気になる母乳と粉ミルクの違い。赤ちゃんにはどっちが良いの?

生まれたての赤ちゃんがおっぱいを飲む姿は本当に微笑ましいですよね。
そこで新米ママが直面するのは母乳か粉ミルクどっちが良い?という選択です
今回は赤ちゃんの授乳と栄養について探ってみます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

風邪をひいた時、お風呂に入って汗を流すと治るって本当なの?

風邪をひいたら「風邪薬を飲んで十分な栄養と睡眠を取る」というのが定番ですね。それ以外にも独特な治し方...

クリスマスイルミネーションイベントのお勧め!2015年度版

2015年もあと少し・・毎年最後の一大イベント!クリスマスが近づいてまいりました。 今年も全国各地...

子供の口臭!2歳でもお口が臭う・・気になる原因と対策

今まで気にならなかったのに、2歳児頃になると急に口臭が気になりだすと言うことがあります。 子供の口...

自転車通勤は距離と所要時間を考えて!チャリ通のポイント

最近、自転車通勤をする方が急増しています。運動不足解消・通勤費の節約などその理由は様々です。 通勤...

旅行をサプライズでプレゼント!彼氏に最高の思い出を贈ろう!

付き合いが長くなると彼氏へのプレゼントに何を贈ろうか悩んでしまいます。 そこで物ではなく素敵な思い...

お年玉の相場は甥・姪だとどのくらいなの?年齢別徹底調査!

お年玉の相場は甥・姪だと、どのくらいなのでしょうか?正月の子供の楽しみとはいえ、大人にとってみれば毎...

美容院でのトリートメントは必要?効果や長持ちさせるポイント

美容院でカラーやパーマをするとトリートメントを勧められることがよくあります。 家でするトリートメン...

日本のアニメの世界シェアって一体どれくらいなんだろう??

日本のアニメは世界で注目され、国内でもクールジャパンとして海外へ打ち出す為の働きが盛んになっています...

仕事を辞めたいと思ったら…家族で乗り越える転職のススメ!

人間関係や業務内容など、仕事を辞めたいと感じているサラリーマンは多いようです。 仕事に関して不満を...

血液型と性格に関係はあるのか!日本人と血液型判断って?

誰もが一度は話題にしたことがあるであろう血液型と性格の関係についての話。 日本人がよくする血液型で...

夫の単身赴任と保育園!入園ポイントと知っておきたいアレコレ

夫の転勤が決まった時、保育園頃の子供のいる家庭では一緒について行くことも多いようですが、共働き家庭で...

旦那は家事の手伝いどこまでしてる?円満夫婦が実践する分担法

皆さんの家庭では旦那は家事をどこまで手伝っていますか? 妻が共働き・専業主婦によっても違いますが、...

兄弟の結婚式での気をつけたい言葉や兄弟のすべき役割とは??

兄弟の結婚式ではあなたは一体何をすべきなのでしょうか?? また、兄弟や親戚と話すときの注意すべき言...

実は日本には外国人観光客が少ないという現実!!その理由は?

東京オリンピックが2020年に開催が決まり、日本には外国人観光客が 年々増えているというニュースを...

カビの掃除方法!家中あちこち・・・場所別徹底カビ撃退法!

家のあらゆる場所に発生するカビ。場所ごとに除去掃除の方法は違います。 そこで家からカビを一掃するた...

スポンサーリンク

母乳の成分って?

母乳は水分が多いので、赤ちゃんに負担がかからない特徴があります。さらに、赤ちゃんに必要な栄養素がたくさん含まれているので、大人の食事同様に授乳で栄養摂取ができます。母乳に含まれている代表的な成分は以下の通りです。

ビタミン・・・ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK、葉酸。
たんぱく質・・・ラクトフェリン、アルギニン。
ミネラル・・・カルシウム、ナトリウム、鉄分。
脂質・・・DHA。
免疫グロブリン。
オリゴ糖。

引用元-母乳の成分

ラクトフェリン

ラクトフェリンは、赤ちゃんだけではなく大人にも必要なたんぱく質として注目されています。母乳に含まれるラクトフェリンは、多機能たんぱく質として、機能が未発達な赤ちゃんの体内を守る力があります。特に初乳には、ラクトフェリンが多く含まれています。

引用元-母乳の成分

オリゴ糖

母乳に含まれているオリゴ糖は、赤ちゃんのお通じを良くします。赤ちゃんは、排泄だけでも体力をかなり使うので、便秘になるとすぐに苦しくなり不機嫌になりがちです。

引用元-母乳の成分

母乳のメリット・デメリット

免疫力を高め、脳の成長を早める母乳!

