ワダイビジネスサテライトでは今話題のニュース・商品・ビジネス・恋愛・健康・豆知識ネタetc皆様に役立つあれこれを配信していきます

ワダイビジネスサテライト

将来こんな職業がなくなる??ロボットに人間が職業を奪われる

      2015/10/09

将来こんな職業がなくなる??ロボットに人間が職業を奪われる

映画で見たようなロボットが人間の世話を全てしてくれる世の中!

人間はどんどん便利な世の中になる・・と思っているあなた!!

もしかしたらあなたの職業も将来ロボットに奪われ、仕事がなくなる・・・

そんな未来がくるかもしれません。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

女友達との旅行で起こりうる喧嘩を回避する方法と対処法!

女友達との旅行はワイワイ盛り上がり、楽しい時間です。 しか...

感受性が強い赤ちゃんの特徴とバランスを整えるママとの関わり方

赤ちゃんは感受性が高いと言われていますが、中にはその感受性の...

保育園に入れない場合は幼稚園?働くママの苦悩と保活事情とは

保育園の待機児童が問題視される中、なかなか改善されない現状に...

嫁の料理の品数に不満を感じる夫~あなたの家庭は大丈夫?

あなたの食卓にはいつもどのくらいの品数の料理が並びますか? ...

日本が好きな外人に和む人多数!愛すべき外人のエピソード

最近日本好きな外人のエピソードに和むという趣旨のサイトが注目...

車検時に交換が必要になる部品の知識と自分で見極める方法

車検の見積もりを取ると、交換が必要になる部品の項目がいくつか...

旦那の家事手伝いが中途半端!イライラする妻とイクメン風夫

最近はイクメンという言葉がもてはやされ、家事を手伝う旦那が増...

会社都合の解雇はデメリットが…あなたと会社のデメリット…

会社から解雇を言い渡される理由はいくつかあります。 中...

中学生が部活に拘束される時間は意外と長い?勉強の両立は?

中学生になると部活が始まります。 部活に打ち込む学生も増え...

会社の規模を縮小する意味は色々!拡大より難しい規模縮小

会社の規模を縮小すると聞くと、「衰退」をイメージする方も多い...

子供が一歳・・夫と離婚したい・・出産後に陥る夫婦危機とは?

子供が生まれ一歳頃になると、夫と離婚したいと考える女性が急増...

友人への出産祝いに現金のみでいい?マナーとタイミングは?

友人の出産祝いに何を贈るか迷っている方は多いようです。 し...

アパートの騒音は何時までなら許せる?世間の声から判断を!

アパートに住んでいると、ご近所付き合いで気を付けたいのが騒音...

友人への出産祝い!第2子の場合に喜ばれるプレゼントとは…

友人に出産祝いを贈る時にはどんなものが良いか悩むところ。 ...

姑との同居で問題となる生活費!こんな分担と切り出し方は?

姑との同居には良い面もたくさんありますが、様々な問題が立ちは...

子供の大学の資金っていくら必要?事前に計画を立てないと…

子供を大学まで進学させるとなると、かなりの教育資金が必要にな...

血液検査の結果を病院に電話で問い合わせることは可能か?

病院で診察を受けると、病状によって血液検査を受けることがしば...

学歴が大卒と高卒で考え方が違う?日本の現状と学歴の差とは

就職する際に大卒か高卒か、最終学歴がどのくらい影響するのでし...

…仕事のミスで辞める前に心の整理!辞めたい理由は他にある?

仕事でミスをすると会社を辞めてしまいたくなることがあります。...

夫が単身赴任で子供なしの夫婦が夫婦円満でいられるアレコレ

子育て世帯では夫の転勤が決まると、子供の就学や進学の状況に合...

スポンサーリンク

将来なくなる職業が今話題となっている!

「コンピューターの技術革新がすさまじい勢いで進む中で、これまで人間にしかできないと思われていた仕事がロボットなどの機械に代わられようとしています。たとえば、『Google Car』に代表されるような無人で走る自動運転車は、これから世界中に行き渡ります。そうなれば、タクシーやトラックの運転手は仕事を失うのです。
これはほんの一例で、機械によって代わられる人間の仕事は非常に多岐にわたります。私は、米国労働省のデータに基づいて、702の職種が今後どれだけコンピューター技術によって自動化されるかを分析しました。その結果、今後10~20年程度で、米国の総雇用者の約47%の仕事が自動化されるリスクが高いという結論に至ったのです」
人間が行う仕事の約半分が機械に奪われる—そんな衝撃的な予測をするのは、英オックスフォード大学でAI(人工知能)などの研究を行うマイケル・A・オズボーン准教授である。

引用元-オックスフォード大学が認定 あと10年で「消える職業」「なくなる仕事」702業種を徹底調査してわかった  | 賢者の知恵 | 現代ビジネス [講談社]

