気になる母乳と粉ミルクの違い。赤ちゃんにはどっちが良いの?

生まれたての赤ちゃんがおっぱいを飲む姿は本当に微笑ましいですよね。
そこで新米ママが直面するのは母乳か粉ミルクどっちが良い?という選択です
今回は赤ちゃんの授乳と栄養について探ってみます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

最近抜け毛が・・シャンプーは男性用のどれを選べばいいの??

抜け毛に効くシャンプーは世の中にたくさんありますが、抜け毛が気になってきた人は 数ある男性用の育毛...

部屋の掃除ができない人必見!!部屋の掃除で運気上昇の理由!

あなたの部屋は綺麗ですか?それとも汚いですか?? もし自分の家が汚いと思った人、掃除ができない人は...

口臭の原因がわからない・・歯医者直伝!口臭の原因と治療法

男も女も自分の口臭は非常に気になるものです。 しかし自分の口臭の原因が何かわからない・・・毎日葉を...

日本に来る観光客の不満は一体何??改善するべき6項目!!

日本はおもてなしの国です。というキャッチフレーズは よく耳にします。 しかしはたして日本は外国人...

ランニング初心者がダイエットを成功させるためのポイント!

ダイエットを目的としたランニングを始める人が増えています。 しかしランニング初心者がいきなり始めて...

何が常識で何が非常識!?常識非常識にまつわる名言から考える

常識人にはとても理解できない 非常識極まりない言動!でも「常識」と「非常識」は背中合わせの微妙な関係...

ストレス性の下痢を緩和させる市販薬~選ぶポイントと注意点

慢性的なストレスが原因となり、突然の下痢症状に困った経験はありませんか? 突然の下痢症状に効果的と...

インターネット料金を滞納したらどうなるの?意外と怖い…?

インターネット料金を滞納したことはありますか? できれば経験したくない、滞納後の利用や支払いはどう...

みんなの産後の体重変化はどうだった?先輩ママたちの体験談!

長かった妊娠期間を終え、産後は体重の変化も気になるところ。 増えた体重や体型は元に戻るのか…それに...

日本のアニメの世界シェアって一体どれくらいなんだろう??

日本のアニメは世界で注目され、国内でもクールジャパンとして海外へ打ち出す為の働きが盛んになっています...

携帯の小説アプリが便利!アプリも色々!あなたも小説家に?

今、小説アプリが注目されています。趣味の読書や暇つぶしにも最適と人気を集めているようです。 また小...

産後体重の減りすぎにも注意!知っておきたいキケンな体重減少

産後体重を戻すのに苦労しているママはたくさんいますが、中には体重が減りすぎて困る…というママも。 ...

免許証の番号の意味って?あの噂って本当?免許証あれこれ

免許証には様々な番号が記載されています。 数字が何を指しているかは見ているだけではわかりませんが、...

携帯を解約してもlineは使える?引き継ぐ為のステップとは

携帯のアプリの中でも多くのユーザーを誇るline。電話にトークにとやり取りをlineのみで完結してい...

旦那の小遣いはいくらが妥当?旦那の小遣いの使い道って??

世の中の旦那さんにとって一番切実な問題・・【小遣い!!】 旦那さんはもっほしいと思っていても奥さん...

スポンサーリンク

母乳の成分って?

母乳は水分が多いので、赤ちゃんに負担がかからない特徴があります。さらに、赤ちゃんに必要な栄養素がたくさん含まれているので、大人の食事同様に授乳で栄養摂取ができます。母乳に含まれている代表的な成分は以下の通りです。

ビタミン・・・ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK、葉酸。
たんぱく質・・・ラクトフェリン、アルギニン。
ミネラル・・・カルシウム、ナトリウム、鉄分。
脂質・・・DHA。
免疫グロブリン。
オリゴ糖。

引用元-母乳の成分

ラクトフェリン

ラクトフェリンは、赤ちゃんだけではなく大人にも必要なたんぱく質として注目されています。母乳に含まれるラクトフェリンは、多機能たんぱく質として、機能が未発達な赤ちゃんの体内を守る力があります。特に初乳には、ラクトフェリンが多く含まれています。

引用元-母乳の成分

オリゴ糖

母乳に含まれているオリゴ糖は、赤ちゃんのお通じを良くします。赤ちゃんは、排泄だけでも体力をかなり使うので、便秘になるとすぐに苦しくなり不機嫌になりがちです。

引用元-母乳の成分

母乳のメリット・デメリット

免疫力を高め、脳の成長を早める母乳!

