ワダイビジネスサテライトでは今話題のニュース・商品・ビジネス・恋愛・健康・豆知識ネタetc皆様に役立つあれこれを配信していきます

ワダイビジネスサテライト

コレステロールと食事は関係ない?卵何個もOKという新事実!

      2015/10/27

コレステロールと食事は関係ない?卵何個もOKという新事実!

これまで私たちは親から卵はコレステロールが高いから一日個までなどと

教えられた方も多いのではないでしょうか?

しかしコレステロールと食事はほぼ関係ないという新事実が発表されました!

これからは今までの認識を皆さん改めましょう!!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

アパートの騒音は何時までなら許せる?世間の声から判断を!

アパートに住んでいると、ご近所付き合いで気を付けたいのが騒音...

友人への出産祝い!第2子の場合に喜ばれるプレゼントとは…

友人に出産祝いを贈る時にはどんなものが良いか悩むところ。 ...

姑との同居で問題となる生活費!こんな分担と切り出し方は?

姑との同居には良い面もたくさんありますが、様々な問題が立ちは...

子供の大学の資金っていくら必要?事前に計画を立てないと…

子供を大学まで進学させるとなると、かなりの教育資金が必要にな...

血液検査の結果を病院に電話で問い合わせることは可能か?

病院で診察を受けると、病状によって血液検査を受けることがしば...

学歴が大卒と高卒で考え方が違う?日本の現状と学歴の差とは

就職する際に大卒か高卒か、最終学歴がどのくらい影響するのでし...

…仕事のミスで辞める前に心の整理!辞めたい理由は他にある?

仕事でミスをすると会社を辞めてしまいたくなることがあります。...

夫が単身赴任で子供なしの夫婦が夫婦円満でいられるアレコレ

子育て世帯では夫の転勤が決まると、子供の就学や進学の状況に合...

妻の誕生日何も予定なし・・な時は手料理で喜ばせてみては?

妻の誕生日になにを贈るか毎年悩んでいる男性は少なくありません...

男性は好きな人の妄想をする生き物?男が妄想する言動とは

男性は妄想するのが大好きです。 身近な女性の何気ない仕草に...

結婚できない理由…別れを選ぶ人は男女の脳の違いを理解しよう

結婚はカップルにとって大きな変化の一つです。 結婚した...

娘の友達がわがまま!娘の親として対応はどうしたらいいの?

娘が仲良くしているお友達がわがままな子だったら…我慢している...

流産の確率が減る時期は?妊娠して気になる流産のことを調査

妊娠すると心配になってしまうのが流産の可能性です。 一般的...

女性で料理が上手!はなぜモテる?男は胃袋をつかまれると・・

モテる女性は料理上手が多いのはなぜなのでしょうか? 料理が...

男性はキスは好きでない子とでもできるの?男性の態度で分析

男性は好きではない子とでもキスできるという、女性にとっては耳...

夫の単身赴任と保育園!入園ポイントと知っておきたいアレコレ

夫の転勤が決まった時、保育園頃の子供のいる家庭では一緒につい...

子供にはテレビを見せない方がいい!?上手に付き合う方法は…

小さな子供の成長の為にはテレビは見せない方がいいと言われるこ...

夫が単身赴任!経験者のブログに学ぶリアルな夫婦関係とは…

夫の単身赴任が決まった時、あなたはどんなことが頭をよぎります...

夫の単身赴任が辛い…と考えるよりも考え方を変えてみては!

夫の単身赴任が決まり、別々の生活が始まることを考えると辛い気...

lineの放置で〇〇が消える?意外と知らない仕組みとは…

多くのユーザーを誇るlineアプリですが、密なやりとりに疲れ...

スポンサーリンク

コレステロールって一体何??

善玉・悪玉というと聞こえが悪いのですが、コレステロールの役割(正確には、リポタンパク質の違い)と影響によって分けて考えられています。
悪玉コレステロールと言われるLDLコレステロールは、体の各所に必要なコレステロールを血流に乗って運ぶ役割をしています。
運びすぎると血管内壁にへばりついてしまい、そのまま放置すると動脈硬化の原因となり、動脈硬化は、心筋梗塞、狭心症や脳梗塞のリスクを高めますので、LDLコレステロールが「悪玉」と言われる所以です。
ただし、働き的には、生きていくのに欠かせない役割を担っています。
善玉コレステロールと言われるHDLコレステロールは、逆に余ったコレステロールを運び出す役割をします。体に悪影響を与える量のコレステロールを細胞壁から運び出す、といことなので、「善玉」と言われています。
健康診断や血液検査などでは、コレステロールに関しては、総コレステロール値、LDL値、HDL値がチェックされます。

引用元-コレステロールとは? | コレステロールを下げるAtoZ

役所がお墨付き??コレステロールと食事は関係ない

厚労省は4月改訂の「食事摂取基準(平成27年版)」で、これまで18歳以上の男性で1日当たり750ミリグラム、女性で同600ミリグラム未満としていたコレステロールの基準を撤廃。同省栄養指導室は「基準を設定するのに十分な科学的根拠が得られなかったため」と説明する。 日本動脈硬化学会も今月、「食事で体内のコレステロール値は大きく変わらない」とする声明を発表、健康な人では制限は必要ないとした。 ただし、複数ある血中のコレステロールのうち悪玉のLDLコレステロール値が高い人は従来通り摂取制限が推奨されるとする。また、動脈硬化を防ぐには、食事だけでなく、血圧や血糖値の管理、禁煙や運動など包括的な生活習慣の改善が大切とした。

引用元-動脈硬化学会声明 「コレステロール値、食事で変わらない」 生活習慣全般の改善を(2/3ページ) – 産経ニュース

卵1日1個の考えはもう古い!コレステロールは食事と関係ない?

