歯の健康は色でわかる!口内環境をセルフチェックする方法!

口内の健康が歯の色によってもわかるということをご存知ですか?

歯には健康的な色があり、虫歯や体調不良などによっても変色してしまうことがあるようです。

そこで口内環境を健康に保つためのセルフチェックについてまとめてみました!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

美容院でカラーにかかる時間はどのくらい?色持ちのコツとは…

美容院でカラーをオーダーすれば、かなりの時間を美容室で過ごすことになります。 そこで美容室でカラー...

美容院でのトリートメントの頻度の理想は?美髪キープのコツ!

美容院を定期的に訪れている方の平均的な来店頻度は2ヵ月~3か月程度が最も多いそうです。 カラーやパ...

頭皮の乾燥はシャンプーが原因!?頭皮環境を整えるポイント

頭皮の乾燥が原因となり、フケやかゆみ、抜け毛に悩む人が増えているようです。 頭皮が乾燥する原因の一...

女性の男性ホルモンと生理の関係は??知ってコントロールを

あなたは女性ホルモンと男性ホルモンの関係を知っていますか? 女性は両方のホルモンのバランスが重要で...

豆乳を効果的に摂取する時間帯は?生活に上手に取り入れる方法

豆乳にはダイエットや美肌など、女性に嬉しい効果がたくさんあります。 効果的に摂取するためには、飲む...

風邪じゃない!?吐き気や微熱の症状が続く原因はいったい何?

寒い季節、吐き気や微熱で風邪の症状と思ってしまう人も多いことでしょう。 しかしその症状はもしかする...

ニキビに効く化粧水って?男も大事なニキビケアのやり方は??

男も女もニキビは大敵です!! 皆さんニキビが出来た後に洗顔料や化粧水でニキビケアをやりますが、 ...

筋肉を作る食事で女性は綺麗になれる!?女性必見です!!

ダイエットのみならず、美と健康を得るという意味で、最近は女性も筋肉を作るという考え方があります。女性...

コレステロールと食事は関係ない?卵何個もOKという新事実!

これまで私たちは親から卵はコレステロールが高いから一日個までなどと 教えられた方も多いのではないで...

『稽留流産』の手術・・・‘麻酔無し’で行なうことも!?

この記事の目次です1 稽留流産とは・・・2 稽留流産の検査と診断3 稽留流産と診断されたら手術が必要...

ツボ押しは効果的な時間に!毎日の生活に取り入れたいツボ習慣

体の調子を整えたり、改善したりとツボ押しには様々な効果が期待できます。 毎日のちょっとした時間にツ...

エステの効果持続期間はどのくらい?美しさ維持のポイント!

美しくなるためのフェイシャルエステ。効果が持続する期間はどのくらいなのでしょうか? 美しさを維持す...

ジョギングとランニング、ダイエットに効果的なのはどっち?

ダイエットのために、ジョギングやランニングを習慣にする方が増えています。 みなさんはジョギングとラ...

目の下のクマやたるみの原因は??最近老けてきたと感じる方へ

最近老けてきたと自分で感じる人は目の下を見てみましょう あなたの目の下にはクマやたるみはありません...

ストレッチを効果的に!理学療法士が教えるコツ・ポイント

体をほぐすストレッチは、筋肉の緊張を緩和し体の状態を整えるために効果的です。 そこでストレッチのプ...

スポンサーリンク

健康な歯って何色?

最近は人工的な変に白い歯が存在するので、元から生えている歯を「天然歯」と言って、ホワイトニング関連の歯科では区別をしているようです。ここで「歯」と言うときは天然歯のことです。

外から見える部分の歯(歯冠)の構造は外側にエナメル質あり、その厚みは2~3mmです。そのすぐ内側に象牙質あります。さらにその内側には歯髄あります。歯髄には神経と血液(体液)が循環しており、象牙質の形成のための材料(栄養)の供給や免疫関連の炎症等の防御反応で歯をまもる役割があります。

歯茎で隠れている部分(歯根)も複雑な構造をしています。

さて、歯の構造の明らかになったところで、歯の色が真白でないのは、歯冠を構成しているエナメル質は透明感あり内部にある象牙質が透けて(半透明、Translucency)見えるからです。歯の健康状態により、色合いが異なることがあります。また、加齢により歯面も黄変していきます。では、正常な歯面の状態は、ディーンの指数のエナメル質の状態を表現しているところを引用しますと「滑らかで、つやがあり、青白いクリーム状の白い半透明な歯面」だそうです。

引用元-歯の色は何色!? | スモカ – SMOCA 温故知新 –

歯の変色は健康状態も影響している!

歯の変色というと黄ばみを思い浮かべると思いますが、他にも灰色っぽい、黒っぽい、青緑っぽい、より白っぽい変色があり、種類は意外と多いので す。
歯の色というと、どうしても表面、つまり外から見える部分ばかりに目が行きがちです。
実際は、歯の色は外側だけでなく内側の色の影響を大きく受けます。
つまり歯の変色は、歯の外側と内側の両方に原因があります。

外側からの変色原因

外側からの変色の原因は、コーヒー、紅茶、ウーロン茶、赤ワインなどの色がついた飲み物、カレーやミートソースなどの色が強い食べ物、喫煙による タバコのヤニの付着、薬の色素などが歯の外からきた色素が歯に沈着するタイプの着色汚れです。

