ワダイビジネスサテライト

ワダイビジネスサテライトでは今話題のニュース・商品・ビジネス・恋愛・健康・豆知識ネタetc皆様に役立つあれこれを配信していきます

*

気になる母乳と粉ミルクの違い。赤ちゃんにはどっちが良いの?

   

 - 生活, 豆知識

生まれたての赤ちゃんがおっぱいを飲む姿は本当に微笑ましいですよね。
そこで新米ママが直面するのは母乳か粉ミルクどっちが良い?という選択です
今回は赤ちゃんの授乳と栄養について探ってみます。

スポンサーリンク

  関連記事

リフォーム リノベーション diy
リフォーム・リノベーションをdiyで!自分で創る理想のお家

最近ネットやテレビなどでよく目にするリフォーム・リノベーション・diy…

興味はあるけどなかなか一歩が踏み出せない方も多いことでしょう。そこでリフォーム・リノベーション・diyがどのようなものなのか調べてみました。

自分でカタチにするメリットやデメリットをしっかり理解し、理想のお部屋を目指しましょう!

宝くじ 確率 スクラッチ
宝くじの当選確率~スクラッチで高額当選するためのコツは?

宝くじは一攫千金を夢見て、楽しことのできる娯楽の一つです。

その中でも今回は「スクラッチ宝くじ」に焦点を当て、当選確率や当選するための様々なコツについて調べてみました。

手軽にその場で楽しめるスクラッチ。購入することで高額当選の道が開けるかもしれません!

タバコ 禁煙 症状
タバコを禁煙!禁断症状って何?禁煙中の気になる体への影響

健康や美容のためにタバコを禁煙する人も増えています。しかし禁煙中は禁断症状に襲われてしまう人も多いようです。

そこで禁煙中の禁断症状や影響について調べてみました。ぜひ参考にして、禁煙を成功させましょう!

0911-2-1
生後3か月・・ 赤ちゃんの体重が増えないのはどうして??

生後3か月といえば育ちざかりの赤ちゃんですが 体重が増えないとしたら…?
いくら考えて原因が分かりません
病気なのではないかと本当に心配です
新米ママさんにも役立つ 赤ちゃんの体重について考えてみましょう

75d57c576616c6eba31b7d573e0883c2_s
日本に来る観光客の不満は一体何??改善するべき6項目!!

日本はおもてなしの国です。というキャッチフレーズは

よく耳にします。

しかしはたして日本は外国人観光客に対してしっかりしたおもてなしが

出来ているのでしょうか??観光客が不満に思っていることとは??

調べてみました。

給料 手取り 20万以下
給料が手取り20万以下の生活ってどう?生活を豊かにするコツ

給料が手取り20万以下と聞くと、かなり少なく感じますが、実際には多くの世帯が実際にこの金額で生活しているようです。

では手取りが20万以下のライフスタイルとはどのようなものなのか、また給料を増やす方法などをまとめてみました。

ぜひ参考にして、毎日の生活に役立ててください。

自転車 距離 所要時間
自転車通勤は距離と所要時間を考えて!チャリ通のポイント

最近、自転車通勤をする方が急増しています。運動不足解消・通勤費の節約などその理由は様々です。

通勤に自転車を使用する事はメリットもたくさんありますが、距離や所要時間をしっかり考慮しなければいけません。

会社についた頃には時間ギリギリ、ヘトヘトで仕事にならない…なんて事も。そうならないためにもぜひご一読してください。

子供 口臭 寝起き
子供の口臭事情!寝起きに臭いがきつくなる原因と対処法!

子供の寝起きのキツイ口臭に驚いたコトはありませんか?

子供の寝起きの口臭がきつくなる原因はいくつかあり、改善のために正しく対処する必要があります。

そこで寝起きの子供の口臭に着目し、原因や対処法をまとめてみました。子供に合った対処法で爽やかな寝起きの息を取り戻しましょう!

a6ac1b479402f945940f87669a882c79_s
40代・50代無職で独身の人に贈る!!色々な生き方!!

世の中には40代で独身で無職です、50歳で独身でリストラにあった、

などという方もいらっしゃるのではないでしょか??

今話題のSNEPとは?また40代~無職で独身の人の色々な価値観や意見を

まとめてみました。

50dfce19e72d4dae934e62199761190f_s
クレジットカードと現金・金券を併用して上手な買い物をしよう

あなたはクレジットカードと現金を毎月うまく併用できてますか?

クレジットカードと現金・金券を併用すれば日々の生活の中でお得に買い物が

できます。クレジットカードと現金やギフトカードなどをうまく併用すれば

あなたの貯金もふえるかも!?

1105-1-2

母乳の成分って?