■知らなきゃ時代遅れ! 卵1日1個の考えはもう古い

鶏卵や、“いくら”や“たらこ”などの魚卵はコレステロールを多く含むため、食事では“1口だけ”、“1日1回だけ”などと規制をかけている人もいますよね。
確かに、今年3月以前に設定されていた1日に成人が摂るコレステロールの上限量は成人男性750mg、女性600mg未満。
血中コレステロールの高い人は、食品からのコレステロール摂取量は300mgを超えないことが望ましいといわれていたので、コレステロールが214mg含まれている鶏卵は1個が望ましいとされていました。
しかし、今はその考えは古いのです! 近年の研究で、食品に含まれているコレステロールは、血中には“ほぼ影響しない”ということが研究によって裏付けられているのです。

引用元-「卵は1日1個まで」はウソ!? 高コレステロール食品と健康との関係 – WooRis(ウーリス)WooRis(ウーリス)

■食べ物からの摂取は血中コレステロール値に影響なし

そもそもコレステロールは食べ物から摂取するものと、体の中で作られる2種類があります。その2種類のコレステロールが血中のコレステロール値に影響しますが、多くは体から作られたものが影響しています。
ですので、食べ物から摂取したコレステロールは、1~3割ほどしか血中コレステロールに影響しないのです。

引用元-「卵は1日1個まで」はウソ!? 高コレステロール食品と健康との関係 – WooRis(ウーリス)WooRis(ウーリス)

コレステロールと食事は関係ないと言っても脂っこいものはほどほどに!

食品コレステロールと血中コレステロールに関連性薄い

帝京大学・寺本民生臨床研究センター長はこう解説する。「最近の研究で、食事からのコレステロールの摂取は、体内の血液中のコレステロールの量とはあまり関係ないことがわかりました。日本でも来年から厚生労働省の『日本人の食事摂取基準』のコレステロールの目安の基準はなくなります。ただ、これはあくまでもコレステロール値が正常の人の話です」
「ただし」と瀬田宙大アナが割って入る。「コレステロールには善玉と悪玉があります。善玉が140以下の正常値の人はコレステロールを気にせず食べても構わないけれど、悪玉が140以上で180などの人はやはり医師に相談して下さい」
肉や脂っこいものを好きなだけ食べてもいいというわけではないらしい。

引用元-食事のコレステロール制限もう必要ありません!米政府や厚労省が目安変更 : J-CASTテレビウォッチ

コレステロールは必要なもの!食事の暴飲暴食はほどほどに!

コレステロールは体にとって必要な物質ですが、多すぎれば動脈硬化が進行し心筋梗塞や脳卒中といった生命にかかわる血管の病気を起こしやすくなるのです。
元来、コレステロールが高い場合には食事でのコレステロールを控えることが勧められていました。しかし今回の報告によると、食事でのコレステロール摂取量と血液中のコレステロールは関係がなかった、つまりコレステロールを食べ過ぎても血液中のコレステロールが上がるわけではないし、逆に控えても血液中のコレステロールは下がらないということなのです。
ただしここで注意が必要なのは、決して血液中のコレステロールが高くても大丈夫というわけではないということです。

引用元-コレステロール制限が必要ないならどうすればいいのか?(大竹真一郎) – 個人 – Yahoo!ニュース

なぜコレステロールは悪者にされたのか??

しかしなぜコレステロールが悪者にされたのだろうか? 20世紀初頭にロシアの科学者がウサギに肉を食べさせ、人工的に動脈硬化を起こしたのが元ネタらしい。コレステロールと動脈硬化を結び付けた画期的な実験ではあったが、相手はウサギである。肉を食べないウサギに肉を食べさせ、だからコレステロールを食べてはいけないというのは極論である。むしろ適度なコレステロールは血管を強化して脳卒中など血管が弱くなって起きる病気を防ぎ、細胞壁を強くして感染症に対する免疫を強化するといわれる。脳内にも多く含まれており、神経線維を守る神経鞘を強化し、神経伝達に重要な役割を果たす。

何事もいい面と悪い面がある。なんでもほどほどが一番ということだ。それにしてもコレステロールの摂りすぎとあれだけ騒いでいた話をいきなり引っ込めるのだから、医療不信が起きるわけである。

引用元-タマゴにマヨネーズは体にいい!? 医学会がコレステロール=悪者説を撤回! | 知っ得大衆-WEB版-

twitterの反応

 - 美容・健康, 豆知識

ページ
上部へ