内側からの変色原因

内側からの変色の原因は、加齢により歯の内側から黄色くなるものがあります。歯には象牙質という黄色い層があるのですが、年々この色が濃くなるの でだんだん歯が黄色くなります。白い歯が若々しく見えるのは、実際に若いときの歯が白いためなのです。

引用元-歯科医師ブログ » 歯の色を白くしたい方へ 歯の色の仕組みとホワイトニングで白く見える理由を解説。

歯の健康が蝕まれる!虫歯による歯の変色…

【CO】

はじめの頃は初期虫歯といって「虫歯」にはカウントされませんし、この状態の色は歯よりやや白っぽいです。専門的には「白濁(CO・シーオー)」という言葉を使います。そこから時間が経過して上手にブラッシングができなかったりだらだらと糖質を摂り続けてしまうと、いよいよ本当の虫歯になってしまいます。

【C1】

次はエナメル質の虫歯が起きます。この時の色は白からやや黄色い状態で、まだ歯はしみたりしません。

【C2】

象牙質まで進んだ虫歯になると、冷たい飲物・甘い物で痛みを感じてきます。この時の色は黄色から茶色ですが場合によっては黒く見える場合もあります。このような状態になったら、歯医者さんに行ったほうがよいといえます。

【C3】

歯髄(歯の神経)まで進んだ虫歯になると、なにもしなくても激痛に近い痛みがあります。この時の歯の色は茶色(黒)から真っ黒に!この状態になったら早めに歯医者さんに行くようにしましょう。

【C4】

歯根(しこん)だけ残った状態の虫歯になると、神経は死んでしまっているので痛みを感じることはありません。この時の歯の色は黒くなっているのがほとんどですが、場合によっては息肉(そくにく)と言って周りの歯ぐきが盛り上がってきていて悲惨な状態になっています。

引用元-虫歯の色は変化している? – 歯のトリビア|歯とお口の健康ガイド|歯医者さんネット

歯を健康的できれいな白い歯にする方法

「歯の黄ばみ」は、必ずしも病気である訳ではありませんが、見た目を良くしたい、という「審美的」な目的で歯を白くしたい場合であれば以下の方法があります。

歯磨き粉や研磨剤で白くする

ホワイトニング用の歯磨きやジェル、ヤニ取り用の研磨剤を使用します。しかし場合によってはエナメル質を削りとってしまう製品もありますので、頻繁な使用は避けた方が無難です。

いずれの方法でも、これは歯の表面を白くする事しかできません。以下「ホワイトニング」とは、歯の内面から白くする方法です。

オフィスホワイトニング

歯科医院(審美歯科やホワイトニングサロンなど)で白くしてもらう方法です。保険適用外ですので非常に高価です(歯一本につき¥20,00円~)。一回の施術で白くならない場合は数回通院する必要があります。また、これまでと同じ食生活を続けていれば、またすぐに元に戻ってしまう場合もあります。

ホームホワイトニング

歯科医院などで自分専用のマウスピースを作って貰い、自宅でそのマウスピースを装着して白くする方法です。オフィスホワイトニングよりも安価で確実に歯を白くする事ができます。時間的に余裕のあるかたであればこちらがお勧めです。

市販のホワイトニング剤を購入して自分で白くする

日本国内においては歯科医院で使われるようなホワイトニング剤の販売は禁止されていますが、輸入品を購入する、という手段があります。こちらは完全に自己責任において使用する事となります。

引用元-歯の色について 歯の健康

口内の健康は歯茎の色もチェックしておこう!

赤く腫れているのは歯周病!

正常ではないわかりやすい例としては、赤く腫れている歯茎が挙げられます。歯茎が赤く腫れているのは、歯周病などで炎症が起きているからです。
歯茎に限らず、人の体は炎症を起こすと赤く腫れますよね。その原因は、細菌感染であったり、打撲であったりと様々です。
歯茎も同じで、硬い歯ブラシでゴシゴシと強く磨いていたら、赤く腫れてきます。また、歯周病にかかると、歯茎に炎症が発生します。
歯茎は皮膚と違って、粘膜がむき出しになっていますので、外部からの刺激にとりわけ弱いと言えますので、きちんと歯周病予防等を行い、ケアしてあげることが大切です。

歯茎が黒ずんでるのは金属の色?歯周病で歯茎が下がる?

歯の根元の歯茎が黒ずんでいる場合は、金属の色が透けて見えている可能性があります。これは、虫歯治療などで埋め込んだ金属が、何らかの原因で表に見えてしまっているからです。
原因として考えられるのは、まず銀合金です。
アクセサリーでもそうですが、銀というのは酸化すると黒くなりますよね。それは虫歯治療に用いられる銀合金も同じで、時間が経過すると酸化して黒ずんでくるのです。
その色素が歯茎へと浸透した結果、歯茎がうっすらと黒ずんで見えるようになるのです。これは治療の仕方が悪かった場合に、よく起こる黒ずみと言えます。
その他、本来正しい位置に埋め込まれていた金属が、歯周病などによって歯茎が下がることによって、その色が見えてきてしまうことがあります。こちらは虫歯治療そのものではなく、歯周病に原因があるため、歯周病を治療することで、黒ずみも改善することがあります。

引用元-歯茎の色でわかるお口の健康状態 – よい歯コラム|EPARK歯科

twitterの反応

https://twitter.com/chipcatdale/status/783794856078352384


https://twitter.com/isabell627/status/781144999966584836
https://twitter.com/giky_ss/status/751293487023202304


https://twitter.com/hinamin_27/status/621376073985462272