ワダイビジネスサテライト

ワダイビジネスサテライトでは今話題のニュース・商品・ビジネス・恋愛・健康・豆知識ネタetc皆様に役立つあれこれを配信していきます

*

筋肉つけて脂肪を減らそう!これであなたの見た目が変わる!!

   

 - 美容・健康

あなたは体重を減らしたいですか?それとも見た目を細くしたいですか?
体重は減ったのになぜか見た目が太って見える。
そんな声をよく聞きます。
今回は筋肉・脂肪・体重の三角関係からダイエットの不思議を探ります。

スポンサーリンク

  関連記事

1025-3-1
ダイエットの基本!筋肉つけて脂肪を落とす…基礎代謝アップ!

筋トレで筋肉を増やして体脂肪を減らすと、基礎代謝がアップします。
最近では男女共に筋トレが人気ですよね。
でも、それで痩せやすい体になったといえるのでしょうか?
今回は基礎代謝について深く探ってみましょう

髪の毛 サラサラ ドライヤー
髪の毛サラサラはドライヤーで作れる!美髪のポイント・注意点

ドライヤーは髪の毛を傷めると言われていましたが、実はツヤツヤサラサラの髪の毛の為にはドライヤーが重要なアイテムになります。

正しいドライヤーのかけ方やポイント、注意点を守れば誰でも簡単ツヤツヤサラサラの髪の毛になれるのです!

毎日のドライヤー習慣を見直し、今日から美髪を目指しましょう!

288e5735b38ea9f2453963db15e13b06_s
ジョギングの効果はお腹の脂肪にも!お腹周りは短時間継続が鍵

お腹周りについたなかなか落ちない脂肪・・

そう!あなたのお腹周りにもしつこくついているこいつです。

ジョギングはそいつを落とすのに実は効果テキメンな運動!

飽きっぽいあなたへ!お腹周りの脂肪を落とす鍵はどうやら短時間と継続にあるようです・・・

ed16181a5395c2bb7676db8de6be41a4_s
化粧水と乳液は男でもつけた方がいい??肌の老化を防ごう!!

化粧水や乳液は男なんて付けなくてもいい!!

洗顔だけで十分だ!なんて思っている男の人は意外と多いと思います。

しかし化粧水や乳液の役割を知れば男性でも洗顔プラスαでやった方がいい!!

と思うはずです。男性必見です。

0c374c4a27ada847a4d0e31b51abd1a2_s
ストレス症状の悪化から考えられる病気は?ストレスの予防策

ストレスを感じることで体には様々な症状が現れます。その症状をそのままにしておくと大きな病気につながってしまうことも…

そこでストレス症状の悪化から考えられる病気についてまとめてみました。

ストレスを上手に緩和させ、気になる症状がある時は早めに病院を受診するように心がけましょう。

女性 化粧 マナー
女性の化粧はマナー!?女性に求められるメイクという身嗜み

いつの頃からか女性が公共の場で化粧をする事が、当たり前のマナーとされています。

服装や立ち居振る舞いを気にするように、女性は化粧においてもTPOをわきまえる必要があるようです。

そこで様々な場面で求められる、女性の化粧マナーについてまとめてみました。

c070d165f10d062e352c70e3b7b5a861_s
抜け毛の原因は??20代で抜け毛が気になる人は要チェック!

抜け毛・薄毛は年齢が高い人がなると思っていませんか??

そんなことはありません!10代・20代ですでに抜け毛が気になっている人は

今すぐ対策をしないと後10年もしないうちに悩むことになります・・

そんな抜け毛の原因を知って継続的に対策をしましょう!!

豆乳 効果 時間帯
豆乳を効果的に摂取する時間帯は?生活に上手に取り入れる方法

豆乳にはダイエットや美肌など、女性に嬉しい効果がたくさんあります。

効果的に摂取するためには、飲む時間帯やタイミングなども関係しているようです。

そこで生活に豆乳を上手に取り入れる方法をまとめてみました!ぜひ参考にして自分に合った豆乳生活を始めてみましょう。

cc0abffb671f94031a95ecf3f1d4a5ae_s
ニキビに効く化粧水って?男も大事なニキビケアのやり方は??