母子のふれあいだとか、母性云々といった説もありますが、やはり母乳育児における最大のメリットは、栄養面です。

生まれたての赤ちゃんは、免疫面はもちろん、脳や体もまだまだ未発達です。赤ちゃんのあらゆる面が育つために必要な栄養素が、母乳にはたくさん詰まっています。

引用元-完全母乳育児のメリット&デメリット | パピマミ

母乳にも足りない栄養素がある!?

免疫力を高め、脳の成長に最も適した栄養素が含まれる母乳。でも、やはり弱点があります。

最近、足がO字に曲がってしまう「くる病」や、けいれんや頭蓋骨が柔らかくなってしまう「ビタミンD欠乏性低カルシウム血症」が、世界的に多く報告されているそうです。これは、完全母乳育児推奨による赤ちゃんの栄養不足や日光浴不足が原因と言われています。

栄養たっぷりの母乳ですが、実のところ、ミルクよりもビタミンDの含有量が少ないというデメリットがあるのです。

引用元-完全母乳育児のメリット&デメリット | パピマミ

粉ミルクって結構大変…!

育児用ミルクは、あくまで母乳の代用品であるとして、近年の日本では特別な理由がある場合以外、あまり推奨されない傾向にあります。育児用ミルクには母乳のような免疫物質が含まれておらず、赤ちゃんが細菌やウイルスなどに侵される危険性が高まります。また、コストが高くつくといったことも不利な点です。母体においては、乳頭への刺激によって起きる子宮の収縮、つまり子宮復古がスムーズに行われないというデメリットがあります。

また、授乳の度にミルクを作らなければいけず、哺乳瓶や乳首の洗浄もしなければならず、結構大変な作業です。ミルクは適温に温める必要があり、夜中や明け方もその都度ミルクを調理する必要がありますが、ウォーターサーバーを利用すると、すぐに温かく、綺麗なお湯がでるので、ママの時短だけでなく、赤ちゃんにも美味しいミルクを与えることができるためおすすめです。

引用元-母乳と粉ミルクの違いと授乳の基礎知識

母乳と粉ミルク どっちが良い?

ミルクでも問題ありませんが、できれば母乳が良いでしょう。

栄養的にはミルクを与えても問題はありませんが、赤ちゃんの免疫力を高めるためには母乳のほうがより良いとされるようです。

母乳がでている限り母乳で育てるのがよいことですが、お母さんのストレスになったり、負担になるようでしたら、ミルクに変更しても問題ありません。最近のミルクは母乳に近い成分で作られていますので栄養的には問題ありませんが、できれば生後6カ月くらいまでは、赤ちゃんの免疫力を高めるため母乳をメインにあげるほうがいいでしょう。(産科・婦人科看護師)

母乳とミルク、それぞれにメリットとデメリットが。

母乳は経済的で授乳が簡単ですが、乳房のトラブルなどがあります。ミルクは、ママ以外の人も授乳に参加できますが、泣いてもすぐに与えられないこともあります。

引用元-母乳とミルク、どちらが良いの? | イクシル

どっちが良いかをじっくり考える

おっぱいは赤ちゃんの心のよりどころ

ミルク育児でも、もちろん工夫すればスキンシップはできるでしょう。
でも、母乳育児なら、より自然な形でスキンシップができます。
おっぱいは、赤ちゃんにとって心のよりどころ、心の避難場所になっていくのです。
さみしい時、悲しい時、不安を感じた時、お母さんの温かいおっぱいが、どんなに赤ちゃんの心を慰めてくれるでしょう。
お母さんの温かい温もりを身体いっぱいに感じた赤ちゃんは、安心して次のステップへと成長していかれることでしょう。
おっぱいが栄養として本当に必要な期間は、おそらく8~10ヶ月程度でしょう。
でも、赤ちゃんにとって、お母さんの温かいおっぱいは、身体の栄養として必要なだけではないですね。
母乳の栄養が必ずしも必要でなくなっても、赤ちゃんが望めばおっぱいを吸わせてあげていただきたいと思います。

引用元-新生児チーム・NICU/母乳育児のススメ

twitterの反応


https://twitter.com/s2_0415_mr/status/656711244582289408
https://twitter.com/___8855/status/655981054793089024