母乳は水分が多いので、赤ちゃんに負担がかからない特徴があります。さらに、赤ちゃんに必要な栄養素がたくさん含まれているので、大人の食事同様に授乳で栄養摂取ができます。母乳に含まれている代表的な成分は以下の通りです。

ビタミン・・・ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK、葉酸。
たんぱく質・・・ラクトフェリン、アルギニン。
ミネラル・・・カルシウム、ナトリウム、鉄分。
脂質・・・DHA。
免疫グロブリン。
オリゴ糖。

引用元-母乳の成分

ラクトフェリン

ラクトフェリンは、赤ちゃんだけではなく大人にも必要なたんぱく質として注目されています。母乳に含まれるラクトフェリンは、多機能たんぱく質として、機能が未発達な赤ちゃんの体内を守る力があります。特に初乳には、ラクトフェリンが多く含まれています。

引用元-母乳の成分

オリゴ糖

母乳に含まれているオリゴ糖は、赤ちゃんのお通じを良くします。赤ちゃんは、排泄だけでも体力をかなり使うので、便秘になるとすぐに苦しくなり不機嫌になりがちです。

引用元-母乳の成分

スポンサーリンク

  人気記事

母乳のメリット・デメリット

免疫力を高め、脳の成長を早める母乳!

母子のふれあいだとか、母性云々といった説もありますが、やはり母乳育児における最大のメリットは、栄養面です。

生まれたての赤ちゃんは、免疫面はもちろん、脳や体もまだまだ未発達です。赤ちゃんのあらゆる面が育つために必要な栄養素が、母乳にはたくさん詰まっています。

引用元-完全母乳育児のメリット&デメリット | パピマミ

母乳にも足りない栄養素がある!?

免疫力を高め、脳の成長に最も適した栄養素が含まれる母乳。でも、やはり弱点があります。

最近、足がO字に曲がってしまう「くる病」や、けいれんや頭蓋骨が柔らかくなってしまう「ビタミンD欠乏性低カルシウム血症」が、世界的に多く報告されているそうです。これは、完全母乳育児推奨による赤ちゃんの栄養不足や日光浴不足が原因と言われています。

栄養たっぷりの母乳ですが、実のところ、ミルクよりもビタミンDの含有量が少ないというデメリットがあるのです。

引用元-完全母乳育児のメリット&デメリット | パピマミ

粉ミルクって結構大変…!

育児用ミルクは、あくまで母乳の代用品であるとして、近年の日本では特別な理由がある場合以外、あまり推奨されない傾向にあります。育児用ミルクには母乳のような免疫物質が含まれておらず、赤ちゃんが細菌やウイルスなどに侵される危険性が高まります。また、コストが高くつくといったことも不利な点です。母体においては、乳頭への刺激によって起きる子宮の収縮、つまり子宮復古がスムーズに行われないというデメリットがあります。

また、授乳の度にミルクを作らなければいけず、哺乳瓶や乳首の洗浄もしなければならず、結構大変な作業です。ミルクは適温に温める必要があり、夜中や明け方もその都度ミルクを調理する必要がありますが、ウォーターサーバーを利用すると、すぐに温かく、綺麗なお湯がでるので、ママの時短だけでなく、赤ちゃんにも美味しいミルクを与えることができるためおすすめです。

引用元-母乳と粉ミルクの違いと授乳の基礎知識

母乳と粉ミルク どっちが良い?

ミルクでも問題ありませんが、できれば母乳が良いでしょう。

栄養的にはミルクを与えても問題はありませんが、赤ちゃんの免疫力を高めるためには母乳のほうがより良いとされるようです。

母乳がでている限り母乳で育てるのがよいことですが、お母さんのストレスになったり、負担になるようでしたら、ミルクに変更しても問題ありません。最近のミルクは母乳に近い成分で作られていますので栄養的には問題ありませんが、できれば生後6カ月くらいまでは、赤ちゃんの免疫力を高めるため母乳をメインにあげるほうがいいでしょう。(産科・婦人科看護師)

母乳とミルク、それぞれにメリットとデメリットが。

母乳は経済的で授乳が簡単ですが、乳房のトラブルなどがあります。ミルクは、ママ以外の人も授乳に参加できますが、泣いてもすぐに与えられないこともあります。

引用元-母乳とミルク、どちらが良いの? | イクシル

どっちが良いかをじっくり考える

おっぱいは赤ちゃんの心のよりどころ

ミルク育児でも、もちろん工夫すればスキンシップはできるでしょう。
でも、母乳育児なら、より自然な形でスキンシップができます。
おっぱいは、赤ちゃんにとって心のよりどころ、心の避難場所になっていくのです。
さみしい時、悲しい時、不安を感じた時、お母さんの温かいおっぱいが、どんなに赤ちゃんの心を慰めてくれるでしょう。
お母さんの温かい温もりを身体いっぱいに感じた赤ちゃんは、安心して次のステップへと成長していかれることでしょう。
おっぱいが栄養として本当に必要な期間は、おそらく8~10ヶ月程度でしょう。
でも、赤ちゃんにとって、お母さんの温かいおっぱいは、身体の栄養として必要なだけではないですね。
母乳の栄養が必ずしも必要でなくなっても、赤ちゃんが望めばおっぱいを吸わせてあげていただきたいと思います。

引用元-新生児チーム・NICU/母乳育児のススメ

twitterの反応


https://twitter.com/s2_0415_mr/status/656711244582289408

 - 生活, 豆知識

Message

メールアドレスが公開されることはありません。