男も女もニキビは大敵です!!

皆さんニキビが出来た後に洗顔料や化粧水でニキビケアをやりますが、

出来る前に何か対策はやっっていますか?また正しいニキビケアをやっていますか?

男のニキビケアを調べてみました。

ジョギング ランニング ダイエット
ジョギングとランニング、ダイエットに効果的なのはどっち?

ダイエットのために、ジョギングやランニングを習慣にする方が増えています。

みなさんはジョギングとランニングに違いがあることをご存知ですか?

ジョギングとランニングの違いや正しい方法をしっかり理解して、効果的なダイエットに取り組みましょう!

0925-8-2

「筋肉太り」の勘違い

お風呂上がりに体重計にのって「わ~い痩せた!」、翌日再び体重計にのって「今日は太っちゃった…」、ダイエットに奮闘する女子達からよく聞こえてくるこんな言葉。体重の変化を日々確認し、自分の健康や体調を管理することはとても良いことです。けれど、ただ体重を減らすこと=ダイエットと考えていたり、「あと〇kg落とす!」と宣言しつつも実際目標を叶えた時の体型がイメージできていなかったったりと、ダイエットのゴールが「理想のスタイルになること」ではなく「漠然と体重をダウンさせること」になっている女子が今増えています。

引用元-ダイエット失敗あるある!「ダイエット=体重を落とすこと」って考えてない?|モテ子BEAUTY

筋肉がついて体重が増えた=筋肉太り ではない!

しばしば勘違いされがちですが、筋肉がついて体重が増えた場合は「筋肉太り」したワケではありません。筋肉太りとは、過去に強度の高いスポーツなどでつき、衰えた筋肉の間に脂肪が溜まってカチコチになってしまった状態のこと。また、筋肉量を増やすとガッチリ体型化する、と考えるのも誤解です。

引用元-ダイエット失敗あるある!「ダイエット=体重を落とすこと」って考えてない?|モテ子BEAUTY

スポンサーリンク

  人気記事

筋肉は消費カロリーが高い!

体重が増えても筋肉がつくことで基礎代謝が高まり、消費カロリーも増えるので太りにくい体質を手に入れることができていますが、体重が増えたことが「いけないこと」だと勘違いしている人も多いのが現状です。

体重=見かけではないので気をつけましょう。

消費カロリーの違いとは?

消費カロリーというと難しく感じるかもしれませんが、筋肉の方が断然消費カロリーが脂肪より高いのです。

つまり、太りにくい体質にするためにはどうすればいい?ということであれば筋肉をつけることが一番手っ取り早いダイエット方法ということがいえるでしょう。

その理由は、筋肉量が増えるだけで必然的に消費カロリーが圧倒的に増えるからです。つまり消費カロリーが増えることで自然とエネルギー消費が促されて代謝が高くなり、体質的には太りにくくなるのです。

おわかりでしょうか?筋肉量を増やして自分に必要だと思う体の部位の筋肉をを増やすことでなりたいプロポーションになれるということです。

引用元-筋肉は脂肪に変わることはありません!筋トレが大切な理由とは? | 筋トレぴろっきー

体脂肪を減らし見た目を変える!

筋肉は重い…、けどスリムに!

