ワダイビジネスサテライトでは今話題のニュース・商品・ビジネス・恋愛・健康・豆知識ネタetc皆様に役立つあれこれを配信していきます

ワダイビジネスサテライト

アレルギー症状が引き起こす「だるさ」!原因と解消法はコレ?

   

アレルギー症状が引き起こす「だるさ」!原因と解消法はコレ?

体の「だるさ」に悩まされた経験はありますか?
それがずっと続くようであれば、アレルギー症状の可能性があります。
なぜアレルギー症状になったのか?その原因は様々です。
今回は「だるさ」について探ってみます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アパートの騒音は何時までなら許せる?世間の声から判断を!

アパートに住んでいると、ご近所付き合いで気を付けたいのが騒音...

友人への出産祝い!第2子の場合に喜ばれるプレゼントとは…

友人に出産祝いを贈る時にはどんなものが良いか悩むところ。 ...

姑との同居で問題となる生活費!こんな分担と切り出し方は?

姑との同居には良い面もたくさんありますが、様々な問題が立ちは...

子供の大学の資金っていくら必要?事前に計画を立てないと…

子供を大学まで進学させるとなると、かなりの教育資金が必要にな...

血液検査の結果を病院に電話で問い合わせることは可能か?

病院で診察を受けると、病状によって血液検査を受けることがしば...

学歴が大卒と高卒で考え方が違う?日本の現状と学歴の差とは

就職する際に大卒か高卒か、最終学歴がどのくらい影響するのでし...

…仕事のミスで辞める前に心の整理!辞めたい理由は他にある?

仕事でミスをすると会社を辞めてしまいたくなることがあります。...

夫が単身赴任で子供なしの夫婦が夫婦円満でいられるアレコレ

子育て世帯では夫の転勤が決まると、子供の就学や進学の状況に合...

妻の誕生日何も予定なし・・な時は手料理で喜ばせてみては?

妻の誕生日になにを贈るか毎年悩んでいる男性は少なくありません...

男性は好きな人の妄想をする生き物?男が妄想する言動とは

男性は妄想するのが大好きです。 身近な女性の何気ない仕草に...

結婚できない理由…別れを選ぶ人は男女の脳の違いを理解しよう

結婚はカップルにとって大きな変化の一つです。 結婚した...

娘の友達がわがまま!娘の親として対応はどうしたらいいの?

娘が仲良くしているお友達がわがままな子だったら…我慢している...

流産の確率が減る時期は?妊娠して気になる流産のことを調査

妊娠すると心配になってしまうのが流産の可能性です。 一般的...

女性で料理が上手!はなぜモテる?男は胃袋をつかまれると・・

モテる女性は料理上手が多いのはなぜなのでしょうか? 料理が...

男性はキスは好きでない子とでもできるの?男性の態度で分析

男性は好きではない子とでもキスできるという、女性にとっては耳...

夫の単身赴任と保育園!入園ポイントと知っておきたいアレコレ

夫の転勤が決まった時、保育園頃の子供のいる家庭では一緒につい...

子供にはテレビを見せない方がいい!?上手に付き合う方法は…

小さな子供の成長の為にはテレビは見せない方がいいと言われるこ...

夫が単身赴任!経験者のブログに学ぶリアルな夫婦関係とは…

夫の単身赴任が決まった時、あなたはどんなことが頭をよぎります...

夫の単身赴任が辛い…と考えるよりも考え方を変えてみては!

夫の単身赴任が決まり、別々の生活が始まることを考えると辛い気...

lineの放置で〇〇が消える?意外と知らない仕組みとは…

多くのユーザーを誇るlineアプリですが、密なやりとりに疲れ...

