ワダイビジネスサテライト

ワダイビジネスサテライトでは今話題のニュース・商品・ビジネス・恋愛・健康・豆知識ネタetc皆様に役立つあれこれを配信していきます

*

ブラック企業の特徴は?ブラック企業のポイントはここを確認!

   

 - ビジネス・経済

最近よく耳にする「ブラック企業」という言葉!!

しかし実際にブラック企業とはどういう特徴の会社のことをいうのでしょうか

色々な切り口からブラック企業の見分け方をまとめてみました。

スポンサーリンク

  関連記事

公務員になりたい!!どんな勉強をするの?スケジュールは?

安定しない時代で、人気の職業なのが公務員。公務員になるためには一体どんな勉強をするのでしょうか?

公務員にも種類がたくさんあるので、自分の目指すべき道を決め、しっかりとした勉強スケジュールを立てましょう!

そして一般的にいつから勉強を始めているのか、スケジュールも調べてみました。

子供のための貯金は運用が必要?子供の未来の為にできること!

子供の将来の学費や夢の実現のために、親として応援してあげられるだけの貯金を残しておきたいものです。

しかし最近のゼロ金利政策の影響で、銀行に貯金しているだけではなかなか貯まりません。

子供のための貯金は運用する必要があるのでしょうか。今やこれからの状況をふまえて考えてみましょう。

祝社会人!プレゼントは何?お世話になった先輩への贈り物

お世話になった先輩の新らたな門出。社会人になる先輩へのプレゼントはどんなものがいいでしょうか?

これから社会に出た時に必要なものや、思い出に残るものなど、おすすめのプレゼントをまとめてみました。

ぜひ参考にして先輩にぴったりの贈り物を選びましょう!

社会人は勉強時間がない・・は言い訳!勉強時間は作るもの!!

社会人は勉強時間がない・・というのは確かに社会人の現実です!!

しかし勉強時間がないけど勉強時間を作っている人は相当数いるようです。

詳しく調べてみました。

ホワイト企業に転職したい!!を叶えるためのルールとは??

転職をお考えの皆様も今の会社で満足と思っている皆様も

人生は長いもの・・何が起こるかわかりません。

しかしどうせ転職するならホワイト企業の方がいいのは皆さん同じだと思います。

ホワイト企業に転職する為の最低限のルールを調べてみました。

資産の運用の方法って一体何がいいの?知っておきたい豆知識

自分の大切な資産を運用してみたい!!

しかし投資ってリスクがかなり高そうだし・・損はしたくないなぁ・・

という方は必見です!!

資産の運用方法といっても千差万別!色々な投資のやり方があります。

ぜひ一度読んで自分に合った資産の運用方法を検討してみては!

上司のパワハラで退職!?自分らしく働くためのプロセス!

最近は様々なハラスメントが取り沙汰されています。その中で職場の上司からのパワハラも問題になっています。

精神的・肉体的なダメージから退職に追い込まれてしまう方も・・・そこでパワハラについて調べてみました。自分が自分らしく働くためにどうするべきか理解しておきましょう!

将来就きたい仕事が決まらないあなたへ!!まとめてみました!

進路決定という分岐点に立ったとき、「本当にしたいことはなんだろう」と立ち止まることもありますよね。

「どんな仕事をしたいんだろう」と自分の将来が決まらないこともあるかと思います。

そんなとき、考えるヒントになりそうな方法について調べてみました。

仕事の相談を異性にする?しない?男と女の相談の違いとは?

あなたは仕事の相談や人生、恋愛の相談を一体誰にしますか??

場合によって相談する相手は変わると思いますが、異性への相談は

一体どういうシュチュエーションでやりますか??

男と女でも相談の感覚は少し違うようです・・

上司のパワハラ!無視されるという孤独な職場環境への対処法

会社での上司からのパワハラは、社会的に問題になっています。

そこで今回は、上司から無視されるというパワハラ行為について調べてみました。

つらい環境を打破するためにも、ポイントや対処法をしっかり理解しておきましょう!

ブラック企業の特徴は働いて当たり前!あなたの会社は??

例えば労働者に対して、「働いて当たり前」といった無意識な意識があり会社とは働いた対価として賃金を支払わなくてはいけません。支払わなければいつしかの時代の奴隷となんら変わりはありません。

ところが現代の世に「奴隷」という言葉は使われていませんが、ほとんど無償の奴隷のような現状があります。
例えばサ-ビス残業なんかはそうです。仕事が片付かないのは本人に問題があるとして、一定の時間になっタイムカ-ドを押すように強制され、無制限のサ-ビス残業に突入します。

働く能力の問題は多少はあるにせよ、一人の人間が働いた対価としての賃金といった基本が覆されています。
過労死という言葉があるように、日本でも実際に働かざるえない状況に追い込んで結果亡くなってしまうというケ-スは山のようにありそういったことも、あまり明るみに報道されないというところも、ブラック企業ならではです。

引用元-ブラック企業の特徴はどこも同じ共通点

スポンサーリンク

  人気記事

ブラック企業によく共通する特徴は?

