会社都合の解雇はデメリットが…あなたと会社のデメリット…

会社から解雇を言い渡される理由はいくつかあります。

中には自分ではどうしようもない場合もありますが、ほとんどの場合があなたに問題がある場合がほとんどです。

会社から解雇を言い渡された場合、会社退社後にもデメリットが付きまとってしまいます。

会社と円満な関係を維持できるように、解雇のデメリットについてしっかり理解しておきましょう!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

筋トレで腹筋の引き締め!器具なし自重トレーニングのポイント

腹筋の引き締めには筋トレがおすすめです。筋トレと言えばジムやトレーニングルームのトレーニング器具を思...

新米ママさんへ。母乳と粉ミルクを比較して、基本を学ぼう!!

赤ちゃんを育てるとき、母乳で育てる派・粉ミルクで育てる派・母乳とミルクの併用で育てる派と、ママさんは...

旅行の計画はいつから始めるべき?確実に予約を入れる方法

楽しい旅行の計画、いったいいつから始める必要があるのでしょうか? しっかり計画しておかないと、いつ...

会社の人への年賀状!ビジネスマナーは出す?出さない?

会社の人へ新年の挨拶に年賀状を出すという習慣が、最近変わってきているようです。 個人情報の問題や、...

大学生必見!大学卒業は就職に有利?何を基準に選考しているの?

受験勉強を乗り越えて入った大学生活も終盤・・そろそろ就職活動!!大学卒業は就職に有利に働くの?会社は...

アニメやゲームのキャラクターの名前って本当にかっこいい!!

最近のゲームは操作するキャラに自分で名前をつけるものがあります。アニメキャラにもかっこいい名前がいっ...

日本が好きな外人に和む人多数!愛すべき外人のエピソード

最近日本好きな外人のエピソードに和むという趣旨のサイトが注目されているのをご存知ですか? 自分の国...

保育園に入れない場合は幼稚園?働くママの苦悩と保活事情とは

保育園の待機児童が問題視される中、なかなか改善されない現状に働くママは困った状況に陥っています。 ...

「電話が怖い」を乗り越える方法!うつ病にならないために!!

電話の着信が怖いと思ったことはありますか?友達との携帯は平気なのに仕事の電話だけが怖いという人もいま...

ストレス性の下痢を緩和させる市販薬~選ぶポイントと注意点

慢性的なストレスが原因となり、突然の下痢症状に困った経験はありませんか? 突然の下痢症状に効果的と...

髪の毛がサラサラな男はモテる!サラツヤヘアーの作り方!

最近は女性だけでなく男性でも、サラサラツヤツヤな髪の毛が注目されています。 これからの男性は肌や髪...

風邪による鼻水を止める方法は??是非試してみて下さい!!

風邪をひいてしまうといろんな症状に苦しみますよね。特に鼻水はつらい!仕事を休むわけにはいかない…!そ...

ストレッチを効果的に!理学療法士が教えるコツ・ポイント

体をほぐすストレッチは、筋肉の緊張を緩和し体の状態を整えるために効果的です。 そこでストレッチのプ...

国内外で長期出張のホテル生活。溜まった洗濯物はどうする??

出張が多いお仕事の方が、頭を悩ませるのは洗濯物ではないでしょうか。長期ともなればホテル生活も長くなり...

旅行のプレゼントに応募・当選するために必要なプロセスは?

雑誌やネット・テレビなど、様々な媒体で懸賞が行われています。 中でも旅行プレゼントは特に人気で、多...

スポンサーリンク

デメリットいっぱいの会社からの解雇には3つの種類が…

懲戒解雇

・・・労働者が刑法に抵触するような非行を行った場合のように著しい非がある場合に行われる解雇です。長期無断欠勤、横領、不正、飲酒運転などの重大事故、故意や重過失で業務に損害を与えた場合、犯罪行為を行った場合などが挙げられます。
就業規則や労働契約書などに用件が具体的に書かれている必要があります。また、社会通念上、相当ではない場合は規則等で懲戒解雇を定めていても解雇権の乱用として認められないことがあります。

整理解雇

・・・企業業績が著しく悪化するなどの要因で人員を減らすことでしか会社を存続できないような場合に行われるのが整理解雇です。ただ、業績が悪いからといって行えるわけではなく、過去の判例で「人員整理の必要性 」「解雇回避努力義務の履行 」「被解雇者選定の合理性 」「手続の妥当性 」という4要件を満たす必要があると言われています。
これが満たされない場合は不当解雇とされる可能性があります。

普通解雇

懲戒解雇(懲罰的な解雇)、整理解雇(業績悪化による人員整理)といったものではなく、使用者(会社)が一方的に行う解雇を指します。使用者による主観で行われることも多く、トラブルとなりやすいのはこの解雇です。
理由とされることが多いのが「勤務成績の著しい不良」「勤務態度」「健康上の理由で復職が見込まれない」といったものです。

引用元-会社を解雇・クビにされそうな時にとるべき対策 | Money Lifehack

会社からの解雇におけるデメリット①転職に不利

履歴書や面接では、前職の退職理由に触れることを避けて通れません。「自己都合退職を繰り返しているほうが(忍耐力がない・きちんと職場を選んでいないという意味で)悪印象なのではないか」と思いがちですが、よりリスクが高いのは会社都合退職の場合です。

