなものが良いか悩むところ。 ...

姑との同居で問題となる生活費!こんな分担と切り出し方は?

姑との同居には良い面もたくさんありますが、様々な問題が立ちは...

子供の大学の資金っていくら必要?事前に計画を立てないと…

子供を大学まで進学させるとなると、かなりの教育資金が必要にな...

血液検査の結果を病院に電話で問い合わせることは可能か?

病院で診察を受けると、病状によって血液検査を受けることがしば...

学歴が大卒と高卒で考え方が違う?日本の現状と学歴の差とは

就職する際に大卒か高卒か、最終学歴がどのくらい影響するのでし...

…仕事のミスで辞める前に心の整理!辞めたい理由は他にある?

仕事でミスをすると会社を辞めてしまいたくなることがあります。...

スポンサーリンク

仕事がつらいと感じている新人は何をやればいいのかわからない

(1)仕事がわからない、職場での役割がない周りはバタバタと忙しそうにしているのに、仕事内容がわからない。何をすればいいのか、どうやればいいのか、というのが、まず初めに新人さんがぶつかる壁です。手取り足取り教えてくれるような会社ばかりではないですし、当然、何かしっかりした「役割」を任せてもらうこともない。入社後、「まだ飲み会の幹事しか任せてもらえていないから」なんて声もよく聞かれます。心中では「早くちゃんと仕事がしたい」「指示待ち人間にはなりたくない」と思いつつも、仕事がわからずに「待つしかない状況」が長く続くと、深刻な悩みにも繋がりやすいようです。(2)上司に馴染めない続いて、上司の問題。上司との距離感はいつになっても悩みの種ですが、なかでも“最初の上司”の影響力はかなり大きいもの。新人時代は会社イコール上司、という感覚さえあるほどです。しっかり面倒を見てもらえるか、いい関係を築けるかどうかは、運や相性、忙しさの加減にもよりますが、上司の顔色ばかりを伺ってストレスを貯めてしまったら、他の先輩や同期などに積極的に話を聞くこと。「あくまで、この上司のやり方なのだ」と少し冷静に距離を置いて考えるのも一案です。また、上司に雑用ばかりを振られて辛いと感じるときは、積極的に「自分はこれができる!」というものを確立していき、自分の力を発揮できる「役割」に手を伸ばしていくことも大切です

引用元-入社後、新人社員が辛いと感じること5つ – LAURIER (ローリエ)(1/2)

あなたの先輩も新人時代に仕事がつらい時期はあった!!

プレッシャーがあったから、今がある「泣きながら仕事をした記憶しかないです。入社半年後、自分の実力以上のクライアントを任され、プレッシャーと戦いながら日々過ごしました。でも、あそこでプレッシャーを感じることができたからこそ、今の自分があるような気がします。表層的に、右から左へ仕事を流すのを覚えるのは、もっとずっと後でいいと。たとえ先輩が教えてくれた結果と同じことを選ぶことになっても、自分の頭で考えて答えを導き出すことは、必要だと思います」(39歳)

引用元-職場や仕事が辛いときの考え方 – Peachy – ライブドアニュース

仕事に対する姿勢が磨かれた「新入社員の頃は、いろいろな経験をさせるという意味で、自分が希望していない部署へ配属されたり、なんで私がこんな仕事を! と思うような雑用をさせられることが多くあり、何度も会社を辞めたいと思いました。でもその度に、いつかこの経験が役立つときが来るはず、もう少し頑張ってみようと自分を奮い立たせてやってきました。今、あの頃にやっていた仕事自体が役に立っているかと言えばそうとも言えませんが、『どんな仕事も根気よくやる』『どんな状況でもプラス思考でやってみる』という仕事に対する姿勢が身に着いたという意味で、今思えば良い経験だったと思います」(31歳)

引用元-職場や仕事が辛いときの考え方 – Peachy – ライブドアニュース

3を節目に継続する「3日、3週間、3カ月、3年。まずは3日。最初の3日がんばれたら、3週間我慢する。3週間がんばれたら、3カ月我慢する。そうやって時間を積み重ねなさいと、“お母さん社員さん”に言われました。確かにそうだなぁと思うようになりました」(37歳)

引用元-職場や仕事が辛いときの考え方 – Peachy – ライブドアニュース

つらいと考えるより新人は今自分に出来ることを探せ!