今の職業がなくなる?機械が将来奪う職業ランキング

つい先日も目にしたものは、「機械が奪う職業・仕事ランキング」というものでしたが、その上位10位は以下のようなものでした。

1位 小売店販売員2位 会計士3位 一般事務員4位 セールスマン5位 一般秘書6位 飲食カウンター接客係7位 商店レジ打ち係や切符販売員8位 箱詰めや積み下ろしなどの作業員9位 帳簿係など金融取引記録保全員10位 大型トラック・ローリー車の運転手

会計士のような専門職が入っていることが、ちまたでは話題になっていたようですが、記事には「会計士の仕事の8割は機械に代わる作業かもしれない」というコメントがあり、会計士の重要な仕事である決算数値の誤りの発見まで、今後、人工知能を用いた機械が取って代わる可能性はかなり高いだろうとありました。

それ以外に挙げられている職種も、確かに機械化しやすい部分が含まれていることは確かなので、それはそうなのかもしれないとは思います。

引用元-「将来なくなる仕事ランキング」は、将来本当にそうなるのか | All About News Dig(オールアバウト ニュースディグ)

近い将来こんな職業がなくなるかも?危機感のない日本人

2020年にコンピュータに取って代わられる確率を試算したことで判明した、衝撃の未来予想です!
「大丈夫か、自分!」と、焦った人にもそうでない人にも、まずは、消えると予想された職業の、ほんの一例をご紹介しましょう。
・電話オペレーター
・レジ係
・ネイリスト
・銀行の融資担当
・弁護士補助
・会計監査人
不安をあおるつもりは毛頭ないのですが、上記の仕事がコンピュータにとって代わられる確率は、いずれも90%以上なのだそうです。なんとも衝撃! こうしちゃいられません!
そこで、全国20代~30代の男女各50人に、「日本人は10年後なくなる仕事に対しての危機感が薄いと思いませんか?」というアンケートを行なってみました。
すると、64%の人が「はい」と回答。つまり、6割を超える人たちが「危機感薄いぞ、日本人!」と感じているのです。
一方、3割強の人たちはとくに危機感の薄さを感じていないということになります。
この人たちは、能天気なのか楽観的なのか、それともすでに危機感をひしひしと感じているということなのでしょうか?

引用元-将来なくなる職業はない?調査でわかった日本人の甘すぎる考え方 | 「マイナビウーマン」

ロボットが近い将来人間の職業を奪い取る・・!?

ロボットの存在が作業員や事務員の仕事を減らす米オックスフォード大学マートン校の研究によると、電話営業や組み立てラインスタッフなど、現在ある仕事の47%が、今後20年間で自動化されて姿を消すという研究結果が出ています。日本においても2000年からの5年間で、事務用機器操作員5割、会計事務員1割、商品販売外交員では1割と高い就業者減少比率が見られています。

実数ベースで最大の減少となった会計事務員では、実に31万人もの職業がロボットにより消えているのです。これらの中間所得層の消滅は、会計ソフトウエアやネット販売の普及と無関係ではなく、インターネットとロボットの存在だけあれば業務が立ち行く職業は、将来性のある仕事とは言えません。クリエイティブ領域でもロボットが台頭最近では、米国内の放送局や新聞社の協同組合であるAP通信が「ロボット記者」の導入を決めたという報道があります。IT技術により企業決算記事の自動作成が可能になり、四半期で300本出ていた記事を4400本に大幅増加させられるというのです。

また、日本語で初めての「ニュースの自動要約」機能を有するアプリ「Vingow」を運営するJX通信社は「ほどほどの質」でいい記事は機械で作り、大量に出すようになるになるは間違いないという見方を示しています。その点で、ロボットはプログラミングを元に作業をこなすだけでなく、クリエイティブな仕事にも将来は就くものと考えられているのです。

引用元-将来性のある仕事と今後なくなる仕事を考察 | 就活のことならキャリアパーク

SF的??将来人間と機械が競争する世の中に?

テクノロジーの進展により、高所得を得られる創造的な職場と低賃金の肉体労働に雇用は二極化される。そして、それ以外の中間層の仕事は急速にコンピュータに置き換えられ、それが現下の総雇用減少の一因になっているというのが、『機械との競争』の主張だ。
これが本当なら、現在はすでにSF的な究極社会に向けて進行する途上にあるともいえる。われわれはどうしたらよいのか。
個人のサバイバル術としては、とにかくコンピュータの置き換えが困難なスキルや専門技能を磨くことだ。たとえば、先述の創造的な仕事のほか、コーチング、リーダーシップ、チーム作りなどのスキルはコンピュータが苦手とするものだ。

引用元-2030年 あなたの仕事がなくなる | トレンド | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

twitterの反応

 - 豆知識

ページ
上部へ