スポンサーリンク

体のだるさ!原因は1つじゃない

実は体がだるく感じる原因は、一つではありません。

主な原因を挙げるとすれば以下のようなことが考えられます。

食生活の偏りによる栄養不足
低血圧
頭の使い過ぎ
ストレス
肝機能の低下や更年期障害などの病気
精神的な疾患

夜更かしや過労なども体がだるくなる原因ですが、これらは十分な休息を得ることで回復することが多いでしょう。

問題なのは体のだるさが長期的に続く場合です。

いつまでたってもだるさが取れない場合は、単なる疲労と捉えずに詳しい原因を探る必要があります。

引用元-体がだるい時の原因と解消法【頭痛・眠い・やる気が出ない】 | 豆知識PRESS

熱がないにも関わらず、体がだるいと感じる原因として考えられるのが貧血です。

貧血とは、体の隅々まで酸素を運ぶために必要なヘモグロビンが減少することで起こる症状です。言わば体内が酸欠状態に近くなるため、体がだるくなってしまうのです。

女性の場合、生理になると貧血になりやすいので、特に体がだるいと感じることが増えるかも知れません。

また、頭を使い過ぎると脳がブドウ糖やアミノ酸の不足状態に陥り、集中力の低下や体のだるさを感じることがあります。

引用元-体がだるい時の原因と解消法【頭痛・眠い・やる気が出ない】 | 豆知識PRESS

隠れアレルギーの症状と原因

原因となる食物を食べて2-3日経ってから炎症物質が放出され始め、急性の症状を起こさない代わりに慢性的な炎症を体内に起こします。原因となる食物を特定することが難しいために隠れアレルギーなどといわれます。この隠れアレルギーが厄介なのは、急性の症状を起こさない代わりになんとなく身体がだるい、疲れやすい、慢性的な身体の痛みなど慢性的な身体の不調の原因となり、また一般的に認知されていないために、多くの場合それらの身体の不調が原因不明とされることです。

隠れアレルギーの原因は?

隠れアレルギーの原因となるのは食物に含まれるタンパク質ですが、その中でも最も一般的なアレルゲンは小麦に含まれるグルテン(Gluten) や、乳製品に含まれるカゼイン(Casein) といったタンパク質です。その他にも豆や卵に反応を示す人も多くいます。

引用元-隠れアレルギーとは? – Health Integration Chiropractic JP

遅延型食物アレルギーの症状は?

「遅延型食物アレルギー検査」では、食後数時間から数週間以上経ってから現れるアレルギー反応を調べます。※計96品目の食品についてのアレルギー検査をおこない、症状の原因が食品にないか検査を行います。

どのような症状?  ~遅延型フードアレルギーで起こる症状とは~

アレルギーといえば普通はくしゃみや鼻水、目がショボショボ。何か食べた後にでる”じんましん”・・などが「即時型アレルギー」の症状で、すぐに体の異常反応がでてくるタイプのアレルギーです。

一方、遅延型アレルギー反応は、多くの場合、食物アレルゲンに対する過敏性からきています。

このタイプのアレルギーは、よく「隠れアレルギー」と呼ばれます。慢性疲労、じんましん、湿疹、過敏性腸症候群、その他、多くの慢性症状が、遅延型のアレルギー反応であることに気づかれないまま放置されていることがあります。驚くかもしれませんが、大好物や毎日食べている食べ物の中に、強いアレルギー反応がみられる場合が少なくありません。

引用元-遅延型フードアレルギー検査 | 東京シナジークリニック

食生活改善で「だるさ」を解消!

だるさ解消は、食生活の見直しから

いつまで経っても解消されない「だるさ」があっては、やる気を奪い生活に支障をきたします。
解消するためには、まずその正体を突き止めなければなりません。
簡単にできるものとして、まず普段の食事をリストアップしてみる方法があります。
食べ過ぎを自覚している場合は、食べる量を少なくすることでだるさを解消していことができます。
そんなに食べていないと言う人は、食事内容の見直しを行うことが必要。
なぜ食べた物をリストアップしていくのかと言うと、だるさの正体がアレルギー反応で出ているケースもあるからです。
これは「遅発型アレルギー」と呼ばれるもので、だるさが含まれる倦怠感が症状としてあらわれることもあります。
同じものを食べ続けることが多い人や、花粉症の人は発症のリスクが高くなると言われています。
「これは摂り過ぎているかも?」と思う物があったら少し控えめにするか、しばらくの間まったく食べないようにしてみてください。
それで、だるさの具合が変化するかどうか観察してみましょう。
改善されるようであれば、その食材にアレルギー反応がある可能性があります。


引用元-体がだるい原因は食事にあり!改善に効く食材とレシピ♪ | プルーレ

薬剤によるアレルギー症状

 薬剤性肝障害では何の自覚症状もなく、偶然に行った血液検査で始めて指摘されるものも少なくありません。
また薬剤性肝障害に特徴的な症状があるわけではなく、たとえばアレルギー特異体質による場合は、アレルギー症状として、発症早期の発熱、発疹、関節痛などがみられますし、黄疸や全身の痒みで気づかれることもあります。またどのようなタイプであっても肝障害が進行してくると肝機能低下の症状として全身倦怠感、食欲不振、悪心、嘔吐、黄疸などが現れてきます。
尿がコーラや醤油のような濃い色になったり、どうしようもなく体がだるい、食事がとれないなどの症状が現れてきたときには、かなり肝障害が進行している可能性があるため、直ちに主治医に報告し検査を受けることが必要です。

 薬剤性肝障害が起こっていることを早いうちに発見し起因薬物を中止できれば、肝機能は速やかに改善し軽症ですむことが大部分で、命に関わるよう事態に至ることはまず避けることができます。

引用元-クスリによる肝臓障害

twitterの反応

 - 生活

ページ
上部へ