ワダイビジネスサテライトでは今話題のニュース・商品・ビジネス・恋愛・健康・豆知識ネタetc皆様に役立つあれこれを配信していきます

ワダイビジネスサテライト

美白になる化粧水選びを!40代からの美白への心得とは??

      2015/09/28

美白になる化粧水選びを!40代からの美白への心得とは??

40代になって顔のシミが濃くなってきた・・・美白になりたい!!

最近肌質が悪くなってきて化粧のノリが悪くなってきた・・・

という40代の女性の方へ!

美白化粧水をもう一度見直して健康的な美白を取り戻しましょう!

まとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

旦那の家事手伝いが中途半端!イライラする妻とイクメン風夫

最近はイクメンという言葉がもてはやされ、家事を手伝う旦那が増...

会社都合の解雇はデメリットが…あなたと会社のデメリット…

会社から解雇を言い渡される理由はいくつかあります。 中...

中学生が部活に拘束される時間は意外と長い?勉強の両立は?

中学生になると部活が始まります。 部活に打ち込む学生も増え...

会社の規模を縮小する意味は色々!拡大より難しい規模縮小

会社の規模を縮小すると聞くと、「衰退」をイメージする方も多い...

子供が一歳・・夫と離婚したい・・出産後に陥る夫婦危機とは?

子供が生まれ一歳頃になると、夫と離婚したいと考える女性が急増...

友人への出産祝いに現金のみでいい?マナーとタイミングは?

友人の出産祝いに何を贈るか迷っている方は多いようです。 し...

アパートの騒音は何時までなら許せる?世間の声から判断を!

アパートに住んでいると、ご近所付き合いで気を付けたいのが騒音...

友人への出産祝い!第2子の場合に喜ばれるプレゼントとは…

友人に出産祝いを贈る時にはどんなものが良いか悩むところ。 ...

姑との同居で問題となる生活費!こんな分担と切り出し方は?

姑との同居には良い面もたくさんありますが、様々な問題が立ちは...

子供の大学の資金っていくら必要?事前に計画を立てないと…

子供を大学まで進学させるとなると、かなりの教育資金が必要にな...

血液検査の結果を病院に電話で問い合わせることは可能か?

病院で診察を受けると、病状によって血液検査を受けることがしば...

学歴が大卒と高卒で考え方が違う?日本の現状と学歴の差とは

就職する際に大卒か高卒か、最終学歴がどのくらい影響するのでし...

…仕事のミスで辞める前に心の整理!辞めたい理由は他にある?

仕事でミスをすると会社を辞めてしまいたくなることがあります。...

夫が単身赴任で子供なしの夫婦が夫婦円満でいられるアレコレ

子育て世帯では夫の転勤が決まると、子供の就学や進学の状況に合...

妻の誕生日何も予定なし・・な時は手料理で喜ばせてみては?

妻の誕生日になにを贈るか毎年悩んでいる男性は少なくありません...

男性は好きな人の妄想をする生き物?男が妄想する言動とは

男性は妄想するのが大好きです。 身近な女性の何気ない仕草に...

結婚できない理由…別れを選ぶ人は男女の脳の違いを理解しよう

結婚はカップルにとって大きな変化の一つです。 結婚した...

娘の友達がわがまま!娘の親として対応はどうしたらいいの?

娘が仲良くしているお友達がわがままな子だったら…我慢している...

流産の確率が減る時期は?妊娠して気になる流産のことを調査

妊娠すると心配になってしまうのが流産の可能性です。 一般的...

女性で料理が上手!はなぜモテる?男は胃袋をつかまれると・・

モテる女性は料理上手が多いのはなぜなのでしょうか? 料理が...

スポンサーリンク

40代はシミが出やすくなる年齢!美白を目指したケアを

30代にはなかったシミが出現したり、薄かったシミが濃くなってきて、メイクで隠すために、ついつい濃いメイクになりがちな40代。

30代を境に遅くなる皮膚のターンオーバーの周期。40代になると、さらに遅くなります。

ターンオーバーの周期が遅くなると、紫外線やその他外部刺激によって発生したメラニン色素が肌の奥に残ってしまって、肌表面にはシミとなって現れます。

ターンオーバーを促進させるには、運動や食べ物にも気を使い、新陳代謝をあげることが重要です。

また、水分保持力が低下して、乾燥することで、ハリや弾力が損なわれ、肌全体がくすんで見えるようになります。

そして、30代に引き続き、肝斑ができやすい年齢でもあります。左右対象に両頬などにできるシミですが、レーザー治療でさらに悪化することもあるため、ほかのシミとの見極めが必要です。必ず、皮膚科医に相談しましょう。

引用元-40 代におすすめの美白化粧水ランキング|シミを消す美白化粧水の口コミ情報

40代が選ぶ化粧水は成分を見よう!美白と保湿が重要!