「今の自分にできる仕事」を探して行動を起こす方に切り替えよう新入社員は現場配属される前に、新人研修で積極性や自分で仕事を見つけるなどの社会でのあり方を学ぶはずです。
しかし、実際にはまだ積極的に関ろうにもなすべき仕事がわからず、できないままで役割がなく余計に辛いかもしれませんし、先輩たちの忙しさに質問するのも躊躇します。
そんな時は、その積極性を会社の業務内容だけでなく、雑用や気配りに生かしてみるのも得策です。できないと思ったら何かを運ぶ、書類の分類などの単純作業や会議の後片付けなどできる仕事にアンテナを張りましょう。
「何かできる仕事」を探して、まずはそれを確実にこなすように考えを切り替えるのです。

引用元-新入社員が仕事ができなくて辛いと感じたときの考え方 | キャリアのことならキャリアパーク

新人は仕事がつらい時期はいつか終わる!

仕事が辛い時期もいつか終わる! 新入社員は「自分ができるもの」から探して実行しよう新入社員で仕事が辛いと感じていても、それは誰もが通ってきた道です。そして初めから仕事ができる人はいません。やるべき仕事が見つからない日々は辛いでしょうが、できないことを嘆くだけでなく、自分にできる仕事はないか探して実行するのが大切な考え方です。
やる仕事がないと感じる日々はいつか終わります。新人時代のやるせない気持ちも、いつか忙しさで休む間がなくなり、逆に仕事ができないから辛い時期が懐かしく思い出されるようになるのです。

引用元-新入社員が仕事ができなくて辛いと感じたときの考え方 | キャリアのことならキャリアパーク

新人は自分だけが仕事がつらいと考えがち!他の業界は??

自分たちの仕事以外の人たちは新人時代、一体どうだったのでしょうか。普段いそがしいと異業種の人たちのとの交流も持てないと思います。

でも、別の仕事で頑張っている人達の話を聞くことによって、自分もまた頑張ろうと思えるのもまた確かなことです。厳しく怒られているのは何もあなただけではありません。

引用元-新人が怒られるのは当然!他の仕事の人達の若手時代エピソードご紹介 | 女性の美学

外回り営業マンは追跡機能までつけられることも…
外回りの営業マンもこれまた新人時代は大変です。会社によっては、外に出て、さぼらないように携帯電話に追跡機能までつけられるところもあるようです。これではおちおちお茶すら飲めないですよね。なんだか落ち着かないですし。

引用元-新人が怒られるのは当然!他の仕事の人達の若手時代エピソードご紹介 | 女性の美学

デザイナーさんの新人時代もまた本当に大変です。建物のデザインをする会社では、「新しい家のデザインのアイデアを一晩で20枚描いてこい」と指示されることがあるそうです。
一晩で20枚、しかもすべて似たようなものではなくて、いろいろなデザインを20枚。これは本当に大変ですよね。

引用元-新人が怒られるのは当然!他の仕事の人達の若手時代エピソードご紹介 | 女性の美学

ライターさんは原稿を一文字一文字直されて…
ライターさんや編集の仕事に就いている新人さんも大変な経験をたくさんしています。ライターさんはひとつの原稿に対して200回、直しをもらったそうです。
200箇所ではなく、200回です。

引用元-新人が怒られるのは当然!他の仕事の人達の若手時代エピソードご紹介 | 女性の美学

仕事の新人の方へ!3年間をどう過ごすかで3年後には大きな差が

会社に新入社員として入社して、はじめの3年間は、なにより大切な時期です。
この3年間は、強く意識しましょう。
覚えなければならないことが山のようにあり、人付き合いも慣れていないため苦労をします。
一番下っ端ですから、自分以外はみな上司です。
まさに孤立無援。
毎日叱られてばかりであり、仕事を辞めたくなることもしばしば考える時期にあたります。
ですが、この最初の3年間をどう生き抜くかによって、その後の人生が決まるといっても過言ではありません。
この期間についた差は、後から取り戻すことができないほどの大きな差になります。
入社したときは、みな同じスタートラインです。
しかし、時が経つにつれて、少しずつ差が出てきます。
最初にできた差は、後になるほど、さらに大きな差へと変わります。
ゴルフのスイングと同じように、少し方向を打ち間違えると、ボールが遠くへ飛べば飛ぶほど、大きな差になるようなものです。
なにより、初めが肝心。
入社3年間は、社会人としての成長を決めるゴールデンタイムなのです。

引用元-入社3年間にできた差は、後から取り戻せない。 | 新入社員が入社3年間に心がける30のこと | HappyLifeStyle

twitterの反応

 - ビジネス・経済

ページ
上部へ