食事からのカロリー制限だけでなく運動によってもダイエットをしている場合、「体脂肪率は下がったけど、体重に変化がない、むしろ増えてる??」という状態はよく起こります。
これは体脂肪が落ちて、代わりに筋肉が増えたためと考えられます。
そして厄介なことに筋肉は体脂肪よりも「重い」ので、体重を重視したダイエットをしているとちょっと混乱してしまいます。

引用元-【筋肉と体重の関係】体脂肪を落として筋肉を増やすダイエット | ダイエットSlism

きれいに細くなってそれを維持するためには、筋肉によるエネルギー消費が高い基礎代謝を高めることが大事です。
私たちの体には基礎代謝と呼ばれる生命維持に必要な機能が備わっており、体温維持などで常にエネルギーを消費しています。
基礎代謝は1日に体内で行われる代謝のうち約7割を担っており、そのうちの約4割は筋肉が脂肪をエネルギー源として消費しています。つまり、筋肉を増やすと基礎代謝は高まり、エネルギー消費が多い「やせやすい身体」「太りにくい身体」になると言えます。一度は体重が増加する運動も長期的には重要と言えるでしょう。

引用元-【筋肉と体重の関係】体脂肪を落として筋肉を増やすダイエット | ダイエットSlism

体脂肪を減らすテクニック!

1.運動前にカフェインを摂取する。

運動前にカフェインを摂取することで、運動中に身体が糖分を抑制して脂肪をエネルギー源として使う作用を強めるほか、筋肉の収縮作用を強めるので力の発揮の向上、覚醒効果による集中力の向上効果があります。

運動の30分~45分前にカフェインを摂取しましょう。ただあまりのカフェインの過剰摂取は、不安やイライラなどの症状を招いてしまうことがあるので、1日に摂取しすぎないことと、多量に摂取したら3~4時間程時間を空けるようにしましょう。

引用元-~体脂肪率を減らすための11個のテクニック~ | Fitness Junkie フィットネスジャンキー

5.筋トレ→有酸素運動の流れで運動する。

最初に有酸素運動から始めると、最初の20分程度は糖質がメインとして燃焼され、その後糖質ばかりを使っていると血糖値がどんどん下がって危険なので、時間が経つにつれて脂肪の利用率が上がってくるという流れになります。

しかし、最初に筋トレを行う事で成長ホルモンの分泌で脂肪が分解され、血中に脂肪が放出してエネルギーとして燃焼されるようにスタンバイしている状態になるのです。

引用元-~体脂肪率を減らすための11個のテクニック~ | Fitness Junkie フィットネスジャンキー

見た目変化は一日にしてならず!

見た目の変化には3ヶ月以上はかかる

今回の結論である「見た目の変化」ですが、3ヶ月以上はかかると思った方が良いです。ダイエット目的で筋トレをしている人の場合は食事制限が成功したかどうかの問題も出てきます。

少なくともガリガリだった人が筋肉をつけようと思ったら、3ヶ月は様子見をした方が良いです。

引用元-筋トレでムキムキな見た目が変わるまでの期間は?短時間での変化は難しい | 筋トレブログ マッチョ道

筋トレは継続出来るように

最初から「短期間で筋トレの効果を出したい」「早く筋トレと食事制限をやめたい」って考えでやるのはやめた方が良いと思います。

それよりも個人的に良いと思うのは「ゆるく長く継続する」という方法です。

そりゃ最善は自分を厳しく律して食事制限をして、周に2~3回のハードトレーニングを常に続けてガンガン筋肉を育てる方法です。

ですがそれは相当なメンタルの強さが必要ですよね。断固たる決意で筋トレをしていないと無理です。よっぽど好きな人ならそれでも楽しいでしょう。

でも普通の人にとってはお酒は飲みたいし、たまにはジャンクフードも食べたいし、遊びほうけて筋トレをサボる日を少しぐらい作りたいものです。

引用元-筋トレでムキムキな見た目が変わるまでの期間は?短時間での変化は難しい | 筋トレブログ マッチョ道

twitterの反応


https://twitter.com/justin_layzyang/status/647285211533709312
https://twitter.com/machsgut_/status/652448470389821441
https://twitter.com/kiss_o0/status/646492608395538432

 - 美容・健康

Message

メールアドレスが公開されることはありません。