ブラック企業の特徴としてよく知られているのが、残業代が出ないということです。
どれだけ深夜まで仕事を続けていても給料が上乗せされるということはなく、サービス残業として扱われてしまいます。
働いた分だけ給料をもらう。
こんな当たり前のことが、ブラック企業には一切通用しません。
労働基準を無視した時間を仕事に費やし、社員は精神的にも肉体的にも疲弊し、ボロボロになっていきます。
また、職業安定所などに出ている求人には残業は月にどれくらいか、実際のものよりもかなり少ない時間が記載している場合があります。
求人内容として記載されている労働時間が本当であるか、見極めることが重要なのです。


引用元-ブラック企業の特徴11選

常に職業安定所や新聞の社員募集欄などに社名が載っている企業は要注意。
求人を出すということは、社員が足りないということです。
つまり、常に社員を募集しているのはそれだけ社員が辞めているということを見分けるポイントとなります。

一度求人欄から消えたのに、それほど時間を経たずして再び求人をかけている。
せっかく入社した社員が何人もすぐに辞めてしまうのは、企業の方に問題がある証拠なのです。
募集内容を見ただけでは、それがブラック企業か見分けにくいと思う方もいるでしょう。
しかし、このように求人をかけている回数を見るだけで気づくことができる場合もあります。
就職活動をする時に、ブラック企業にひっかからない目安となりますね。

引用元-ブラック企業の特徴11選

求人情報でのブラック企業の見分け方と特徴は?

求人情報の記述で見抜け!・年中求人広告を出している。ハローワークや求人雑誌、求人サイトなどの常連会社・給与が仕事量に比して異常に安い、残業代がない・全体の社員数に対する求人人数の多い会社(離職率高い、頻繁に大量首切り)・求人広告の条件内容に明らかなウソやゴマカシがある・求人広告に提示されている給与に幅がありすぎる会社・歩合給部分の比率が高く、年齢や勤続年数の割にモデル年収が高すぎる会社・28歳まで、第二新卒歓迎という募集をする会社・年間の昇給(給与改定)回数、賞与回数がやたらと多い会社・募集資格が学歴不問、未経験者OK、フリーター歓迎の会社・募集内容の文面に「急募!」を多用している・試用期間が異常に長い会社(普通は3ヶ月以内)・零細で社員数が少ないのに役員数が多い(社長の親族等が不労役員になっている)・他人に勧められない、社名を言うのが恥ずかしくなるような会社・仕事内容にノルマなし、一から教えますなど妙に甘い言葉を並べている会社・募集広告で夢とか熱意とかやる気とか、やたらと精神論を並べている会社・求人広告に社長と社員が和気あいあいと写っている集合写真を載せている会社・求人広告の写真でいまどき社員がVサイン出してる会社・社員紹介の写真になぜかやたらと美人の女性社員を使っている・中小零細なのに歩合給、成果給で賞与無しの会社・事務職なのに裁量労働制の会社・事務職なのに要普免の会社・入社前研修がない、OJT頼みの会社・幹部以外の社員の平均年齢がやたらと若い会社・なぜか遠隔地のハロワや広告に求人を出している会社(地元で誰も引っかからない)・中小なのに従業員数がキリ番(入れ替わりが激しいので従業員数を把握できない)・求人への応募先や人事からのメールに担当者の名前を書いていない会社・「こんな会社見たこと無い」「アットホーム」「成長産業」の黒い三連星コンボ

引用元-【就職・転職】リクナビでわかるブラック企業の特徴 中小零細企業はみんなブラック会社? – NAVER まとめ

簡単に稼げるようなフレーズはブラック企業の可能性が・・

■年収のモデルケースが広い

例えば…
年収300万~700万円
頑張れば、それ以上も稼げます、未経験者でも親切丁寧に指導します、など簡単に稼げるようになるように受け取れるものはブラックの可能性を疑った方が良さそうです。

■「学歴不問」「年齢不問」「業務経験不問」「未経験者歓迎」など応募のハードルが低い

このように応募条件が緩いのは、従業員に消耗品のような働き方を強いる場合が多く、離職率が高いせいである可能性が伺えます。ある程度の給料や待遇、やりがいを保証する企業であれば、「誰でもいい」ような条件では決してないはずです。

■「○○創造」「成果主義」「実力主義」などのフレーズ

これも典型的な、ブラック企業の傾向だと言えます。やりがいを全面に主張するのは待遇が良くない証拠。また、高すぎるノルマを課し、達成できなければ一向に給料は上がらないという「成果主義」なんて実態も。このような企業は、従業員の労働に対して正当な評価をせず、どれだけ低賃金で働かせるかしか考えていません。

見分け方のポイントはこれだけではないかもしれませんが、まずは、この点にしっかりと注目してください。

引用元-ホワイト企業とブラック企業の転職時の見分け方ポイント3選 | 転職のことならキャリアパーク

面接のブラック企業の特徴は?土日に面接!?

9. 夜遅くても土日でも面接を設定してくる。
ある意味、現職では面接がオフタイムに設定されていることは、ありがたい側面ではありますが、そのときはオフィス内に人事以外に何人の人がいるかを「ガン見」してください。普通と変わらないような人数なら、深夜勤務当たり前、土日出勤当たり前の企業です。ここは隠せないところなので、だれでもわかる要チェックポイントです。

10.いきなり社長面接だ。
小企業で、人事がいない企業ならともかく、いきなり社長面接が一次面接の場合、社長と人事との信頼関係が成り立っていない証拠です。
つまり「人事が見ても俺の会社に合うかなんてわかるか」という姿勢の社長は、とにかく応募者全員に会いたがります。なぜか、応募者が多い=うちの会社も人気企業だと、社長と会社の顔の人事の関係が崩壊しているブラック企業なのに、とんでもない勘違いをしているからです。
また社長面接の後に、現場面接などがある場合も要注意。社長が御輿に乗っているだけの可能性も否定できません。

引用元-【就職】現役人事が語る! 「げっ、ブラック企業だ。撤退だ!!」…と面接で見抜くポイント(3/3) – ウレぴあ総研

twitterの反応

 - ビジネス・経済

Message

メールアドレスが公開されることはありません。