サラリーマンの副業は20万円が基準!?本業との兼ね合いは?

先の見えないこのご時世、副業で安定した収入を得ようと考えるサラリーマンも多いようです。

副業収入の基準として20万円がボーダーラインになっているようです。

本業に影響が出ないようにしっかり考えて副業を成功させましょう!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

化粧の順番は?高校生なら知っておこう!ナチュラルメイク!

最近では高校生が化粧をする事は当たり前のようになってきました。 しかし学校には様々な校則がつきもの...

前髪の切り方で変わる!モテる男のポイントセルフカット!!

女性なら前髪カットは美容室で…というイメージですが、男性の場合はセルフカットしている人の方が多いこと...

神社参拝には効果的な時間帯があった!いつ行けばいいの??

願いをこめての神社参拝。お参りする時間帯に決まりはあるのでしょうか? 神社という神聖な場所に流れる...

lineの放置で〇〇が消える?意外と知らない仕組みとは…

多くのユーザーを誇るlineアプリですが、密なやりとりに疲れline離れする人も少なくないようです。...

子供のために貯金するおすすめの方法は?親としてできること!

マイナス金利の影響で、銀行に貯金していてもメリットがない時代になっています。 子供のために貯金する...

肩こりマッサージでもみかえし!これっていいの?悪いの?

肩こりを解消しようと、整骨院やマッサージ店で施術をしてもらうと、筋肉痛のような痛みがきたことはありま...

東京に外国人が観光に来た時に行きたい定番・狙い目スポット

日本の首都である東京へ観光に来た外国人には満足して国に帰ってほしいもの! そこで今回は東京の有名ス...

娘と彼氏の旅行に反対する親の気持ちと親を安心させる為の嘘

娘が彼氏と旅行に行くことを反対する親は多く、なかなか賛成を得られるものではありません。 親には内緒...

自分1人に仕事が集中していると感じる人は・・・仕事あるある

自分一人に仕事が集中しているなぁと感じている人っていませんか? そう思った人は仕事は出来る人だと思...

ツボ押し効果に科学的根拠なし!?期待できる健康への影響は?

ツボ押しは健康維持に効果的とされ、様々な分野で推奨されています。 しかしツボ押しの効果に科学的な根...

エステ体験後のキツイ勧誘をどう断る?上手にかわす方法とは…

美しさを求めてエステの体験へ。癒しのリラックスタイムから一転、施術後のキツイ勧誘を経験した方も少なく...

給料が手取り20万以下の生活ってどう?生活を豊かにするコツ

給料が手取り20万以下と聞くと、かなり少なく感じますが、実際には多くの世帯が実際にこの金額で生活して...

プレゼント何にしよう…?大人女子が喜ぶテッパンアイテム!!

女性へのプレゼントにいろいろと悩んだ経験はありませんか?特に女友達へのプレゼントは、女性同士でも迷い...

免許の返納は若者でも可能?違反が消滅するって本当なの??

最近は免許を自主的に返納する人が急増しているようです。 多くの場合が高齢者であり、若者の返納率は少...

旦那にイライラする時の対処法は?夫婦円満に過ごす秘訣とは…

旦那さんの言動にイライラしている奥様は多いことでしょう。しかし奥様のイライラは家庭全体の空気を凍らせ...

スポンサーリンク

サラリーマンが副業で20万稼げば会社にバレる?

副業が給与の場合

例えば、副業もどこかの企業などに勤めて給与としてもらう場合。
この場合は確定申告が義務付けられています。
副業の所得が20万円以下でも必要があります。
仮にやらないで黙っていても、その企業は支払った給与を税務署に届けます。
だから、バレちゃいます。
不正はやめましょう。

副業が20万円以下なら確かにその分の所得税はかからないにしても、本業の勤務先企業が、
「副業が20万円以下だから許す。」
と言うかどうかは別の話でしょ?

副業が事業の場合

じゃあ副業がどこかの企業に勤めるのではなくて、自分でやる事業ならどうか。
これなら確定申告しなければ誰にもわかりません。
実際、その事業の所得が20万円以下なら申告不要です。

ただしそれは税務署への確定申告の話。
所得税に関してはかかりませんが、住民税に関しては所得の大小に関わらずかかります。
なので、税務署への確定申告をしない場合は役所への確定申告が必要です。
これをやらないと脱税ですよ。
税務署へ確定申告した場合は税務署から役所へ知らせます。
役所は結局、住民税の通知を本業の企業へ送ってしまうので、ここでバレるわけです。
これまた20万円以下かどうかは関係ありません。
20万円というのは税金がかかるかどうかの話であって、企業が副業を許すかどうかの基準では無いからです。
税務署にも役所にも所得を届けずに黙っている方法もありますが、それは脱税行為なのでやめましょう。

引用元-副業が勤務先にバレるかどうかと副業の所得が20万円を超えるかどうかは関係ない – 非天マザー by B-CHAN

サラリーマンの副業で20万稼ぐと課税される?

