感受性が強い赤ちゃんの特徴とバランスを整えるママとの関わり方

赤ちゃんは感受性が高いと言われていますが、中にはその感受性の高さゆえに子育てに行き詰まりを感じてしまうママも少なくありません。

情緒が育まれ成長していく赤ちゃんの感受性のバランスを整えるにはどう子育てしていくべきなのか詳しく調べてみました。

赤ちゃんの成長を穏やかに見守れるように、大きな気持ちで接する方法を考えていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

男の子・女の子への誕生日プレゼント選び何にする?1歳編

わが子が誕生してから1年・・この1年色々あったなぁ なんて思っているママさん・パパさん!誕生日のプ...

新生児の湿疹ってなかなか治らない!正しい顔の洗い方はコレ!

ママさんは新生児の肌ケアに余念がありませんよね。それでもできてしまうことが多い湿疹。新生児の湿疹の種...

ストレス症状が子供に現れたら…親としてできることは何?

近年、ストレスからくる症状が現れる子供が増えてきているようです。 子供のストレスを緩和させるために...

子供の口臭と発熱症状…考えられる原因とそれぞれの対処法

子供の口臭が急にきつく感じる事はありませんか?その時に発熱しているのであれば、風邪やその他の病気の可...

子供がいる主婦のお仕事!資格なしでもできるお仕事を調査!

子供が大きくなり少し手が離れた頃に、仕事復帰を考える主婦の方は多いようです。 しかし主婦の仕事復帰...

男の髪型は子供でも重要!髪の毛を自宅でおしゃれにカット!

子供の髪はお家で切るというご家庭も多いことでしょう。 しかし今の子供は昔と違い髪型にもこだわりが強...

子育てでイライラと自己嫌悪を繰り返すママの対処法とは??

子育てでイライラ…子供を叱って自己嫌悪に陥る。そんな負のスパイラルを繰り返すママはたくさんいます。 ...

子供の口臭対策!正しく対処して子供の健康をしっかり守ろう!

子供の口臭が気になった事はありませんか?子供の口臭は意外と悩んでいる方が多いようです。 口臭の原因...

子育てでイライラが限界に・・というときに!ママ・パパ必見!

子供が生まれてから最近イライラが限界に達しているなぁ・・というママさん 最近嫁が子育てのイライラで...

娘の友達関係が心配…親としてできることは?過干渉にも注意

子供はどんどん大きくなり、成長しながらいろいろな友達と接することになります。 その中で人間関係の楽...

両親の離婚は子供に少なからず悪影響を与えます。忘れないで!

年々離婚率がアップし、3組に1組は離婚しているそうです。事情があっての離婚でしょうが子供がいるならば...

子供の通帳に使用する印鑑!どんな素材や文字を選べばいい?

子供の為に通帳を作る時に必要となる印鑑は、どの様なものがいいのでしょうか? 自分の通帳の印鑑と兼用...

子供の口臭事情!寝起きに臭いがきつくなる原因と対処法!

子供の寝起きのキツイ口臭に驚いたコトはありませんか? 子供の寝起きの口臭がきつくなる原因はいくつか...

娘の友達がわがまま!娘の親として対応はどうしたらいいの?

娘が仲良くしているお友達がわがままな子だったら…我慢している娘を見て、親としては何とかしたいと考える...

子供の口臭!2歳でもお口が臭う・・気になる原因と対策

今まで気にならなかったのに、2歳児頃になると急に口臭が気になりだすと言うことがあります。 子供の口...

スポンサーリンク

感受性が強い赤ちゃんはよく怒る!

よく怒る赤ちゃんの特徴は?

すぐ怒る赤ちゃんのママは、子育てがとても大変ですよね。けれど、生まれ持った性格的特徴(気質)が、強く表に現れる赤ちゃんの時期に、子供の気質をしっかりと把握しておくと、子供に合わせた子育てをしやすくなるというメリットがあります。

よく怒る赤ちゃんの気質

「自己主張が強い」「感受性が強い」という気質の赤ちゃんは、よく怒って泣き出すことがあります。ママは、その子の個性を押さえつけず、できるだけ傍にいて赤ちゃんの気持ちを受け止めてあげるようにしましょう

自己主張が強い赤ちゃんは、自分の意見をきちんと言える人に育つなど良い面も沢山あります。
また、感受性の強い赤ちゃんは、人の気持ちが分かる優しい人になったり、芸術面で豊かな才能を発揮したり、物事の本質を見抜ける賢い人になったりします。

引用元-赤ちゃんが怒るのはいつから?怒りが鎮まる8つの対処法 – マーミー

赤ちゃんが怒るのはいつから?

赤ちゃんの怒るなどの喜怒哀楽は、生後4ヶ月頃にハッキリしてきます。早い子の場合、生後1ヶ月半頃から徐々に喜怒哀楽を表現しようとし始めるため、ビックリしてしまうママもいるのではないでしょうか?

喜怒哀楽がハッキリしてくると、何かを求めた時に泣くだけでなく、気に入らないことがあった時に怒って大声で泣いたり、逆に嬉しいことがあると無邪気な笑顔を見せたりしますが、反応の仕方には個人差があります。赤ちゃんの個性がママやパパに分かるようになり始めるのもこの頃です。

引用元-赤ちゃんが怒るのはいつから?怒りが鎮まる8つの対処法 – マーミー

感受性が強い赤ちゃんはよく泣く!

