ワダイビジネスサテライト

ワダイビジネスサテライトでは今話題のニュース・商品・ビジネス・恋愛・健康・豆知識ネタetc皆様に役立つあれこれを配信していきます

*

歯の健康は色でわかる!口内環境をセルフチェックする方法!

   

 - 美容・健康

口内の健康が歯の色によってもわかるということをご存知ですか?

歯には健康的な色があり、虫歯や体調不良などによっても変色してしまうことがあるようです。

そこで口内環境を健康に保つためのセルフチェックについてまとめてみました!

スポンサーリンク

  関連記事

運動する直前の食事は危険!?ベストタイミングは何時間前??

健康維持やダイエットには運動と食事のバランスが深く関わっています。
運動の何時間前に食事を摂取すれば効率的かを把握し、
きちんと管理することが目標への近道です。
今回は運動・食事・時間の理想的なタイミングを探ります。

美白になる化粧水選びを!40代からの美白への心得とは??

40代になって顔のシミが濃くなってきた・・・美白になりたい!!

最近肌質が悪くなってきて化粧のノリが悪くなってきた・・・

という40代の女性の方へ!

美白化粧水をもう一度見直して健康的な美白を取り戻しましょう!

まとめてみました。

糖質少ない食事とプロテイン併用したら!?太ってきたあなたへ

最近太ってきたなぁと感じている私とあなたへ。考えてみました!!

なら3食を糖質の少ない食事にして更にプロテインを併用すれば

あまりストレスもなく痩せられて筋肉もつくんじゃないかと・・・

色々調べてみました。

ジョギングとランニング、ダイエットに効果的なのはどっち?

ダイエットのために、ジョギングやランニングを習慣にする方が増えています。

みなさんはジョギングとランニングに違いがあることをご存知ですか?

ジョギングとランニングの違いや正しい方法をしっかり理解して、効果的なダイエットに取り組みましょう!

筋トレで得られる効果は女性にとって嬉しい事ばかりだった!

筋トレといえば、男性が筋肉増強のために行うイメージがありますが、実は女性にとっても嬉しい効果ばかりだったのです。

美容に体型改善にと女性の悩みを一気に解消できる筋トレ。

女性が効果的に筋トレする方法やポイントをまとめてみました。ぜひ参考にして、日々の生活に取り入れてみましょう!

ジョギングの効果はいつから?目指せ!スッキリボディー!

ダイエットや健康維持などで人気の高いジョギング。

始めるにあたり一番気になるのが効果がいつから実感できるかということでしょう。

効果を実感するためには、正しいジョギングを身に付ける事も重要です。そこでジョギングと効果についてまとめてみました。

ウォーキングの効果を短時間で得る為に知っておきたいポイント

ウォーキングは健康維持や美容・ダイエットに効果的と多くの方が実践されています。

そこで短時間でも効果が期待できるポイントをまとめてみました。

ぜひ参考にして、正しく効果的にウォーキングを取り入れてみましょう!

ランニング初心者女子が知っておきたい効果・ポイント・注意点

最近ランニングを始める女子がどんどん増えているようです。

そこでランニング初心者女子が、気を付けておきたいランニングのポイントなどをまとめてみました。

女子ならではの注意点などもあるので、ぜひ参考にして快適なランニング習慣を身に付けましょう!

『深呼吸』すると『肩甲骨』が痛い!!考えられる原因は??

『深呼吸したときに肩甲骨が痛い』という経験ありませんか??
肩甲骨周辺の痛みは、筋肉痛によるものが大半のようですが、その他にも考えられる原因があるようです!

口臭の原因「舌苔」ってなに?正しいオーラルケアで口臭予防!

口臭の原因にもなる「舌苔」をご存知ですか?舌の表面が白くなる「舌苔」は体の健康状態によっても変化します。

口臭を改善するためにも、正しいケアをする必要があります。そこで口臭と舌苔についてまとめてみました。

ぜひ参考にして爽やかな息を取り戻しましょう!

健康な歯って何色?

最近は人工的な変に白い歯が存在するので、元から生えている歯を「天然歯」と言って、ホワイトニング関連の歯科では区別をしているようです。ここで「歯」と言うときは天然歯のことです。

外から見える部分の歯(歯冠)の構造は外側にエナメル質あり、その厚みは2~3mmです。そのすぐ内側に象牙質あります。さらにその内側には歯髄あります。歯髄には神経と血液(体液)が循環しており、象牙質の形成のための材料(栄養)の供給や免疫関連の炎症等の防御反応で歯をまもる役割があります。

歯茎で隠れている部分(歯根)も複雑な構造をしています。

さて、歯の構造の明らかになったところで、歯の色が真白でないのは、歯冠を構成しているエナメル質は透明感あり内部にある象牙質が透けて(半透明、Translucency)見えるからです。歯の健康状態により、色合いが異なることがあります。また、加齢により歯面も黄変していきます。では、正常な歯面の状態は、ディーンの指数のエナメル質の状態を表現しているところを引用しますと「滑らかで、つやがあり、青白いクリーム状の白い半透明な歯面」だそうです。

引用元-歯の色は何色!? | スモカ – SMOCA 温故知新 –

スポンサーリンク

  人気記事

歯の変色は健康状態も影響している!