副業の年間所得金額20万まででも、非課税ではない場合がある!

一般的には、本業で年末調整してくれる会社の社員は「給与所得や退職所得以外の所得が20万円以下であれば、確定申告をする必要はない」と言われています。

したがって、本業も副業も給与所得である場合は、20万円以下であっても確定申告の対象となります。たとえば本業は月〜金で経理部で正社員として勤務し、月に2〜3回週末にアルバイトをしたような場合、20万円以下であっても課税対象となります。

2箇所以上からもらう給与収入は、合算して確定申告する必要があります。なぜなら、年末調整をしてくれる会社は「本業の会社1か所のみ」と決まっているからです。したがって、副業の収入源が給与収入である場合、20万円以下であっても確定申告をする必要が出てくるのです。

経費を引くのを忘れずに!

給与収入は金額に応じた控除額が定められていますが、雑収入や事業収入には事業活動に必要な経費を差し引くことができます。

1. たとえば広告収入で年間30万円程度の収入があったとします。
2. 広告収入を得るために必要な経費が11万円かかったとします。
3. 30万円-11万円=19万円は20万円未満となりますので、確定申告の必要はありません。

引用元-【副業の経費】「年20万以上稼いでも課税されない場合」と「20万以下でも申告が必要な場合」の違い

サラリーマンが副業で20万稼いでも会社にバレない方法

副業がばれない方法・確定申告に関して、具体的手順について、どこよりも実践的で正確な情報を提供しているページだと考えておりますので、ばれることを回避したいサラリーマンやOLの方は、是非最後までお読みください。やはり、会社内部の他人に、自分が副業をしているとか、別に稼ぎがあるとか、そういうことはあまり知られたくないものですよね。ばれてしまうと、本業に集中できていないのではないかとか、勘違いをされてしまうかもしれませんしね。

副業をしていることは知られてもよいものの、その住民税額から、どの程度副業で儲けているかを知られたくない方もいらっしゃるかと思います。また、副業の種類(所得区分:事業所得、雑所得、不動産所得、給与所得など)を知られたくない方もいるかと思います(事前に副業内容について申請が義務付けられている会社もあります)。

確定申告は毎年2月16日から3月15日の間に行うこととなっています。副業がばれなるかどうかは、この確定申告の対応が分かれ道になることがほとんどです(確定申告時からその後の4月までの確認対応が、副業を秘密にするために最も大切です)。

引用元-副業が会社にばれることを防ぐ方法(確定申告などについて)

サラリーマンが副業するなら知っておきたい注意点

会社員の副業はまずは就業規則を確認

会社員の方は、まずは自分の会社の就業規則を確認しましょう。「会社の許可なく副業をしてはならない」などの副業を禁止する規則があるかもしれません。懲戒処分の対象となる場合がありますから注意しましょう。

引用元-サラリーマン(正社員)が副業する前に知っておきたいこと – 副業学校

サラリーマン(正社員)のアルバイト副業

もし、就業規則で副業が禁止されていた場合は、アルバイトや派遣で働くのはやめておきましょう。あなたが働いたアルバイト先の給与支払い申告等によって、副業がばれてしまいます。日払いなどで、住所等を明かさずに手渡しで給与がもらえる(あまりないと思いますが)ものならばアルバイトしても大丈夫かもしれません。

サラリーマンの副業は20万まで

よくサラリーマンの副業で、議論にあがるのが「20万円」というキーワードです。なんのことかというと、20万円以内ならば、サラリーマンは確定申告をしなくていいのです(ただし、20万円以内でも住民税の申告が必要な場合があります。詳しくは管轄の市町村で確認)。つまり、20万円以内の副業での稼ぎなら副業が禁止されている会社員でも、ほぼばれないということです。

引用元-サラリーマン(正社員)が副業する前に知っておきたいこと – 副業学校

20万が基準?マイナンバーでサラリーマンの副業事情が変わる

マイナンバーが始まるということで、サラリーマンの副業がバレるなんていうことが言われています。実際のところ、バレるかどうかということでいえば、本当にケースバイケースですと言うしかありません。ただ、一応こういうことに気をつけておきましょう、ということを今回はお伝えしておこうと思います。

まず、副業などの収入が、年間20万円を超える場合、確定申告が必要です。副業だから確定申告が要らないって思っている人も多いようですが、そんなに国は甘くないです。20万円以下であれば、問題ありません。

会社員の住民税は、給料から天引きされていますので、副業によって収入が増えてしまうと、住民税の多さから、会社にバレてしまう可能性があるわけです。これまでも、バレることはあったのですが、本業と副業の照合の手間などを考えると調査するほどのことでもなかったわけです。しかし、マイナンバーによってひも付けがされれば、調査は簡単になり、一発でバレてしまう、ということもありえるのです。

引用元-マイナンバー導入で会社にバレる副業、バレない副業 – まぐまぐニュース!

twitterの反応


https://twitter.com/rinsan_t/status/650973564737228800