よく泣く赤ちゃんは感受性が強いと言われています。感受性が強い赤ちゃんは些細なことですぐに泣いてしまったり、抱っこを求めたり、すぐにおっぱいを欲しがります。こうした性格は赤ちゃんによってかなり違い、兄弟間でも大きな差があります。
これは成長しても同じで、例えば保育園に預ける際、最初はならし保育が行われますが、子供によってはいつまでも慣れないで、何ヶ月も泣いてしまう子供がいて、その性格の差がよく分かります。

対処法:泣く子は放置しない

泣く子の相手をするのは大変つらいものですが、こうした性格の子供を放置してはいけません。泣いている赤ちゃんを放置するとコミュニケーション能力が発達しなくなったり、性格も内向的になる傾向があります。赤ちゃんにとっての自己主張である「泣く」という行為を無視される状態が続くと今後の成長にも悪影響を及ぼしかねません。
最近ではサイレントベビーという言葉が出てきています。サイレントベビーとは障害や病気を持っているわけではないのに、嬉しくても笑わないし、悲しくても泣かない赤ちゃんのことです。こうした赤ちゃんは一見すると育てやすいように見えるのですが、後に友達に対して暴力をふるうなど社会的な問題行動へ発展する恐れもあります。
一昔前の日本では、抱き癖がつくと言われ、泣いていてすぐに抱くのはよくないと言われていましたが、抱き癖よりもサイレントベビーにならないようにする方が大切です。赤ちゃんが泣いているときは放置しないようにしましょう。

引用元-赤ちゃんの性格、遺伝や環境の影響は?親の関わり4タイプ – ベビリナ

感受性が強い赤ちゃんの育て方

赤ちゃんの感受性は、赤ちゃんが母親の心臓の鼓動を聞くことによって作られていくのだ。赤ちゃんの感受性が正常に成長するためには、母親が妊娠中に母親自身こそが感受性を発揮して、自然の変化や対人関係の変化を微妙に感じ取っていくことをして、出産後は赤ちゃんの変化を微妙に感じ取りながら、赤ちゃんに自分の心臓の鼓動を聞かせないければならないのだ。

 赤ちゃんの情緒性は、赤ちゃんが母親と皮膚接触することによって作られていく。赤ちゃんの情緒性が正常に成長するためには、母親が妊娠中に情緒不安定にならないようにし、自分の気持ちを落ち着かせ、出産後には赤ちゃんへの育児を情緒を安定させながら行い、そして赤ちゃんと巧く皮膚接触をしていかなければならないのだ。

 赤ちゃんの性格は、赤ちゃんが母親と一緒に行動することによって作られていく。赤ちゃんの性格が正常に成長するためには、母親が妊娠中に適度な運動を行い、汗を流すようにし、出産後も赤ちゃんへの育児に取り組み体を動かしながら、赤ちゃんと一緒に行動していかなければならないのだ。

引用元-母親こそが赤ちゃんの心を育てることができる: ★★タマティー天使の運命学研究所★★

感受性が強い赤ちゃんには対処が必要な場合も…

鍼治療

子供に鍼治療!?とびっくりされるかもしれませんが、小児鍼は全く痛みを感じない「擦過はり」と「接触はり」という直接刺さないものを使用します。
施術時間も10分程度と短くて、体力的にも不安になることはなさそうです。数回通院することによって効果があるので、お近くに信頼できる鍼灸院があれば、相談してみてもよいかと思います。
小児鍼ではないですが、私も臨月のときのトラブルが鍼治療でかなりよくなったことがあるので、鍼はとても興味深いです。

漢方薬の服用

コマーシャルで知られている疳の虫の薬に、ひやきおーがん(樋屋奇應丸)があります。
宇津救命丸も有名ですね。

これらは、生薬からできている漢方薬で、なんと赤ちゃんだけではなく大人が服用できる種類も販売されているのです。
疳の虫が原因で起こる夜泣きやひきつけはもちろん、食が細かったり、風邪にも効くようです。受験対策のイライラにも効果があるそうで、想像以上に効果は万能なのです。
ひとつ家にあると便利そうですね。

引用元-疳の虫ってどんな虫!?悩める子どもの疳の虫の出し方6つ | mamanoko(ままのこ)

感受性の強い赤ちゃんの育児に悩んだ時は…

赤ちゃんの要求のすべてを、ひとりで解決しようとは思わないでください。あなたには、誰かの助けが必要です。また、あなた自身の心の壁――赤ちゃんの要求を認識し、対処することを妨げる心のバリア――を理解し、助けてくれる誰かを必要としているかもしれません。
持っていないものを与えることはできません。感情のタンクがカラでは、何も動かないのです。感受性の強い赤ちゃんの世話をしていて、自分がみじめで孤独だと感じることがあっても、努力を続ければ、いずれ、問題は解決するはずです。あなた自身を大切にできなければ、赤ちゃんを大切にすることもできません。
助けを求めましょう。夫や家族、友だちに相談しましょう。「どうして私が?」と考えるかわりに「誰が助けてくれるの?」と考えましょう。覚えておいてください。数カ月後、赤ちゃんはいまよりも成長し、さまざまな状況がもっとずっと、よくなっているでしょう。
赤ちゃんは誰でもみんな生まれつき、ふれ合いたい、という強い欲求を持っています。この特別な赤ちゃんたちは、表現の仕方が際立って強い、というだけなのです。レベルの低いふれ合いでは満足できないのです。
この気質は、一見あまりいいことに思えないでしょうが、実はとても幸運なことなのです。なぜなら、こうした赤ちゃんがいるだけで、家族の誰もが自然に赤ちゃんに対して敏感になり、よく反応し、とてもレベルの高い子育てができるようになるでしょうから。

引用元-第8回 泣いてぐずって、手がつけられない・・・「感受性の強い」赤ちゃんと上手につきあうには?【1】 – gooベビー

twitterの反応

https://twitter.com/aozola_ippai/status/794752453719650304
https://twitter.com/nannan1014_dm/status/818934692137160704


https://twitter.com/nosekuso_/status/815933014605631488