気になる母乳と粉ミルクの違い。赤ちゃんにはどっちが良いの?

生まれたての赤ちゃんがおっぱいを飲む姿は本当に微笑ましいですよね。
そこで新米ママが直面するのは母乳か粉ミルクどっちが良い?という選択です
今回は赤ちゃんの授乳と栄養について探ってみます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

プライドが高いのを治したい!と本気で思っている方へ!!

あなたは自分はプライドが高いと思っていますか?思っていませんか? 思っている人はそんな自分を治した...

糖質が少ない酒は??毎日飲む人へ!少し体に気を使うあれこれ

ダイエットを始めたけど会社の飲み会が・合コンが・・付き合いが・・・ そんなことってしょっちゅうあり...

お風呂は毎日入りたい!気になる光熱費の節約ポイントとは

寒い日が続くこの季節、できることなら毎日お風呂に浸かって、一日の疲れを癒したいところ… しかし気に...

カーエアコンが臭い!車の臭いの原因は内部のカビだった!?

カーエアコンの臭いが気になる事があります。それは車のエアコン内部のカビが影響しているようです。 こ...

カビ掃除は大変!服についたカビを除去・予防する方法とは

カビが服にも生える事を知っていますか?あなたの大切な服がいつの間にかカビで真っ白ということも… そ...

携帯を解約してもlineは使える?引き継ぐ為のステップとは

携帯のアプリの中でも多くのユーザーを誇るline。電話にトークにとやり取りをlineのみで完結してい...

口臭の原因がわからない・・歯医者直伝!口臭の原因と治療法

男も女も自分の口臭は非常に気になるものです。 しかし自分の口臭の原因が何かわからない・・・毎日葉を...

車のローンを組みたい!年収200万円の私でも車は買える?

車のローンを組む審査の基準に年収の問題があります。年収200万がボーダーラインとなり、場合によっては...

夫の単身赴任が辛い…と考えるよりも考え方を変えてみては!

夫の単身赴任が決まり、別々の生活が始まることを考えると辛い気持ちになります。 しかしそれはあなただ...

精神が不安定になる原因は何か!?あなたはどう対処しますか?

日々の生活の中でふと不安になってしまうことは誰にでもあります。精神が不安定になったら放置してはいけま...

運転の違反による罰金は払わない場合どうなる?切符の知識!

運転中の違反により警察に切符を切られてしまうと、罰金が課されます。 しかし実はその罰金は任意の支払...

下痢を見たら食べ物がそのままでてきた!?原因と改善方法は?

下痢を見たら食べ物がそのままでてきた経験ありますか?突然の下痢には非常に悩まされます。下痢になる原因...

ストレス症状の悪化から考えられる病気は?ストレスの予防策

ストレスを感じることで体には様々な症状が現れます。その症状をそのままにしておくと大きな病気につながっ...

年末年始のホテル料金は高い!ホテル事情と安く泊まるポイント

年末年始はホテルでゆったり過ごしたい。しかし年末年始は宿泊料金も割高になってしまうところも… そこ...

将来こんな職業がなくなる??ロボットに人間が職業を奪われる

映画で見たようなロボットが人間の世話を全てしてくれる世の中! 人間はどんどん便利な世の中になる・・...

スポンサーリンク

母乳の成分って?

母乳は水分が多いので、赤ちゃんに負担がかからない特徴があります。さらに、赤ちゃんに必要な栄養素がたくさん含まれているので、大人の食事同様に授乳で栄養摂取ができます。母乳に含まれている代表的な成分は以下の通りです。

ビタミン・・・ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK、葉酸。
たんぱく質・・・ラクトフェリン、アルギニン。
ミネラル・・・カルシウム、ナトリウム、鉄分。
脂質・・・DHA。
免疫グロブリン。
オリゴ糖。

引用元-母乳の成分

ラクトフェリン

ラクトフェリンは、赤ちゃんだけではなく大人にも必要なたんぱく質として注目されています。母乳に含まれるラクトフェリンは、多機能たんぱく質として、機能が未発達な赤ちゃんの体内を守る力があります。特に初乳には、ラクトフェリンが多く含まれています。

引用元-母乳の成分

オリゴ糖

母乳に含まれているオリゴ糖は、赤ちゃんのお通じを良くします。赤ちゃんは、排泄だけでも体力をかなり使うので、便秘になるとすぐに苦しくなり不機嫌になりがちです。

引用元-母乳の成分

母乳のメリット・デメリット

免疫力を高め、脳の成長を早める母乳!