母子のふれあいだとか、母性云々といった説もありますが、やはり母乳育児における最大のメリットは、栄養面です。

生まれたての赤ちゃんは、免疫面はもちろん、脳や体もまだまだ未発達です。赤ちゃんのあらゆる面が育つために必要な栄養素が、母乳にはたくさん詰まっています。

引用元-完全母乳育児のメリット&デメリット | パピマミ

母乳にも足りない栄養素がある!?

免疫力を高め、脳の成長に最も適した栄養素が含まれる母乳。でも、やはり弱点があります。

最近、足がO字に曲がってしまう「くる病」や、けいれんや頭蓋骨が柔らかくなってしまう「ビタミンD欠乏性低カルシウム血症」が、世界的に多く報告されているそうです。これは、完全母乳育児推奨による赤ちゃんの栄養不足や日光浴不足が原因と言われています。

栄養たっぷりの母乳ですが、実のところ、ミルクよりもビタミンDの含有量が少ないというデメリットがあるのです。

引用元-完全母乳育児のメリット&デメリット | パピマミ

粉ミルクって結構大変…!

育児用ミルクは、あくまで母乳の代用品であるとして、近年の日本では特別な理由がある場合以外、あまり推奨されない傾向にあります。育児用ミルクには母乳のような免疫物質が含まれておらず、赤ちゃんが細菌やウイルスなどに侵される危険性が高まります。また、コストが高くつくといったことも不利な点です。母体においては、乳頭への刺激によって起きる子宮の収縮、つまり子宮復古がスムーズに行われないというデメリットがあります。

また、授乳の度にミルクを作らなければいけず、哺乳瓶や乳首の洗浄もしなければならず、結構大変な作業です。ミルクは適温に温める必要があり、夜中や明け方もその都度ミルクを調理する必要がありますが、ウォーターサーバーを利用すると、すぐに温かく、綺麗なお湯がでるので、ママの時短だけでなく、赤ちゃんにも美味しいミルクを与えることができるためおすすめです。

引用元-母乳と粉ミルクの違いと授乳の基礎知識

母乳と粉ミルク どっちが良い?

ミルクでも問題ありませんが、できれば母乳が良いでしょう。

栄養的にはミルクを与えても問題はありませんが、赤ちゃんの免疫力を高めるためには母乳のほうがより良いとされるようです。

母乳がでている限り母乳で育てるのがよいことですが、お母さんのストレスになったり、負担になるようでしたら、ミルクに変更しても問題ありません。最近のミルクは母乳に近い成分で作られていますので栄養的には問題ありませんが、できれば生後6カ月くらいまでは、赤ちゃんの免疫力を高めるため母乳をメインにあげるほうがいいでしょう。(産科・婦人科看護師)

母乳とミルク、それぞれにメリットとデメリットが。

母乳は経済的で授乳が簡単ですが、乳房のトラブルなどがあります。ミルクは、ママ以外の人も授乳に参加できますが、泣いてもすぐに与えられないこともあります。

引用元-母乳とミルク、どちらが良いの? | イクシル

どっちが良いかをじっくり考える

おっぱいは赤ちゃんの心のよりどころ

ミルク育児でも、もちろん工夫すればスキンシップはできるでしょう。
でも、母乳育児なら、より自然な形でスキンシップができます。
おっぱいは、赤ちゃんにとって心のよりどころ、心の避難場所になっていくのです。
さみしい時、悲しい時、不安を感じた時、お母さんの温かいおっぱいが、どんなに赤ちゃんの心を慰めてくれるでしょう。
お母さんの温かい温もりを身体いっぱいに感じた赤ちゃんは、安心して次のステップへと成長していかれることでしょう。
おっぱいが栄養として本当に必要な期間は、おそらく8~10ヶ月程度でしょう。
でも、赤ちゃんにとって、お母さんの温かいおっぱいは、身体の栄養として必要なだけではないですね。
母乳の栄養が必ずしも必要でなくなっても、赤ちゃんが望めばおっぱいを吸わせてあげていただきたいと思います。

引用元-新生児チーム・NICU/母乳育児のススメ

twitterの反応


https://twitter.com/s2_0415_mr/status/656711244582289408
https://twitter.com/___8855/status/655981054793089024