ワダイビジネスサテライトでは今話題のニュース・商品・ビジネス・恋愛・健康・豆知識ネタetc皆様に役立つあれこれを配信していきます

ワダイビジネスサテライト

日本人は海外で差別を受けることがあるのか!?それはなぜ??

      2015/10/29

日本人は海外で差別を受けることがあるのか!?それはなぜ??

あなたは海外旅行をしたことがありますか?
海外へ行くと「アジア人」とか「日本人」ということを意識するそうです。
差別を受けるという残念な経験をした人もいますね。
今回はそんな海外の事情を探ってみます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

女友達との旅行で起こりうる喧嘩を回避する方法と対処法!

女友達との旅行はワイワイ盛り上がり、楽しい時間です。 しか...

感受性が強い赤ちゃんの特徴とバランスを整えるママとの関わり方

赤ちゃんは感受性が高いと言われていますが、中にはその感受性の...

保育園に入れない場合は幼稚園?働くママの苦悩と保活事情とは

保育園の待機児童が問題視される中、なかなか改善されない現状に...

嫁の料理の品数に不満を感じる夫~あなたの家庭は大丈夫?

あなたの食卓にはいつもどのくらいの品数の料理が並びますか? ...

日本が好きな外人に和む人多数!愛すべき外人のエピソード

最近日本好きな外人のエピソードに和むという趣旨のサイトが注目...

車検時に交換が必要になる部品の知識と自分で見極める方法

車検の見積もりを取ると、交換が必要になる部品の項目がいくつか...

旦那の家事手伝いが中途半端!イライラする妻とイクメン風夫

最近はイクメンという言葉がもてはやされ、家事を手伝う旦那が増...

会社都合の解雇はデメリットが…あなたと会社のデメリット…

会社から解雇を言い渡される理由はいくつかあります。 中...

中学生が部活に拘束される時間は意外と長い?勉強の両立は?

中学生になると部活が始まります。 部活に打ち込む学生も増え...

会社の規模を縮小する意味は色々!拡大より難しい規模縮小

会社の規模を縮小すると聞くと、「衰退」をイメージする方も多い...

子供が一歳・・夫と離婚したい・・出産後に陥る夫婦危機とは?

子供が生まれ一歳頃になると、夫と離婚したいと考える女性が急増...

友人への出産祝いに現金のみでいい?マナーとタイミングは?

友人の出産祝いに何を贈るか迷っている方は多いようです。 し...

アパートの騒音は何時までなら許せる?世間の声から判断を!

アパートに住んでいると、ご近所付き合いで気を付けたいのが騒音...

友人への出産祝い!第2子の場合に喜ばれるプレゼントとは…

友人に出産祝いを贈る時にはどんなものが良いか悩むところ。 ...

姑との同居で問題となる生活費!こんな分担と切り出し方は?

姑との同居には良い面もたくさんありますが、様々な問題が立ちは...

子供の大学の資金っていくら必要?事前に計画を立てないと…

子供を大学まで進学させるとなると、かなりの教育資金が必要にな...

血液検査の結果を病院に電話で問い合わせることは可能か?

病院で診察を受けると、病状によって血液検査を受けることがしば...

学歴が大卒と高卒で考え方が違う?日本の現状と学歴の差とは

就職する際に大卒か高卒か、最終学歴がどのくらい影響するのでし...

…仕事のミスで辞める前に心の整理!辞めたい理由は他にある?

仕事でミスをすると会社を辞めてしまいたくなることがあります。...

夫が単身赴任で子供なしの夫婦が夫婦円満でいられるアレコレ

子育て世帯では夫の転勤が決まると、子供の就学や進学の状況に合...

スポンサーリンク

パリ在住日本人が語る差別事情

全ての日本人が差別を受けるというわけではないし、フランスは日本人を差別するというわけでもない。

確かに、フランスに差別が全くないとは言い切れないが、フランス人みんなが外国人を嫌っているわけではないし、現に筆者はフランス在住6年目で今まで一度も差別されていると感じたことはない。

引用元-なぜGACKTはフランスで差別されたのか?パリ在住日本人が語る5つの理由

日本に比べてはるかに移民が多く、国籍が違う人ともうまく”共生”することを強いられているフランスでは、人種差別に対しては日本よりも厳しい態度をとっている。しかし、そうでありながら、有色人種を差別する人がゼロかというとそうではない。店の入り口の席といえば、「店の顔」である。ここに多くのアジア人に座られてしまうと、アジア人を嫌うフランス人の客足は遠のき、店の中に入ろうとするお客さんが減ってしまうのかもしれない。

引用元-なぜGACKTはフランスで差別されたのか?パリ在住日本人が語る5つの理由

店側にどういう意図があったにせよ、海外に行って嫌な目にあったらすぐに「人種差別」と結びつけるのはいかがなものかと思う。相手を攻めるだけではなく、自分に比がないのか、相手の国を本当に理解しているかと疑う謙虚さが、他人の地に足を踏み入れる人間として必要なのではないだろうか。

引用元-なぜGACKTはフランスで差別されたのか?パリ在住日本人が語る5つの理由

ガイジンは差別用語?海外の反応

「ガイジン」という言葉は、日本人が日本にいる外国人のことを言う時に使います。これは、どの人種や国の人にも関係なく、全ての外国人に向けて使われる言葉で、「外国人」という言葉の短縮語です。