基本的に、企業というのは優秀な人材であればあるほど、会社側から辞めさせようとはしません。加えて、会社都合退職の中には、個人の実力不足や成績不振を理由とした解雇も含まれます。

そのため、中には「会社都合の退職」とあるだけで、応募者の実力や就労態度などにも何か問題があったのではないか…と邪推する面接官も。そうでなくとも、自己都合退職よりも慎重に評価しようとする面接官は多いでしょう。

会社都合退職の理由が、会社の倒産など、明らかにあなたに非がないものなら良いですが、個人の成績不振や、実力不足を彷彿とさせる理由の場合、相手にそれが伝わってしまうことで、転職が不利になる可能性はぬぐえません。また、理由を詳しく話すほど、「会社都合退職を勝ち取るためにもめ事を起こした人なのではないか」と警戒されてしまう危険性も。

もちろん中には全く気にしない面接官もいるでしょう。そして懲戒解雇ほどのマイナスイメージを帯びてこないことも事実です。ですが、経歴は次の転職だけでなく、一生ついて回るもの。今後、転職するたびに会社都合退職の事実が何らかの影響を与える可能性があることは、心に留めて置きましょう。

引用元-会社都合退職にまつわる正しい知識(長所・短所~条件など)

会社からの解雇におけるデメリット②年金の目減り

会社都合退職のデメリット:将来の年金が少なくなる可能性が高い

会社都合退職のデメリットには、「将来受け取る年金が少なくなる可能性が高い」ということもあげられます。このデメリットは退職直後ではなく、老後の生活に直撃するだけに深刻な問題となります。たとえば、会社の厚生年金に加入していた場合、早期退職してしまうと定年退職まで勤める場合よりも加入期間が短くなるので、年金が支給されたとき受け取れる額が少なくなります。

退職後の国民年金は会社負担分がなくなるため年金が減る

また、厚生年金だと会社が掛け金を負担しますが、退職後国民年金に加入すると、会社の負担分がなくなるので、年金が少なくなります。また、会社都合退職の優遇措置で退職一時金は増えても企業年金は減ってしまうので、トータルでは退職金は減額されているということもあります。

引用元-会社都合退職のメリットとデメリット|キャリアパーク[転職]

会社からの解雇におけるデメリット③退職金の減額

退職金の不支給または減額

懲戒解雇にもかかわらず退職金を支給する会社は、ほとんどないと言って良いでしょう。懲戒解雇になるということは、それだけ重大なトラブルを起こし、会社に多大な損害や影響を与えていることが考えられるわけなので、そこは容易に理解できる部分だと思います。

しかし、こちらにもやはり決まりがあり、会社の就業規則に「懲戒解雇の場合は退職金は支給しない」旨が明記されていることが必要となります。逆に言えば、就業規則に明記されていないのであれば、不支給を強行することはできないということになりますので、労働者が請求することは可能です。

なお、長く会社に勤めて貢献してきた労働者が何かを理由に懲戒解雇となってしまったといったケースにおいては、その労働者の姿勢次第で、不支給ではなく「減額支給」とすることもあるようです。

引用元-懲戒免職とは?そうなる条件やデメリット、解雇の種類を知ろう! | ONESCENE(ワンシーン)

退職金は、基本的に『なんの問題もなく退職した』場合にのみ支給される手当です。

仮にあなたが、何かしらの問題や事件を起こして、懲戒解雇になってしまうと、退職金の大幅な減額、もしくは不支給になる場合があります。

どういった問題、事件を堺に減額・不支給になるのかは、その会社によりますが、懲戒解雇になった時点で、退職金はないと思って間違いないでしょう。

引用元-解雇されたら退職金はどうなるのか?

社員の解雇は会社にもデメリットが…

30以上ある厚生労働省関係の助成金の多くが、解雇日以降6ヶ月間はもらえなく
なります。

なお、「中小企業緊急雇用安定助成金」は、その目的が経営の苦しい会社の雇用を少しでも維持することなので、解雇があってももらえますが、支給率が9割から8割に下がってしまいます。
また、解雇ではない、「退職勧奨」「希望退職」でも助成金はもらえなくなります。
ハローワークへ届け出する喪失届の、「喪失原因」欄で、『1.離職以外の理由 2.3以外の離職 3.事業主の都合による離職』のいずれかをチェックするのですが、解雇も退職勧奨も希望退職も、同じ「喪失原因3」になります。「喪失原因3」としてハローワークに登録されると、助成金がもらえなくなります。

引用元-解雇。会社側のデメリット。解雇日以降6ヶ月間はもらえなくなる。チャコの海岸物語|めがねめがねめがねのブログ

会社都合退職(解雇)が多い場合、

1)その会社は従業員に対して勝手に解雇をする労働法を守らない会社。
2)経営が厳しい会社。

というふうに、ハローワークから見られることがあるそうです。
単に「そう見られる」だけならいいのですけど、国は、企業に対して、さまざまな補助金を出すことがあります。
そういう補助金を申請するとき、会社都合退職が多い会社は、補助金がもらえないことがある

引用元-質問!ITmedia – 会社が社員を解雇する際のデメリットを教えてください

twitterの反応


https://twitter.com/TakamichiGodai/status/788351659105673217


https://twitter.com/uminomozukusu/status/808207557961469953