化粧水は何のためにつけるのかと言うと、洗顔後の肌を整えることと美肌作りに役立つ水溶性の成分をお肌に送り届けるためです。

化粧水で肌に送り込みたい水溶性の成分として、ビタミンC誘導体があります。このビタミンC誘導体はシミやシワ、毛穴のたるみなど40代が悩まされる数多くの肌トラブルに有効とされています。そして、この成分は水に配合するほうが安定した働きをしますので、化粧水に適した成分と言えるでしょう。

しかしビタミンC誘導体は刺激も少し強めですので、乾燥などで肌が弱まっている40代の肌には、肌に優しいプラセンタエキスを活用するのもオススメです。プラセンタエキスも美白効果や保湿効果がありますから、40代の悩める肌に取り入れたい成分です。

このように化粧水は肌を整えること、さらに肌が必要とする水溶性の成分を運ぶために使用するという意識をもつことが大切です。

引用元-40代の化粧品選び(3)化粧水 | スキンケア大学

40代の女性のシミを消したい!美白サプリと美白化粧水(品)を

どうしても40代の女性の肌にシミは増えやすくなるんですね。即効性を求めて毎朝コンシーラーで隠すのが日課になっている人もいるのではないでしょうか。

そして、一度気になるとどうにかして消したい、という思いも強くなります。そこで、即効性のある効果の高い化粧品でシミを消す方法をご紹介します。

シミを消す方法としては、美白サプリを飲む方法と美白化粧品を使う方法が大きくあります。レーザー治療もありますが、これは美容整形のなので今は省きます。

美白サプリは体の中から防ぐ方法で、肝斑など新しくシミができるのを防ぐ効果がありますが、今顔にできてしまっているものを消すには弱いところがあります。

今できてしまっているものを消すにはドクターズコスメ系の化粧品を選びましょう。これらは、コラーゲン、プラセンタ、アルブチン、トレチノイン、ハイドロキノン効果のある成分が確実に配合されていますので即効性が期待できます。ドラッグストアでも販売されているハイドロキノンもおすすめです。美容液や化粧水、クリームなどで乾燥を防いで保湿するものや、EGFなどで肌本来の機能を取り戻すものもあります。

引用元-40代でも即効性のある美白化粧品でシミを消す方法

40代からの美白化粧水選びの新常識!!化粧水のダブル使い

ここで知っておかなければいけないのが、化粧水選びの新常識です。
それは、現代の化粧水は、「肌性(肌質)別に使い分ける」から「どのような肌を目指すか」によって選ぶのがベストだということ!
今まで肌質によって選んでいた人は、今すぐ化粧水選びの方法を変えてみてください。
それだけでも肌が変わってきます!
では、具体的にどうやって選べばいいのでしょう。
・乾燥肌だから保湿力重視の化粧水を使う
・しみが気になるから美白化粧水で美白する
こういった使い分けはすでに実行している人も多いでしょう。
確かに間違いではないのですが、もっと効果的に化粧水を使うには「 化粧水のダブル使い 」をおすすめします。
これは各メーカーでも推奨しているところが多く、通常の化粧水にプラスしてもう一本ピンポイントに効く化粧水を使う方法です。


引用元-スキンケアの新常識!化粧水は「肌質」ではなく「なりたい肌」で選ぶ | 40代だからできる!肌が綺麗になる方法

美白化粧水は安物で十分という意見も・・・

3、美白化粧水は安物で十分

美白有効成分を効かせるのは美白美容液の役目ですから美白化粧水というのは基本的に美白美容液の浸透をよくするために肌のコンディションを整えるというのがその役割になります。
だからわざわざ美白成分の配合された化粧水を買う必要もありません。意外かもしれませんがこれが事実です。

4、美白美容液にはお金をかけたい!

出来てしまったシミを薄くするにも、シミを予防するにも美白美容液が一番重要です。美白のために新しく化粧品を購入するつもりならいい美白美容液を1つ選んでもらえればOKです。
基本的に美白効果が期待できる美白美容液は、1か月分1本で1万円以上というのは当たり前です。

肌との相性もあるので高いほど効果があるというわけではありませんが、最先端の美白技術と長年の研究の結晶が凝縮されている分、値段の価値はあると思って間違いありません。

以上が美白のためのスキンケアのポイントになります。これ以上の美白ケアをしようと思ったら医療機関で本格的なシミ予防の治療を受けるしかありません。

引用元-30・40代からの美白スキンケアガイド~シミだらけのおばちゃんにならないために…

30代・40代からのシミの原因を知ろう!美白に近づく第1歩

シミといってもその発生原因によっていろいろな種類があります。ほとんどの場合、紫外線を浴びたことが原因のシミなんですが、
紫外線以外にもメラニン生成を促進してしまい、シミをつくってしまう原因はあるんです。

30代を過ぎるとこうした影響が肌の新陳代謝の低下とともに目立ち始めるので毎日のスキンケアでは特に意識して注意したほうがよさそうです。

≪シミの原因として考えられているもの≫

1、ホルモンバランスの乱れ (女性に特有で妊娠中や更年期に多い)
2、炎症・摩擦 (ニキビ跡・アトピー・アレルギー・間違ったスキンケア)
3、紫外線
4、加齢
5、ストレス(活性酸素を増やします。)

以上のようなものがきっかけで細胞内部で活性酸素が発生し、メラノサイトを刺激するとメラニンが大量に放出されます。メラニン色素は皮膚を守る重要なものですが、肌の代謝機能が衰えはじめるとその一部が排出されにくくなり、残ってしまったものがシミになってしまうのです。
メラノサイトを一番刺激してしまうのが紫外線ですが、肌を傷つけたり、肌をこすったり、刺激を与えることでも刺激になるので毎日の洗顔やクレンジングなど肌に触れるときは気をつけたほうがいいです。

引用元-30・40代からの美白スキンケアガイド~シミだらけのおばちゃんにならないために…

twitterの反応

 - 美容・健康

ページ
上部へ