歯の変色というと黄ばみを思い浮かべると思いますが、他にも灰色っぽい、黒っぽい、青緑っぽい、より白っぽい変色があり、種類は意外と多いので す。
歯の色というと、どうしても表面、つまり外から見える部分ばかりに目が行きがちです。
実際は、歯の色は外側だけでなく内側の色の影響を大きく受けます。
つまり歯の変色は、歯の外側と内側の両方に原因があります。

外側からの変色原因

外側からの変色の原因は、コーヒー、紅茶、ウーロン茶、赤ワインなどの色がついた飲み物、カレーやミートソースなどの色が強い食べ物、喫煙による タバコのヤニの付着、薬の色素などが歯の外からきた色素が歯に沈着するタイプの着色汚れです。

内側からの変色原因

内側からの変色の原因は、加齢により歯の内側から黄色くなるものがあります。歯には象牙質という黄色い層があるのですが、年々この色が濃くなるの でだんだん歯が黄色くなります。白い歯が若々しく見えるのは、実際に若いときの歯が白いためなのです。

引用元-歯科医師ブログ » 歯の色を白くしたい方へ 歯の色の仕組みとホワイトニングで白く見える理由を解説。

歯の健康が蝕まれる!虫歯による歯の変色…

【CO】

はじめの頃は初期虫歯といって「虫歯」にはカウントされませんし、この状態の色は歯よりやや白っぽいです。専門的には「白濁(CO・シーオー)」という言葉を使います。そこから時間が経過して上手にブラッシングができなかったりだらだらと糖質を摂り続けてしまうと、いよいよ本当の虫歯になってしまいます。

【C1】

次はエナメル質の虫歯が起きます。この時の色は白からやや黄色い状態で、まだ歯はしみたりしません。

【C2】

象牙質まで進んだ虫歯になると、冷たい飲物・甘い物で痛みを感じてきます。この時の色は黄色から茶色ですが場合によっては黒く見える場合もあります。このような状態になったら、歯医者さんに行ったほうがよいといえます。

【C3】

歯髄(歯の神経)まで進んだ虫歯になると、なにもしなくても激痛に近い痛みがあります。この時の歯の色は茶色(黒)から真っ黒に!この状態になったら早めに歯医者さんに行くようにしましょう。

【C4】

歯根(しこん)だけ残った状態の虫歯になると、神経は死んでしまっているので痛みを感じることはありません。この時の歯の色は黒くなっているのがほとんどですが、場合によっては息肉(そくにく)と言って周りの歯ぐきが盛り上がってきていて悲惨な状態になっています。

引用元-虫歯の色は変化している? – 歯のトリビア|歯とお口の健康ガイド|歯医者さんネット

歯を健康的できれいな白い歯にする方法

「歯の黄ばみ」は、必ずしも病気である訳ではありませんが、見た目を良くしたい、という「審美的」な目的で歯を白くしたい場合であれば以下の方法があります。

歯磨き粉や研磨剤で白くする

ホワイトニング用の歯磨きやジェル、ヤニ取り用の研磨剤を使用します。しかし場合によってはエナメル質を削りとってしまう製品もありますので、頻繁な使用は避けた方が無難です。

いずれの方法でも、これは歯の表面を白くする事しかできません。以下「ホワイトニング」とは、歯の内面から白くする方法です。

オフィスホワイトニング

歯科医院(審美歯科やホワイトニングサロンなど)で白くしてもらう方法です。保険適用外ですので非常に高価です(歯一本につき¥20,00円~)。一回の施術で白くならない場合は数回通院する必要があります。また、これまでと同じ食生活を続けていれば、またすぐに元に戻ってしまう場合もあります。

ホームホワイトニング

歯科医院などで自分専用のマウスピースを作って貰い、自宅でそのマウスピースを装着して白くする方法です。オフィスホワイトニングよりも安価で確実に歯を白くする事ができます。時間的に余裕のあるかたであればこちらがお勧めです。

市販のホワイトニング剤を購入して自分で白くする

日本国内においては歯科医院で使われるようなホワイトニング剤の販売は禁止されていますが、輸入品を購入する、という手段があります。こちらは完全に自己責任において使用する事となります。

引用元-歯の色について 歯の健康

口内の健康は歯茎の色もチェックしておこう!

赤く腫れているのは歯周病!

正常ではないわかりやすい例としては、赤く腫れている歯茎が挙げられます。歯茎が赤く腫れているのは、歯周病などで炎症が起きているからです。
歯茎に限らず、人の体は炎症を起こすと赤く腫れますよね。その原因は、細菌感染であったり、打撲であったりと様々です。
歯茎も同じで、硬い歯ブラシでゴシゴシと強く磨いていたら、赤く腫れてきます。また、歯周病にかかると、歯茎に炎症が発生します。
歯茎は皮膚と違って、粘膜がむき出しになっていますので、外部からの刺激にとりわけ弱いと言えますので、きちんと歯周病予防等を行い、ケアしてあげることが大切です。

歯茎が黒ずんでるのは金属の色?歯周病で歯茎が下がる?

歯の根元の歯茎が黒ずんでいる場合は、金属の色が透けて見えている可能性があります。これは、虫歯治療などで埋め込んだ金属が、何らかの原因で表に見えてしまっているからです。
原因として考えられるのは、まず銀合金です。
アクセサリーでもそうですが、銀というのは酸化すると黒くなりますよね。それは虫歯治療に用いられる銀合金も同じで、時間が経過すると酸化して黒ずんでくるのです。
その色素が歯茎へと浸透した結果、歯茎がうっすらと黒ずんで見えるようになるのです。これは治療の仕方が悪かった場合に、よく起こる黒ずみと言えます。
その他、本来正しい位置に埋め込まれていた金属が、歯周病などによって歯茎が下がることによって、その色が見えてきてしまうことがあります。こちらは虫歯治療そのものではなく、歯周病に原因があるため、歯周病を治療することで、黒ずみも改善することがあります。

引用元-歯茎の色でわかるお口の健康状態 – よい歯コラム|EPARK歯科

twitterの反応

https://twitter.com/chipcatdale/status/783794856078352384

 - 美容・健康

Message

メールアドレスが公開されることはありません。