それで、「外国人」という呼び方のほうがより正確、より丁寧です。

日本にいると、「ガイジン」「外国人」と呼ばれることは日常的にあることですが、「ガイジン」という言葉は、ときに差別的な意味を含んでいる、ということは覚悟していなければいけません。

引用元-「ガイジン」って差別用語?外国人にどう思われているか聞いてみた | 日本の魅力を再発見!【黄金の国ジパング】

メキシコでも同じようなことがあるかな。メキシコをはじめとする中米では、アメリカ人のことを「グリンゴ」と呼びます。
これは昔、メキシコとアメリカの仲が悪く、今にも戦争になりそうだ、という時代、「緑色の迷彩服を着たアメリカ人、去れ」という意味で「Green、Go」と言っていたのがなまって「グリンゴ」ってなったということ。

引用元-「ガイジン」って差別用語?外国人にどう思われているか聞いてみた | 日本の魅力を再発見!【黄金の国ジパング】

スペインでも「ギリ」という言葉があるよ。元々はイギリス人を指す言葉だったけど、現代では、差別的な意味で使う人もいるし、単に外国人のことをそう呼ぶこともあるよ。

引用元-「ガイジン」って差別用語?外国人にどう思われているか聞いてみた | 日本の魅力を再発見!【黄金の国ジパング】

差別を受けたと感じるその前に

アメリカのホテルでなにかしら不満をもつことが起きたら、「どうせ日本人だからばかにされているのだろう。」と思うのは被害妄想。本当の理由はそんなところにはない。ほとんどの理由は、アメリカの常識というものを知らずに振舞う日本人の身勝手さが引き起こしていることだと思って欲しい。
アメリカに行くときには、アメリカの常識を知ってから行くこと。この当たり前のことがなされていないがために、自分で不満をつくりだしていることがほとんどなのだ。あなたはベルマンに払うチップの相場を知っているだろうか?レストランに入って、まずしなければならないことを知っているだろうか?もしこれらがすぐに分からないようであれば、是非、アメリカに行く前に、アメリカの常識を勉強して欲しい。

引用元-人種差別はどこにある【私が見たアメリカのホテル】|アップルワールド

確かに世の中には異人種を差別をする人もいますが、その国・地域の全ての人間が同じように差別するのかといえば、そうではない場合が多いです。暴力や罵倒などがあまりにもひどく、身の危険を感じて日常生活が送れないという場合は別ですが、そうでない場合は周りの環境や人を変えようとするのではなく、自分が変わるようにしましょう。

引用元-【海外に住む日本人】人種差別されていると感じたらどうするべきか?

日本人の差別意識調査 結果は?

世界で最も人種差別が酷い国トップ10

1位 アメリカ
2位 イギリス
3位 オーストラリア
4位 ルワンダ
5位 日本
6位 ドイツ
7位 イスラエル
8位 ロシア
9位 パキスタン
10位 インド

引用元-【JAP】日本が世界第5位の人種差別大国に選ばれるwwwwwwwwwwwwwwwwwwww|イケイケ速報

一部のケースを除き、日本人が国内で人種差別に遭うことはめったにない。それゆえ、海外で差別を受けて、初めて憤りを覚える人も多い。だが、それと同時に突き付けられるのは、自身にもそうした意識が潜んでいないか、という問いだ。日本ではあからさまな差別はなくても、無意識のうちに「白人優位」な表現が浸透していることは、外国人からよく指摘される。はたして自分自身はどうなのか? 皆さんに尋ねたみた結果はご覧の通り。

〈あなた自身、外国人に対する「人種差別」意識が心のどこかにあると思う?〉
・(多少は)あると思う 67.0%
・ないと思う 33.0%

これはあくまで「自身の心に巣食う闇を覗いてみた結果」であって、人種差別を肯定するものでないことは言うまでもない。ただ、程度の差こそあれ、どんな人にも差別意識が潜んでいる…という見方もある。

引用元-外国人に差別意識「多少ある」7割 – Ameba News [アメーバニュース]

海外旅行をする前に心がけること

フランスやスイスなどでサービス業に従事している人の多くは現地人とは限りません。
東欧圏からの移民や出稼ぎがかなりの割合を占めています。
このような人たちは、現地人から「貧乏な国からの移民」としての差別を受けています。

人口も多いこともあり生活保護や犯罪も一定数いるために印象も悪く、
人口の少ないアジア人よりもよほど陰口をたたかれています。
そうした彼らの心の支えは「白人である」ということ。だから、彼らは有色人種を差別しがちです。

引用元-【海外生活アドバイス】フランスで差別を乗り越えるための3つの心得海外旅住navi ~ワールドライフレポート~

飛行機から降りるときが顕著ですが、日本人はほとんど挨拶しません。
外国人CAなどそういう態度に慣れてしまって、日本人に対して全く挨拶をしない人もいます。
日本人の無反応が外国人CAの態度を作り上げてしまったと言えるのでとても残念です。

お店でも同様で、「ただ見るだけです」というのが悪い気がして店員に
知られないように無言でお店に入る日本人は多いのですが、
こちらの人は「何を考えているかわからない客」を警戒します。
言葉ではなくても、店員と目を合わせて微笑むだけでも、対応は違ってきます。

引用元-【海外生活アドバイス】フランスで差別を乗り越えるための3つの心得海外旅住navi ~ワールドライフレポート~

twitterの反応

 - 豆知識

ページ
上部へ