母子のふれあいだとか、母性云々といった説もありますが、やはり母乳育児における最大のメリットは、栄養面です。

生まれたての赤ちゃんは、免疫面はもちろん、脳や体もまだまだ未発達です。赤ちゃんのあらゆる面が育つために必要な栄養素が、母乳にはたくさん詰まっています。

引用元-完全母乳育児のメリット&デメリット | パピマミ

母乳にも足りない栄養素がある!?

免疫力を高め、脳の成長に最も適した栄養素が含まれる母乳。でも、やはり弱点があります。

最近、足がO字に曲がってしまう「くる病」や、けいれんや頭蓋骨が柔らかくなってしまう「ビタミンD欠乏性低カルシウム血症」が、世界的に多く報告されているそうです。これは、完全母乳育児推奨による赤ちゃんの栄養不足や日光浴不足が原因と言われています。

栄養たっぷりの母乳ですが、実のところ、ミルクよりもビタミンDの含有量が少ないというデメリットがあるのです。

引用元-完全母乳育児のメリット&デメリット | パピマミ

粉ミルクって結構大変…!

育児用ミルクは、あくまで母乳の代用品であるとして、近年の日本では特別な理由がある場合以外、あまり推奨されない傾向にあります。育児用ミルクには母乳のような免疫物質が含まれておらず、赤ちゃんが細菌やウイルスなどに侵される危険性が高まります。また、コストが高くつくといったことも不利な点です。母体においては、乳頭への刺激によって起きる子宮の収縮、つまり子宮復古がスムーズに行われないというデメリットがあります。

また、授乳の度にミルクを作らなければいけず、哺乳瓶や乳首の洗浄もしなければならず、結構大変な作業です。ミルクは適温に温める必要があり、夜中や明け方もその都度ミルクを調理する必要がありますが、ウォーターサーバーを利用すると、すぐに温かく、綺麗なお湯がでるので、ママの時短だけでなく、赤ちゃんにも美味しいミルクを与えることができるためおすすめです。

引用元-母乳と粉ミルクの違いと授乳の基礎知識

母乳と粉ミルク どっちが良い?

ミルクでも問題ありませんが、できれば母乳が良いでしょう。

栄養的にはミルクを与えても問題はありませんが、赤ちゃんの免疫力を高めるためには母乳のほうがより良いとされるようです。

母乳がでている限り母乳で育てるのがよいことですが、お母さんのストレスになったり、負担になるようでしたら、ミルクに変更しても問題ありません。最近のミルクは母乳に近い成分で作られていますので栄養的には問題ありませんが、できれば生後6カ月くらいまでは、赤ちゃんの免疫力を高めるため母乳をメインにあげるほうがいいでしょう。(産科・婦人科看護師)

母乳とミルク、それぞれにメリットとデメリットが。

母乳は経済的で授乳が簡単ですが、乳房のトラブルなどがあります。ミルクは、ママ以外の人も授乳に参加できますが、泣いてもすぐに与えられないこともあります。

引用元-母乳とミルク、どちらが良いの? | イクシル

どっちが良いかをじっくり考える

おっぱいは赤ちゃんの心のよりどころ

ミルク育児でも、もちろん工夫すればスキンシップはできるでしょう。
でも、母乳育児なら、より自然な形でスキンシップができます。
おっぱいは、赤ちゃんにとって心のよりどころ、心の避難場所になっていくのです。
さみしい時、悲しい時、不安を感じた時、お母さんの温かいおっぱいが、どんなに赤ちゃんの心を慰めてくれるでしょう。
お母さんの温かい温もりを身体いっぱいに感じた赤ちゃんは、安心して次のステップへと成長していかれることでしょう。
おっぱいが栄養として本当に必要な期間は、おそらく8~10ヶ月程度でしょう。
でも、赤ちゃんにとって、お母さんの温かいおっぱいは、身体の栄養として必要なだけではないですね。
母乳の栄養が必ずしも必要でなくなっても、赤ちゃんが望めばおっぱいを吸わせてあげていただきたいと思います。

引用元-新生児チーム・NICU/母乳育児のススメ

twitterの反応


https://twitter.com/s2_0415_mr/status/656711244582289408
https://twitter.com/___8855/status/655981054793089024